家庭内で要らなくなった不用品は、ゴミ収集の日に出すことのできないものもあります。

不用品回収の方法には、不用品回収業者を利用する方法と自治体に依頼して回収して貰う方法があります。

自治体や不用品回収業者にも、それぞれメリットやデメリットはありますが、実際どちらが便利なのでしょうか?

今回は、それぞれの特徴などを確認しながら、どちらが便利なのか解説していきます。

不用品回収業者のほうが断然便利

最初に答えから説明すると、不用品の回収や処分を依頼するならば自治体よりも不用品回収業者に依頼するほうが断然お得です。

不用品回収業者は、依頼した後の手間やスピードが早くて手軽です。

回収時の作業面でも、業者のほうが対応して貰える作業の範囲が広い傾向となっています。

また、業者によりけりですが、自治体では引きとってもらえないような、家電リサイクル法対象品などの不用品の回収してくれる業者もあります。

一般的な業者に依頼したり、自治体で引き取ってもらうよりも安く処分できますが、不用品を大量に処分する場合は不用品回収業者のほうが安く処分することができます。

自治体による不用品回収の特徴と流れ

自治体による不用品回収の特徴と流れ

区役所や市役所など、不用品の回収や処分を自治体に依頼する場合、1点数百円からと非常に安く回収してもらえるのが魅力です。

3人掛けのソファーやカップボードのような大型の不用品でも、1点3,000円に満たないような低い料金で回収してもらえます。

回収は基本的に週1回

自治体の不用品回収は週に一度と決まっており、曜日や地域によって異なりますが「毎週○曜日」と固定されていることが多いです。

そのため不用品がある場合は、自治体ごとの大型ごみ収集センターなどに連絡を取るなど、事前の申し込みや回収予約を取る必要があります。

支払いは大型ごみ処理手数料シールを購入

不用品を回収して貰う場合は、回収してくれる人に料金を支払うのではなく、予め処分する品物に該当する手数料分の「大型ごみ処理手数料シール」などを購入することで支払いが完了する流れとなっています。

大型ごみ処理手数料シールは銀行や郵便局、コンビニなどで購入することができます。

混雑する時期の場合は、回収が数週間遅れることも

普段は、申込みをした翌週には不用品を回収してもらえますが、引っ越しの多いシーズンや年末の大掃除シーズンの場合、回収予約が混み合うこともあるため、なかなかスムーズに回収が行われない場合もあります。

自治体に頼んだ場合の回収日は、予め決められた日程や曜日に回収してもらうことになります。

回収品は、回収当日に合わせて屋外の分かりやすい場所に置いておく形になります。

搬出作業はやってもらえないので自分で運ぶ

自治体に依頼する場合、基本的に回収する不用品は外にあるものを積み込んで回収するのみです。

特別な理由がない限り、家の中から搬出する作業などは基本持ち主が行わなければいけません。

家具にサイズが大きく家から出すことが困難な場合などは、ご自身で解体する作業も必要となります。

このように区や町などの役所に不用品を処分してもらう場合、とても安く処分して貰うことが可能です。

ただし、安い分融通が効かなかったり、不便に感じることが多いといったデメリットもあります。

不用品回収業者の特徴

不用品回収業者の特徴

不用品回収業者に不用品の処分を依頼する場合、料金やサービス内容は業者によってさまざまです。

単品回収もあるがバックプランなどお得なプランも多い

基本的には、1点から回収処分を依頼することが可能となっています。

業者によっては、複数の不用品をまとめてトラックなどに積み込むような、お得なパックプランなども利用できるケースは珍しくありません。

曜日に関係なく回収可能で融通もききやすい

回収日は何曜日と決まっているわけではないため、不用品回収業者と依頼主で打ち合わせをして都合のいい日や時間を設定します。

なかには、最短即日の回収も可能としている場合あるので、とても便利です。

比較的好きな日や時間帯を設定出来るので、スケジュールに合わせて融通を効かせて貰いやすいのも魅力です。

搬出はスタッフが行ってくれる

不用品回収業者のスタッフは、屋内から搬出してくれるスタッフがほとんどです。

なので、外に出しておくなどの作業をは必要とせず、業者のスタッフが回収日当日に手際良く屋内から運び出してくれます。

ほとんどの場合、準備などの必要もないので全てお任せで不用品を回収してもらえます。

運び出しの際は、床や壁などを傷つけないようにしっかりと対応してもらえるので、安心して任せることができます。

解体作業は別料金となることもある

回収業者によっては、大型家具の解体などを基本行ってないか、もしくは行っていても別料金になることが多いです。

そのままの状態で自宅などから搬出できないような大型の家具がある場合、事前に解体する必要があるか確認しておきましょう。

さまざまな支払い方法に対応している

利用料金の支払い方法については業者によってさまざまですが、多くの場合作業が完了した後の支払いとなります。

最近では、現金支払いだけではなく、なかには、銀行振り込みや請求書払いにも対応している業者もあるので、個人での利用だけでなく法人利用もしやすくなっています。

自治体と業者、どちらを利用するとお得なのか?

自治体と業者、どちらを利用するとお得なのか?

結論から言うと、不用品回収業者に依頼したほうが便利でおすすめです。

ですが、どこが便利なのか、それぞれ比較して解説していきます。

どちらを利用するか選ぶ際に参考にしてみてください。

不用品回収時のスケジュール

不用品を回収してもらう場合、自治体と専門業者では大きく違う点があります。

  • 役所:エリアごとに周に一度だけ回収
  • 業者:予定が合えば曜日に関係なく回収

混雑しやすいシーズンは、自治体も回収業者もなかなか予約が取りにくいです。

しかし、自治体の場合は回収して貰うチャンスは週に1度しかないので、最悪の場合不用品回収まで何週間も待たなくては行けないこともあります。

回収業者の方が稼働数も多いので、曜日に関係なく柔軟に対応してもらえるので、混雑しやすい時期でも比較的スムーズに回収を依頼することができます。

また、申込みから回収までの最短期間に関しても、自治体と専門業者で大きく違いがあります。

  • 自治体:申し込みから最短2日後(地域によっては4日後)
  • 業者:最短申込の当日回収

自治体に依頼する場合、その地域の回収曜日が何曜日なのかで、申込みの締め切り曜日が異なります。

多くでは、申込み日の2日後には回収してもらえるようですが、締切時間が異なります。

締め切りが異なる場合、その翌週に回収することとなります。

しかし専門業者に依頼する場合は、業者とのスケジュールが合えば最短当日回収してもらえるので、スピーディに処分することができます。

すぐに処分してもらえるなら、思いだった時点で不用品を手放すことができて便利です。

まとめ

大量の不用品を処分する場合は、自治体に依頼するよりも回収業者に依頼するほうがお得です。

また、自治体に依頼する場合、業者とのスケジュールが合えばスピーディに処分することができます。

粗大ごみ回収本舗では、用途に合わせた積み放題プランがあります。

軽トラック積み放題プランの他にも、1.5tトラックや2tトラックの積み放題プランもあります。

プランの種類 利用料金 参考間取り
軽トラック乗せ放題プラン 14,800円 1k
1.5tトラック乗せ放題プラン 34,800円 1DK
2tトラック乗せ放題プラン 54,000円 2DK
4tトラック乗せ放題プラン 相談により決定 3DK以上

 

粗大ゴミ回収本舗の料金ページ

粗大ゴミ回収本舗では、基本料金や車両費、作業員追加料金は無料です。

webサイト限定の2000円割引や、2回目以降のお客様は15%OFFなどお得なクーポンもあります。

また、料金の割引相談にも気軽にお応えするので、ぜひ一度ご相談ください!

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA