二段ベッドや柵・ガーデニング用品など、処分したい木材ゴミが溜まっている場合は注意が必要です。

木材ゴミは、放置しておくと腐敗してしまい、カビや虫の発生が置きてしまったり、場所を取ってしまったりとデメリットが多いです。

この記事では、要らなくなった木材ゴミを処分する際の方法・処分費用をご紹介します。

木材ゴミの処分に困っている方、処分費用の目安が知りたい方は、この記事を参考にしてみてください。

小さい木材ゴミの処分方法は?

小さい木材ゴミの処分方法は?

最初に、小さい木材ゴミの処分方法を紹介します。

粗大ゴミの指定サイズよりは小さかったり、ゴミ袋に入れられるサイズだったりは、小さい木材ゴミとして扱われる場合が多いです。

小さい木材は可燃ゴミとして出すことができる

ゴミ袋に入りそうな小さい木材は、可燃ゴミとして出すことができます。

自治体によって、回収できるサイズが異なるので事前にチェックする必要があります。

可燃ゴミなので、無料で出すことができ、時間やコストもかかりません。

自治体でまとめて小さい木材を回収してくれる

自治体に小さい木材を回収して貰う方法もあります。

可燃ゴミよりも量が多い場合は、自治体に回収して貰う方が効率が良いのでおすすめです。

しかし、小さい木材ゴミの量が多い場合は小さくても断られる場合があるので注意しましょう。

切り刻んで小さい木材ゴミにするのもOK

ゴミ袋に入らないサイズだけど、あまり量がないという場合はのこぎりで切り刻むことで小さい木材ゴミとして捨てることができます。

量が多い場合は時間がかかるので、大きい木材ゴミとして処分するのがおすすめですが、少量の場合はお金がかからず、捨てやすいので切り刻むのをおすすめします。

大きい木材ゴミの処分方法は?

大きい木材ゴミの処分方法は?

大きい木材ゴミと小さい木材ゴミとは、処分方法が異なるので捨てたいゴミの大きさを事前にチェックしておきましょう。

粗大ゴミとして捨てる

木材の状態によっては、腐っていたり、釘や金属が刺さっていたりする場合は回収して貰えない場合もあるので自治体の規則をチェックしましょう。

ゴミ処理センターにて処分してもらう

ゴミ処理センターでは木材ゴミも取り扱っているので、持ち込んで処分して貰うことができます。

処分費用は、木材の種類や大きさ・量によって異なります。

粗大ゴミ回収業者に回収してもらう

粗大ゴミ回収業者は自治体で粗大ゴミとして回収してもらえなかった木材でも回収して貰えるので便利です。

大量にある場合や、自分では木材ゴミを持ち運べなないという方にも粗大ゴミ回収業者は便利なのでおすすめです。

価格は1回あたりの価格なので、量が多いほどお得です。

 

木材ゴミを処分する際にかかる処分費用は?

木材ゴミを処分する際にかかる処分費用は?

実際に木材ゴミを処分する際にかかる処分費用について紹介します。

木材ゴミの大きさや量・地域・業者によって変わりますが、目安を知っておくと比較する際に便利です。

大きさや量によって変動する

木材ゴミの処分費用は、大きさや量によって変動します。

可燃ゴミに出す場合は、自治体にて価格表を出していることが多いので事前にチェックしておくと便利です。

自治体 リサイクルセンター 粗大ゴミ回収業者
再生木くず 1㎥あたり約1000円~ 1kgあたり約30円~ 1回あたり2000~5000円
他廃棄物との混合 1㎥あたり約10000円~ 1kgあたり約8000円~ 1回あたり2000~5000円

廃棄物が混ざっていない木材ゴミの場合は、どこで処分しても価格が安いですが他の廃棄物との混合の場合は処分費用が高くなります。

処分したい木材ゴミの量が多い場合や、大きさが大きい場合は粗大ゴミ回収業者を利用するのがおすすめです。

1㎥あたりや1kgあたりと単位が決められているのに対して、粗大ゴミ回収業者では1回の金額で計算されるのでコスパが良いです。

家具など大きくてバラしにくいという木材ゴミも引き取って貰えるのでおすすめです。

業者によって変わるので比較して決める

粗大ゴミ回収業者に頼む場合は、業者によって処分費用が大きく変動します。

相場を知っておくと比較ができるので、見積もりを出して貰って安い業者にお願いするようにしましょう。

基本料金から出張料や時間外費用など、細かい見積もりをチェックしておくと損をしないのでおすすめです。

 

木材ゴミを処分する際に気をつけること・注意点

木材ゴミを処分する際に気をつけること・注意点

ここでは、木材ゴミを実際に処分する際に気をつけたいこと・注意点を紹介します。

釘や金属を残している場合は取り除く

処分したい木材ゴミに釘や金属を残している場合は、事前に取り除いておく必要があります。

釘や金属が刺さっている場合は、他廃棄物との混合となり、処分費用が上がる場合もあります。

粗大ゴミ回収業者によっては、釘や金属が残っている場合でも回収してくれる場合があるので事前に相談しましょう。

燃やして処分するのは場所によっては法律違反になる

木材は、火を付けて処分をするという方もいますが燃やして処分をするのは場所によっては法律違反になります。

自宅の庭で火を付ける場合でも、火事や有害ガスの心配もあるので燃やして処分するのはやめましょう。

切って小さくする場合は怪我に気をつける

木材ゴミを小さく切り取って捨てる場合は、怪我に気をつけましょう。

紙のようにはさみで切ることは難しいので、のこぎりを使って小さくする必要があります。

軍手や安全靴など、怪我の予防をしっかり行って処分をしましょう。

 

木材を処分せずにリサイクルする方法もおすすめ

木材を処分せずにリサイクルする方法もおすすめ

まだ使えそうな木材ゴミの処分に迷っている場合は、処分をせずにリサイクルする方法もおすすめです。

家具や棚などのDIYに再利用する

タンスやベッドなどの家具や、棚などのDIYに木材を再利用する方法です。

木材で作る家具や棚は釘や金具などをつけると簡単に作ることができるので、再利用している方は多いです。

ただし腐っている木材の場合は虫が湧いたり、腐敗して怪我の原因になったりするので気をつけましょう。

家具として使う場合は、事前に虫対策をしておく必要があります。

買い取ってくれるリサイクルショップもある

木材の状態によっては、リサイクルショップにて買い取ってくれることもあります。

状態が良い場合は、事前にリサイクルショップにて価格がつくかどうかを確認しましょう。

必要としている方に譲渡する

木材を必要としている方に譲渡する方法もあります。

ネット上で無料で譲ることができるサービスがあったり、地元の情報誌で募集していたりと欲しい方に譲渡すると処分費用がかからないのでおすすめです。

まとめ

今回は、不要になった木材ゴミの処分方法や処分費用について紹介しました。

部屋の模様替えをする際や、腐ってしまった木材などいらなくなった木材は早めに処分をしないと害虫がわく原因にもなり、健康被害も出やすくなるため危険です。

処分する量が少ない場合は、可燃ゴミや自治体にお願いするのがおすすめですが量が多い場合は粗大ゴミ回収業者に頼むと簡単に木材ゴミの処分ができます。

 

「粗大ゴミ回収本舗」では、木材ゴミをはじめ、粗大ゴミ全般の回収を行ってくれます。

格安定額積み放題プランは、量が多くても安く引き取ってくれるので家電や家具など、要らないものを一緒に引き取ってくれるので大掃除をしたいという方にも便利です。

木材ゴミを処分する際に、見積もりをして欲しいという方はお気軽にご相談くださいませ。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA