本記事では粗大ゴミをリサイクルする6つの方法を解説。

さらに、粗大ゴミのリサイクル料金や注意点なども紹介します。

粗大ゴミをリサイクルしたいと考えいている方は、ぜひ最後までご覧ください。

粗大ゴミをリサイクルする6つの方法

そもそも粗大ゴミの定義は自治体によって異なる部分がありますが、概ね一辺30cm以上ある大型ゴミのことを指します。粗大ゴミは一般ごみとして処分できないので、リサイクルを考える方もいるでしょう。

こちらでは粗大ゴミをリサイクルする方法を6つ紹介します。

自治体の回収サービスを利用する

各自治体では粗大ゴミを回収するサービスを提供しています。小さいゴミであれば指定日にごみ収集所へ出すだけですが、粗大ゴミの場合はあらかじめ電話で予約しなければなりません。

自治体の回収サービスの流れは以下の通りです。

  1. 粗大ゴミ回収センターに連絡する
  2. 処理券を購入して粗大ゴミに貼り付ける
  3. 当日になったら指定場所に運搬する

自治体の回収サービスでは再利用可能なものはリサイクルすることがあります。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者では粗大ゴミの回収を実施しており、1点〜大量のゴミまで幅広く対応しています。

不用品回収業者は回収する品目に制限がなく、自治体では回収できないものも対応しています。自宅まで回収しに来てくれるため、自治体のように指定場所まで運搬する必要がありません

さらに業者にもよりますが即日対応を行なっているところもあり、急ぎの場合でも希望日時で処分できることが多いです。

また、不用品回収業者では粗大ゴミの買取サービスを行なっていることもあります。思わぬ高値で買い取ってもらえるケースもあるので、回収費用がお得になるでしょう。

リサイクルショップで買取ってもらう

リサイクルショップでは、まだ使えそうな粗大ゴミを買い取ってもらえます。不要な粗大ゴミの処分できるだけでなく、お金をもらえるので非常にお得です。

リサイクルショップは持込買取だけでなく、出張買取や宅配買取などに対応している業者もいます。ご自身に合う方法を探して粗大ゴミの買取をしてみてください。

自分にとっては不要な粗大ゴミでも、誰かにとって欲しいものかもしれません。ただ捨てるだけでなく、リサイクルショップでの買取も検討してみましょう。

引越し時にまとめて売却する

引越し時に出た粗大ゴミは、引越し業者に依頼すればまとめて売却してもらえるケースがあります。売却した分の料金で、引越し費用がお得になるでしょう。

また、指定場所まで運ぶ必要がないので、転居前のギリギリまで家具・家電などを使えます。家具・家電がなくなって不便な思いをすることはありません。

売却した粗大ゴミは再利用されることがあるため、資源の有効活用につながります。

フリマアプリ・ネットオークションに出品する

粗大ゴミの処分に時間をかけても良いなら、フリマアプリ・ネットオークションに出品するのも1つの方法です。自分で価格を設定できるので、納得の金額で粗大ゴミを処分できるかもしれません。

リサイクルショップで買取ってもらうより、高値で売れるケースがあるので生活の足しにできる可能性があります。

ただし、必ずしも売れるわけではないので注意しましょう。

知人に譲る

粗大ゴミとは言え知人に欲しい人がいたら譲るのも良いでしょう。粗大ゴミを自宅まで取りに来てもらえれば、回収費用をかけることなく、簡単にリユースしてもらえます。家具や家電などは粗大ゴミとして処分するのではなく、知人に必要な人がいるのか確認してみてください。

粗大ゴミのリサイクル料金の相場

粗大ゴミのリサイクル料金の相場を解説します。

品目 料金
エアコン 972円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
テレビ(ブラウン管15型以下) 1,296円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
テレビ(ブラウン管16型以上) 2,376円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
テレビ(液晶・プラズマ15型以下) 1,836円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
テレビ(液晶・プラズマ16型以上) 2,916円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
冷蔵庫・冷凍庫(170L以下) 3,672円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
冷蔵庫・冷凍庫(171L以上) 4,644円〜 ※別途収集・運搬料金が必要
洗濯機・衣類乾燥機 2,484円〜 ※別途収集・運搬料金が必要

参考:家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)|経済産業省

リサイクル料金はメーカーや回収する業者によって異なるので、依頼する際はしっかり確認してみてください。

粗大ゴミをリサイクルに出す3つのメリット

粗大ゴミをリサイクルに出すメリットには、以下の3つがあります。

  • 環境にやさしい
  • 資源の節約につながる
  • お小遣いになる

それぞれ参考にしてみてください。

環境にやさしい

粗大ゴミをリサイクルすることで、資源を循環的に利用でき、ごみの量を減らす効果があります。ゴミを埋め立てたり焼却したりする必要がなく、それらを行うエネルギーや費用がかかりません。

また、粗大ゴミを焼却する際に出る温室効果ガスを減らす効果もあります。温室効果ガスは化石燃料を燃やすと排出される二酸化炭素やメタンなどのガスを指し、地球温暖化を加速する要因です。粗大ゴミをリサイクルすると、温室効果ガスを減らせるので、環境に配慮した行動を取れます。

資源の節約につながる

地球上に存在する木材や石油、石炭などの資源は限りがあり、いつかは枯渇する恐れがあります。

粗大ゴミをリサイクルして再利用すると、新たな資源が使われず、天然資源の消費を抑制することが可能です。そのため、環境負荷を低くする効果が期待できます。

できる限り資源の節約をするため、粗大ゴミのリサイクルを考えてみましょう。

お小遣いになる

粗大ゴミの処分方法は捨てるだけではありません。誰かが必要としている可能性があり、捨てずにリサイクルショップや不用品回収業者の買取サービスを利用すると収入に変わります

リサイクルショップでは業者が査定した金額でしか買取ってもらえません。フリマアプリやネットオークションを利用すると、リサイクルショップよりも高値で売れる可能性があります。お小遣いとして十分な金額になることもあり得ます。

粗大ゴミを片付けたいときは、捨てずに売ることも検討してみてください。

粗大ゴミをリサイクルして家具にする取り組み

自治体で回収した粗大ゴミは、シルバー人材センターで洗浄・修理・加工が施され、家具として販売されることがあります。商品によって異なりますが、無料〜10,000円程度の価格で販売されるので、格安で家具を手に入れられます。

例えば東京都世田谷区では粗大ゴミとして回収した品目の中から、まだ使えるものを小型家具として無料で提供しているのです。イベントが非定期で行われており、小学生以上の世田谷区在住・在勤・在学の希望者に対して、抽選で全品格安の価格で提供されています。

さらにはリサイクルフェアやフリーマーケットも積極的に開かれていて、不要になった製品を無料で提供する取り組みが開催されています。

粗大ゴミをリサイクルに出す際の2つの注意点

粗大ゴミをリサイクルに出すのはメリットだけでなく、注意点もあります。

買取ってもらえない可能性がある

不用品回収業者やリサイクルショップに粗大ゴミの買取を依頼しても、商品によって買取ってもらえない可能性があります。なぜなら、需要がなければ業者が買い取っても、売れず利益にならないためです。

あまりにも古いものや傷がついているものなどは、買取ってもらえない可能性が高いです。そして収入を受け取ることができず、費用をかけて粗大ゴミを処分することになるでしょう。

粗大ゴミを買取に出す際は、きれいな状態にすると売れるかもしれません。

指定場所への運搬が必要なケースがある

自治体の粗大ゴミの回収では、指定場所まで自分で運搬するケースが多いです。あまりにも大きかったり、重かったりするものは、指定場所まで運搬できず回収してもらえない可能性があります。

依頼する前に自治体による粗大ゴミの処分方法を確認してみてください。

粗大ゴミのリサイクルなら粗大ゴミ回収本舗がおすすめ

粗大ゴミのリサイクルをするなら粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

粗大ゴミ回収本舗が提供する業界最安値の定額パックプランを利用すると、回収できる品目に制限がなく大量の粗大ゴミを回収できます。さらに見積り後の追加費用がかからないので、予算を組みやすいです。

また、即日対応も行っているので、急ぎで粗大ゴミを回収したい方でも安心して依頼できます。

粗大ゴミリサイクルの業者選びで失敗したくない方は、ぜひ粗大ゴミ回収本舗で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗の無料相談はコチラ

 CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA