「粗大ごみを出したいけれど、どうやって捨てればいいのか分からない」

「粗大ごみの回収予約をしたけど、粗大ごみのサイズが大きいから家から運び出すのが大変」

など粗大ゴミに関して悩んでいる方は必見です。

この記事では、横浜市の粗大ごみの出し方(予約方法や手数料の支払い方など)、粗大ごみの回収は民間の不用品回収業者に依頼するのがおすすめの理由についてご紹介しています。

粗大ごみの処分に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

横浜市の粗大ごみの出し方

横浜市では粗大ごみを有料で市が収集しています。

粗大ごみは通常のごみ収集所に捨てるのではなく、事前に予約をして手数料を支払うと回収してもらえます。

また、自分で粗大ごみ回収施設に持ち込むこともできます。

こちらでは、横浜市での粗大ごみを出すための予約方法、自分で持ち込む方法、手数料の支払い方などについてご説明します。

どんなものが粗大ごみ?

粗大ゴミとして出せるのは、金属製品では一番長い辺が30 c m以上のもの、金属製品以外のものは一番長い辺が50cm以上のものです。

ゴミの全部の辺の合計の長さではないので注意しましょう。

事前予約する

粗大ゴミは事前の予約が必要です。

予約の方法には、電話での予約とインターネットでの予約があります。

予約をするときに、粗大ゴミの品目(自転車、収納ケースなど)と長さが必要になるので確認しておきましょう。

予約をしてもすぐに回収に来てくれるわけではなく、予約受付から収集までには2週間ほどかかります。

■電話での予約方法

電話で予約する場合は、横浜市の粗大ごみ受付センターに粗大ごみ回収の申し込みの電話をします。

基本的には粗大ごみ受付センターのスタッフの質問に答えていくだけです。

回収してもらいたい粗大ごみの品目と長さのメモを手元に置いておくとスムーズに予約ができます。

電話予約は月曜日と火曜日が混み合うので、水曜日以降に電話をする方がつながりやすいです。

粗大ごみについて相談したい人や「出したい粗大ゴミが、どの品目に当てはまるかよくわからない」という人はインターネットでの予約よりも、電話での予約がおすすめです。

 

【電話での申し込みの流れ】

  1. 粗大ごみの回収を申し込みたいことを伝える
  2. 回収を依頼する粗大ごみの品目と長さ(大きさ)を伝える(1度に複数の粗大ごみを出す場合は、すべての品目と長さを伝えます)
  3. 粗大ごみの回収に必要な手数料の金額を教えてもらう
  4. 粗大ごみ回収の場所を決める(通常は家の玄関先など)
  5. 粗大ごみ回収日時の決定(こちらから回収日時の指定はできません)

 

■粗大ごみ受付センターの電話番号:0570-200-530

■携帯電話やIP電話を利用する場合は、045-330-3953に電話しましょう。

■電話での申し込み・問い合わせ時間:午前8:30から午後5時(月曜日から土曜日)

 

■インターネットでの予約方法

インターネットで申し込む場合は、「横浜市粗大ごみインターネット受付」ページから自分で住所や粗大ごみの品目、収集日を入力して申し込むことができます。

インターネット受付では1度に10個まで粗大ごみを申し込むことができます。

申し込みたい粗大ごみの品目がインターネット受付の粗大ごみ一覧にない場合は、インターネットで粗大ごみ回収の予約はできないので、「横浜市粗大ごみインターネット受付」ページの右下に表示されるチャットで問い合わせるか、粗大ごみ受付センターに電話して粗大ごみ回収の予約をしてください。

粗大ゴミは収集日の朝8時までに出すことになっているので、出し忘れに気をつけましょう。

 

【インターネットでの予約の手順】

  1. 初めてインターネット受付を利用する場合はメールアドレスを登録する
  2. 登録したメールアドレス宛に送信されたURLから氏名、住所などの基本情報を入力する
  3. 粗大ごみの排出場所を選択する(戸建て住宅であれば自宅前の道路際、集合住宅は家庭ごみ集積場所か粗大ごみ専用置場を選択します)
  4. 粗大ごみの品目を選択する
  5. 収集日を選択する

 

■横浜市粗大ごみインターネット受付のページはこちら。

 

手数料を支払う

粗大ごみの予約が完了したら、手数料を支払います。

電話で予約した場合は予約時に伝えられた手数料を、インターネットから予約した場合は予約時に表示された手数料を支払いましょう。

「手数料の支払い=粗大ごみ処理券を買う」ことなので、粗大ごみ処理券を取り扱っている郵便局やコンビニエンスストアで必要な手数料分の粗大ごみ処理券を購入しましょう。

 

粗大ごみ処理券は領収日付印がないと無効になるので、購入店で領収印を押してくれたかをしっかり確認しましょう。

粗大ごみ処理券は200円、500円、1,000円のものがあります。

例えば、粗大ごみ手数料が2,200円の粗大ごみを捨てる場合は、1,000円の粗大ごみ処理券2枚と200円の粗大ごみ券1枚を組み合わせて2,200円にします。

 

粗大ごみ処理券を取り扱っているコンビニエンスストアは、コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンマイル、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソンです。

粗大ごみを出す

粗大ごみ処理券を購入したら、粗大ごみ処理券(粗大ごみ処理券はシールになっています)に名前を記入して粗大ゴミに貼ります。

粗大ごみの素材によっては粗大ごみ処理券がはがれやすくなるので、はがれてなくなってしまわないようにセロハンテープなどで補強することをおすすめします。

粗大ごみ処理券を貼ったら、あとは収集日に粗大ごみを出すだけです。

粗大ゴミは自宅に引き取りには来てくれないので、予約時に決めた場所に自分で粗大ごみを運びましょう。

自分で持ち込む場合の手続き

粗大ごみを自分で回収施設に持ち込む場合も予約が必要です。

予約方法は、通常の粗大ごみ回収と同じく、粗大ごみ受付センターに電話で予約するか、「横浜市粗大ごみインターネット受付」からインターネットで予約すことができます。

予約後は手数料を支払い、粗大ゴミに張り付け、予約した搬入日時に持ち込みます。粗大ごみを持ち込める施設は、鶴見資源化センター、港南ストックヤード、長坂谷ストックヤード、明神台ストックヤードの4カ所です。

粗大ごみ持ち出し収集

一人暮らしの高齢者や道路が狭くて粗大ごみを自宅近くに出すことができない場合には、屋内から粗大ごみを収集してくれる制度があります。

高齢で粗大ごみを出すことができない場合は資源循環局事務所に申込書で申し込みが必要で、道が狭くて粗大ごみを出せない場合は資源循環局事務所に電話で申し込むことができます。

横浜市が回収できない粗大ごみ

次のような粗大ゴミは、横浜市で回収してもらえません。

・引っ越しなどで一度に大量に出た粗大ゴミ

・エアコン

・テレビ

・冷蔵庫

・洗濯機

・衣類乾燥機

・パソコン

・プロパンガスボンベ

・灯油・ガソリン

・タイヤ

・ピアノ

・バイク

・消火器

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機は家電リサイクル法に基づいた処分が必要なので、購入した店舗でリサイクル料金を支払って回収してもらいましょう。

購入店舗が分からない場合は、横浜家電リサイクル推進協議会か家電リサイクル協力店に回収を申し込んでください。

パソコンは資源有効利用促進法で製造メーカーが自主回収・リサイクルすることが義務付けらえています。

PCリサイクルマークがついていればパソコンメーカーが無料で回収してくれるのでメーカーにリサイクル回収を申し込みましょう。

粗大ごみ回収は民間の不用品回収業者に依頼するのがおすすめ

粗大ごみの回収を横浜市に依頼する場合は回収手数料が安く済むというメリットがありますが、粗大ごみのサイズが大きい場合、重い場合には外に運び出すのが大変です。

また、近所の人に粗大ごみをみられたくないけれど、粗大ゴミは屋外に出すことになっているので困るということもあります。

実は粗大ごみは、民間の不用品回収業者に依頼するほうは手間がかからず楽に処分できるのです。

民間の不用品回収業者に粗大ごみの回収を依頼するのがおすすめの理由をご説明します。

①粗大ごみを運び出す必要がない

横浜市に粗大ごみの回収をお願いする場合、粗大ゴミは敷地外の道路、家庭ごみ集積場所か粗大ごみ専用置場に自分で運ぶことになります。

小さくて軽い粗大ゴミなら自分で運ぶのも問題ありませんが、重い粗大ゴミや大きな粗大ゴミは運び出すのはとても大変です。

ですが、民間の不用品回収業者に回収を依頼すれば屋内から粗大ごみを運び出してもらえるので運び出す必要がありません。

②粗大ごみを近所に見られない

「粗大ごみを出したいけれど、近所の人に見られたくない」ということは多いと思いますが、横浜市で粗大ごみを出す場合は、回収されるまで屋外に置くことになるので「どんな粗大ゴミがあるか」近所の人に知られてしまいます。

民間の不用品回収業者に依頼すれば屋内で粗大ごみを運び出してくれ、相談すれば粗大ごみを梱包してどんなものを運んでいるか分からないようにしてくれるので安心です。

③一度にたくさん回収してくれる

家の片づけをして一度にたくさんの粗大ゴミが出たのでまとめて処分したいということも多いはずです。

横浜市の粗大ごみ回収では、一度にたくさんの粗大ごみを回収してもらうことはできませんが、民間の不用品回収業者であれば粗大ごみ1点から大量の粗大ごみまで一度に回収してくれるので、一回の回収で家の中をすっきりさせることができます。

④即日対応可能

横浜市の粗大ごみ回収は受付から回収まで2週間以上かかってしまいます。ですが、「今すぐ粗大ごみを処分したい」ということもありますよね。そんな時には、民間の不用品回収業者に依頼すれば依頼した日に粗大ごみを回収してもらうことも可能です。

粗大ごみは「粗大ごみ回収本舗」でまとめて処分しよう!

  • 「自分では運ぶのが難しい粗大ごみを処分したい」
  • 「一度にまとめてたくさんの粗大ごみを捨てたい」
  • 「すぐにでも粗大ごみを処分したい」

という場合には民間の不用品回収業者に回収を依頼しましょう。

「粗大ゴミ回収本舗」であれば、即日回収、早朝や深夜の回収も行っているので自分の都合がいいときに粗大ごみの処分ができます。

また、「のせ放題」プランを利用すれば「作業後に高額の追加料金をとられる」ということもないので、安心して利用できますよ。

粗大ごみの処分で困ったら、粗大ゴミ回収本舗に回収を依頼して家の中をすっきりさせましょう!

 

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA