粗大ゴミが出ることはそうあることではないと思います。経験したことのある人はいますが、忘れている場合がほとんどか、ずいぶん前で覚えていないかどちらかでしょう。粗大ごみ回収の料金に詳しい人はなかなかいませんので、人に聞くのも尋ねるのも難しいものがあります。

 

家にいる機会が増えた今日この頃、いらないものを処分したいとお思いの方も増えました。ただそこでブレーキになるのが、料金についてわからないということです。例えば分かったとしても素人にとってはそれが妥当な料金なのかどうかについての判断基準を持ちません。

 

今回は、自治体や業者、また品目とかでそれぞれ違いのある粗大ごみの回収料金を紹介していきます。

 

粗大ゴミ回収の料金は300円~10,500円

粗大ゴミ回収の料金はその回収にいろいろな方法があり、回収する粗大ゴミによっても量によっても違ってきます。その料金は300円~10,500円と、大変幅があります。

 

まずは自治体の粗大ゴミ回収を思い浮かべる方が多いと思いますが、どのの自治体でも同じというわけではなく各自治体で価格は異なります。さらに回収するものによって違う値段を設定しているケースがほとんどです。ここでは、東京都の例を紹介します。

 

テーブル:300~1,000円

タンス・食器棚:300~2,500円

ベッド:1,000~1,800円

ソファー:1,800円

 

どれか一辺が30cmを超えているものは大型ごみとして処分する旨を定めている自治体が多く見られます。その自治体が持つ焼却炉設備で焼却できないものについては「不燃ごみ」として埋め立てということになりますが、粗大ゴミは埋め立てたり焼却したりする前に、粗大ごみ処理施設で分解して焼却できる部分と埋め立てる部分と資源としてリサイクルする部分に分けます。

 

ガスコンロや大型の机などは粗大ゴミですが、ドライヤー等の小さなものは不燃ゴミとなっています。

 

また注意すべき点として、家電リサイクル法の適用を受ける4品目というのがあります。

すなわちテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機のことです。基本これらは自治体の粗大ゴミ回収では引き取ってくれませんが、東京都の場合、家電リサイクル受付センターという組織があって、そこのホームページ上で申し込みができるようになっています。

 

その、東京都の家電リサイクル受付センターの料金を下に記載しておきます。これらの料金は処分料+運搬費の合計です。細かく言いますと、また、メーカーや品番によっても料金が異なってきます。あくまで目安としてご利用ください。

 

エアコン       4,147円

テレビ(15型以下)         4,488円

テレビ(16型以上)         5,720円

冷蔵庫(170L以下)         6,897円

冷蔵庫(171L以上)         7,887円

洗濯機(衣類乾燥機)    5,687円

 

指定された回収場所に直接自分で持ち込めば、上記料金より安くなります。指定回収場所についてはそれぞれの自治体にお尋ねくださるか、Webで調べるとわかります。

 

引っ越し会社の粗大ごみ処分料金

引越しの際に粗大ゴミを同時に処分することも多いかと思います。粗大ゴミは廃棄物になりますから処分するにあたっては都道府県知事の許可が必要になります。引越し業者がその許可を持っている場合もありますが、持っていないという場合も多いのです。いざ引越しの日当日に処分引き取りを断られ、途方に暮れるケースもあります。

基本引越し業者に引き取ってもらえる粗大ゴミとは、再販できる買取物件だけだと思っておいた方がよさそうです。

 

肝心の料金ですが、引っ越し費用と相殺になることが多いのと、買取できるものが限られてくるため、引っ越し業者に問い合わせてみるしかなさそうです。

 

不用品回収業者に依頼した場合の費用料金

粗大ゴミ回収を専門に行っている業者が提示する料金は条件によってかなり変わります。粗大ゴミ回収業者は、運び出しのサービスをしますので、粗大ごみの大きさや量がどの程度か、買い取れるか買い取れないか、などの条件や、マンションだと、エレベーターが使えるか使えないかなどによってもかなり変わってきます。。

 

あくまで目安にすぎませんが下にだいたいの料金を書いてみました。

 

テーブル:2,000円~

タンス:3,000円~

エアコン:3,150~5,775円

ソファー:3,150~7,350円

テレビ:3,150~7,875円

食器棚:3,500円~

ベッド:3,675~5,250円

洗濯機:3,675~5,775円

冷蔵庫:4,200~10,500円

 

自治体の引き取り料金と比較すれば高いのは当たり前と考えてください。家の中から持ち出してくれますし、指定して時間に引き取りに来てくれたりすることを考えればお得だと思います。

 

粗大ゴミ回収業者を選ぶときは次のような点に気を付ければよいでしょう。

 

・明確な粗大ゴミ回収料金を掲示している

・輸送費の節約を考慮して、できるだけ近い事業者を選ぶ

・事業者によって必要コストが変わってくるため、数社を比較して決定する

 

Webの口コミなども参考にしながら、料金だけではなくトータルで考えてお得となる方法を計画するのがかしこくて上手な粗大ゴミ回収といえるでしょう。

 

よく処分される冷蔵庫・洗濯機・ベッドでの回収費用料金

格安の回収業者を選ぶ3つのポイント冷蔵庫や洗濯機などの「白物家電」は一度壊れると修理代も高くついてしまうため買い換える方は多いようです。ただ、結婚などで2世帯が一緒になる場合などで2台もいらなくなるケースは多いとおもいます。

 

粗大ゴミ回収でおいのがこれら冷蔵庫、洗濯機、ベッドですがこれらの料金をまとめてみます。最も安いのは自治体ですが、運び出す手間や回収日時の制限を受ける点が問題になります。

 

自治体 引っ越し会社 不用品回収業者
冷蔵庫 3,400〜5,590円 4,200〜10,500円 5,000〜10,000円
洗濯機 2,300〜2,400円 3,675〜5,775円 5,000〜8,000円
ベッド 1,000〜1,800円 3,675〜5,250円 3,000〜6,000円

 

先ほど書いたように、引っ越し業者は引越しが本業なので必ず回収に応じてくれるかどうかはわかりません。粗大ゴミ回収業者は高い料金ですが、回収できないものはないということ、家から運び出してくれること、こちらの指定した時間でやってくれることなども考えるとお得でしょう。

 

粗大ゴミはどこに依頼すべきか

一つだけ出た場合は自分で容易に運び出すことができるのであれば、自治体でもよいでしょう。しかし粗大ゴミが出て他にも大量に不用品が出たなら粗大ゴミ回収業者に頼むべきです。その理由は、余計な心配や労力を使わなくて済む点です。

 

粗大ゴミや大量の不用品が出るタイミングとは何らかの人生の転機で大事な時。そんな時に余計なことを気に留めず次のことを考えたほうが良いのです。粗大ゴミ回収業者の料金とはそんな明日のあなたにかける経費なのかもしれません。

 

粗大ゴミ回収業者の料金体系について

単品の回収:基本料金+品目毎の回収料金+オプション料金

何か粗大ゴミを一つだけ回収してもらいたい場合の料金とは「基本料金+品目毎の回収料金+オプション料金」で計算する場合が多いようです。

 

基本料金は一回の出動に対する料金と考えられ、3,000円~5,000円が料金となっています。

 

タクシーの初乗り運賃のような明確な基準がないため交渉で値引きの余地があるところです。「基本料金は無料にします」なんて言うところもあるくらいです。

 

粗大ゴミ回収の料金感としては、品目ごとの料金を見ていただくとよいでしょう。

 

ベッド:3,000~6,000円

マットレス・ソファー・テーブル:2,000~5,000円

エアコン・タンス:3,000~8,000円

テレビ:4,000~6,000円

冷蔵庫:5,000~10,000円

洗濯機:5,000~8,000円

 

上記は大体の料金であり、すべての業者がこの料金でやるということではありません。見積もりと交渉をしっかりと行うことが必要です。

 

積み放題パック(定額)+オプション料金

積み放題パックはトラック一台に定額料金を付けますので、積めるだけ積むことができます。 粗大ゴミがたくさん出た場合に有効です。この方法だと、自治体の回収に個々に出していくよりおそらく安くなります。

 

トラックの大きさごとに料金が決まっており、料金感としては以下のとおりです。

定額プラン   料金料金  粗大ごみ回収本舗
軽トラック積み放題プラン 12,000円~25,000円 14,800円
2tトラック積み放題プラン 50,000円前後 54,800円
4tトラック積み放題プラン 80,000円前後 相談により決定

 

こまごまとした、衣類や書籍、雑貨が多い場合・・・軽トラ

テーブルやソファなど少し大きめの家具・・・1.5~2tトラック

タンスや冷蔵庫などの大物家具・・・・・・・4tトラック

というような使い分けをするとよいでしょう。

 

粗大ゴミ回収:オプションの料金について

通常の粗大ゴミ回収料金で対応できないケースもあり、そういう場合に限りオプション料金がかかります。このことも気を付けておいた方が良いでしょう。

 

例えば次のような例です。

 

エレベーターがない、もしくは使用できないケースで階段から人力で搬出する:1階ごとに1,000円

大型家具が玄関を通らず、搬出困難なため解体した:1,000円~

人員を追加する必要があった:1人あたり6,000円

エアコンの取り外し、洗濯機の取り外し:1,000~4,000円

深夜や早朝に時間指定をした:5,000円

丁寧に梱包する必要のあるもの:5,000円~

ゴミに出すけど分別が必要:5,000円~

窓から吊り下ろして搬出した:10,000円~

 

先ほども書いたように上記は目安です。実際は場所や場合によって作業量や負荷の大きい小さいがあります。これも交渉してみてきちんと作業手順を打合せてから見積もりをもらうとよいでしょう。

 

粗大ゴミ回収なら粗大ゴミ回収本舗へ

いろいろご紹介してきましたが、粗大ゴミ回収料金の料金はお分かりになりましたでしょうか。結論をまとめますと次の通りとなります。

 

粗大ゴミがたくさん出たら粗大ゴミ回収業者に頼むのがお得。

大体の相場というものはあるが、料金の高い安いだけでは選べない。

 

粗大ゴミを処分するときは人生の転機。その理由も様々です。料金だけではなく、個々の事情に寄り添ってよく相談に乗ってくれる業者を選ぶのが得策なのかもしれません。

 

粗大ゴミ回収本舗は、粗大ゴミ回収のプロフェッショナル。お客様のいろいろな事情に合わせたプランをご提案いたします。まずは、このページからお問い合わせください。迅速丁寧に見積もりをいたします。どうぞご利用ください。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA