物をなかなか捨てられない!部屋がゴミだらけで困っている!とお悩みの方は、当記事をお読みいただければ片付けたほうがよい理由が理解でき、部屋をすぐに片付けられるようになります。

まず物をなかなか捨てられない人の特徴を説明し、片付けたほうがよい理由を解説します。

さらに物を捨てられない人でも、部屋を片付けられる7つの方法をご紹介します。

記事のまとめのところで、部屋の片付けの相談におすすめの業者をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

物をなかなか捨てられない人の特徴

物をなかなか捨てられない人の特徴

「もったいない」が口癖になっている

なんでも「もったいない」と思ってしまうと、物を捨てられなくなります。

「もったいない」精神は、地球環境保護や食料危機に対応するためにも大切ですが、だからといって、なんでも部屋の中にため込めばよいということではないのです。

使わないものを溜め込んで、使わないまま放置しておくほうが結果的にスペースや時間効率の面でもったいないと言えます。

必要が無くなった物は、売却や処分を検討しましょう。

お得な商品をついつい買ってしまう

「お得」「●%OFF」という宣伝文句につられて、特に必要でもないのに、まとめ買いしてしまう気持ち、よく分かります。

計画的に買い物をするのであれば、まとめ買いは節約になるのでよいのですが、値引きシールがついているものを見ると、予定になくてもついつい買ってしまうもの。気づいたら余計な出費が当たり前に。

安さではなく、自分にとって価値のある物かを基準に買い物をすると良いでしょう。

無料サンプルは必ずもらってくる

お店でよく配られる無料サンプル。

小さい袋や箱に入っていることが多く、もらいやすい。

ふと気づいたら、化粧ポーチや洗面所の引き出しに大量のサンプルが入っていることも。

身に覚えのある方は多いのではないでしょうか。使わないまま時間が経過してしまうと、結局捨てるしかなくなります

本当に必要な人へ渡るように、無料であっても必要のない物はもらわないようにしましょう。

何かに使えると思って取っておく

使わなくなった物や、特に使う予定がない物を「何かに使えるかも・・・」と考えて、取っておいた経験ありませんか?

しかし、実際のところ、使うことは滅多にありません。

その結果、実際は使わないものだらけになってしまうのです。

具体的な使用方法が思い浮かばない場合、思い切って処分しましょう。

いつかまとめて片付ければいいと思っている

「そのうちまとめて片付ける」と口ではいっても、実際はやらずに放置してしまう。

この思考パターンを繰り返しているうちに、ゴミ屋敷や汚部屋が誕生します。

いったん手が付けられないほど物であふれかえってしまったら、もはや自分では手に負えません。

「いつか片付ける」ではなく、「いま片付ける」と考えを変えましょう

もし自宅がゴミであふれているのなら、一度専門業者へ依頼してリセットしたほうが良いでしょう。

 

部屋を片付けたほうがよい理由

部屋を片付けたほうがよい理由

物をなかなか捨てられない人の特徴に、身に覚えのある方は多いのではないでしょうか。

ここからは、なかなか捨てられない人でも、部屋を片付けたほうがよい理由を整理してみます。

 

部屋のどこに何があるかが分かりやすい

部屋を片付けると、どこに何が置いてあるか、迷わずに済みます。

きちんと整理整頓できていなくても、せめて散らかった状態は解消しておきたいもの。

そうすると、、を探すのに余計な時間をかけなくて済むようになります。

忙しい方であればこそ、部屋を片付けたほうがよいのです。

掃除がしやすいので清潔な状態を保てる

部屋を片付けておくと、掃除がしやすくなります。忙しいと掃除もついつい後回しにしてしまいがち。

部屋が散らかってなければ、掃除も短時間で終わります

忙しい、めんどくさいを理由に片づけない方であればこそ、部屋を片付けておきましょう。

イライラしにくくなる

部屋を片付けると、不思議とイライラしなくなります

散らかった部屋は、目に飛び込んでくる物が多すぎて、眺めているだけで疲れてしまいます。

どこに物があるか分からない、散らかって足の踏み場もない、ホコリが舞っていて空気が汚れている・・・

このような部屋で過ごしているだけで、イライラしやすくなるのは当然でしょう。

物を捨てられない人が部屋を片付ける7つの方法

物を捨てられない人が部屋を片付ける7つの方法

部屋を片付けるほうがよい理由は理解できても、やっぱり物を捨てられない!どうしたらいい?

とお悩みの方に、部屋を片付ける7つの簡単な方法をご紹介します。

むずかしく考えずに、できそうな方法から試してみましょう。

 

1|片付けの目標を決めプランを考えてみる

片付けの目標を立てて、片付けのプランを考えてみましょう。

要は「いつ片付けるか」「どうやって片付けるか」をざっくり決めることです。

無理なく片付けできる日を見つけて、思い切ってその日に片付ける!と決めてしまいましょう。

あとは、どんな不用品やゴミがあるかをチェック。

・ゴミ袋に入れて捨ててOKなもの

・もう使わないので粗大ゴミ回収に出すもの

・自分では手に負えそうにないもの

以上、三つくらいに、ざっくりと分類してみてはどうでしょう。

2|初めは抵抗の少ない物から捨てる

最初は、ゴミ袋に入れて捨ててOKな物から捨てましょう。

お住まいの自治体のホームページをチェックすれば、ゴミ袋に入れて家庭ゴミとして出せる物と、出せない物が詳しく解説されているはずです。案外簡単なので、解説されている通りにざっくり分けてみましょう。

もったいないかどうかよりも、捨てても支障がない物や、捨ててしまいたい物を優先するのがコツです。

3|片付けが終わったら自分に小さなご褒美を与える

片づけ作業が終わったら、自分にご褒美を与えるのもよい方法です。

ご褒美といっても、難しく考えなくていいです。

作業が終わったら、美味しいビールを飲む!我慢していた甘いものを食べる!でもOK。

汗をかいた後のお酒や、スウィーツは、いつも以上に美味しいですよ。

4|知り合いなどに手伝いを頼んでみる

思ったよりも捨てるものが多いときは、信頼している知り合いなどに手伝いをお願いしてもよいでしょう。

一人でやるよりも二人で取り組んだ方が、早く終わります

家電や家具などのように、重い物を搬出するときは、二人で運ぶ方が安全です。

手伝ってくれた知り合いには、何かお礼をするのも忘れずに。

5|データ化して処分する

エクセルで簡単な表を作り、不用品やゴミをデータ登録してみてはどうでしょうか?

家の中にあるゴミが見えやすくなり、何をどうやって、いつまでに捨てるかを把握しやすくなるメリットがあります。

物の処分・分別をサポートしてくれるアプリ(例:「ステログ」)を活用するのもいいでしょう。

「ゴミ 処分」などのキーワードで検索すると、いろいろ見つかります。

6|片付けの様子をSNSに投稿し応援してもらう

片付けの様子をSNSに投稿するのもよい方法です。

着手から終わるまでをレポートすると、作業にもやる気が出てくるから不思議です。

友だちに応援してもらって、きれいになった部屋を見てもらいましょう。

ただし個人情報を特定されないよう、投稿する写真には注意してくださいね。

7|片付け代行業者に依頼する

自分の手にどうしても負えない場合や、ゴミだけでなく部屋のカビや汚れがひどい場合などは、すべての作業を片付け代行業者に頼む方法もあります。

ハウスクリーニングもやってくれる業者が多いので、ゴミを運び出した後、部屋を磨き上げてもらえます。

あまりにひどい場合は、一度プロの手ですべてスッキリ綺麗にしてもらいましょう

【関連記事】部屋の片付けに関する過去記事はこちら!

どうしても部屋を片付けられない方は粗大ゴミ回収本舗へご相談を

不用品回収業者なら「粗大ごみ回収本舗」へ!
https://sodaigomi-kaishu.com/

でも自力でやろうとすると思った以上に時間がかかり、手に負えないこともあるのではないでしょうか。

そんなときはぜひ、「粗大ゴミ回収本舗」にご相談ください。

部屋の片付けのお悩みに即日対応OK。

業界トップクラスの激安価格。

そしてお客様の立場に立った迅速・丁寧な作業を心がけております。「粗大ゴミ回収本舗」で無料の出張見積もりをご依頼ください。

粗大ゴミ回収本舗の無料見積もりはこちらから!CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA