当記事では、「くらしのマーケット」に関心のある出店者と利用者向けに、サービスの概要とともに、利用に当たって発生する「手数料」について解説します。

くらしのマーケットは、不用品回収や家事代行などのサービスを利用したい人が、オンライン上で近所の出店者を比較したうえで、手軽に利用を申し込めるマッチングサービスです。

事業者にとっては、くらしのマーケットに出店することで、新しいお客様からの申し込みが期待できるメリットがあります。

当記事を参考に、くらしのマーケットを上手に利用していただければ幸いです。

くらしのマーケットとは?サービスの概要

まず「くらしのマーケット」のサービスの概要について簡単に解説します。

サービスの概要

くらしのマーケットは、2011年創業の「集客できるオンライン商店街」です。

不用品回収・クリーニング・ふすま張替えなど、200種類以上のサービスが出店されています。

「急にトイレが詰まった」

「パソコンがフリーズして動かない」

「家の掃除をお願いできないかな」

こういったときに、個別に頼めそうな業者を検索して探すのは大変ですよね?

くらしのマーケットでは、くらしに関わる困りごとを解決してくれる業者を、いろんな条件で横並びで比較しながら、口コミもチェックしたうえで、自分のニーズに合った業者を選べます。

まるでAmazonや楽天市場などで商品を探すような手軽さが、くらしのマーケットの魅力なのです。

くらしのマーケットの手数料とは?

くらしのマーケットの手数料とは?

利用者にとっても、出店者にとっても便利なくらしのマーケットですが、利用に当たってどのような費用が発生するのでしょうか?

利用者は手数料を払う必要なし!

くらしのマーケットの最大の特徴は、出店者のサービスを利用するお客様は、くらしのマーケット側に手数料を払う必要がないことです。

出店者が提示する料金を払えばよく、利用者はくらしのマーケット側に何かを払う必要はありません。

ただし、予約成立後にキャンセルする場合は、所定のキャンセル料が発生しますので注意してください。

出店者が予約手数料を払う

くらしのマーケットの手数料は、利用者による予約が成立したときに、サービス料金の20%(税込22%)の予約手数料を「出店者側が」支払う仕組みです。(サービス料金が10,000円未満の場合は、一律2,000円の手数料が必要)

以下3つのカテゴリーに含まれるサービスの予約手数料は、一律無料です。

  • 「家事代行・家政婦」
  • 「買い物代行」
  • 「出張スタッドレスタイヤ交換」

また、登録料や出店料、システム利用料、広告宣伝費用、解約料などは必要なく、実際に予約が成立した際にのみ費用が発生する仕組みとなっています。

つまり完全無料で出店可能なのです。

予約成立前にキャンセルされた場合は、出店者側もくらしのマーケット側に手数料を払う必要はありません

あくまでもサービス利用の予約が確定してから手数料が発生します。

ただし必ずくらしのマーケットのメッセージ機能によって、利用者からキャンセルの意思を確認する必要があります。

電話によって直接キャンセルの連絡を受けても、運営サイドで確認ができません。必ずメッセージを送ってもらうようにしましょう。

手数料支払いの仕組み

出店者が負担する手数料は、以下のような仕組みで支払われます。

  • 手数料の支払い時期は、作業完了日を基準として、月末締め翌月末払い

(具体例:お客さまの予約確定後、1月20日作業完了の場合、手数料支払いは2月末)

  • 手数料の支払いは、利用者からの入金確定後でOK
  • 銀行振込か、コンビニ支払いか、どちらかを選べる

くらしのマーケットの手数料は高い?

くらしのマーケットの手数料は高い?

くらしのマーケットの出店者には22%(税込)の手数料が発生しますが、出店料や広告宣伝費用などはすべて無料です。

お得なのか、それとも高いのか、どのように考えたらよいでしょうか?

以下、簡単に考察してみましょう。

宣伝広告をすべて自分でおこなった場合

自分でチラシを作って戸別ポスティング、地元の新聞に折り込み広告を依頼。

このような昔ながらのやり方で問い合わせを待つ方法と比べてみましょう。

地元の見込み客相手の小規模なプロモーションが可能で、費用も数万円程度に抑えられます。

しかし定期的にチラシを作り、折り込みを依頼する必要があるため、ランニングコストもかかります。

くらしのマーケットなら、口コミも書いてもらえます。利用者は口コミも参考に申し込み先を判断するため、仕事をしっかりこなしていけば評価が定着し、問い合わせが増えることが期待できます。これは自力ではかなり難しいでしょう

大手企業のフランチャイズに入る場合

片付け代行や便利屋業として、大手のフランチャイズに入る方法と比べてみましょう。

決められたルールやマニュアルに従えばよく、効率的に仕事ができます。

しかし自社としての評価にはなりません。

100万円単位のフランチャイズ登録費用がかかり、初期投資で大きな出費が発生することも。

くらしのマーケットなら、登録料は無料です。初期投資が不要なので、ハードルがたいへん低くなっています。

出店する側の立場からすれば、決して高いとはいえないのではないでしょうか。

サービス利用の流れ

サービス利用の流れ

くらしのマーケットのサービスを利用する流れを、簡単にご紹介していきます。

不用品回収業者の探し方

利用したい業者の候補がありそうか探す

依頼したいサービスを「カテゴリ一覧」から探すと、各業者のランキングページが開きます。

そしてサービスエリアを選択すると、お住まいの地域の業者に絞り込みます。

業者(店舗)を比較したいときは、

「料金が安い順」「口コミが多い順」「口コミ評価の高い順」

でチェックしましょう。

新規会員登録をする

依頼してみたいサービスや業者が見つかったら、くらしのマーケットに会員登録しましょう。

登録が完了すると、気になる業者に直接メッセージを送れます。

なお、メッセージはサービス内容や料金などの相談にとどめてください。

個人情報は予約が完了してから伝えましょう。

予約して見積もりを依頼する

サービス内容や料金が条件に合うようであれば、サービスの利用予約をおこないます。

予約完了後から、会員向けマイページから予約内容の確認が可能となります。

無料見積可能な場合もあるので、ぜひ活用してください。

作業完了を報告する

予約が完了すると、予約当日に業者がサービスを提供することになります。

作業が終わったら業者へ料金を支払います。

運営側からサービス内容や支払いが問題なく終わったかを尋ねるメッセージが届きます。

そしたら、マイページ上で報告してください。

任意で口コミを投稿する

これは任意ですが、可能なら口コミを投稿しましょう。

他の利用者も口コミをチェックしているので、よりよいサービスのためにも協力するとよいと思います。

くらしのマーケットの関連記事をチェック!

不用品回収なら粗大ゴミ回収本舗へ!

「くらしのマーケット」の概要とともに、手数料について解説してきました。

くらしのマーケットには、地域密着で対応する多くの個人業者が出店しています。

横並びで比較し、自分の条件に合った業者に依頼できるメリットがあります。

さらに口コミもチェックできますので、業者のサービスの質も把握できます。

このようなマッチングサービスを使い、身近な業者に依頼を検討するのも悪くないと思います。

ですが、比較的小規模な事業者が多いので、ニーズにマッチしないこともあるかも知れません。

一都三県にお住いの方であれば、粗大ゴミ回収本舗にも問い合わせてみてはいかがでしょうか?

粗大ゴミ回収本舗は、格安料金で業界でも名が知られた不用品回収業者です。

くらしのマーケット掲載の業者へ依頼を考えている方は、粗大ゴミ回収本舗にも問い合わせてみてください。

不用品一点から大量の粗大ゴミの回収まで、最適な見積もりを提示させていただきます。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA