ゴミ回収のルールはそれぞれの自治体が定めています。
隣の自治体同士であってもルールに違いがあるため、引越しなどをする際にはしっかりと把握しておく必要があるのです。
ゴミ回収のルールの中でも、粗大ゴミに関するルールは特に細かく定められているケースが多くなっています。
今回は、豊島区における粗大ゴミの出し方についてご紹介しましょう。
引越しなどをする際に粗大ゴミを処分しなければいけない時など、参考にしてみてください。

豊島区の粗大ゴミ回収について

豊島区では、粗大ゴミの回収を行っています。
まずは、豊島区で粗大ごみを出す際の手順についてみていきましょう。

・粗大ごみ受付センターに申し込む

まずは、粗大ごみ受付センターに電話もしくはインターネットで申し込みます。
粗大ごみ受付センターは、年末年始とホームページのメンテナンス期間は24時間受付となっているため、基本的にいつでも申し込みが可能となっています。
申し込みの際に、収集予定日や「有料粗大ごみ処理券」の種類、枚数を案内してもらえるので、それに従いましょう。
料金は、粗大ごみ受付センターで確認できます。
日曜日の収集など個別対応を希望する場合は、受付の際に伝える必要があります。
インターネットを使って新規の申し込みをする場合は、粗大ごみ受付センターのホームページでメールアドレスを登録してから、手続きを進めなければいけません。

・「有料粗大ごみ処理券」を購入する

「有料粗大ごみ処理券」は、有料粗大ごみ処理券取扱所に指定されている豊島区内のコンビニなどで販売されています。
200円のA券と300円のB券があります。
粗大ゴミ回収にかかる金額に合わせて券を組み合わせてください。
東京23区内であっても券が異なるため、必ず豊島区の券を購入しましょう。

・「有料粗大ごみ処理券」を粗大ゴミに貼る

「有料粗大ごみ処理券」を購入したら、粗大ゴミに貼ります。
シールには、氏名もしくは受付番号を記入してください。
集合住宅の場合は、氏名を記入する際に部屋番号まで記入する必要があります。
貼る場所は、回収業者が見やすい場所にしましょう。

・収集日の8:00までに指定場所に出す

準備が整ったら収集日の8:00までに指定場所に出します。
後は、回収してもらうだけです。

エリアによって収集日が違う

収集曜日 収集エリア
月・水・金 駒込、巣鴨、西巣鴨、北大塚、上池袋、東池袋、南池袋、

雑司が谷、高田、目白1丁目~2丁目

火・木・土 西池袋、池袋、池袋本町、目白3丁目~5丁目、南長崎、

長崎、千早、要町、高松、千川

全エリア

このように、エリアによって収集日が異なります。
お住いのエリアが何曜日なのか事前に確認しておくことをおすすめします。

豊島区では、65歳以上の高齢者もしくは障がい者世帯に限り、粗大ゴミの運び出しサービスを行っています。
このサービスを利用したい場合は、粗大ゴミ受付センターではなく豊島清掃事務所に問い合わせてください。
ただし、このサービスは近隣に家族やサポートをしてくれる人がいない世帯に限ったものとなっています。
そのため、申し込みの際にどのような状況なのかヒアリングを行っています。
引っ越しなどの理由で大量に粗大ゴミを出したいとき、すぐに対応しなければいけない状況になったときは、豊島区では対応できません。
そのような場合は、民間の粗大ゴミ回収業者や不用品回収業者への依頼をしましょう。

手数料が減免になるケースも

粗大ゴミ回収にかかる手数料は、減免になるケースがあります。

減免になる方
生活保護を受給している方
児童扶養手当を受給している方
特別児童扶養手当を受給している方
国民年金の遺族基礎年金を受給している方
老齢福祉年金を受給している方
災害などを受けた方
中国残留孤児の方

この条件に当てはまる場合は、粗大ゴミ回収にかかる手数料が減免になります。
申し込みの際に申請をしてください。

豊島区で不用品回収をする時におすすめの業者ランキング

豊島区では、自治体による粗大ゴミ回収を行っています。
しかし、自治体による粗大ゴミ回収は自分のタイミングで出せない場合もあるため、困ってしまうケースもあるでしょう。
そんな時におすすめなのが、粗大ゴミ回収や不用品回収を行っている民間業者の利用です。
ここでは、おすすめの業者を5つピックアップしてご紹介します。
粗大ゴミ回収を検討しているのであれば、ぜひ利用も視野に入れてみてください。

第1位 粗大ゴミ回収本舗

粗大ゴミ回収本舗は、価格保証のサービスを提供している不用品回収業者です。
用意しているプランは多岐に渡るため、それぞれのニーズに合うサービスを利用できるというメリットがあります。
多くの実績を残しているだけではなく、メディアへの出演実績もあるのです。
そのため、安心して利用できる民間業者として知名度が高まっています。
不用品や粗大ゴミとは言っても、業者に依頼する場合は自宅まで取りに来てもらいます。
安心して任せられる業者であれば、依頼もしやすいと感じるでしょう。

サービス内容 粗大ゴミ・不用品回収、ゴミ屋敷の片づけ、引っ越しに伴う粗大ごみの回収、ハウスクリーニングなど
料金目安 1万5,000円~
受付時間 AM8:00~PM0:00
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
キャンペーン WEBサイト限定割引

第2位 リユーザー

リユーザーは、城南地区を中心に粗大ゴミ回収や不用品回収などを行っている民間業者です。
なぜ城南地区を中心にしているのかというと、地域に密着したサービスを提供するためです。
東京23区、神奈川県川崎市、神奈川県横浜市まで対応エリアとはなっていますが、無料の出張見積もりや査定は東京都の城南エリア(品川区、港区、目黒区、世田谷区、渋谷区)と神奈川県川崎市の川崎地区となっています。
しかしこの他のエリアも無料で行える場合があるので、利用を検討しているのであれば、問い合わせてみてください。

サービス内容 粗大ゴミ・不用品回収、リサイクル品販売、遺品整理、残置処分、オフィス・店舗の処分
料金目安 2万5,000円~
受付時間 9:00~23:00
対応エリア 東京都23区、神奈川県川崎市、神奈川県横浜市
キャンペーン 現在は特に行っていない

第3位 ねこのて

ねこのては、東京都内と近隣エリアで不用品回収や不用品買取などを行っています。
24時間対応となっているため、急遽利用したい時にも嬉しく感じるでしょう。
自治体の粗大ゴミ回収は時間にも制限があるため、融通が利きにくい部分があります。
料金は自治体の方が安いですが、民間業者では料金が高くなる傾向があるため、敬遠してしまう人もいるかもしれません。
しかし、ねこのてのように24時間対応など、民間業者ならではのメリットがあるため、料金の高さはそこまで大きなデメリットに感じない人も少なくありません。

 

サービス内容 不用品回収、不用品買取、遺品整理、部屋の片づけ、オフィスの片づけ、ゴミ屋敷の片づけ
料金目安 2万4,000円~
受付時間 24時間対応
対応エリア 東京都全域、埼玉県、神奈川県、千葉県
キャンペーン ねこのてキャンペーン(軽トラック1台分が今なら1万9,800円)

まとめ

豊島区では他の自治体と同じように、粗大ゴミ回収を行っています。
ただし、出し方は豊島区のルールが決まっているためそれに合わせなければいけません。
回収している曜日や時間が決められているため、急にゴミが出た時には不便だと感じてしまうこともあるでしょう。
そのような場合は、民間業者の利用がおすすめです。
民間業者の利用を検討しているのであれば、ぜひ粗大ゴミ回収本舗にご相談ください。
粗大ゴミ回収本舗では、それぞれの状況をヒアリングし、適したプランを提案しております。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA