「ご家庭のゴミを無料回収します」という音声を流し、巡回している車を見たことはありませんか?

  • 町中を大音量で巡回
  • 空き地で無料回収を実施
  • 無料回収と書かれたチラシを配布

これらは、典型的な悪質業者の例です。実際に、「無料回収のはずが高額料金を請求された」といった被害が後を絶ちません。

そこで本記事では悪質業者の危険性やトラブル事例などを交えつつ、信頼できる業者の確認方法について詳しく解説しています。

後半では安全かつ無料で不用品を処分できる業者を紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

業者が不用品回収を無料で行える理由

業者が不用品回収を無料で行える理由

そもそも不用品回収業者は、本来費用が掛かるはずの回収作業をどうして無料で行っているのでしょうか。

無料回収によって生まれる利益とは?

本項目では、適法な無料回収違法な無料回収について解説しています。

 

適法なケース|不用品買取

不用品の無料回収と名のつくサービスは、ほぼ全て家具や家電の中古品売買を目的としたものです。

無料回収=0円買取と言い換えれば、分かりやすいかもしれません。

もちろん通常製品ならば適正価格で買い取ってくれます。ですが人件費や修繕費等で採算が取れないような古い製品は、業者としても無料で引き取らざるを得ません。

利用者にとっては一見メリットがないように思える0円買取。

しかし実際には、粗大ゴミ手数料やリサイクル料などを負担する必要がないので、自分で処分するよりも遥かにお得な仕組みとなっています。

 

違法なケース|不法投棄・無許可買取・高額請求

違法業者も中古品売買を目的に活動しています。

問題なのは、価値のある製品・部品だけを売却して、他の不用なものは不法投棄するという点です。

 

特に悪質なのが、古物商許可証を取得せずに営業を行っている場合です。

許可証がないと法的に買取業務を行えないのですが、警察からの立入検査をかわすためにわざと許可証を取得しない業者も存在します。

 

高額請求とは、「そもそも無料回収ではなかった」というケースです。

「無料回収」は単なる宣伝文句で、積込料やリサイクル料などを名目に高額な支払いを要求してくる。というのが大まかな手口になります。

 

無料の不用品回収に多いトラブル事例

無料の不用品回収に多いトラブル事例

環境省が実施したアンケートによると、不用品回収業者の利用者のうち2.9%の人が「トラブルを経験したことがある」と回答しています。

では、違法業者の手口というのは実際にどういったものなのでしょうか。

ここからは、違法な不用品回収業者の具体的なトラブル事例を紹介していきます。

 

無料回収のはずが後から高額請求

・無料と言われ業者にパソコンとプリンタを引き渡したが、2万円を請求された。
(埼玉県HPより引用)

・高額な支払いを断ったのだが、お金を払うまで長時間居座られた
(茨城県つくばみらい市HPより引用)

 

「後から高額請求」は、不用品回収において最も一般的なトラブル事例です。

悪質な業者は見積書を出さないことが多く、それを良いことに積込料やリサイクル料と称して不当な追加料金を請求してきます。

 

不法投棄が原因で警察から事情聴取

・不法投棄の現場に依頼主の名前が残されており、それが元で警察から事情聴取をされた。
(三重県桑名市HPより引用)

・不法投棄された土地の所有者から処分費用を請求された。
(岐阜県下呂市HPより引用)

 

「不用品が不法投棄されても自分には関係ない」という考えは、非常に危険です。

悪気はなくとも、巡り巡って自分に責任が跳ね返ってくる可能性は常にあります。

不法投棄が原因で深刻な環境汚染や健康被害が発生した事例も多数あります。

そうした事態を引き起こさないためにも、信頼できる回収業者に依頼することが何よりも重要となるのです。

 

貴金属の買取を無理やり強要

・いきなり業者がやってきて、「不用品はないか」と言われた。家電製品を渡したのだが、「金やプラチナはないか」と不用品とは全く関係ない貴金属の買取を求められた。
(兵庫県香美町HPより引用)

 

不用品回収に便乗した貴金属の「押し買い」トラブルが増えています。

こうした事例では、業者が古物商許可を所持してないことが多々見られます。

無許可業者は書面を残さない場合が多いので、取引後に連絡を取りたくても取れません。

 

不用品回収業者の信頼性を確認する5つの方法

不用品回収業者の信頼性を確認する5つの方法

違法業者の危険性を認識していても、実際にトラブルに遭ってからでは手遅れです。

とはいえ、困った時にクーリング・オフ制度(キャンセル料を支払わずに契約を打ち切れる)を利用することはできます。

しかし、「契約時に一時金を支払った結果、事業者が返還に応じなかった」といった事例も確認されています。(国民生活センターより引用)

従って違法業者を最初から利用しないことが何よりも重要です。本項目では、優良業者の確認方法を解説しています。

 

①|会社所在地を確認する

違法業者は違法行為が発覚する前に所在地を変えなければなりません。そのため事業実態のある事業所を置かず、トラックや空き地で不用品回収を行っていることがあります。

会社所在地を確認するには、

  • ホームページに記載されている住所をグーグルマップで検索する
  • 国税庁法人番号公表サイトで会社情報を検索する

といった方法があります。

 

②|古物商許可証を確認する

古物(中古品)の売買には古物商許可証が必須ですが、中には無許可営業を行っている業者も存在します。

古物商許可証の有無は業者のホームページで確認可能ですし、不用品回収に来た作業員に許可証の提示を求めることもできます。

古物商には許可証等の携帯が義務付けられているので、気になる場合は提示を求めてみましょう。

 

③|回収費用の価格帯を確認する

単品料金:2,000円~15,000円

パック料金:30,000円~50,000円(※軽トラック利用時)

 

上記価格は業界全体の平均的な価格帯で、追加料金を含んでいます。

価格は不用品の品目や状態で大きく上下します。例えば2階に置かれた大型冷蔵庫なら、運搬費やリサイクル料込みで1万円を超えることも。

ただし、トラブル事例で紹介したような「パソコンとプリンタで2万円」というのは明らかに法外な額です。平均価格を大きく上回る業者には注意しましょう。

 

④|口コミを確認する

口コミは事業者の信頼度を図る上で役立ちます。

業者のホームページやグーグルマップ、比較サイトなどを見て、口コミを一通りチェックしましょう。

作業中の写真や見積書を掲載している口コミは、特に重視したいところです。

また、低評価の口コミを参考にするのも業者を見極めるポイントの一つです。

 

⑤|相見積もりを取る

ホームページやチラシ広告に掲載された通りの料金を請求されるとは限りません。トラブル事例の項目では、作業後に追加料金を請求されたケースを紹介しました。

料金トラブルを避けるためにも必ず複数の業者から相見積もりを取って、作業内容や追加料金を比較しましょう。

大事なのは作業前に支払額を確認することです。契約時にも改めて確認するなど、慎重に行動しましょう。

 

無料で安心な不用品回収なら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

粗大ゴミ回収本舗FVsp
https://sodaigomi-kaishu.com/

粗大ゴミ回収本舗は関東エリアにて不用品の回収と買取を行っています。

過去にはフジテレビの地上波ワイドショー「グッディ」に情報提供を行った経験があるなど、メディアからも多くの信頼を寄せられています。

ここではそんな粗大ゴミ回収本舗の特徴を解説しています。

 

家電家具の高値買取

粗大ゴミ回収本舗では価格表に基づき買取を実施しています。

リユース可能な商品ならば適正価格で引き取ってもらうことが可能です。

古物の取引に必要な古物商許可証は取得済みなので、安心して不用品を売却できます。

 

業界最安値の料金プラン

単品:1,000円~4,000円

複数:4,000円~10,000円

パックプラン:14,800円~

 

上記は粗大ゴミ回収本舗のおおよその価格帯です。

これには基本料金(作業費・出張費・梱包費・車両費など)が全て含まれています。

追加料金は最小限に抑えられており、高値買取と組み合わせればプラス収支で不用品を引き取ってもらうこともできます。

 

見積り料金・追加料金・キャンセル料金が無料

正確な見積りを出すには現地調査が欠かせませんが、粗大ゴミ回収本舗では出張見積りを無料で頼むことができます。

スタッフ料金は2名まで無料、階段料金は2階まで無料です。普通の一軒家ならば追加料金が発生する余地は殆どないでしょう。

また、見積り後の追加料金は一切発生しません。

キャンセル料は悪質な場合を除き無料です。「見積りに納得できないのでキャンセルしたい」等の事情であれば全く問題ありません。

 

豊富なサービス内容

不用品買取以外にも、様々なサービスを提供しています。

  • 引越しに伴う不用品回収
    時間指定や家具の移動、掃除のお手伝いも行っています。
  • ハウスクリーニング
    専用機材を使用したプロのクリーニングを16,000円から利用可能です。
  • 遺品整理
    遺品整理士の有資格者が在籍しており、法律を遵守して対応致します。

 

無料の不用品回収を頼む時は十分に注意しよう

可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミは自治体で無料処分が可能ですが、粗大ゴミやリサイクル製品は処分にお金が必要です。例えば大型家電だとリサイクル料金で数千円は掛かります。

だからといって無料回収という言葉に釣られるのは禁物です。相手が違法業者ならお金をだまし取られることも、意図せずして犯罪行為に加担してしまうことも十分に起こりえます。

不用品を処分する際は、必ず信頼できる業者に頼むようにしましょう。

 

安くて安心な不用品回収なら粗大ゴミ回収本舗にお任せください。粗大ゴミ回収本舗なら不用品買取で回収費用を抑えることが可能です。

無料回収が無理な場合でも、格安料金で不用品をお引取りします。

粗大ゴミ回収本舗への問い合わせはこちらCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA