新しい住まいへの引っ越しは楽しいものですが、その前に立ちふさがるのが大量の不用品。世は断捨離がブームとはいえ、長く暮らしていればそれだけ物が増えてしまうのは仕方のないことです。

不用品を処分するのにお金を払ってはもったいないと、自分たちで頑張る人たちは少なくありませんが、そのために使う労力や時間について考えたことはあるでしょうか。

翌日の家事や仕事に影響が出るほど疲れてしまったり、貴重な休みを何日も棒に振るようなことがあれば本末転倒です。プロの業者に依頼すればわずらわしい作業もほんの数時間で片付いてしまいます

今回は、不用品回収業者を安く・安全に使うコツについてご紹介します

不用品を処分する5つの方法

家の中を眺めてみると意外といらないものってありますよね。別にゴミ屋敷などではなくても人間、長く生活していれば自然と不用品は発生するのです。では、不用品の処分方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

引越し業者にお願いする

引っ越しをした際に出る不用品に限って言えば、引っ越し業者によっては有料で処分してもらうことができます。ただし、引越し業者によって料金もシステムも違うため、事前の見積もりのときによく確認しておく必要があります。多くの場合、引っ越しが終わった後に、これを処分したいんだけど、と言っても引き取ってはもらえません。

フリマアプリなどを利用する

手間は掛かりますがフリマアプリやオークションを利用することで自分で処分することが可能です。フリマアプリの場合は、送料も相手が負担しますから経済的には問題ありませんが、梱包や発送はすべて自分で行う必要があります。

また、取引成立後にもめないように出品する不良品に関する情報は正確に記載する必要があります。

リサイクルショップにお願いする

近隣のリサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。ただし、勘違いしている人が多いのですが、ほとんどのリサイクルショップでは商品として売れるものしか引き取ってはもらえません。たとえ、タダでいいからといっても売れないと分かっている商品は、どんなに状態が良くても引き取ってはもらえないのです。

自治体のサービスを利用する

市町村などの行政サービスの中には不用品を回収してくれるものがあります。一般的には粗大ゴミとして分類されていますが、出せるゴミの大きさや種類には細かい規定があるため、何でもかんでも処分してくれると言うわけではないのです。

以下のようなものは一般的に自治体の回収サービスでは引き取ってもらえません。

品物 備考
古タイヤ、タイヤ ガソリンスタンドや専門店で処分
パソコン 資源有効利用促進法により自治体では収集ができない
冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコン、乾燥機 家電リサイクル法対象品目は回収できない
ピアノ 回収不可品目
ガスボンベ、バッテリー、石油類 有害性のあるもの、可燃性の高いものは回収できない
バイク、自動車 回収不可品目
石、砂、土 自然物は回収できない

そのほかにも、大きさで言えば長さが1m80cmを超えるもの、重さで言えば大人2人で持ち上げられないようなものも回収不可です。

また、回収可能なサイズであっても事務所や商店といった事業者で使っていた品物は回収対象にはなりません。

不用品回収業者に依頼する

一般的に不用品回収業者は、どのような不用品であっても回収することが可能です。料金やサービスなどはそれぞれの業者によって違いますが、もっとも確実で安全に不用品を処分する方法のひとつと言えます。

不用品回収業者に依頼するメリット

では、不用品回収業者に依頼した場合、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、他の方法に比べて不用品回収業者をおすすめするポイントについて詳しく解説します。

無駄な労力を必要としない

フリマアプリなどを使えば掛かる費用は梱包代くらいですし、自治体のサービスを利用すれば事前に購入する回収券だけで済みます。しかし、発送や所定の場所に置くためには自分で運ばなければいけません。少量の衣類や小物であれば問題ないですが、タンスや机、冷蔵庫といった大きな不用品の場合はかなりの労力が掛かってしまいます。気がつけば貴重なお休みが丸々潰れてしまった、などということにもなりかねないのです。

時間を有効的に使える

自治体の回収サービスを利用したことがあればお分かりだと思いますが、依頼してすぐに回収に来てくれるわけではありません。多くの場合、事前に回収券なるものを購入し、指定された日時に所定の場所に不用品を出して置かなければならないのです。回収日は、早くて1週間。遅ければ3週間以上先になることもあります。さらに、引っ越しシーズンなどに重なると1ヶ月以上待たされることも少なくありません。

また、フリマアプリの場合は、出品した不用品をすぐに落札してもらえればいいのですが、購入者が決まらなければ永久に自分の部屋から消えることはありません。

しかし、多くの不用品回収業者の場合は、迅速に対応してもらえます。当社であればご連絡をいただければその日の内にお見積り。提示した金額で納得いただければ当日中の作業も可能です。数点の不用品の回収であれば1時間も掛かりませんし、遺品整理などで大量の不用品が出ても数時間で回収可能です。

時間を有効的に使える

すべての不用品を回収してもらえる

フリマアプリの場合、当然、需要がなければ購入者は現れません。また、前述のように自治体の場合は回収できない品目も多くあります。しかし、不用品回収業者の場合は、ほぼ、すべての不用品が回収可能です。

買取可能品をその場で査定

まだキレイな家具や使える家電製品などを不用品として処分してしまうのはもったいないですよね。フリマアプリで使ってもらえる人を探したくなる気持ちも分かります。でも、不用品回収業者の中にも不用品を買い取ってくれるところもあるのです。

当社の場合、古物商の認可を受けていますから、家具や家電などを適正な価格で買い取ることが可能です。もちろん査定はその場で行い、満足いただければ作業代金から相殺させていただきます。現在は、高価買取キャンペーンも行っていますからお気軽にお問い合わせください。

買取可能品をその場で査定

付加サービスもお願いできる

たとえば、賃貸物件から引っ越す場合など、当初は不用品だけ回収してもらえばいいかなと考えていたのに、いざ、荷物を出してみたら思った以上に部屋が汚れていた、なんてこともありますよね。不用品回収業者の中には、回収以外にもさまざまなサービスを行っているところがあります。

当社では、ハウスクリーニング・サービスも行っており、一般の人では使用できない機材や薬液を使うことで頑固な汚れも落とすことが可能です。賃貸物件の原状復帰などでお困りの際にぜひお役立てください。また、遺品整理士の資格も取得しているため、故人の遺品の整理なども安心してお任せいただけます。

付加サービスもお願いできる

不用品回収業者を安く使うコツ

不用品回収業者のメリットは分かったけど、それでも少しでも料金を安く抑えたいといった場合には、どうすればいいのでしょう。ここでは、不用品回収業者を安く使うコツについて説明します。

自治体のサービスとの併用

基本的に、不用品回収業者だけでなく、他のサービスと併用することも考えてみましょう。自治体の粗大ゴミ回収サービスは単品扱いで料金が発生するために割高です。自治体にお願いするのは無料で回収してもらえる一般ごみや不燃ごみ、有害ごみなどが対象になります。自治体によっては、小型のガスコンロや炊飯器、傘などは無料で回収してもらえますから確認してみることをおすすめします。

物によってはフリマアプリも利用する

状態の良いもの、人気のあるものであっても自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用すれば回収代金が発生してしまい1円にもなりません。間違いなく購入者が現れるような品物はフリマアプリを活用して事前に処分してしまいましょう。回収する不用品が減れば、業者に支払うお金も少なく済み、販売代金を業者の支払いに当てることもできるのです。

相見積を取る

不用品回収業者に限ったことではありませんが、物事を依頼するときには必ず複数の業者に見積を出してもらいましょう。その上で、自分の希望するサービスに一番近く、納得できる料金の業者を選ぶのです。

不用品回収業者を選ぶポイント

では、次にどのような不用品回収業者を選べばいいのかについて説明しましょう。昨今、多くの業者がさまざまなサービスを展開しています。以下の点に注意して業者を選ぶようにしてください。

公式サイトを確認する

まず、基本中の基本として業者のホームページを確認することをおすすめします。ホームページがキレイに作られているかという点も十分判断材料になるのです。また、トップページ最下部に会社概要などのリンクが貼られていることも確認しましょう。会社情報が開示されているということは、それだけ信頼性の高い企業であると考えられるのです。

また、業者の中には実績などを写真付きで掲載してある場合があります。ご自身の状況に近いケースがどのくらいの時間やプランで回収されているのかを確認することで予算が立てやすくなります。

料金プランを確認する

次に料金プランを確認します。ここで注意したいのは自分に合ったプランがあるかどうかです。「業界一!」とか「どこよりも安い!」といった謳い文句に惑わされないようにしましょう。

たとえば、ベッドとテレビだけ回収して欲しい場合、トラック積み放題プランは割高になってしまいます。自分の処分したい不用品に合わせたプランを持っている業者を選ぶようにしましょう。

当社の場合、軽トラックから4トンまでののせ放題プランのほかにも、単品回収サービスやパック料金など豊富な料金プランをご用意しています。ご自分にあったプランをお選びいただけます。

無料見積りを行っている業者を選ぶ

不用品回収業者も競争が激しく、ほとんどの業者は無料見積りを行っています。しかし、中には流しの不用品回収業者のように見積もり料を請求したり、キャンセル料を請求したりする業者も存在するようです。事前の電話やメールで必ず無料で見積もりを行ってもらえるか確認しましょう。

また、見積もりをした後に契約を強引に迫る業者もいるようです。あらかじめ、見積もりだけでも問題ないかを確認しておくことも大切です。

対応サービスの多い業者を選ぶ

引っ越しに限らず、不良品を処分しようとすると、後から後から問題が発生することも少なくありません。単に不用品の回収のみを行っている業者の場合、突発的なアクシデントに十分対応できない場合も出てくるのです。料金が大差ないようであれば、できるだけ、多くの資格を持ち、さまざまなサービスが提供可能な業者を選んでおく方が後々のリスクは少なくて済むのです。

当社の場合、不用品の回収以外にも、ゴミ屋敷の改善、ハウスクリーニング、遺品整理、不用品買取、倉庫の片付け、引越し時の粗大ゴミ回収などのサービスなども行っています

まとめ

現代社会は物であふれかえっていると言われています。引っ越しに限らず、気がつけば部屋の中はいらないものだらけになっていたとしても不思議ではありません。不用品を処分するには、フリマアプリやリサイクルショップ、自治体の回収サービスなどを利用する方法もありますが、労力や時間が掛かってしまうことが難点です。

不用品回収業者に依頼すれば迅速で的確に処分してもらうことが可能ですが、その際は自分にあったサービスを提供している業者を複数選び、相見積を取ることをおすすめします。また、フリマアプリや自治体の回収サービスを併用することで業者にかかる費用を削減できることもあります。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 
東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に活躍している粗大ゴミ回収本舗では、豊富なサービスを用意しており依頼者のどのようなニーズにも応えることが可能です。
フリーダイヤルはもちろん、メール、LINE、チャットなど複数の連絡方法をご用意していますのでお気軽にご連絡ください

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA