当記事では、少量の粗大ゴミ回収にフォーカスし、不用品回収業者に依頼するメリットをご紹介

さらに気になる料金の内訳も解説します。

少量の粗大ゴミを処分したいときでも、自治体への依頼は面倒な手続きが必要です。

粗大ゴミを時間と手間をかけずに処分したい方はぜひ参考にしてみてください。

 

少量の粗大ゴミ回収に関する依頼も多い

少量の粗大ゴミ回収に関する依頼も多い

不用品回収業者には、少量の粗大ゴミ回収への依頼も珍しくありません。

必要がない家具や家電の処分に困って、その都度問い合わせる方は多いのです。

大量の不用品の回収は、引越しや遺品整理といった人生のライフイベントや、ゴミ屋敷の片付けといった大掛かりな出来事があって依頼するものなので、むしろ日常的には少量回収のニーズの方が多いのです。

このため不用品回収業者側でも、少量からでも気軽に依頼していただけるよう、さまざま工夫を凝らしています。

例えば少量に対応したプランや、買取や無料引き取りを強化することなど、なるべくお得になるよう努力を重ねています。

積み放題プランを利用する量がなくとも、不用品回収業者に遠慮なく問い合わせてみるとよいでしょう。

少量の粗大ゴミ回収でも業者に依頼するメリット

少量の粗大ゴミ回収でも業者に依頼するメリット

「少量の粗大ゴミ回収を業者に頼むと割高じゃないの?」

とお考えの方に、多少費用がかさんでも、業者に頼むメリットを5つご紹介します。

1 都合の良い日時に回収に来てくれる

不用品回収業者は、お客様の都合に最大限あわせて、回収スケジュールを組んでくれます

早朝、深夜、今すぐ、土日・祝日など、行政機関が対応できない時間帯こそ、不用品回収業者の出番です。

様々なご都合や事情のある方でも、必要な時に直接回収に来てくれるメリットは非常に大きいです。

2 重いものや大きなものを自分で出す必要がない

スタッフが部屋の中に入り、重いものや大きいものを運び出してくれます

依頼したい品物の大きさや重さに応じて必要な作業員を手配し、あっという間に運び出してくれます。

大型の家具や家電製品をマンションの高層階の部屋から運び出し、エレベーターを使って外に出す労力を想像してみれば、業者に頼むメリットを実感できるのではないでしょうか。

3 品物によっては買取や無料引き取りの対象になる

不用品回収業者は、リユース・リサイクルにも力を入れています。

リサイクル品として使える場合や海外輸出に回せる場合は、買い取ってもらえることが珍しくありません。

値段がつかなくとも、無料で引き取ってもらえることもあり、その分だけ回収費用が安くなります。

4 自治体では処分対象外のものも回収してくれる

自治体では処分対象外のリサイクル家電や、廃タイヤなど自治体では処分できない不用品であっても、ほとんどの場合は不用品回収業者が回収してくれます。

ただし、燃料や危険物、医療用廃棄物など、どうしても対象外のものがあります。

こうした不用品については、専門の業者へ依頼する必要があります。

5 自治体の回収よりも割高だが手間をかけずに粗大ゴミを処分できる

自治体の回収の場合は、自分自身で部屋から運び出し、家の前など所定の場所に決められた時間までに搬出する必要があります。

この手間と労力は相当のものがあります。ただし回収費用は1点あたり数百円~2,000円程度と、それほど高くはありません。

不用品回収業者に依頼すると、自治体よりも費用がかかります。

その分、部屋からの運び出しもやってもらえますし、都合に合わせていつでも回収に来てくれるので、費用を支払ってもメリットが大きいといえます。

少量でも依頼したい!信頼できる粗大ゴミ回収業者の特徴

少量でも依頼したい!信頼できる粗大ゴミ回収業者の特徴

少量でも依頼したくなる、安心して依頼できて、信頼できる粗大ゴミ回収業者にはどんな特徴があるのでしょうか?

ここで紹介する3つの特徴にすべて該当していれば、信頼してよいと判断できます。

少量の回収料金がどう決まるか具体的に説明

単品回収を依頼した場合の料金の決め方を具体的に紹介している業者は、誠実で信頼できます。

特に基本料金や出張料金、さらには現場の状況によって必要になるオプション料金(例:作業員追加料金、階段料金など)について、詳しく説明しているかどうかがポイントです。

不用品の大きさや重量によっても作業の労力には大きな差がありますし、マンション高層階の住人からの依頼と、一軒家からの依頼では必要になるコストがかなり変わるからです。

業務に必要な資格を所有

不用品回収には、「古物商許可」を取得している必要があります。

リユース・リサイクル品として引き取るために必須の資格だからです。

一般廃棄物収集運搬許可もあるとベストですが、ない場合でも、リユース・リサイクルに回せないものの処分を許可業者に委託するなど適正に処理すればよいので問題はありません。

資格を所有しているかどうかについて、公式ページで明記されているかチェックしましょう。不明な場合はトラブルのもとになりますので、安いからといって依頼すべきではありません。

見積もり確定後の追加料金発生の可能性やキャンセルの可否を明記

見積もり確定後の追加料金がありうるかどうか、ここは大事な点です。

利用者の利便性を考慮し、電話見積もりOK、LINE見積もりOKとする業者も多いのですが、最終的には現地見積もりによって詳細に確認してもらうのがベストです。

簡易的な見積もりでは把握できなかった事項が、実はコストを大きく左右する要素だったりすると、業者としては追加料金を請求しないと赤字になってしまいます。

見積もり確定後に追加料金発生が「一切ない」のか、見積もり時点での情報と現地の情報に差異がある場合はどうなのか、この点の説明を確認しましょう。

また、見積もり確定後でも希望に合わない場合は無料でキャンセルできるのか、ここも要チェックです。

不用品回収業者の少量回収料金のイメージ

不用品回収業者の少量回収料金のイメージ

不用品回収業者における少量回収料金は、どのように決められているのでしょうか。

一般的な少量回収料金の種類

一般的には、次のような内訳となっています。

少量回収料金:基本料金+出張料金+単品処分費用+オプション料金

多くの業者では、キャンペーン料金として、基本料金や出張料金を無料とする場合もあります。

出張料金無料エリアを示し、それ以外の地域からの依頼では出張料金が必要、というケースもあります。

オプション料金には、次のようなものがあります。

・マンションの上層階(3階以上)

・ピアノや大型家電など重量・大きさなどにより、特殊機材が必要な場合はその費用

・回収車両の駐車場所がない場合や、駐車場から距離が離れている場合はその費用

・作業員2名までは無料、それ以上の場合は追加料金が必要 など

粗大ゴミ回収本舗の場合は?

粗大ゴミ回収本舗の公式ページでは、

基本料金は一切無料

・積み放題プランの場合は、搬出作業費・階段料金・スタッフ追加・車両費・出張費・梱包費がすべて含まれている

階段料金は2階までは無料

作業員2名までは無料

・回収物の内容により積み放題プランを超える場合があること、見積もり確定後は一切追加料金はかからないこと

以上の内容が明記されています。

単品回収の場合に別途かかる費用については、別途問い合わせたほうがよいでしょう。

いずれにしても作業を正式に依頼する前に、見積もり内容に納得することが大切です。

【関連記事】部屋の片付けに関する過去記事はこちら!

 

少量の粗大ゴミ回収も粗大ゴミ回収本舗にご相談ください

少量の粗大ゴミ回収も粗大ゴミ回収本舗にご相談ください
https://sodaigomi-kaishu.com/

不用品回収業者は、粗大ゴミが1点しかない場合でも、自宅まで回収に来てくれます。

一般的には自治体の粗大ゴミ回収よりも費用がかかりますが、搬出などの手間を考えると費用を支払うメリットは小さくないです。

さらに都合に合わせて、早朝深夜・土日祝日も、場合によっては即日で自宅に回収に来てくれる利便性は、自治体回収にはないものです。

粗大ゴミ回収本舗でも不用品1点から回収しています。

家電や家具の買取にも力を入れており、回収料金から差し引くことで回収料金を安く抑えることが可能です。

他社より1円でも高い場合は、お値引きの相談も可能です。

回収してほしい不用品が1点でもある場合はぜひ、粗大ゴミ回収本舗にご相談ください。

粗大ゴミ回収本舗の無料見積もりはこちらから!CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA