ベッドは粗大ゴミに分別され比較的安価に処分できますが、自分で運ぶ必要があるため簡単には捨てられません。

さらに引越しでは、忙しくてベッドを処分する余裕がない、といった場合もありえます。

そんな事態を避けるために本記事では、

・短時間で簡単にベッドを処分する方法

・引越しでベッドを処分するのにオススメな業者

などを解説しています。

後半では使いやすいベッドの選び方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

引越しでベッドを処分する前に確認したいこと

まず最初に、ベッドが解体可能かどうか確認しましょう。

ニトリ等で売られている組み立て式のベッドは自分で解体できます。解体して持ち運びできれば、それほど苦労せずに粗大ゴミとして処分可能です。

解体できない(または解体が難しい)場合は業者に頼む事となり、相応の出費が必要となります。

 

「相応の出費」がどの程度になるかは、ベッドサイズとベッドが何階に置かれてるかによります。

業者によっては階段料金吊り下げ料金といった追加料金が発生する場合があるので注意しましょう。

 

最後に、利用予定の引越し業者でベッドを処分できるかどうかです。

処分してくれない場合は、粗大ゴミ・家具店の引取サービス・不用品回収業者などが候補となります。

 

 

引越し時におけるベッドの処分方法

本項目では、ベッド(マットレス+フレーム)に加え、布団・毛布・シーツ・枕の処分方法について解説しています。

 

引越し会社に処分してもらう

引越し会社が不用品回収サービスを行っている場合、ベッドを処分してもらうことができます。

引越し会社に頼めるのならば、

・ベッドが重くて運べない

・引越しが忙しくてベッドを処分する時間がない

という2つの問題を同時にクリアできるので、まさに一石二鳥です。

 

注意したいのは、ベッド処分が不可能な会社もある、という点です。

例えば国内大手のサカイ引越センターは家電回収のみを行っており、家具については粗大ゴミに出すことを推奨しています。

また、引越し会社の中には処分を不用品回収業者に再委託する所もあり、割高な料金を請求されたという事例もあります。

 

引越し会社に頼む場合はなるべく見積もりを行い、他社や不用品回収業者などと料金を比較するようにしましょう。

【関連記事】引越し業者の選び方についてはこちら

引越し業者の選び方~見積もり比較と交渉の方法を知っておこう~

 

 

 

家具店の引取サービスを利用する

家具店の多くは、商品購入と同時に引き取りも頼めるサービスを有料で提供しています。

料金は比較的リーズナブルで、シングルベッドならおおむね2千円~5千円で処分可能です。

 

ただし、利用にはいくつか条件があります。

大半の店に共通して言えるのが、「引き取りは同種類の家具に限る」というものです。具体的にはテーブルを購入してベッドを引き取ってもらうことはできません。

 

配送先以外での引き取りを断っている家具店もあります。この場合、

1.旧居からベッドを引き取ってもらい

2.新居に新しいベッドを運んでもらう

というやり方はできません。

 

また、家具店では基本的に毛布や枕は処分できません。この場合は自分でゴミに出すか、不用品回収業者などにベッドとまとめて引き取ってもらいましょう。

 

 

粗大ゴミとして処分する

粗大ゴミとは1辺30cm(一部自治体では50cm)を超える家庭ゴミのことで、ベッドフレーム・マットレス・布団・毛布・大きな枕(抱き枕等)は粗大ゴミに該当します。

 

粗大ゴミ処分の利点は何と言っても安さです。

金額は自治体によってまちまちですが、料金が高い自治体でもベッドフレームとマットレスで2千円程度。

地方によっては1千円以下で処分できます。

 

反対にデメリットは「粗大ゴミは指定場所まで自分で運ぶ必要がある」という点です。

指定場所が玄関先ならまだ良いですが、処理施設への搬入が義務付けられている自治体もあります。

ベッド運びは相当な重労働ですし、賃貸の部屋に傷が付いたら退去時のトラブルになりかねません。

 

また、引っ越しシーズンに粗大ゴミ収集が混雑するのは通例です。

中には1ヶ月待ちという自治体もあるため、粗大ゴミに出す際は必ず時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

 

 

可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する

1辺30cm(一部自治体では50cm)を下回るものであれば、可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分可能です。

 

布団・毛布・シーツ・枕は畳むかハサミで切れば、30cm以内に収めることができます。

手間は掛かかるものの、マットレスも分解すれば可燃ゴミ(コイル部分は不燃ゴミ)に出せます。

 

注意したいのは、分別ルールは自治体ごとに異なるという点です。

例えば新潟市のように畳んで袋に入るサイズの毛布でも、粗大ゴミに分別される自治体もあります。

処分の際には必ず各自治体のルールを確認しておきましょう。

 

 

買取店やフリマサイトで売却する

衛生上の観点から中古ベッドの買取需要は低く、一部の高級ベッドを除いては買取を断られるのが一般的です。

メルカリ等のフリマサイトに出品することもできますが、買い手が付きにくいのに変わりはありません。

運良く落札されたとしても、高額な送料(2万円前後)が利益の重荷となります。

 

それでもフリマサイトに出品する場合は、

・相手に直接渡して送料を節約する

・数ヶ月前から出品しておいて引越し日に間に合わせる

などを心がけるようにしましょう。

 

 

引越しでベッドを処分するなら不用品回収業者が便利

不用品回収業者とは、ご家庭や企業を対象に不用品の回収を行う民間業者のことです。

特筆すべきは回収品目の幅広さで、ベッドを含む家具、家電、その他一般ゴミに至るまで、おおよそ全ての不用品を回収してくれます。

引越しでは大小様々なゴミが出ますが、それらをまとめて処分するのには最適な業者と言えるでしょう。

 

さらに不用品回収業者ならばここまで説明してきた、

・引越し会社ではベッドを処分してくれない場合がある

・家具店の引取サービスは商品購入時のみ利用可能

・粗大ゴミではベッド運びが大変・引越しシーズンは混雑する

といったデメリットを全てカバーしてくれます。

 

料金は粗大ゴミ回収本舗の場合、ベッド単品で3,980円~となっています。

単品でも比較的安く処分できますが、ゴミが複数出る場合はトラックのせ放題プラン14,800円~)がおすすめです。

この他にも掃除や片付け、家具の移動といった引越しのお手伝いも頼むことができます。

 

 

使いやすいベッドの選び方

ここまでベッドの処分について解説してきましたが、ここからはベッドの購入についてです。

ネット上のアンケートによると6割以上の男女が「家具を買って後悔した」と回答しており、とりわけベッドやソファーなどの大型家具に票が集中しています。

本項目では購入後に後悔しないためにも、ベッド選びのポイントを分かりやすく解説しています。

 

理想のサイズは肩幅プラス60cm

一般的に無理なく寝返りを打てるベッドサイズが、肩幅プラス60cm(左右30cmずつ)と言われています。

男性の平均肩幅は45cm、女性は40cmなので、大抵の人はシングルベッド(横幅100cm)で問題ありません。

しかし体格の大きな人や、ゆとりを持って休みたい人の場合、セミダブルベッド(横幅120cm)も選択肢に入ります。

 

マットレスは「かたさ」で選ぶ

マットレスの固さには大きく分けて、ふつう・かため・やわらかめの3種類があります。

“ふつう”はあおむけ寝に適した固さで、睡眠時に沈みやすい首を程よく支えてくれます。

 

“かため”はうつぶせ寝に適しており、腰の反り返りと首への負担を軽減してくれます。

体重が重い方も、サポート力に優れた”かため”が良いでしょう。

 

“やわらかめ”は女性にオススメ。女性には横向き寝が多いと言われ、肩や腰に負担が行きがちです。

柔らかいマットレスなら、横向き寝で体が深く沈む部分もしっかりと支えてくれます。

 

間取りとのバランスも重要

ベッド設置後のスペースがどれだけ残されているか、というのも必ず考慮しましょう。

使いやすさを追求するなら、以下に示すスペースは確保したいところです。

・壁際と10cm(掛け布団を挟める)

・通路側と50cm(歩行を邪魔しない)

・収納と80cm(扉を開け閉めできる)

引越し先が手狭な場合は、ソファベッド・ロフトベッド・収納付きベッド・折りたたみベッドなどが候補に挙がります。

 

 

引越し前?それとも後?ベッド購入の適切なタイミング

欲しいベッドが決まったら、次は購入するタイミングです。

基本的にベッドは入居初日に無いと困るため、引越し前に購入して当日新居に届けてもらうのが一般的です。

ですが後述する理由から、引越し後に購入したほうが良い場合もあります。

 

引越し前がおすすめな人

寝具・家電・キッチン用品・バストイレ用品などは引越し当日までに揃えておくと、万全の体制で新生活をスタートできます。

引越し後は転入届の手続き免許証等の住所変更生活用品の買い足しなどが控えており、やることが山積みです。

負担を少しでも減らしたい方は、あらかじめベッド購入の段取りを付けておくと良いでしょう。

 

引越し後がおすすめな人

段取りが苦手な方は、引越し作業が落ち着いてから購入することをおすすめします。

ダンボールだらけの室内に大きな家具が運ばれてきて置き場に困った、というのは引越しではよくある出来事です。

 

インテリアにこだわる方も引越し後が良いでしょう。

タンスやドレッサーなどと一緒に購入すれば、お部屋の雰囲気に統一感を出すことができます。

この他にも、引越し後のほうが動線の感覚をつかみやすい、という実利的なメリットもあります。

 

ベッドの処分は業者に任せて引越しに専念しよう

ただでさえ大変なベッドの処分ですが、引越しの最中に行うとなると大変さは段違いです。

ベッド以外にも、古本は資源ゴミ、家電はリサイクル、食器は新聞紙に包んで燃えないゴミ…と一つひとつ処分してたら、時間がいくらあっても足りません。

そんな時は、なるべく手間が掛からない方法を選ぶようにしましょう。

自分で粗大ゴミに出すよりも、不用品回収業者などに処分を任せれば、ドタバタせずに引越しを済ませることができます。

 CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA