この記事では、部屋が片付けられなくて自分はもしかして病気じゃないか?と悩んでいる方に向けて、片づけられない原因を整理します。

さらに、ゴミ屋敷にならないための方法についても説明していきます。

部屋が片付けられない、という悩みを抱えている人は多くいらっしゃいます。

最初は部屋のどこかに置いていただけのものが、気がついたらどんどん増えてしまい収拾がつかない状態に。

このままじゃだめだ!なんとかしなきゃと思っていても、どう片付けたらよいのかわからない。

もしかしたら自分は病気なのではないだろうか。

当記事では、このようなことで悩んでいる方や心配になっている方向けに、部屋を片付けられない原因について整理するとともに、ゴミ屋敷にならないための3つの方法をご紹介します。

記事の最後で、部屋の片付けに困ったときに頼りになる粗大ゴミ回収業者を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

部屋を片付けられないのは病気?

部屋を片付けられないのは病気?

部屋を片付けられない原因には、さまざまなものがあります。

性格による場合、生活習慣による場合もありますが、精神的な要因や病気が原因のケースもあります。

部屋を片付けられない原因として考えられるいくつかの理由と対策について、以下のとおり整理してみました。

  • 片づけが苦手な性格によるもの
  • 忙しすぎて片付ける時間がない
  • 精神的な理由で片づけができない
  • 発達障害などの病気の影響で片づけができない

片付けが苦手な性格によるもの

片付けが苦手な性格の方の特徴として、片づけをまとめて一回で終わらせようとしがちで、物事を先送りにする点があげられます。

部屋が片付かなくて困っている方は、毎日コツコツと物をどこかに収納するとよいです。

収納の仕方についてはいろいろな方法がネットでも解説されていますが、あまり細かく分けすぎると収納すること自体がストレスになってしまいます。

すぐ使うものはここ、しばらく使わないものはクローゼットの奥にしまう、といった具合で、ざっくりと決めてしまうことから始めてみるとよいでしょう。

使うかどうか不明だけど置き場所に困っているものなどは、この際思い切って捨ててしまいましょう。

きっと気分もスッキリするはずです。

忙しすぎて片付ける時間がない

私たちの生活は、忙しくなりすぎています。

いまや夫婦が両方働くのは一般的なので、妻や夫が家事や掃除をすべておこなうのは難しいです。

シングルマザー、シングルファザーなら、家事の分担もできないのでもっと大変です。

仕事や家事や育児などで疲れてしまうと、部屋の片づけが後回しになってしまうのも致し方ないこと。

このような場合は、不用品がでたら必ずしまうか捨てるかを意識しましょう。

片付ける手間をかけないように、そもそもゴミや不用品を出さない生活スタイルに変えていくことも考えてみましょう。

精神的な理由で片付けができない

「片づけの考え方」をアドバイスする空間心理カウンセラー・伊藤勇司さんによると、片付いていない部屋には、さまざまな悩みや心理的な葛藤などが潜んでいる可能性があります。

本人は部屋を片付けたいのに、精神的ストレスがそれを阻害している状態ともいえます。

精神的疲労がたまるとやる気がなくなり、やがてうつ病など精神疾患を引き起こす恐れもあります。

対策としては、ストレスを溜めすぎないよう、ストレスと上手に付き合うこと。

しっかり睡眠を取ることや、ウォーキングなど適度な運動も効果的です。

参考:空間心理カウンセラー 伊藤勇司公式サイト

病気による影響で片づけができない

発達障害や精神疾患の場合は、ここまで説明した原因とは異なっています。

発達障害

発達障害は、脳が正常に機能しない病気で、主に次のふたつの種類があります。

ひとつめが、ADHD(注意欠損・多動性障害)です。ADHDの患者はじっとしていられないので、部屋が散らかりやすい特徴があります。

物事の優先順位をつけることが苦手で、整理整頓が難しいです。子供だけの病気ではなく、大人になってもADHDで悩んでいる人が少なくありません。

もうひとつがアスペルガー症候群です。アスペルガー症候群の人は、物を捨てることを極度に嫌がる傾向があるとされています。

その他関連する精神疾患には、つぎのようなものがあります。

強迫性貯蔵症

強迫性貯蔵症(ホーディング)は「極端にものを貯めこんでしまう」精神疾患をいいます。

テレビなどでニュースになるゴミ屋敷の住人は、この病気の可能性があるといわれています。

うつ病

うつ病は、様々なストレスが引き金になって発症する心の病気です。

外に出たくなくなったり人と話すのもいやになり、何も考えられなくなってしまうので、家の中の整理についても前向きに考えられなくなります。

認知症

認知症は脳内の情報伝達が滞りがちになる病気で、物忘れがひどくなるなどの症状があります。

高齢者に多いイメージがありますが、若い人でも発症する可能性があることが知られるようになってきました。

認知症になると日常生活が徐々に困難になり、実際問題として自分で家の中の片づけをおこなうのは難しいです。

お住まいの自治体や管轄の地域包括支援センターなどに相談し、ホームヘルプサービスなど外部サービス利用の検討をおすすめします。

ゴミ屋敷にならないための3つの方法

ゴミ屋敷にならないための3つの方法

ゴミや不用品を溜め込んでしまう人は、片付けたほうがよいことは理解していても、実際どうしたらよいか分からないまま放置してしまいがち。

このままだと、いわゆる「ゴミ屋敷」になってしまうかもしれません。

病気が原因の場合は治療が必要ですが、病気が原因ではないのなら、ちょっとした工夫で改善できる場合もあります。

そこでハードルが高くなく、すぐにできることを3つにまとめました。

第三者に相談し原因を把握する

信頼できる友人や知人に相談して、原因を把握するのも有効です。

信頼できる知り合いに思い切って相談すれば、わかりやすく原因をズバッと指摘してくれるでしょう。

  • ものを買いすぎてる
  • 同じものがいくつもある
  • ゴミの出し方が理解できていない

など、部屋を片付けられない原因には、さまざまなものが考えられます。

自分ではわかっていても、第三者に指摘されることで納得できることも多々あります。

まずは原因をつかむことが先決なので、自分だけで抱え込まず誰かに相談してみましょう。

片付ける日を決める

思い切って、片付ける曜日を決めてしまうのもよい方法です。

定期的に部屋を片付けるようにすれば、片付いた状態が当たり前になります。

慣れていけば片付けがルーティンになり、特に悩むこともなくなっていきます。

粗大ゴミ回収業者に依頼する

たくさんの不用品や粗大ゴミで部屋の中があふれているなら、プロの粗大ゴミ回収業者に依頼することをおすすめします。

まとまった量を一気に運び出してもらえますし、品目ごとに出すよりも手間がかからず費用もお得です。

粗大ゴミや不用品の処分に悩んでいるのなら、粗大ゴミ回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

不用品回収は粗大ゴミ回収本舗にご相談を

https://sodaigomi-kaishu.com/
https://sodaigomi-kaishu.com/

粗大ゴミ回収本舗は、不用品や粗大ゴミ回収のプロです。

各種マスコミにも取り上げられており、丁寧な仕事ぶりと、ゴミの量に応じたリーズナブルな料金が評価されています。

対応エリアは、東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県全域。

部屋の片付けがうまくいかず、ゴミや不用品が散乱して困っている方は、ぜひご相談ください。

電話なら8:00~24:00まで年中無休受付。

メール・LINEなら、年中無休24時間で見積もりの相談に対応しています。

お問い合わせ、お見積りは無料です。

ぜひお気軽にご相談ください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA