壊れてしまった電化製品や不要になった家具などは、大きさが大きさだけに早く処分してしまいたいもの。相模原市で粗大ゴミを処分するとしたら、自治体のサービス、民間のサービス合わせてどのような方法があるのか、費用や日程なども含めて、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

相模原市の粗大ゴミ回収

相模原市では、集積場での粗大ゴミの定期収集は行っていません。事前申し込みによる戸別収集か、自分で処分場に持ち込む直接搬入でしか、公的サービスを利用しての粗大ゴミの処分はできません。

戸別収集時の注意点

戸別収集を申し込んだ場合、実際の収集日は申込日から数えて7日から14日くらい先になります。相模原市の粗大ごみ受付事務所(電話番号:042-774-9933)に電話で申し込みします。受付時間は、祝日や年末年始などをのぞく月曜日から金曜日までの8時から18時までです。
仕事の都合などで電話が難しい場合は、インターネットやはがきによる申し込みも可能です。

申し込みをすると、 市内の商工会やコンビニエンスストアなどの粗大ゴミ収集シール取扱店を案内されます。粗大ごみ収集シールを購入してシールに必要事項を記入し、粗大ゴミに貼り付けて指定日の午前8時30分までに指定場所に置いておけば収集してもらえるという流れです。

処分にかかる費用は品目ごとに分けられており、例えばガステーブルであれば320円、電子レンジは640円、高さか幅のどちらかが1メートルを超えるタンスは1280円などとなっています。詳しくは相模原市のホームページ「粗大ごみの戸別収集の手数料一覧」をご覧ください。

なお、インターネットでの申し込みの場合は、サイズの確認が必要な品目は受け付けてもらえず、1回の申し込みは10点までとなっているなど注意点がいくつかありますので、事前に問い合わせておいた方が当日の積み残しが防げるでしょう。

また、相模原市の収集では建物の中に入っての収集は基本的に行っていない点にも注意が必要です。収集する粗大ゴミは、自宅敷地内の建物の外に出しておかなければなりませんので、大きいもの、重いものは前もって準備をしておきましょう。

直接搬入時の注意点

直接搬入では事前の予約がなくても粗大ゴミの搬入を受け入れてもらえます。年末年始などの特に混み合う時期以外は待ち時間もほとんどかかりません。
受け入れ時間は月曜日から土曜日までの9時から16時までです。手数料として10キログラムあたり150円ずつが必要です。

事前に申し込みが必要で、しかも実際の収集日まで7日から14日待たなければいけない戸別収集と比べると、直接搬入は処分場が受け付けてくれる時間内であれば、いつでも持ち込みが可能で予約もいらないというメリットがあります。ただし、もちろん粗大ゴミを積んでもっていけるだけの車を用意しなければなりませんし、車への積み込みも自分でする必要があります。

相模原市で粗大ゴミとして処分できないもの

以下に該当するものは、有料でも相模原市で粗大ゴミとして処理できません。
・自動車、オートバイ(部品含む)、タイヤ(ホイール含む)、バッテリー
・土、石、砂
・コンクリート製品(コンクリートブロック、つけもの石、物干し台は除く)
・ピアノ
・畳(1/3以下の大きさに切れば、粗大ごみ受入施設への持ち込みに限り可)

その他にも回収してもらえないものがありますので、詳細は相模原市ホームページ「市では処理できないもの」をご覧下さい。

粗大ゴミ回収本舗での回収

民間サービスの例として、粗大ゴミ回収本舗に粗大ゴミ回収をご依頼いただいた場合の特徴をご紹介します。

回収申し込みの手順

粗大ゴミ回収本舗は、相模原市でももちろん粗大ゴミ回収を行っております。ご依頼いただければ即日対応が可能、最短で30分、できるだけ早く駆けつけて粗大ゴミの回収を行います。

回収料金のお支払いは現地で現金精算も可能ですし、各種クレジットカードでの決済や銀行振り込みでのお支払いも可能です。

回収料金

回収料金は相模原市の戸別収集と比べて割高になるケースが多いです。例えば、ベッドを回収に出したとすれば、相模原市の戸別収集では1280円で回収してもらえますが、粗大ゴミ回収本舗での回収では3980円を申し受けます。ステレオセットでは戸別収集の1280円に対して、粗大ゴミ回収本舗では1980円になります。
ただし、戸別収集では1品ごとに収集料金がかかってきますが、粗大ゴミ回収本舗では定額プランをご用意しています。軽トラック乗せ放題なら15000円でいくつでも粗大ゴミを回収できますので、数が多ければ粗大ゴミ回収本舗の方がお得に粗大ゴミの処分ができる場合もあります。
もちろん、直接搬入なら10キログラムあたり150円ととてもリーズナブルに処分ができますので、自分で処分場まで持ち込める方は直接搬入が一番お安く粗大ゴミの処分ができるでしょう。

自治体と粗大ゴミ回収本舗との比較

自治体での粗大ゴミ処分と、粗大ゴミ回収本舗を利用しての粗大ゴミ処分をまとめました。

  相模原市(戸別収集) 相模原市(直接搬入) 粗大ゴミ回収本舗
手順 ・申し込み(電話・インターネット・手紙)
・粗大ゴミ回収シールの購入
・回収
・ 持ち込み(予約不要) ・電話依頼
・回収
受付
時間
予約:平日8時~18時 月曜から土曜までの9時~16時に持ちこみ 予約:年中無休 8時~24時
回収日 7~14日後 指定日の8時半までに建物外の指定場所に置いておく 即日回収
料金 ・ステレオ(高さか幅のどちらかが80センチ以上のもの):1280円
・シングルベッド:1280円
・ダイニングテーブル:1280円
10キログラムごとに150円 ・ステレオ:1980円~
・シングルベッド:3980円~
・ダイニングテーブル:3980円~
・ただし、軽トラック乗せ放題プラン(15000円)あり
屋内からの運び出し 自分で行う 自分で行う 業者作業
処分できないもの 自動車、オートバイ、タイヤ、バッテリー
土、石、砂、コンクリート製品
ピアノ
畳(1/3以下の大きさに切れば、粗大ごみ受入施設への持ち込みに限り可)など 詳細は相模原市ホームページにて
戸別収集と同じ とくになし
メリット ・比較的安価に粗大ゴミが処分できる ・粗大ゴミが即日処分可能
・安価に処分できる
・即日処分可能
・建物からの運び出しや車への積み込みも行ってくれる
・処分できる品目が多い
デメリット ・粗大ゴミ回収シールの購入など手間が多い
・回収日は予約後7~14日と時間がかかる
・屋内からの運び出しは自分でしないといけない
・処分できない品目がある
・車の手配や運び出し、積み込みを自分でしないといけない
・処分できない品目がある
処分料が市の回収と比べると高額(計トラック乗せ放題など定額プランもあり)

相模原市の戸別収集はこんな人におすすめ

・トラックなど車は手配できないけれど、建物の外への搬出は自分でできる方。
・予約から収集日まで7~14日ほど間が空いてしまいますので、それだけ待てるという方。
上の条件にあてはまる方は戸別収集で比較的お安く粗大ゴミが処分できます。

相模原市の直接搬入はこんな人におすすめ

10キログラムあたり150円という安さで粗大ゴミが処分できるというとても大きなメリットがあります。自分でトラックなどを手配できて、運び出しや積み込みもできるという方は直接搬入がもっともお得に粗大ゴミを処分できるでしょう。

粗大ゴミ回収本舗はこんな人におすすめ

「建物の外への運び出しや、車の積み込みなんてできない!」という方は粗大ゴミ回収本舗を利用していただくのがいいでしょう。
また、あまりにもゴミの数や種類が多すぎてとにかく持って行ってほしい、という方にも粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

乗せ放題プランをご利用いただければ、ゴミの細かな種類や数は、ほとんど考える必要がありません。お電話一本で即日回収します。

自治体のサービスにはない、痒いところに手が届くサービスができるのは民間業者の強みです。

まとめ

相模原市の戸別収集と直接搬入、粗大ゴミ回収本舗による粗大ゴミ回収は、それぞれにメリットとデメリットがあります。
建物からの運び出しが自分でできるかどうか、車が手配できるかどうか、処分料金の予算はどれくらいか、などによって、どの方法が一番お得かは変わってきます。それぞれの特徴をよく理解した上で、もっともご自分にあった処分方法を選んでいただけたらと思います。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

  粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。 お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。  
評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA