当記事では、物を捨てられない心理や断捨離のコツを徹底解説。

物を捨てられない原因や改善方法、断捨離のメリットが理解できる内容です。

参考にすると、物を捨てられないお悩みから開放され断捨離にチャレンジできるので、ぜひ参考にしてください。

物を捨てられない心理4選

物を捨てられない心理4選

どうして物を捨てることができないのでしょうか?

実は物を捨てられないのは「心理的要因が原因」ともされています。

当項目では、物を捨てる際の心の動きを紹介します。

心の動きを知ることは心理的要因を知ることになるので、ぜひチェックしてみてください。

まだ使えるというもったいない精神

物を捨てる際に「まだ使える、もったいない」と感じてしまうことはないでしょうか。

この考えを持つと、物を捨てられずゴミ屋敷につながるので危険です。

もったいない精神は、やがて「捨てられない」から「捨てない習慣」へと変わり、部屋にどんどん物が溜まっていきます。

迷った時点で、およそ7割程度は自身にとって必要のないものと割り切ることが大切です。

価値があるかもしれない

物を捨てる際には「まだ価値があるかもしれない」と感じてしまいがちです。

実際に価値がある場合もありますが、ゴミ屋敷になっている時点で所持しておく選択はおすすめできません。

もし価値を知りたければ、鑑定に出すとよいでしょう。

思い出が詰まっている

人からのプレゼントや何かの記念で購入したものには、さまざまな思い出があるものです。

物を捨てる際には思いが蘇り、「なかなか捨てられない」という心理状態になることもあります。

全てを捨てればよい訳ではありません。

気持ちがプラスになる物はとておき、逆に嫌なことを思い出す物は捨ててしまうことをおすすめします。

捨てること自体に罪悪感を感じる

ゴミを捨てるといった行為自体に罪悪感を感じる人もいます。

たとえば人から貰ったものは思い入れがなくとも捨てにくいと感じるかもしれません。

しかし、物が増え過ぎると室内の環境が悪化するので、割り切って捨てるようにしましょう。

物を捨てられない人の特徴

物を捨てられない人の特徴
物を捨てられない人には共通する特徴があります。

自分の性格と照らし合わせながらチェックしてみてください。

買い物好き

ひとつめの特徴は買い物好きです。

単純に買い物が好きという方はもちろんですが、買い物依存症になると必要のない物まで購入し、家が物だらけになりがちです。

結果、物が溢れている環境に慣れてしまい、捨てる習慣が無くなってしまいます。

買い物がストレス発散になる方もいるので過度な節制は良くはないですが、買い物はほどほどにしたいところです。

性格が優しすぎる

2つ目の特徴は性格が優しすぎるです。

優しい方は物に対しても捨てたら可哀想といった感情を抱いてしまうことがあります。

物に情を持つことは悪いことではありませんが、必要の無い物は捨てるようにしましょう。

優柔不断

3つ目の特徴は優柔不断です。

物を捨てる際には、実行するための強い意志が必要です。

心が揺らぎやすい方は物が捨てられないといえるでしょう。

所有欲が高い

4つ目の特徴は所有欲が高いということです。

コレクターなどがあてはまりますが、所有欲が高い方は物を手放すことが出来にくいといえます。

物を捨てられない病気かも

5つ目の理由は物を捨てられない病気かもしれないということです。

近年精神疾患として認知されている病気に「ためこみ症」があります。

認知症やADHD、統合失調症などの影響で似たような症状を発することもありますが、それらが当てはまらない場合はためこみ症を疑ってみるとよいかもしれません。

物が捨てられない心理を改善する方法

物が捨てられない心理を改善する方法

前項では、物が捨てられないのは心理状態が影響することがわかりました。

では、心理はどのように改善すればよいのでしょうか。

当項目では、具体的に改善方法を紹介しますので参考にしてください。

思い出をデジタル化する

写真やビデオテープは、時間の経過と共に量が増えてかさばります。

増えすぎるとスペースに困りますが、思い出を処分するのは躊躇してしまいます。

現代では、過去にとった写真をスキャナーで取り込んだり、ビデオはDVD化したりして保存しておくという手もあります。

デジタル化すれば部屋も片付くうえ、思い出の劣化も防げるメリットもあるでしょう。

明確なルールを決める

物を捨てられないときは、あらかじめ明確なルールを決めるのも手です。

たとえば、1年間使ってないものは捨てるなど、守らなければならないルール付けをしておけば、心理状態に左右されることはありません。

自分で捨てづらいなら業者に依頼する

片付けの際に、情が邪魔をして作業が進まない方は業者に依頼するとよいでしょう。

必要・不要だけではなく、とっておく癖があるとなかなか片付けられません。

業者は第三者なので、依頼内容通りしっかりと処分してくれます。

物を捨てられない人が断捨離するメリットとデメリット

物を捨てられない人が断捨離するメリットとデメリット

物を捨てられないことに悩んでいるのなら、断捨離にチャレンジしてみてください。

当項目では、断捨離をすることで得られるメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

断捨離のメリット

断捨離には具体的に以下のメリットがあります。

  • 必要な物を吟味し物の価値が分かる
  • 消費行動を見直しお金が貯まりやすくなる
  • 寝床の環境が良くなり睡眠の質があがる
  • 自宅に人を招きやすくなり、人間関係がスムーズになる
  • 部屋がスッキリし、心身共に健康的になる
  • 風水的に良くなり運気があがる

あげるとキリがありませんが、断捨離をすることで身の回りが整頓され自然と生活環境が整うという声が多くあります。

断捨離のデメリット

断捨離には以下のデメリットがあります。

  • 断捨離に時間がかかる
  • 必要な物も捨ててしまう
  • 思い出を振り返られなくなる

断捨離をしようと決めたからといって過度にしてしまうと後悔してしまうこともあります。

やりすぎには注意しながら進めましょう。

断捨離大作戦!断捨離のコツを解説

断捨離大作戦!断捨離のコツを解説

断捨離は精神面でも人によってある程度の覚悟が必要ですが、作業そのものに手間がかかります。

物を捨てることのできない人は、自然と整理整頓をするクセのないことがほとんどです。

そのため、いざ片付けをしようと思っても苦労します。

当項目では、断捨離をスムーズにするためにコツを3つ紹介します。

部屋を区画ごとに片付ける

部屋を片付けるときは区画ごとに片付けることが大切です。

全体がゴミ屋敷化していると何から手を付けてよい分からないうえ、片付けるスペースを確保するのも難しいでしょう。

区画ごとに片付けると、どのくらい断捨離が進んでいるかも一目で確認できるため、作業が進みます。

残す量の目安を事前に決めておく

残す量の目安を事前に決めておくことは大切です。

いざ片付けをしてみるとついついもったいないと思い、結局とっておく量のほうが多くなる方もいます。

事前に残す量を決めておけば、それ以上はとっておくことができなくなるのでおすすめです。

必要なものと不要なもの保留するものにわける

断捨離をする際は、主に「必要なもの」「不要なもの」「保留するもの」と整理することをおすすめします。

3つに分類することで作業はスムーズに進みますし、片付けの状況を把握しやすくなります。

物が捨てられない人は粗大ゴミ回収本舗にお任せ

物が捨てられない人は粗大ゴミ回収本舗にお任せ
https://sodaigomi-kaishu.com/

断捨離やゴミ屋敷を整理するといった作業は、素人では時間がかかり、手に負えなくなることも珍しくはありません。

そんなときは私たち「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

不用品の回収や処分はもちろんのこと、価値のあるものは査定しお客様に損失が無いよう適切な処分をさせていただきます。

即日対応、激安価格、丁寧な作業を心がけておりますので、ぜひ「粗大ゴミ回収本舗」で無料の出張見積もりを利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗へのお問い合わせはこちらからCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA