この記事では、実家を片付けるポイントをまとめています。

主に「生前整理」と「遺品整理」の2種類があり、それぞれのポイントを解説します。これから、実家の片付けを行いたい方は必見の内容です。

また、片付けを行うメリットも解説します。ぜひ本文を参考にして、作業してみてください。

実家の片付けを行う方法は2種類ある

実家の片付けには「生前整理」と「遺品整理」があります。それぞれ片付けを行うタイミングが異なるので、概要を把握することが重要です。

こちらでは、生前整理と遺品整理の概要を解説しますので、参考にしてみてください。

生前整理

生前整理とは、死後のことを考えて生きているうちに、自分の財産や身辺の片付けを行うことです。生前整理を行わず亡くなった後は、自分で整理できないので、残された家族や友人などが片付けを行うことになります。荷物の量が多いほど、家族の負担が増えるでしょう。そのため、生きているうちに片付けを行うことで、残された家族の負担を減らせます。

また、生前整理では「亡くなった後の財産をどうするか」を明確にできます。財産を現金化したり、リストアップしたりすることで、相続争いの回避が可能です。

思い入れのあるものを片付けていくので、長い時間をかけながらじっくり行いましょう。

遺品整理

遺品整理とは、亡くなった方が生前に使用していたものを片付けることです。遺品には故人が日常生活で使っていたものや、財産などがあります。

遺品整理を行うタイミングは、以下のとおりです。

  • 四十九日後
  • 諸手続き後
  • 葬儀後
  • 相続後

また、遺品整理では遺品の片付けはもちろん、家の掃除・解体や不動産の売買などを行うケースもあります。非常にやることが多いので、スケジュールを組んで行ってみてください。

生前に実家の片付けを行う際の7つのポイント

生前に実家の片付けを行う際は、以下のようなポイントがあげられます。

  • 必ず親の許可を取ってから片付ける
  • 片付けた後の生活をイメージする
  • 必要なモノとそうでないモノを分ける
  • ある程度の期間で使用していない物を捨てる
  • 小さいスペースから片付ける
  • 疲れたら休憩をとる
  • 貴重品をまとめておく

順番に見ていきましょう。

必ず親の許可を取ってから片付ける

実家の片付けを行う際は、家の持ち主である親御さんの許可を取る必要があります。生まれ育った実家だからと言っても、住んでいるのは親御さんです。整理するのは自分のものではないので、必ず許可をとりましょう。

許可を取らずに片付けを行うと、トラブルにつながりかねません。さらに関係が悪化して、片付けを行えないことにつながります。実家の片付けを行うメリットを話しつつ、親御さんの許可を取ってから行ってみてください。

片付けた後の生活をイメージする

思い入れのあるものを整理するので、片付けに抵抗を感じることがあります。片付けた後の生活をイメージし、スムーズに作業できるようにするのが重要です。

また、子供の都合で捨ててしまうと、トラブルになる可能性があります。片付け後、どのような生活ができるか話し合ってみてください。

例えば、空いた部屋を趣味に使用したり、友人とゆっくりできる空間を作ったりがあります。親御さんに片付け後の生活イメージを持ってもらうことで、スムーズに行えるでしょう。

必要なモノとそうでないモノを分ける

生前の実家の片付けでは、思い入れがあってどうしても捨てられないものが出てきます。「必要なモノ」と「必要ないモノ」に分けると、スムーズな作業が可能です。必要なモノは家の中に置いて、そうでないモノは物置や納戸部屋などに収納できれば、スッキリした生活空間を作れます。

また、事前に仕分けができていると、遺品整理で迷わず片付けを行えます。必要ないモノを一気に捨てられるので、作業時間の短縮が可能です。

ある程度の期間で使用していない物を捨てる

実家にある荷物の中には、長期間使用していないものがあるでしょう。ある程度の期間を定めて、使用していないものを捨てていけば、効率よく片付けを行えます。長期間使っていないものは、今後も使用する可能性が低いです。

例えば「過去1年以内に使っていない」や「今後1年間は使う予定がない」などの基準があります。「いつか使うかもしれない」と思うかもしれませんが、期間を定めて整理してみてください。

小さいスペースから片付ける

まずは小さいスペースを決めて整理を始めましょう。実家は部屋数が多く、いきなり全部を片付けようとすると時間がかかります。さらに、荷物が乱雑な状態になってしまい、片付けが進めないことがあります。

小さいスペースであれば、それほど時間がかからず、比較的簡単に行えるのです。いきなり広い範囲ではなく、小さい範囲から片付けてみてください。

疲れたら休憩を入れる

実家の片付けは非常に時間がかかるので、疲れたら休憩を入れましょう。疲れた身体で重いモノを持ったり、高いところを乗ったりすると、怪我をする恐れがあります。怪我をすると片付けできなくなるので、余計に時間がかかってしまいます。初めから長期的な計画を立てて、休憩を入れながら行ってみてください。

貴重品をまとめておく

貴重品をまとめておくと、親御さんの財産を把握できます。まとめずバラバラに置いておくと、何かあった際に探す時間が増えて大変です。生前に貴重品をまとめることで、素早く財産を探し出せ。家族の負担を軽減できます

また、財産分与の際に貴重品が必要になるため、生前にまとめてみてください。

実家の片付けを行う4つのメリット

実家の片付けには、以下のようなメリットがあげられます。

  • 物を無くしづらくなる
  • 介護しやすい
  • 健康な生活を過ごせる
  • 近所とのトラブルを防げる

それぞれ参考にしてみてください。

物を失くしづらくなる

実家の片付けを行うと、物の整理ができるので、どこに何があるかを把握できます。そのため、物を失くしづらくなる効果があります。

また、荷物が散乱していると、緊急事態の際に必要なものを探せません。整理整頓することで、必要な物をすぐ探し出せるため、災害時に安全な避難が可能です。

介護しやすい

家の中に物が散乱していると、足の踏み場がないケースがあり、介護がしづらいです。バランスを崩しやすく、怪我をする恐れがあります。

また、介護しやすい家にリフォームする際は、工事の場所を確保しなければなりません。そのため、物の片付けが必要になります。片付けを行って整理整頓することが、快適な介護につながるでしょう。

健康な生活を過ごせる

家の片付けを行うと、カビや害虫の発生を抑えられ、健康的な生活を過ごせます。家の中が汚いと、カビや害虫が発生。カビを吸い込むと咳や発熱などの症状が出ます。さらに害虫も人体に影響を及ぼす可能性があります。

片付けをして家の中をきれいにすると、健康的な生活を過ごせるでしょう。

近所とのトラブルを防げる

荷物が多く敷地から出ていたり、不快な臭いがあったりすると、近所からクレームを受ける可能性があります。家の片付けを行えば、物が少なくなるので敷地から出ることはなくなります。

そのため、近所とのトラブルを防ぐことが可能です。

一度トラブルになるとモチベーションが低下し、途中で整理をやめることになりかねません。実家の片付けを行い、近所とのトラブルを回避しましょう。

実家の片付けが進まない場合は専門業者に依頼する

実家の片付けは範囲が広いので、中々進まない場合があります。その際は、自分で行わず専門業者に依頼するのがおすすめです。片付けのプロなので短時間で作業を終わらせられます。

さらに、仕分けや運搬などを全て任せられ、お客様で行う作業は少なくなります。実家の片付けが進まない場合は、専門業者への依頼を検討してみてください。

実家の片付けを依頼する際の費用

実家の片付けを依頼する際の費用相場は、以下のとおりです。

1R 30,000〜80,000円
1LDK 70,000〜200,000円
2LDK 120,000〜300,000円
3LDK〜 170,000円〜

費用は依頼する業者によって異なります。あくまで目安として、参考にしてみてください。

実家の片付けを依頼するなら粗大ゴミ回収本舗がおすすめ

実家の片付けは部屋数が多く、依頼費用が高額になりやすいです。業界最安値で定額パックプランを提供している、粗大ゴミ回収本舗への依頼がおすすめです。

定額パックプランは、定額の料金体系で、トラックにのせ放題になっています。片付ける物の数量制限はないため、大量のゴミを安く回収できます。

無料で見積りを発行できるので、お気軽にご相談ください。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA