作業員待機中

05時37分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

引っ越し前の断捨離で心機一転!安くするコツはとにかく捨てること!

  • 引越し時の不用品回収

2022.09.25

2024.01.18

この記事では引っ越し前の断捨離のコツを詳しく紹介します。

引っ越しを安くするには、引っ越し業者の選択だけでは実現しません。

実は引っ越し前の断捨離が重要です。

引っ越し時の断捨離は、すっきり物を片付けるいい機会にもなります。

引っ越しを安くするコツ、断捨離を効率良く進めるコツなど具体的に紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

top transition banner

引っ越し前の断捨離!安くするコツは「とにかく捨てる」

引っ越し前の断捨離!安くするコツは「とにかく捨てる」

結論を先にお伝えすると、引っ越しを安くするには「とにかく捨てる」ことが重要です。

引っ越し業者でどこが安いか業者同士を比較することは、多くの人が考える安くするコツです。

しかし、引っ越しの荷物を減らすことで、さらに引っ越しにかかる料金を安く引っ越しすることができます。

引っ越し前に断捨離すれば、物が減って引っ越し代も安くなり、心機一転で新しい生活に進めます。

以下の表は、単身者の引っ越し料金相場です。

荷物小 荷物大
全平均 54,808円 78,483円
500km以上の遠距離 76,757円 125,725円

引っ越し代を安く抑えるには、荷物を最小限にすることもコツです。

 

引っ越しの断捨離をスムーズに進めるコツ

引っ越しの断捨離をスムーズに進めるコツ

引っ越しの断捨離で注意したいのは、時間的な制約です。

本項目ではスピードに重点を置いた断捨離のコツを紹介しています。

 

タイムリミットを設ける

断捨離は、引っ越し前1ヵ月までに終えるようにします。

引っ越し業者の選定、荷造り、各種手続きで1ヶ月は必要ですし、期限を設けた方が作業に集中できます。

特に春先に引っ越しを予定している場合、遅くとも2月までには断捨離を終えるようにしましょう。

3月と4月は引っ越しの繁忙期です。

予約が集中する時期でもあるため、断捨離に時間がかかりすぎると、引っ越し前の見積もりが遅れ、希望日に予約を取れなくなる可能性があります。

 

収納スペースから片付ける

断捨離は、本棚やクローゼットなどから始めると効率的です。

古い雑誌は、食器類を包むのに使えます。

着なくなった洋服は、使い捨ての雑巾として再利用できます。

本棚や収納ボックスも断捨離すれば尚良しです。

空いた収納の処分は、ミニマリストの第一歩です。

荷造りが楽になるのはもちろん、今後何か買いたくなっても「しまう場所がない」とブレーキを掛けられるので、物が少ない空間をキープできます。

 

買取にこだわらない

「買取を断られた」「買取額を低く見積もられた」「少しでも高く売りたい」

こんな時にメルカリ等のフリマサイトで売るのはよくあることですが、引っ越しの断捨離ではおすすめしません

買い手がつくまでの時間や、商品を発送する作業が、断捨離の足かせになります。

買取が無理なら早めに見切りをつけて、荷物整理に専念しましょう。

 

引っ越しの断捨離の手順!基本的な方法

引っ越しの断捨離の手順!基本的な方法

断捨離はどこから始めたら良いのか、については先ほどお話ししました。

ここでは場所を決めたあとの断捨離の手順について解説しています。

引っ越しに向けて、荷物整理を行う際の参考にしてください。

 

何をどれだけ残すか決める

大雑把で良いので、新生活で必要になる物の量を決めておき、そのラインを下回らないようにします。

あれこれと複雑に考える必要はありません。

衣類やタオルは洗濯の回数をイメージしてみてください。

今すぐ使える衣類やタオルがあまりにも少ないと、それだけ洗濯の回数が増えます。

食器類は世帯人数や、来客の頻度で残す量を決めます。

物を少なくしすぎないことも重要です。

 

物を全部出す

まずは収納スペースに入っている物を全部出します。

目の前に並べて「見る」ことで物の全体像を把握できます

何を捨てれば良いのか、どれだけ捨てれば良いのか、取っておくべきものは何なのか、そうした把握が容易になります。

掃除も同時に行えるので、「全部出し」はおすすめです。

 

物を捨てる基準を検討・決定する

断捨離で大事なのはとにかく物を捨てることですが、捨てる基準を検討・決定しておくと作業が捗ります。

「いつか使うかもしれない」「前に使ったけどもう今は使っていない」などは、優先して捨てる対象です。

物を捨てる判断材料は物によって違いますが、おおむね以下のような基準にするのがおすすめです。

 

・1年以上使用していない

長い間放置している物を、再び使うようになるのは稀です。

サイズが合わない、見た目が古くさい、汚れが目立つ、等の理由で放置している物は断捨離します。

ただし、生活必需品の捨て過ぎには注意しましょう。

 

・新しい部屋のテーマと合わない

「リビングはナチュラルテイストで統一したいので、派手な色彩の家具は処分する」

このようにテーマを決めて、そこから外れた物を断捨離するやり方もあります。

 

・引っ越し先で購入またはレンタルできる

「必要なものは引っ越し先に既にある」と考えれば、物を手放しやすくなります。

あ本やCD……クラウドサービス、レンタルサービス、自分でデジタル化

あ生活雑貨……100円ショップ、地元密着のおしゃれな店

何か必要になったら、こうした方法で再入手すれば良いだけの話です。

 

優先順位の高い物は先に荷造りして物を減らす

前日まで使うものは除外して、優先順位の高い物は先に荷造りを進めていくこともコツです。

  • 引っ越し先で新生活に必要な物
  • 今後も所有したい物
  • よく使うけれど前日までは使わない物
  • 大切な絶対に手放したくない思い出の物

などなど、梱包しても引っ越し元での生活に支障がないような物から荷造りします。

引っ越し先に持ってくべき必須の物を減らすことで、部屋もすっきりしてくるので、断捨離がより進めやすくなります。

全部物を出している状態なら、同じような服や書籍などはさっさとダンボールにつめてしまうのがおすすめです。

また季節用品やキッチン用品など、限定されたときにしか使わないものも荷造りを先にしてしまいましょう。

 

【関連記事】断捨離のコツをもっと詳しく知りたい方はこちら

関連記事

 

引っ越しの断捨離で注意したいこと

引っ越しの断捨離で注意したいこと

ここでは断捨離の注意点を世帯人数ごとに解説しています。

 

一人暮らしの場合

普段働いていると断捨離できるのは夜遅くだったり、休日だけだったりします。

自分のペースで動けるのは気楽で良いですが、ダラダラといつまでも終わらない可能性があります。

一人暮らしの方は時間に余裕を持って始めるか、タイムリミットを厳しく設けることが大事です。

 

カップルの場合

相手の物を無断で捨てるのは厳禁です。

例えば趣味のグッズですが、周りには理解できなくても本人にとっては思い入れのあるものかも知れません。

大事なのは断捨離のルールをしっかり話し合うことです。

お互い納得の行くラインをあらかじめ決めておきましょう。

次に同棲や新婚生活を始める場合です。

よくあるのが、荷物整理中に元恋人との思い出の品が見つかって喧嘩に発展、というパターンです。

元恋人の名前が書かれたポイントカードや、ホテルのメンバーズカードなど、細かいところまで念入りに調べて、事前に処分しておきましょう。

 

家族の場合

特に困るのが子供の持ち物です。

相手が大人なら断捨離のルールを決めるのは簡単ですが、幼い子供の場合、使わないものは捨てるという概念すら持っていません。

かと言って無理やり捨てれば、「なんで捨てたの」と後で大泣きされる羽目になります。

ここでのポイントは子供に決めさせることです。

お気に入りのもの、よく使うものを子供に選ばせて、残りから何を捨てるのか、子供に決めてもらいましょう。

おすすめなのが「○✕ダンボール」です。○と✕が書かれた2つのダンボールを子供に渡し、処分を任せます。

また、学校の教科書やノートなども子供に確認して、必要なものまで捨てないようにします。

 

引っ越しの断捨離での不用品処分方法を比較!

引っ越しの断捨離での不用品処分方法を比較!

ここでは料金・スピード・利便性の3つに注目して、各方法を比較しています。

家具店や電器店という選択肢もありますが、新商品への買い替えが利用条件という店舗がほとんどです。

処分目的で利用するには適していないため、項目から外しています。

比較項目 不用品回収業者 自治体 引っ越し業者
料金 パックプランで割安 安い 若干高い
スピード 速い 遅い 速い
利便性 良い 悪い 業者による

 

不用品回収業者

料金:パックプランを利用すれば安い

パックプランは、トラック1台あたりの料金で計算されます。

これにより、ゴミ1個あたりの料金を大幅に抑えることが可能です。

 

スピード:速い

自治体とは異なり、予約後すぐに回収に来てくれます。

重度のゴミ屋敷でもない限り、数時間で作業を終わらせる事が可能です。

 

利便性:基本的に良い

どんな回収業者でも、以下の2点は保証されています。

  • ほぼ全ての品目を回収できる
  • 粗大ゴミを家の中から運んでくれる

業者によっては不用品買取や、ハウスクリーニングを利用できます。

 

引っ越し前の断捨離なら、不用品回収業者を使うのがおすすめの理由を確認したい方はこちら!

引っ越し時におすすめの不用品回収業者ランキングはこちら!

関連記事

 

自治体

料金:安い

一般ゴミは無料(または指定袋の代金)、粗大ゴミは100円~2,000円/個ほどで処分できます。

 

スピード:遅い

粗大ゴミの場合、予約から収集までは1週間~1ヶ月かかります。

その上、引っ越しシーズンには予約が集中します。

 

利便性:悪い

以下は自治体のデメリットです。

  • 回収できない品目が多い
  • 粗大ゴミを家の前まで運ぶ必要がある
  • 大量のゴミ(※)を一度に処分できない
    ※10袋以上の一般ゴミ、10個以上の粗大ゴミなど

 

大量のゴミを一度に処分する方法には、自治体の一時多量ゴミ制度や、ゴミ処理施設への持ち込みなどがあります。

 

引っ越し業者

料金:若干高い

自治体よりは高め、民間業者としては平均的な水準です。

ただし、中には不用品回収業者に業務を再委託する所もあり、その場合は若干高めとなります。

 

スピード:速い

引っ越しのついでに不用品を処分できます。

引っ越しと同じ日に不用品回収をしてもらえるので、スピードはもっとも速いといえるでしょう。

 

利便性:業者による

回収を頼めるかは業者次第です。

業者A:そもそも回収サービスを行っていない

業者B:家電は回収できるが、一般ゴミは回収できない

全品目を回収できる業者はむしろ少数なので、ご注意ください。

 

引っ越し時の断捨離に不用品回収業者がおすすめの理由

引っ越し時の断捨離に不用品回収業者がおすすめの理由

ここからは引っ越し時の断捨離に不用品回収業者がおすすめの理由を説明します。

自治体や引っ越し業者にもメリットもありますが、不用品回収業者の方が優れた点が多くあります。

 

まとめて安く断捨離できる

引っ越し時には、大量の不用品が出ます。

自治体では、個数制限があったり、引っ越しゴミを回収できなかったりと「安い」メリット以上に制約も多くあります。

その点不用品回収業者のパックプランを使えば、1点あたりの処分費が割安に。

また、パックプランには車両費や梱包費などの諸経費もコミコミなので、よりお得に不用品処分ができるのです。

 

重たい不用品でも運び出して回収してもらえる

食器棚やソファなど重たい不用品を自治体で処分する場合、自分で指定場所まで運び出しておかなければなりません。

一人暮らしの方や高齢者だけの世帯では、運び出しが難しい物もあるでしょう。

階段を下ろす作業は、足腰を傷めるリスクもあります。

その点不用品回収業者に依頼すれば、部屋から直接運び出して回収してくれるので、安全に、楽に処分できます。

 

即日回収にも対応!希望日時に合わせて回収してくれる

引っ越しの断捨離でスケジュールが上手く合わずに、自治体のゴミ回収のタイミングを逃してしまっても大丈夫!

不用品回収業者なら、利用者の希望日時に回収に来てくれます。

業者によっては、深夜や早朝に回収できることも。

引っ越し当日であっても即日回収に対応する不用品回収業者もあるので、断捨離後の不用品回収の悩みがなくなります。

 

引っ越しを機に断捨離をすると得られる効果

引っ越しを機に断捨離をすると得られる効果

断捨離の秘訣は、成功後の自分をイメージすることです。

まずは断捨離の効果を簡単に確認しておきましょう。

 

荷物が減り引っ越し料金の節約ができる

荷物が減れば、平均2~3万円の引っ越し料金を節約できます。

お金を無駄に使うことがなければ、新生活で使えるお金も増えるのも良い点です。

荷造りや荷物整理の作業量も減るので、時間の節約というメリットも生まれます。

 

ミニマリストな暮らしができる

ミニマリストとは、必要最小限の物だけで暮らす人のことです。

語源は芸術分野におけるミニマリズムから。

本来は、無駄な装飾を省いた表現スタイルを意味します。

日本の茶室などは、ミニマリズムの代表的な例と言えるでしょう。

物が少ない空間は、それだけ美しく、おしゃれに見えます。

何より身軽に暮らせます。

日常生活で無駄な時間が激減するので、心に余裕が生まれ、快適な生活になるでしょう。

例えば二度目、三度目の引っ越しをするとして、その時はより簡単に、手短に準備を済ませることができるのです。

 

運気が上昇する

風水では、「古い物には悪い運気が溜まる」と言われています。

古い物を捨てるついでに、運気の巡りを改善する…断捨離にはそんな側面もあります。

例えば、古い財布を捨てれば金運が、古い書類を捨てれば仕事運が上昇します。

家具や家電といった大きな物の断捨離は、運気の風通しを良くすることに繋がります。

引っ越し時の断捨離は、運気をアップするチャンスかもしれません。

 

引っ越し前の断捨離は粗大ゴミ回収本舗にお任せ

引っ越し前の断捨離は粗大ゴミ回収本舗にお任せ

https://sodaigomi-kaishu.com/

 

引っ越し前に断捨離すれば、安く引っ越しができます。

断捨離で出た不用品処分は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

なかでも「粗大ゴミ回収本舗」がイチオシです。

粗大ゴミ回収本舗のパックプランは9,800円からの業界最安値で対応しています。

ここまで安く対応できるのは、豊富な実績と経験から徹底した効率化を図っているからです。

粗大ゴミ回収本舗では、引っ越し時の断捨離での不用品回収のほか、部屋の片付け代行やハウスクリーニングにも対応しています。

引っ越し時の断捨離をご希望の方はぜひ「粗大ゴミ回収本舗」にご相談ください。

>>>粗大ゴミ回収本舗への無料お見積りはこちら!

粗大ゴミ回収本舗
Average rating:  
 0 reviews

引っ越し時の断捨離についてのよくある質問

  • Q引っ越しを安くするにはどうすればいいですか?

    A引っ越しでは、引っ越し先に持って行く荷物が多いほど高額になります。
    断捨離をしてできるだけ荷物を減らして引っ越し業者に見積りをとってもらいましょう。

    引っ越し業者に数社見積りを依頼して料金を比較することも大切です。

  • Q断捨離する際は全部捨てないといけないでしょうか?

    Aそんなことはありません。
    断捨離の意味は単純に物を「捨てる」だけではありません。
    断捨離とは、物への執着をなくし、物にとらわれずに生きていく考え方のことです。

    引っ越し時に断捨離をすることで、新生活に向かう自分の考え方を変化させるチャンスでもあります。
    ただし、どうしても捨てたくない、手放したくない物は誰しもあります。
    そういった物は無理に捨てなくても問題ありません。

  • Q引っ越しの断捨離で出た不用品処分のおすすめの方法はありますか?

    A引っ越しでは、部屋の片付け以外にも転居手続きなどでかなり時間がかかります。
    そのため不用品処分は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

    不用品回収実績の豊富な「粗大ゴミ回収本舗」なら、業界最安値のパックプランで断捨離で出た大量の不用品が一度に処分できます。
    分別や運び出しも全部お任せですので、短時間で楽に不用品処分が可能です。
    ぜひご相談ください。

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 座間市 G様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      4tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県座間市

  • 川崎市 O様|不用品回収

    • 間取り

      3LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      10分

    • 作業場所

      神奈川県川崎市

  • 厚木市 O様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      4tトラック

    • 作業時間

      30分

    • 作業場所

      神奈川県厚木市

  • 横浜市 W様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      20分

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 台東区 A様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都台東区

  • 江戸川区 W様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      2tトラック箱

    • 作業時間

      25分

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 綾瀬市 M様|不用品回収

    • 間取り

      5LDK一軒家

    • 回収量

      2tトラック箱

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都綾瀬市

  • 世田谷区 E様|不用品回収

    • 間取り

      2Kマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      30分

    • 作業場所

      東京都世田谷区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER
  • 産業廃棄物収集運搬業許可証

  • 特定遺品整理士認定登録証

  • 事件現場特殊清掃士認定証

  • 古物商許可証

保有許可証一覧

先週は 749件 のお申し込みがありました。