最近はミニマリストや断捨離のブームなどから、物を持たないシンプルな暮らしに憧れる方も多いのではないでしょうか。

断捨離は不要なものを処分するだけでなく、自分のこれまでのライフスタイルを見直すきっかけに繋がります。

本記事では、断捨離の意味やその効果、失敗しないコツなど詳しく解説していきます。意味を理解した上で効率的に断捨離ができる内容なので、ぜひご参考ください。

断捨離の意味や読み方とは?

断捨離の意味や読み方とは?

断捨離とは、単純に不要なものを処分するだけでなく、自分の所有物を見直すきっかけにもなります。

片付け論の一つであり、ヨガの断行・捨行・離行という3つの考え方に基づいて提唱された言葉です。

不要なものを断つ・捨てる・持ち物に執着しないという生き方を目指すことこそ、本来の断捨離と言えるでしょう。

断捨離で自分の価値観を改めて見つめ直そう

断捨離する意味は自分の価値観を見つめ直せること

断捨離は自分の生活と向き合い、暮らしの中で本当に必要な物を厳選していく作業です。

そのため、どんどん物を捨てる行為だけが断捨離とは言いません。

断捨離を正しく行うためには、自分自身としっかり向き合いながら行いましょう。

「使うかもしれないから残しておこうかな」という考え方では、断捨離は成功しません。

断捨離を成功させるためには、自分自身と向き合いながら本当に必要なものを選んでいきましょう。

アイテムによって断捨離が楽になるコツ

アイテム別!断捨離が楽になるコツ

洋服や雑貨など、アイテムによって断捨離を行うポイントやコツが変わってきます。

ここからはアイテムごとの断捨離を行うためのコツを解説します。

洋服やバッグの断捨離は保留する期限を決めよう

衣服やアクセサリーは今後使う機会があると考えて、クローゼットの中に閉まっているケースがよくあります。

しかし、そのまま流行が過ぎてしまって一度も着なかったという経験も多いはずです。

そのため、ほとんど着ていない衣服は思い切って処分しましょう。

生活用品の断捨離は必要数を決める

生活用品は大量に購入しても、結局そのまま棚に閉まったままにしている家庭も多いはず。

そのため、最初に自分の中でルールを決めておくことで、処分するか判断しやすくなります。

たとえば、アイテムごとに必要数を決めておくことで、それ以上のアイテムは処分でき、断捨離をスムーズに進められます。

本や雑誌の断捨離も定期的に行う

書籍を定期的に買うと、部屋の中は本で埋め尽くされてしまいます。

それを防ぐためにも、定期的に不要な本などがないかチェックしましょう。

また、1冊買ったら1冊捨てるなどの対策を行うことで、増える心配もいりません。

失敗しない断捨離のやり方

失敗しない断捨離のやり方

ここからは断捨離の具体的なステップを紹介します。

断捨離を成功させるためには、捨てる物と残す物を仕分けることが大切なので、ぜひ参考にしてください。

断捨離の基準を決めて選別する

作業を始める前に、必要・不要・保留の3種類の箱を用意しましょう。

たとえば、「1年使わなかった書類は捨てる」「3年着なかった服は捨てる」などの自分に合った基準を決めて、それぞれの箱に仕分けましょう。

箱に分けていくことで、本当に自分に必要な物が見つかります。

そして、断捨離が終わった後には処分もしやすいので、断捨離を始める前に3種類の箱を用意することをおすすめします。

不要なものを捨てる

仕分けが完了したら不要の箱に入っているものは必要ないと判断して、 思い切って処分しましょう。

すぐに処分するのが難しい場合は、 一旦保留の箱に入れて一定期間取っておきます。

期間内に使わなかった場合は、 残しておいても今後も使う可能性がほぼないので、処分しましょう。

残したものでも本当に必要かもう一度考える

残した物をもう一度見直して、自分に必要なのか考えましょう。

仕分けの際にはいらないと感じたものでも、見直すと処分しても構わない物が出てくる場合もあります。

そのため、最初の判断では必要だと判断したものでも、考え直すといらないかもと思ったら、思い切って処分しましょう。

収納家具も処分できないか検討する

断捨離を進めていく中で、収納家具も処分できないか検討しましょう。

収納家具を残しておくと、そのスペースを埋めようとする心理が働くので、いらない物がどんどん増えてしまいます。

これでは、断捨離を行った意味がありません。

無駄な物を増やさないためにも、収納家具も処分できないかぜひ検討しましょう。

残すものは収納する

最終的に残すと決めた物はカテゴリー別に分けて収納スペースに入れていきましょう。

使用頻度の高い物はデスクの引き出しやクローゼットの他にも、収納ケースや棚などを活用して取り出しやすい位置に収納しましょう。

頻繁に使わないものや大切なものは、ボックスに収めたり、飾ったりするなどもおすすめです。

捨てる物が多い時は回収業者に依頼をする

捨てる物が多い場合は、回収業者に依頼することをおすすめします。

一人で処分するのには手間がかかりますが、粗大ゴミ回収業者に依頼することで手軽に処分できます。

料金も定額乗せ放題プランを取り入れている業者も多く、トラックから溢れない限り追加費用はかかりません。

断捨離には粗大ゴミ回収本舗がおすすめ

断捨離には粗大ゴミ回収業者がおすすめ

断捨離で出た粗大ゴミの処分は粗大ゴミ回収本舗にぜひ依頼してください。

粗大ゴミ回収本舗では即日対応を行っているので、緊急の依頼でも30分ほどで訪問。

また、軽トラック載せ放題プランは業界最安値レベルの14,800円から利用できます。

さらにプランの中には、出張費や作業費も含まれています。

そのため、大量の不用品が出た場合でも、お得に処分可能です。

2020年に行われたインターネット調査によると顧客満足度は料金とサービスの両面からみても、文句なしのナンバーワン業者なので、自信を持っておすすめできます。

気になる方はぜひ一度ご連絡ください。

店舗名 粗大ゴミ回収本舗
おすすめポイント 即日対応且つ業界最安値で文句なしの顧客満足度ナンバー1
サービス内容
  • 不用品回収
  • ゴミ屋敷の片づけ
  • 粗大ゴミ回収
  • 遺品整理
  • 生前整理
  • ハウスクリーニング
  • 片付け・荷物の移動
料金目安
  • 軽トラックのせ放題 14,800円
  • 1.5tトラックのせ放題 34,800円
  • 2tトラックのせ放題 54,800円
  • 4tトラックのせ放題 要相談
受付時間 8:00~24:00 年中無休
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
キャンペーン情報
  • 公式ウェブサイト限定割引 2,000円オフ
  • 2回目以降の依頼 15パーセントオフ
公式サイト https://sodaigomi-kaishu.com/

 

まとめ

まとめ

今回は断捨離の意味や効果、さらには実践するコツを解説していきました。

断捨離を行うことで物への執着から解放されて、自分にとって本当に価値のある物が見えてきます。

しかし、断捨離を行う際は捨てるもの、残すものを慎重に選ぶことも大切になってきます。

一度ですべてを終えようとしないで、自分なりに基準を決めながら少しずつ進めていきましょう。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA