ストレスなどが原因で部屋の片付けができないという方が増えています。

特に、うつ病を患っている方は、部屋がゴミ屋敷になる可能性が高いと言われています。

なぜ、うつ病を患うと部屋がゴミ屋敷になるのか気になる方も多いでしょう。

はじめに結論から言うと、うつ病になるとストレスにより、自分の管理ができない状況になります。

当記事では、うつ病を患うとゴミ屋敷になる関係を詳しく解説していきます。

うつ病とゴミ屋敷にはどんな関係があるのか?

うつ病になってしまうと、ゴミ屋敷になってしまう可能性が非常に高くなります。

ゴミ屋敷になってしまう方の特徴として、共通して言えるのは「非常に強いストレスを日常的に抱えている」というものです。

はじめに、うつ病とゴミ屋敷の関係について詳しく解説していきます。

なぜうつ病が原因でゴミ屋敷に?

うつ病になってしまうと、部屋の片付けができなくなってしまいます。

ひどい場合は、

  • 入浴ができない
  • トイレに行くこともできない

など、人間らしい生活感も薄れていってしまいます。

仕事をしている方は、自宅でストレス解消する元気もなくなります。

帰宅するだけで限界、食事を取るだけで限界、しかも寝付きが悪くなると朝になって

また、ストレスが溜まると「限界まで働いているので、遊ぶ時間はほぼなし」ということが当たり前になってきます。

そうなると、お金を使う場所もないので、日々のちょっとしたところにお金を使う方が増えてきています。

他人と関わるのも疲れるので、自宅に引きこもるような生活となり、家事全般はどうでもよくなっていきます。

日常的なストレスを改善しない限り、ゴミ屋敷になってしまう可能性は非常に高くなります。

もし、社会的ストレスでうつ病になって、片付けすら手につけられなくなったら、1年もかからずにゴミ屋敷になってしまいます。

うつ病が原因で片付けができない場合、ゴミ屋敷になるスピードが早くなります。

二次障害でうつ病になってしまうことも

社会的なストレス以外にも、ADHD(注意欠如・多動症)やASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)などの二次障害としてうつ病を発症することもよくあります。

発達障害を持っていると、どうしても失敗が続いてしまい、孤立感や自己嫌悪につながっていきます。

そうなると、自己否定感からうつ病を患ってしまい、失敗を恐れて完全な引きこもりになってしまう人も多いです。

ゴミ屋敷で暮らしているうちに強いストレスを感じることも

自宅は本来「自分の落ち着く場所」にしなければいけませんが、帰宅先がゴミ屋敷だとむしろストレスが大きくなってきます。

その結果、うつ病を悪化させてしまうという負のスパイラルになる可能性もあります。

職場のストレスは、会社を辞めるか所属部署を異動するかしないかぎり、自分で解決することが難しいケースもあります。

しかし、自宅での暮らしは自分の問題なので、自己解決ができます。

うつ病を患うと現実的には難しいかもしれませんが、それでも誰かを頼りながら改善させることはできます。

頼る相手は家族や友人でもいいですが、やはり片付けのプロに依頼するのが手っ取り早いのではないでしょうか。

プロの業者に依頼すると費用はかかりますが、片付け代という「自己防衛費」になります。

自分自身をギリギリでも保っていられるように、充電できる部屋に変えるための費用となります。

ゴミ屋敷の片付けをするには、それくらい大きな価値があります。

 

うつ病かもしれない?自分でできるチェック方法

うつ病は、どこか痛くなるなどの症状がなく、なかなか自分では気が付きにくいものです。

しかし、放ったらかしにしておくと、症状はどんどん悪化していきます。

ここからは、自身のこころやからだの状態をチェックしましょう。

これから、質問する状態に2週間ほど悩まされているかしっかり確認しましょう。

  1. 物事に対してほとんど興味がない。もしくは楽しめない
  2. 気分が落ち込む。憂うつになる。または絶望的な気持ちになる
  3. 寝付きが悪い。途中で目が覚める。もしくは眠りすぎる。
  4. 疲れた感じがする。または気力がない
  5. あまり食欲がない。または食べ過ぎる
  6. 自分はダメな人間だ。人生の敗北者だと気に病む。または自分自身あるいは家族に申し訳ないと感じる
  7. 新聞を読む。またはテレビを見ることなどに集中することが難しい
  8. 他人が気づくくらい動きや話し方が遅い。反対にソワソワしたり、落ち着きがなく動き回ることがある
  9. 死んだほうがましだ。あるいは自分をなにかの方法で気づくけようと思ったことがある

上記によって、仕事や家事、他の人と仲良くやることが困難になっている場合、うつ状態になっている可能性が高いです。

診療内科や精神科を受診することをおすすめします。

【解決方法】体調のいい日に業者に頼んで1日で終わらせよう

【解決方法】体調のいい日に業者に頼んで1日で終わらせよう

うつ病にも、気持ちの波があり、比較的に体調が良い日もあります。

その日をチャンスに、1日で解決できる方法を選びましょう。

もし1日で解決できるのならば、家族や友人にお手伝いでも問題ありません。

ですが、家族や友人に頼んでも数日間掛かりそうならば、迷わずに粗大ごみ回収業者に依頼しましょう。

粗大ごみ回収業者をおすすめする理由は、体調が悪くなってもスタッフに任せることができます。

うつ病を患っている方の場合、体調がいい日は本当に貴重な時間なので、その時の決断一つで暮らしが大きく変わります。

不用品を処分するなら「粗大ゴミ回収本舗」がおすすめ

不用品を処分するなら「粗大ごみ回収本舗」がおすすめ

「粗大ゴミ回収本舗」は、フットワークが軽く、最短30分で回収に来てもらいます。

ごみや不用品の回収はもちろんのもと、ハウスクリーニングや掃除片付けなどにも対応しています。

日本トレンドリサーチ調査では【ゴミ屋敷の片付け業者:顧客満足度部門】でNO.1を獲得している功績もあります。

テレビでゴミ屋敷が取り上げられた際には、掃除業者として情報提供を行っているので、信頼のおけるプロフェッショナルな業者です。

また、WEB限定で利用料金が2,000円オフなるクーポンや、2回目の依頼で利用料金が安くなるサービスもあるので、何度も利用する方にもおすすめの粗大ゴミ回収業者です。

ゴミ屋敷になってしまったお部屋をきれいにするならば、ぜひ粗大ゴミ回収本舗に相談しましょう。

店舗名 粗大ゴミ回収本舗
おすすめポイント 最短30分で回収に訪れる業者
サービス内容 お部屋の片付け、不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷、引っ越し時の不用品回収、ハウスクリーニング、粗大ゴミ回収
料金目安 軽トラック:14,800円

1.5トントラック:34,800円~

2トントラック:54,800円~

対応エリア 三鷹市、東京、埼玉、千葉、神奈川
受付時間 年中無休・WEB電話対応 8:00~24:00
支払い方法 作業完了後の現金払い、クレジットカード決済
その他 買い取りサービス、即日対応
キャンペーン情報 WEB限定割引:2,000円オフ

まとめ

まとめ

今回はうつ病を患うとゴミ屋敷になる関係を詳しく解説していきました。

うつ病になると、社会的なストレスに疲労してしまい、部屋の片付けなどの人間らしい生活を送ることが難しくなります。

その結果、ゴミ屋敷になってしまいます。

解決するには、そのストレスをなくさなければいけません。

うつ病かなと思ったら、早めに医師に相談しましょう。

また、ゴミ屋敷を片付ける場合は、自分の調子がいい日に1日で片付けることをおすすめします。

一人で片付けるのは難しいですが、家族や友人に手伝ってもらったり、粗大ごみ回収業者に依頼する方法があります。

ゴミ屋敷を片付けるだけで、自己防衛にもつながるので、決断一つでその後の暮らしが大きく変わります。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA