生活の変わり目に出てくる粗大ゴミ。気になり始めると結構なストレスです。

捨てようにも捨て方がわからない、大きすぎて一人では運べない。分解もできない。

そんなときでも、やり方さえわかっていれば、話は簡単です。

 

粗大ゴミの処分方法を6つに分けて、それぞれの特徴をまとめてみました。

 

粗大ゴミの6つの処分方法

渋谷区でおすすめの不用品回収業者10選粗大ゴミといってもさまざまなものがあり、処分の方法も多様です。

考えられる代表的な処分方法は、次の6つです。

 

  1. 自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する
  2. 引越し会社に粗大ゴミの回収を依頼する
  3. 使ってくれる友人に粗大ゴミをゆずる
  4. リサイクルショップに粗大ゴミを売る
  5. オークションサイトで粗大ゴミを売る
  6. 粗大ゴミ回収業者に依頼する

 

以上6つの方法について調べてみました。ご予算や日程に合わせて、自分にぴったりの方法を考えてみましょう。

 

1.自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する

もっとも一般的な方法と言えるのが自治体に引き取りに来てもらう方法です。粗大ゴミ回収のルールは各自治体で様々で全国一律ではありません。料金も違います。ここですべてをご紹介することはできませんが、自治体の一般的な基準をみてみましょう。

 

まずは、粗大ごみの定義です。

 

  • 一番長い部分が30センチを超える大型ごみ
  • プラスチック・木・金属でできているもの

 

一番長いところが30センチ以下のゴミは炊飯器などの家電であっても不燃物となります。

粗大ゴミとして自治体が処分できないもの

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・パソコン等リサイクル法の対象となるものは捨てることはできません。また、自動車、オートバイ、タイヤ、石油、ピアノ、耐火金庫、消化器、ガスボンベ類も引き取ってくれません。自治体で処分できないものは専門の業者にお願いするようにしましょう。

 

処分料がかかりますが、コンビニなどでシールを購入し、対象となる粗大ゴミに張り付けて置いて、表に出しておくなどの方法で支払うことが多いようです。

 

またインターネットで予約をしておくシステムを導入している自治体もあります。この場合多少処分料が安くなるようですので、お住いの自治体のホームページで調べてみましょう。

 

2.引越し会社に粗大ゴミの回収を依頼する

引越しの際に出た粗大ゴミを引き取ってくれるサービスを多くの引っ越し業者が行っています。引越しは事前に見積もりをするものですが、これなら最も手間のかからない方法でしょう。

 

ただし、それなりにお金がかかります。引越し業者は引越しが仕事なので不用品回収は別な業者に委託するなどしているからです。

 

依頼方法は、各運送会社のホームページで紹介されています。多少高くなったとしても手間が惜しい方はこの方法を取るのが良いでしょう。

 

3.不用品を使ってくれる友人にゆずる

友人だけでなく親戚や知人である場合もあるでしょう。この場合ただで譲ることになるでしょうから向こうからとりに来てくれるでしょう。

 

大きいもので素人が運べないようなものでしたら人の手を借りることもあるでしょうが、運送業者にお願いしてしまうのも一つの方法ではあります。

 

4.リサイクルショップに不用品を売る

対象物が粗大ゴミになりますから、自分で持ち込むか、引き取りに来てくれるリサイクルショップを探すかということになります。

 

大型家電などであれば出張買取に来てくれる業者が多いです。ただ、向こうも商売ですので転売が目的です。転売して利益が出ないような品物は引き取ってくれないケースが多いです。

 

期待通りの値段で買い取ってくれないことも多くガッカリ感と怒りがわいてくることも。

 

5.オークションサイトで不用品を売る

オークションサイトや個人売買のサイトも最近非常によく利用されるようになってきました。今までになかった方法で費用に良いのですが、粗大ゴミですから自分で発送できるかというとなかなか困難です。宅配便では発送できないと思います。この方法はあまりお勧めできないかもしれません。

 

ただ、一つの可能性として、買取業者がつける値段より高くで買い取ってもらえる可能性は出てきます。しかしながら、過剰に期待しない方が良いと思います。

 

また、買主には神経質な人もいて、傷がついていたから返品するなどのクレームをつけてくる場合もありますから、そこのところは入念に対策をする必要があります。

 

送料もかなり高くつくことが予想されますので、損をしないように値決めしましょう。

 

6.不用品回収業者に依頼する

自治体に粗大ごみを出す場合は、玄関先まで出しておく必要がありました。不用品回収業者に頼む場合は壁などに傷をつけないよう養生した上で運び出してくれますので心配ありません。

 

しかも自治体の粗大ゴミ回収のように回収される曜日が決まっていて、しかも平日のみということもないため自分の都合の良いタイミングで処分することができます。

 

粗大ごみの引き取りはいくらかかるのか

よく処分される粗大ゴミには、ベッド、冷蔵庫、洗濯機などがあるそうです。私たちはお金を払ってこれらの品物を処分するということはあまり機会がありませんので、処分料の値段がどれくらいかかるのかわかりません。

 

そこで、自治体の粗大ごみ処理と不用品回収業者に頼んだ場合どれくらいの値段になるのか調べてみました。

 

このように、リサイクルしなければならない家電は結構かかります。特に冷蔵庫の処分は結構費用がかかります。

 

家電リサイクル法に注意

家電リサイクル法とは、廃棄物の減量や資源の有効活用をはかるために平成10年にできた比較的新しい法律です。これによって従来埋め立てられるだけだった家電ゴミは分解されて再利用できるところは再利用されることになりました。

 

したがって、以下の4種類の家電については別途リサイクルのための費用が発生するようになっています。

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン

基本的には、古くなって買い替える時に販売店に持って行けば引き取ってくれる仕組みができています。電話をしてから引取りの方法を相談してみてください。

 

しかしながら、こうした場合は新しい商品を買うタイミングで行うのが普通です。例えば結婚して冷蔵庫もテレビも1台でいいから1台は処分したいというばあいなど処分だけをお願いすることになります。こうした場合でも引き取ってもらえるのかどうか相談が必要ですし、手間もかかります。

 

遠方に引っ越すときなど、買ったお店が近くにない場合などもあります。場合によってはお店の人が引き取りに来ることができないことだってあり得ます。

 

こういう時には、粗大ゴミ回収本舗に頼みましょう。他の不用品もまるごと一台のトラックに積んで定額で処分することもできますので手間もかからず費用も安く済ますことができるからおすすめです。

 

粗大ごみの引き取りは手早く済ますのがコツ

新生活を始めるにあたって大量に出てくる不用品や粗大ゴミは、あまりお金をかけたくないものです。引っ越し費用はなんとなくわかっても、不用品や粗大ごみの引き取り費用はよくわかりません。なんとか安くあげようとしても手間ばかりかかってさっぱり進まないなんていうことも起こりえます。

 

ここはプロに頼んで手早く済ます方が賢いやり方です。結局その方が安く手速く済ますことになる可能性が高いです。ここは地域で信頼ある業者に一括でお願いしてみましょう。

 

粗大ゴミ回収本舗は、見積もりから実行まで素早く安く安心できる仕事で、多くのお客様から信頼を得ています。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA