ゴミの分別方法は、それぞれの自治体が定めています。
誤った方法でごみを捨ててしまうと、罰金などを支払わなければいけない場合もあるので注意する必要があります。
そこで今回は、東京都江戸川区・西葛西駅エリアにおける粗大ゴミの回収方法についてご紹介しましょう。
それだけではなく、江戸川区に処分してもらう場合と民間業者に処分してもらう場合のメリット・デメリット、粗大ごみ回収本舗の特徴についても見ていきます。
粗大ゴミを自治体に回収してもらうか、民間業者に回収してもらうか迷っている方もきっといるはずです。
そのような方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

江戸川区の粗大ゴミ回収方法

江戸川区では、家具や家電リサイクル法・パソコンリサイクルの対象品以外の家電、寝具、自転車、ストーブといった一辺の長さがおよそ30cm以上あるものを粗大ゴミとして回収しています。
粗大ゴミとして処分したい場合は、事前に粗大ゴミ受付センターに申し込み、粗大ごみ処理券を購入する必要があります。
一般家庭から出るゴミの中で一辺の長さがおよそ30cm以上の家具・家電が粗大ゴミとして分別されます。

粗大ゴミ回収依頼の方法

インターネット 「江戸川区粗大ごみ受付センター」のホームページから粗大ゴミ収集を申し込みましょう。
電話 「江戸川区粗大ごみ受付センター」へ電話し、粗大ゴミ回収を依頼してください。

粗大ゴミの持ち込み

持ち込み 「江戸川区粗大ごみ受付センター」のホームページから持ち込みを申請します。

粗大ゴミの処理に必要となるごみ処理手数料は、減額や免除になるケースがあります。
減額や免除になるのは以下の条件に当てはまる方です。

・火災などの災害で被害を受けた方
・生活保護を受給している方
・児童扶養手当を受給している方
・特別児童扶養手当を受給している方
・老齢福祉年金を受給している方
・中国残留邦人などの支援給付を受給している方

この条件に当てはまる方は、インターネットでの申し込みができません。
粗大ごみの回収を江戸川区に依頼したい場合は、粗大ごみ受付センターまで問い合わせる必要があります。

江戸川区でゴミの回収が可能なものと不可能なもの

ゴミの回収が不可能なもの
1.家電リサイクル法の対象となる品目
2.パソコンリサイクルの対象となる品目
3.処理が難しいとみなされる品目
4.収集や運搬が難しいもの
5.事業によって出た粗大ゴミ

江戸川区では粗大ゴミとして回収が可能なものと不可能なものを定めています。

家電リサイクル法の対象となる品目

家電リサイクル法の対象となる品目には、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)の4つがあります。
家電リサイクル法は、リサイクルができる部分や材料を取り出すことで、廃棄物を減らすことが目的で策定された法案です。
そうすることで、資源の有効活用ができるようになりました。
家電リサイクル法の対象となる品目を処分したい場合は、購入した販売店またはメーカーで引き取ってもらうことができます。
しかし、販売店やメーカーが遠方にある場合は引き取りが難しくなってしまいます。
そのような場合は、家家電リサイクル受付センターに問い合わせてみましょう。
中間集積所や指定引取場所に自分で持ち込むという方法もあります。
中間集積所は三東運輸株式会社と株式会社イソイとなっています。
自分で持ち込む場合の指定引き取り場所は、岡山県貨物運送株式会社江戸川事業所です。

パソコンリサイクルの対象となる品目

江戸川区では、家庭用パソコンの収集は行っていません。
家庭用パソコンを処分したい場合は、パソコンメーカーに回収してもらうか、リネットジャパンリサイクル株式会社の無料回収サービスを利用しましょう。
パソコンメーカーがない自作パソコン等に関しては、パソコン3R推進協会に問い合わせてみてください。

処理が難しいとみなされる品目

車(バッテリーやマフラーなどの部品も含む)やオートバイ、タイヤ、ピアノ、消化器、ガスボンベ、小型焼却炉、コンクリートブロック、耐火用金庫など、適正な処理が難しいと考えられるものは、回収を行っていません。

収集や運搬が難しいもの

長さがおよそ1m80cm以上の物干し竿やサーフボード、ウッドカーペットといったものは、収集や運搬が難しいため回収対象となりません。
また、木の幹など太さが30cmを超えるものに関しても、回収ができないので要注意です。

事業によって出た粗大ゴミ

事業活動によって出た粗大ごみの回収も、江戸川区では行っていません。
処分したい場合は、管轄の清掃事務所にお問い合わせください。

江戸川区で処分した場合と民間業者が処分した場合のメリット・デメリット

江戸川区に粗大ゴミ回収を依頼する場合のメリット・デメリット

メリット デメリット
処分にかかる費用を安く抑えられる 江戸川区が指定する場所へ持っていく必要がある
処分費用がはっきり決まっている 1度にたくさん回収してもらうことはできない
回収する日に用事があっても安心 買取は行っていない
手続きが面倒

民間業者に粗大ゴミ回収を依頼した場合のメリット・デメリット

メリット デメリット
即日回収など急な依頼にも対応してもらえる 自治体よりも費用がかかる場合がある
リサイクルできるものは買取してもらえる 運搬などで別途料金が発生する場合がある
自治体で回収していないものも回収してもらえる 回収日は業者が指定する場所に待機しなければいけない
業者に任せられるため労力がいらない
自分にあったプランを選べる
値引きをしてもらえる場合がある

民間業者に粗大ゴミ回収の対応を比較

江戸川区 民間業者
対応時間 月曜~土曜

AM8:00~PM7:00

即日対応や日時指定など都合に合わせて回収可能

土日や夜中でも対応している

回収費用 400円~2,800円 1つ500円程度から
対応エリア 区役所の管轄エリア内 業者によって対応エリアに差がある
買取 買取は行っていない 買取対応をしている業者もある

 

このように比較してみると、民間業者の方が柔軟に対応していることが分かるでしょう。
江戸川区では回収ができないものも含めて回収してもらえたり、買取をしてもらえたりもします。
つまり、民間業者の方が粗大ごみ回収に関するメリットが大きいと言えるのです。

粗大ごみ回収本舗ってどんな回収業者?

粗大ゴミ回収を行っている民間業者はいくつもあります。
どの業者を選ぶか迷った場合は、粗大ごみ回収本舗の利用を検討してみてください。
最後に、粗大ゴミ回収本舗の特徴についてご紹介しましょう。

粗大ゴミの即日回収を行っている

粗大ごみ回収本舗では、即日回収を行っています。
急いで粗大ゴミを処分したいと考えることもあると思いますが、中には即日回収を行っていない業者もあります。
もしも、すぐに処分したいと考えているのであれば、粗大ごみ回収本舗にご相談ください。

最安値を保障している

粗大ごみ回収本舗では、最安値を保障しています。
他の業者と比べて料金が高かった場合は、値引きを行っています。

見積もりは完全に無料

粗大ごみ回収本舗の見積もりは、完全無料です。
電話見積もり、メール見積もり、出張見積もりを行っていますが、どれも無料となっているので安心です。
また、見積もり後に使い費用が発生することもありません。

分別作業も行っている

ゴミを捨てる際の分別作業は手間がかかるため、面倒だと感じる人は多いでしょう。
その分別作業も粗大ごみ回収本舗では行っているため、たくさんゴミがある場合でもお任せください。

まとめ

粗大ごみの回収は江戸川区でも行っていますが、粗大ごみ処理券を購入したり、指定する場所へ持ち込んだりしなければいけないため、手間がかかると感じている人も多いです。
また、粗大ゴミとして回収できないものもあるため、どう処分したらよいのか迷ってしまう方もいるでしょう。
そのような方は、民間の回収業者へ依頼することをおすすめします。
粗大ごみ回収本舗では、粗大ごみの即日回収を行っていて、最安値を保障しています。
リーズナブルな料金ですぐに粗大ごみの処分をしたいと考えているのであれば、ぜひ粗大ごみ回収本舗にご相談ください。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA