ゴミ捨てをさぼっていたら、いつの間にか家がゴミ屋敷に!

家がゴミ屋敷になったまま放置していると、悪臭がしたり、害虫がわいたり、生活がしづらくなったりするため、すぐに片付けるのが懸命だと言えるでしょう。

今回はゴミ屋敷の片付けをしたいという方のために、もっとも簡単なゴミ屋敷の片付け方法について解説していきます。

自分で片付けるという方法もありますが、難しいと感じたら、業者に依頼することも検討してみましょう

ゴミ屋敷を片付けるための方法とは?

 

ゴミ屋敷の片付けをするにあたって、まず検討するのが、自分で片付けをすることではないでしょうか。

ここではゴミ屋敷を自分で片付ける場合の、大まかなステップについて一つずつ説明していきます。

ゴミ屋敷の片付けステップ①必要な物と不用品を分別する

まずは自宅に溢れかえった物を、必要な物と不要な物とに分別しましょう。

ゴミ屋敷の中には大量のゴミに混ざって、預金通帳や印鑑、貴重品など必要な物もあるはずです。

冷蔵庫や洗濯機といった家電品も、使用している物はとっておき、壊れている物やもう使わない物はリサイクルに出すようにしましょう。

おすすめなのは、捨てない物には手を付けず、捨てる物だけをゴミ袋や段ボールなどに詰めていく方法です。

この方法なら、必要な物を残したまま、効率的に部屋を片付けられます。

片付けを進めていくうちに、残すか捨てるか迷うような物も出てくるかもしれませんが、使わない物を大量に残しておいたらゴミ屋敷は片付きません。

迷ったら捨てるくらいの気持ちで片付けを進めたほうが、片付けが終わった後の部屋もすっきりします。

ゴミ屋敷の片付けステップ②不要品を分別してゴミに出す

必要な物と不用品を分別しながら、並行してやらなければならないのが、不用品の分別です。

ご存知のとおり、ゴミはなんでもそのまま出していいわけではなく、分別して出さなければなりません。

分別方法は住んでいる地域によっても違いますが、大まかに以下のように分別するよう決められています。

・燃えるゴミ
・燃えないゴミ
・プラスチックゴミ
・缶・ビン・ペットボトル
・古紙
・古布
・小さな金属類
・乾電池
・スプレー缶

これらのゴミは、各自治体で決められた曜日の朝に出さないと回収してもらえません。

そのためゴミ屋敷を片づける際には、あらかじめそれぞれのゴミを分別しながら片付けるといいでしょう。

ゴミ屋敷の片付けステップ③粗大ゴミを回収してもらう

燃えるゴミなど、先ほど挙げた一般ゴミは、回収日に回収してもらえますが、粗大ゴミはそういうわけにはいきません。

粗大ゴミを捨てる際は、市や区など住んでいる自治体に申し込みをして、粗大ゴミを回収してもらわなければなりません。

粗大ゴミの回収は、各自治体の「粗大ごみ受付センター」に電話やホームページから申し込めます

申し込みの際は、回収してもらいたい粗大ゴミの品目名や数量を伝え、回収料金と回収日を確認しましょう。

コンビニなどで回収料金分の「ごみ処理券」を購入し、処理券を粗大ゴミに貼り付け、回収日の朝に自宅の前、マンションや団地などに住んでいる場合は敷地入り口の前に出しておくことで回収してもらえます。

ただし粗大ゴミでも、以下の家電品は回収してもらえません。

・エアコン
・テレビ
・冷蔵庫
・冷凍庫
・洗濯機
・乾燥機

これらの品目は、家電リサイクル法によってリサイクルに出すことが決まっているため、粗大ごみ受付センターでは回収してもらえません。

エアコンやテレビなどの家電品は、購入した店か、買い替えをする店に回収してもらいましょう。

ゴミ屋敷の片付けを自分一人でやるのは難しい

ここまで自分でゴミ屋敷を片付ける方法について説明してきましたが、一人でやるのは難しいことだと言えます。

ここでは、ゴミ屋敷を一人で片付けるのが難しい理由について説明していきます。

ゴミ屋敷には不用品が多すぎて、一人で片付けるには時間がかかりすぎる

ゴミ屋敷と呼ばれるくらいですから、その家には当然、大量のゴミが溢れかえっているはずです。

足の踏み場もろくになかったり、ゴミが高い位置まで積み上がっていたり、自宅からゴミがはみ出していたりした場合、すべてのゴミを分別して整理するのは並大抵のことではありません。

特に一軒家など、自宅の面積が広ければ広いほど、ゴミの片付けには時間がかかります。

一人でゴミ屋敷を片付ける場合、片付けが終わるまでに何日もかかってしまうことは覚悟しなければなりません

仕事をしていないなど、時間がたくさんある人ならまだしも、仕事終わりや休日にゴミ屋敷を片付けるとなると、片付けが終わるまでに数ヶ月の時間がかかっても、おかしくありません。

ゴミ屋敷から出る粗大ゴミは回収に時間がかかる

ゴミ屋敷を片付けたいという人のなかには、なるべく早く家をきれいにしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし自分で片付けをする場合、これは現実的ではありません。

その理由は、先ほど説明した、ゴミ屋敷の片付けには時間がかかるということだけではありません。

その他にも、粗大ゴミの回収ルールが関係してくるのです。

先ほども説明したとおり、自宅から出た粗大ゴミを自治体に回収してもらう場合、回収日が来るまで待たなければなりません

回収日までの期間は自治体によっても多少異なるでしょうが、申し込みから回収までだいたい2週間くらいはかかります。

そのため少なくともその間は、ゴミ屋敷の粗大ゴミは捨てられないのです。

さらに回収してもらう粗大ゴミの量が多い場合、自治体によっては、複数回に回収を分けなければなりません。

粗大ゴミの量が多ければ多いほど、回収にも時間がかかってしまうのです。

粗大ゴミを自分で片付けるためには、自分で外まで運ばなければならない

粗大ゴミを自分で片付けるにあたっては、まだまだ問題があります。

先ほども説明したとおり、粗大ゴミを自治体に回収してもらうにあたっては、粗大ゴミを自宅の前、集合住宅に住んでいる場合は敷地の入り口まで運ばなければなりません

粗大ゴミのなかには、自分一人で運べないような重い物もあるはずです。

台車などを使えば可能かもしれませんが、団地のようなエレベーターのない場所の2階以上の部屋に住んでいる人は、一人で粗大ゴミを外に出すのは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

またなんとか粗大ゴミを外に出せるという人でも、重労働には変わりありません。

粗大ゴミが多ければ多いほど、やはり自分一人で片付けるのは至難の業と言えます。

ゴミ屋敷の片付けを複数人でする方法

ここまで読んだ方なら、自分一人でゴミ屋敷の片付けをするのが、どれだけ大変なことかわかったはずです。

ゴミ屋敷の片付けをするためには、どうしても人手が必要なのです。

ここではゴミ屋敷の片付けを複数人でする方法について、説明していきます。

ゴミ屋敷の片付けの手伝いを親族や友人に頼む

ゴミ屋敷の片付けを複数人でする一番簡単に思える方法は、親族や友人に手伝いを頼むことです。

この方法なら、片付けをするのにお金もかかりません。

しかし親族や友人に頼むのは、以下の理由であまりおすすめできません。

・ゴミ屋敷の片付けには、あまりにも時間がかかること
・ゴミ屋敷は悪臭がすること
・ゴミ屋敷にはゴキブリやハエなどが大量発生していること

先ほども説明したとおり、ゴミ屋敷の片付けには膨大な時間がかかります。

いくら親族や友人に協力してもらうとはいえ、1日や2日で終わらせられるようなものではありません。

1日や2日ならともかく、何日もゴミ屋敷の片付けに協力してくれる人は、なかなかいないのではないでしょうか。

またゴミ屋敷の片付けは、そこに住んでいる当人が想像する以上に過酷なものです。

住んでいる当人は慣れているため、なかなか気づかないかもしれませんが、ゴミ屋敷はひどい悪臭がします。

ひどい悪臭がする環境で、何時間も作業をするのは苦行以外の何物でもありません。

さらにゴミ屋敷には、ゴキブリやハエなどの虫が大量発生していることがほとんどです。

積んであるゴミを移動するたびに、こうした虫が現れるような環境で作業するのが平気だと言う人はほとんどいないでしょう。

このような理由から、ゴミ屋敷の片付けの手伝いを親族や友人に頼むのは、あまりおすすめできません

ゴミ屋敷の片付けを専門の業者に依頼する

ゴミ屋敷の片付けをするにあたって、ベストな方法は専門業者に依頼することです。

業者に依頼する場合、自分一人で片付けたり、親族や友人に手伝いを頼む場合と違って、料金がかかるのがデメリットです。

しかし自分で片付けをする場合、膨大な時間と手間がかかりますが、業者に依頼する場合、時間も手間もかかりません

不用品や粗大ゴミの回収、ゴミ屋敷の片付け業者である「粗大ゴミ回収本舗」では、お客様に時間も手間もかけず、他社よりも安い料金でゴミ屋敷の片付けをしています。

では次に、粗大ゴミ回収本舗にゴミ屋敷の片付けを頼むことのメリットについて紹介していきます。

ゴミ屋敷の片付けなら粗大ゴミ回収本舗へ

粗大ゴミ回収本舗では、ゴミ屋敷の片付け業務も行っています。

粗大ゴミ回収本舗なら、ゴミ屋敷の片付けをしてほしいという方の様々な要望に応えられます。

ここでは粗大ゴミ回収本舗が、ゴミ屋敷の片付けをしてほしいという方にとって、いかに役立つか説明していきましょう。

ゴミ屋敷から必要な物と不用品を分別してお片付け

先ほども説明したとおり、ゴミ屋敷を自分で片付ける場合、まず必要な物と不用品を分別しなければなりません。

粗大ゴミ回収本舗では、お客様の指示を聞きながら、部屋の中の物を必要な物と不用品とに分別していきます。

不用品を回収する際は、個人情報の保護にも配慮しているので、ご安心ください。

ゴミ屋敷の片付けはすべてスタッフが担当

粗大ゴミ回収本舗では、もちろんゴミ屋敷の片付けをすべてスタッフが担当します。

そのため、お客様は大変な片付け作業をする必要はありません。

当然スタッフはゴミ屋敷の片付けには慣れていますから、親族や友人にお願いするよりもずっとスムーズに作業が完了します。

ゴミ屋敷から出たゴミはすべて粗大ゴミ回収本舗が回収

自分でゴミ屋敷の片付けをする場合、ゴミを分別して、ゴミの日に出さなければなりません。

ゴミ屋敷から出るゴミはものすごい量になりますから、収集所に出すだけでも重労働になります。

しかし粗大ゴミ回収本舗では、ゴミ屋敷から出たゴミはすべて、スタッフがそのまま回収していきます。

また一人で外に運び出せない重さの粗大ゴミも回収していくので、家の中に使わなくなった粗大ゴミが多いという方もぜひご相談ください。

ゴミ屋敷から出た粗大ゴミも即日回収

先ほども説明したとおり、粗大ゴミ回収本舗では、粗大ゴミも含めて、家の中のゴミはすべてそのまま回収していきます。

そのため自治体の粗大ごみ回収センターに依頼する時のように、粗大ゴミの回収までの時間はかかりません

それどころか粗大ゴミ回収本舗では、お電話から最短30分で最寄りのスタッフがゴミ屋敷まで駆けつけます

到着後はその場で見積りをして、見積額に合意すれば、そのまま回収作業を始めることも可能です。

自分でやる場合、何日もかかってしまうゴミ屋敷の片付けも、粗大ゴミ回収本舗なら、その日のうちに作業を完了できます。

また見積額に合意できなかった場合も、出張費などの料金はかかりませんから、お気軽にご相談ください。

粗大ゴミ回収本舗にゴミ屋敷の片付けを依頼した時の料金は?

ここまでゴミ屋敷の片付けを粗大ゴミ回収本舗に依頼することのメリットについて説明してきましたが、肝心の料金はいくらくらいなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

いくら便利でも、料金が不透明だったり、高すぎるようなら依頼するのをためらってしまう方も多いはずです。

しかし粗大ゴミ回収本舗は明朗会計なうえ、他社よりも料金がお得になっているのでご安心ください。

ここでは、粗大ゴミ回収本舗の料金について紹介していきます。

ゴミ屋敷の片付けにうってつけの定額パックプラン!

粗大ゴミ回収本舗では、回収するゴミの量に応じて、以下のパックプランを用意しています。

・軽トラック載せ放題…15,000円
・1.5tトラック載せ放題…40,000円
・2tトラック載せ放題…60,000円
・4tトラック載せ放題…要相談

各パックプランには、ゴミの搬出作業費や車両費、出張費などが諸々含まれています。

ゴミ屋敷の片付けの際は、トラック載せ放題のパックプランのほうが安く済むため、お得です。

今ならゴミ屋敷の片付けが10,000円オフ!

粗大ゴミ回収本舗では現在、ゴミ屋敷の片付け料金が50,000円以上になったお客様限定で、料金が10,000円オフになるキャンペーンを実施しています。

ゴミ屋敷のゴミの量が多いというお客様はチャンスなので、ぜひ一度ご検討ください。

まとめ

ゴミ屋敷の片付けを自分でやるのは非常に時間がかかるうえ、大変です。

その点、業者に片付けを依頼すれば、自分で片付けをすることなく、即日で片付けが完了します。

粗大ゴミ回収本舗は定額のパックプランがあるため、ゴミが大量にあっても、比較的安価にゴミ屋敷の片付けが可能です

ゴミ屋敷の片付けをしてほしいという方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA