この記事では、部屋の片づけが苦手な方向けに簡単な収納のコツをご紹介するとともに、粗大ゴミ回収業者を利用するメリットについて説明していきます。

部屋の片づけは、苦手な人にとっては悩みの種です。

部屋が散らかってしまうと、どこに何があるか分からなくなってしまい、探すのにも一苦労。

余計な時間がかかり、ストレスが溜まってしまいます。

どうにかしなきゃ!と思っている方向けに、当記事では部屋の片づけがうまくいく簡単な収納のコツをご紹介。

最後に、部屋の片づけで出た不用品や粗大ゴミの処分のために、粗大ゴミ回収業者に依頼するメリットについて解説します。

おすすめの粗大ゴミ回収業者もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

部屋の片づけの重要性

部屋の片づけの重要性

部屋の片づけは、とても大切なことです。

でも部屋の片づけが苦手な方は、決して少数派ではありません。

毎日忙しいと、どうしても片づけが後回しになってしまい、気づいたら部屋が散らかって収拾がつかなくなることはよくあります。

こうなると、たくさんの問題が起きます。

散らかって足の踏み場もない部屋に一歩足を踏み入れると、なんだかイライラしてくるもの。

会社のデスク周りに書類が散乱していると、仕事にも支障をきたしかねません。

「わたしのアレ、どこにいったんだろう・・・」

「いつもここに置いていたのに、見つからない!」

「大切な書類が、いったいどこにいったんだ?」

散らかった部屋の中でなかなか探し物が見つけられないと、時間のロスですし、良いことはひとつもありません。

部屋が片付けられないことの3つのデメリット

部屋が片付けられないことの3つのデメリット

ストレスがたまる

有名な話なのですが、部屋の状況はその時の自分の脳の中の状況を表しているといわれています。

目は情報をたくさん取り入れる感覚器。

散らかった様子をみると、多くの方はストレスを感じるはずです。

いつも暮らす場所の片づけや、職場のデスク周りの片づけは、ストレスの蓄積を避けるためにも大事なことなのです。

物を探す無駄な時間が生れる

忙しいから片付けができない、という方は、ちょっとだけ冷静になってみましょう。

散らかっていると、物を探す時間がかかってしまい、かえって忙しくなってしまうのです。

具体例をあげて説明します。

毎日片づけに費やす時間が、朝5分、夜5分だとすると、1日で10分。

1週間では70分。

1か月だと約4~5時間分になります。

こんな時間がかかるくらいなら、ちょっと工夫して片付けに使ったほうがよいはずです。

余計なものを買わなくてよくなる

片付いていれば、どこに何があるかだいたいわかるので、余計なものを買わなくてよくなります。

「これ持ってたのに、なんで買ってしまったんだろう・・・」

無駄遣いを防ぐためにも、部屋の中はできるだけスッキリ片付けておきましょう。

家事や仕事の効率がアップすれば、いろいろな物事がうまく回りだします。

たかが片付けというなかれ。

片付けがうまくいけば、時間に余裕が生まれ、心にも余裕が生まれます。

生活を豊かにするためにも、片付けはとても大事なのです。

参考:『片づけ脳 部屋も頭もスッキリする!』(加藤俊徳著:自由国民社)

不用品かどうかの分類と簡単な収納のコツ

ほんとうに簡単な収納のコツ

整理整頓の大切さはわかっているけれど、いざ片付けようと思っても、どうやったらいいか悩んでしまうもの。

ネット上やさまざまな書籍では、片付けや収納の方法がいろいろと解説されています。

「整理収納アドバイザー」といった専門家のコラムは、とても人気があるコンテンツ。

たくさんの人が片付けがうまくいかず、悩んでいることがうかがえます。

詳しいことは専門家の記事に譲るとして、ここではもっと考えをシンプルに切り替えて、収納のコツを7つに絞ってみました。

分類の仕方はその人の持ち物や部屋の広さ、収納場所などの制約によっても変わってきます。

まずは、誰でもできる簡単なやり方から始めてみましょう。

以下の順番で簡単にまとめてみましたので、ぜひ試してみてください。

  1. どこから片づけを始めるか決める
  2. まずは物を全部出してみる
  3. よく使うものと、当面使わないものに分類する
  4. 当面使わないけど捨てられない大事なものを厳選する
  5. 使わないけど捨てるのが惜しいものは、フリマアプリなどで売ってみる
  6. 自分以外のものは捨てる前に必要かどうか聞く
  7. なるべく取り出しやすく決まった場所に収納する

どこから片づけを始めるか決める

一人暮らしでワンルームの部屋なら、台所か、自分の部屋か、そのどちらから始めればよいかを決めればOK。

部屋が他にもあるなら、どの部屋から片付けるかをまず決めましょう。

一度ですべて終わらせようとせず、たとえば1日1部屋というように、無理せずできる範囲でやるのがおすすめです。

まずは物を全部出してみる

クローゼットの片づけなら、何が入っているかを一度確認してみましょう。

まずは現状の確認です。

問題なく使えるのか、カビが生えていないか、壊れていないかというように、物の状態を確認することが大切です。

よく使うものと当面使わないものに分類する

当面使わないものはどれか、決めましょう。

1年以上使っていないものは、今後も使わない可能性が高いです。

思い切って捨ててしまっても、困ることはあまりないです。

当面使わないけれど捨てられない大事なものを厳選する

思い出の品や、どうしてもこれだけは取っておきたいものがあれば、捨てないものとして取っておきましょう。

子供のころに描いた絵や作った作品、ランドセル、通学カバンなど思い出の品はなかなか捨てられません。

ただし、必要最小限にすることが大切です。

使わないけれど捨てるには惜しいものは、フリマアプリなどで売ってみる

売れそうなものであれば、フリマアプリから出品するのもよい方法です。

バックや財布、子供用の肌着、おもちゃ、絵本などは中古でも人気があります。

昔使っていたスマホやPCは、中のデータを消去したうえで状態が良ければ買ってもらえることが多いです。

買取専門業者に持ち込む、リアルなフリーマーケットで販売する方法もあります。

少しでもお金に変えることで、お小遣いが増えますし、生活費の足しにもなるので大助かりです。

自分以外のものは捨てる前に必要かどうか聞く

家族と同居しているなら、自分以外の持ち物をどうするか一つひとつ必ずききましょう。

勝手に捨ててしまうと、あとで大変なことになりますので、捨ててよいかどうかしっかり確認を。

あとは、なるべく取り出しやすく決まった場所に収納する

あとは、取っておくものをしまうだけです。

衣服はここ、本はここ、靴はここ、食器はここ、雑貨類はここというように分類して収納します。

物を使う場所や導線を考えて、収納場所を決めておきましょう。

収納用のプラスチックケースや、家具量販店やホームセンターで売っている収納用のボックスを使うときれいに整理できます。

困ったときは粗大ゴミ回収業者への依頼も考えよう

困ったときは粗大ゴミ回収業者への依頼も考えよう

以上のような作業で、捨てることになった不用品が大量に出て困った場合は、粗大ゴミ回収業者への依頼も考えましょう。

ゴミ袋に詰め込んで集積所に持ち込む方法もありますが、袋の数によってはとても自分だけでは捨てきれないことも。

大きな家電や家具も不用品に出すことになると、車に乗せて自力で自治体の処分場に持ち込むか、誰かにお願いしないと処分できません。

こういうときは、専門の粗大ゴミ回収業者に相談するとスッキリ解決できます。

多くの業者はホームページを開設していて、回収可能品目や料金が明示されています。

見積の相談は無料のところがほとんどです。

メール、LINEなどで24時間相談可能な業者も多いので、電話が苦手な人でも安心です。

複数の業者から見積もりを取って、条件がよいところに依頼しましょう。

粗大ゴミ回収本舗にご相談ください!

https://sodaigomi-kaishu.com/
https://sodaigomi-kaishu.com/

粗大ゴミ回収本舗は、不用品回収が得意な業者です。

お客様の状況やご要望に合わせて、最適なプランをご提案いたしますので、部屋の片づけで出た大量の不用品から単品での回収にも喜んで対応いたします。

電話なら8:00~24:00まで年中無休で受け付け。

メール・LINEなら、年中無休24時間お問い合わせ・お見積もりの相談が可能です。

今ならWEBサイトからの申込限定で2,000円割引実施中。

部屋から出た大量の不用品の回収に困って、専門業者への依頼を考えている方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗にお気軽にご相談ください。

ご相談・お見積りは無料なのでご安心ください。

みなさんからのご相談を、心よりお待ち申し上げております。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA