断捨離、引っ越し、大掃除で出てきた大量の不用品。不用品は粗大ゴミとして回収してもらうか、買取してもらうかのどちらかです。

 

まだまだ使えそうな粗大ゴミや不用品を目にしたことはありませんか。そのままゴミとして処分してもらうにはもったいないような気もします。

 

これら不用品を買い取ってもらうにはどのような点に気を付けて、どのような業者を選べばよいのでしょうか。

 

今回は、不用品買取業者の特徴や選び方について解説していきます。

 

 

いろいろな不用品買取会社の特徴について

不用品買取をする業者は大変数多く存在します。現代では業者が存在せずに困るということはまずありません。

 

ただ、不用品だからと言って持って行けばなんでも値段が付くわけではなくて、そのなかで需要が高く再び販売したときに高値で販売できるものだけを買い取ってもらえるというのが一般的です。

 

中には、貴金属類専門、着物専門といったところもありますし、古美術専門のところもあります。

 

国内で有名な、主要な不用品買取業者をカテゴリーに分けると次のようになります。

 

  • 買取専門店
  • 総合的に買取するショップ
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者
  • 引越業者

 

これらカテゴリー別の特徴は以下のとおりです。

 

業者

特徴(メリット)

デメリット

買取専門店

特定ジャンルであれば他より高値がつく 故障や古いなどの理由で買い取れない場合あり

総合的に買取するショップ

家電・楽器・ブランド品など全国水準の買取価格で買い取ってもらえる 雑貨や小物の多くは買い取り対象外か、著しく安値になる

リサイクルショップ

雑貨や古着など何でも買い取ってもらえる。 全国相場があったとしても、その価格で買い取ってもらえるとは限らない。

不用品回収業者

一度にたくさんの不用品を処分できる。 他の買取店との比較が困難

引越業者

引越しのタイミングで不用品が処分でき、買取価格分引っ越し料金は安くなる。 何でも買い取ってもらえるわけではなく、一部の家電などに限定される。

 

売りたいものが何かということと、値段にこだわるか、早く処分することにこだわるかによって適切なカテゴリーを選ぶのが良いと思います。

 

買取業者ごとのサービスの特徴

買取専門店の買取

買取専門店は文字通り買取を専門に行っており、たくさんの不用品を丸ごと持って行ってもすべて買い取ってもらうことはできません。

 

さらに、このカテゴリーのお店は特定の品目に特化した店舗といろいろと幅広いジャンルの品目を買い取る店舗があります。どのようなものがあるか見ていきましょう。

 

特定のジャンルの買い取り専門店

不用品買取サービスはどうなのか?

特定ジャンル専門店とは楽器専門やバイク専門、貴金属専門、着物専門といった店舗のことです。

 

特にバイクなどは、自家用車で移動するようになったなどの理由で乗らなくなってしまうと非常に邪魔になりますので、一刻も早く売却したいと思う方も多いと思います。

 

このジャンル特定の買取は全国的な買取査定価額があらかじめ決まっている場合が多く標準的な価格で買い取ってくれます。

 

需要の高い希少なものなら何店舗か回って一番高いところに売るのもよいと思います。

 

幅広くいろいろなものを買い取る店舗

引っ越し業者と不用品回収業者に依頼するメリットとデメリット

幅広いジャンルのものを買い取る店舗もあります

 

引越しの時にまだまだ使える家電製品などの持って行き先がない時などに活用できます。

 

雑貨品のような小間物まで買い取ってくれないかもしれませんが、まとめて売却できるメリットは大きく、電話すれば家まで出張買取してくれる場合もあるので、手間もかからなかったりします。

 

心配であれば事前に査定も可能なので、他の店舗と比較してみて一番高いところに決めるとよいでしょう。

 

こうした店の場合、査定士と呼ばれる専門の店員がおり、ほぼ相場に見合った金額で買い取ってくれるでしょう。

 

リサイクルショップの買取サービス

リサイクルショップは、幅広く買い取ってくれるショップに形態は似ていますが雑貨や小物類も買い取ってくれます。ただ、金額に関しては相場通りになるとは限らないのでその辺は割り切る必要があります。

 

引越しなど、時間がなく、とにかく早く処分したい場合など利利用するのがよいでしょう。

 

また、リサイクルショップは出張買取を行っている店舗もあるので交渉してみるのもよいと思います。

 

不用品回収業者の買取サービス

不用品回収業者も、その場で査定をして買い取れるものなら買い取る業者があります。

 

専門店と比較するとその買取額は高くはありませんが、値段のつかない不用品も一緒に回収・処分してもらえることを考えると手間が省けて有利です。不用品の処分料金のトータルから買取金額を引いてくれますので、金銭面でも多少お得になるでしょう。

 

しかしながら、業者によっては買取することのできる品目が限られていたり、他の業者との比較ができないという面もありますが、家電のような相場がだいたい決まっているものに関しては事前におおよその金額を教えてくれる場合もあります。

 

不用品回収業者の多くはホームページにチャットコーナーやお問い合わせフォームがありますので積極的に利用しましょう。

 

引越し業者の買取サービス

プロの信頼できる業者に掃除を依頼する

引越しをするとき、同時に不用品を買い取ってもらえるならば、こんなにいいことはありません。別段、買取業者に頼むという方法もありますが、余計な時間と費用が掛かる場合もあり、できれば避けたいものです。

 

もし引越し業者が不用品を買い取ってくれて、その買取金額分引っ越し料金を安くしてくれるのであればベストです。しかも引越しの日、1日で片が付きます。これは引越し業者にしかできない最高のメリットとなります。

 

ただ、引っ越し業者は廃棄物の処分ができない場合が多く、値段のつかない不用品は引き取ってくれないことも多いということと、買取ができる品物は一部の家電品などに限られるということも覚えておきましょう。

 

不用品買取業者の選び方

片付けるため断捨離を決意した女性

不用品買取業者を各カテゴリーに分けたうえでそれぞれの特徴を述べてきました。

不用品が出てくる状況はそのときでケースバイケースであり、種類、量によってもどのカテゴリーの業者を選べばよいのかは違ってくるでしょう。

 

しかしながら、たくさんの不用品が出てきてしまう状況では、とにかく早く処分したいと思う気持ちが優先してしまいます。複数の業者に見積もりを取ってから決めたいところですが、実際はそういうわけにいきません。

 

そこで、ここでは、状況別にどの不用品買取業者を選んだらよいのかについてまとめてみましたので、参考にされてください。

 

特定品目買取専門店がおすすめの方

  • 相場に見合った買取をしてもらいたい
  • 不用品の状態が比較的よい(破損・故障していないなど)
  • 高級品やブランド品が多い
  • 不用品の種類が限られている
  • 不用品の個数が少ない
  • 粗大ごみの対象外となっている

 

通常の買取専門店がおすすめの方

  • 不用品の種類や個数が多い
  • 不用品の状態が比較的よい(破損・故障していないなど)
  • 雑貨や衣類などの小物が多くない

 

リサイクルショップがおすすめの方

  • 不用品の種類や個数が多い
  • まだ使用できるものが多い
  • 雑貨や衣類などの小物が多い
  • 買取金額はそこまで気にしない

 

不用品回収業者がおすすめの方

  • 不用品の種類や個数が多い
  • すべての不用品を回収して欲しい
  • もう使用できないものや状態の悪いものが多い
  • 買取金額はそこまで気にしない
  • 通常のごみで出せないものが多い

 

引越し業者がおすすめの方

  • 引越し当日まで不用品を使用したい
  • 不用品が家具・家電である
  • 不用品の個数が多くない
  • 引越しの片付けに手間をかけたくない

 

どれか一か所に頼んで処分をするということではなくて、価値の高そうなものだけを最も高く買い取ってくれる特定品目買い取り専門店で売却し、そのほかの安い小間物、雑貨はリサイクルショップで売却する。あとは不用品回収業者に回収してもらうなどの方法もありです。この辺りはどれくらい時間が許すかということになるでしょう。

 

不用品買取業者は持っているお金と時間を考えて選ぼう

不用品買取業者の特徴からケース別の事例とおすすめの業者タイプを解説してきました。

 

引越しや不用品の処分をするときには当然予算というものがあると思いますが、同時にかけられる時間というのもあります。買取というと「高く買い取るところがいい」というふうにお金ばかりに目が行きがちですが、不用品処分はなるべく早く処分できる方がユーザーにとって価値が高いのも事実です。

 

様々な買取サービスを利用するのもよいのですが、『時は金なり』という言葉もあります。自分の持っている時間を有効に使って、迅速に一度ですべてを処分できることが、結局は最も良いことなのです。

 

粗大ゴミ回収本舗では、不用品の買取も行っています。事前に見積もりも承っていますので、ぜひ一度ホームページの問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

不用品と言っても長年、共に過ごしてきた愛着もあるはず。お金のことだけではなく“きれい”に処分したいものです。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA