近年は老後などの将来に備えるために、アパートやマンションを購入し大家になるという方も増えています。

しかし、大家になるということは居住者とのトラブルは避けては通れないといえるでしょう。

なかでも、問題になっているのは貸している部屋がゴミ屋敷と化してしまっているケースです。

当記事では、賃貸物件がゴミ屋敷になるリスクやゴミ屋敷になってしまった場合に大家がとるべき対応の仕方を公開します。

最後まで読めば、役立つ内容ですのでぜひご一読ください。

賃貸物件がゴミ屋敷になる割合

賃貸物件がゴミ屋敷になる割合

賃貸物件がゴミ屋敷になる割合に関するハッキリとした数字はありません。

しかし、以下の理由からゴミ屋敷になってしまうことが予想されます。

  • 地域の分別のルールを居住者が理解していない
  • 居住者のご近所付き合いが希薄
  • 居住者が歳を重ねて認知症になってしまっている
  • 離婚や死別によってゴミ出しの仕方がわからない

理由に関しては上記にあげたことがほんの一例ですが、間違えなくゴミ屋敷になってしまうケースは増えているので大家は注意しなければなりません。

ゴミ屋敷を見つけた際の大家の適切な対応

ゴミ屋敷を見つけた際の大家の適切な対応

では、ゴミ屋敷になってしまっている賃貸物件を見つけた際に大家がとるべき適切な対応はどのようにすればよいのでしょうか。

仮に見つけたとしても、居住者の方が留守だったり、柄が悪い人だったりと対応に困っている大家も少なくはありません。

当項目では、大家がとるべき具体的な対応についてあげておりますので、確認しましょう。

入居者に初期段階で注意する

入居者に初期段階で注意することは大切です。

ゴミ屋敷にしてしまうことは借りている立場からすれば常識的にはあり得ないというのは誰の目からみてもあきらかです。

しかし、なかには事前にいわれていなかったと駄々をこねる入居者もいます。

入居の際にルールを明確にしておけば、入居者が違反をしてしまった際に即時に退居してもらうことも可能ですので、できる限り初期段階で注意するようにしましょう。

張り紙を貼って注意

張り紙を貼って注意するのも適切な対応のひとつです。

元来、張り紙とは注意喚起を促すための方法のひとつと考えられているため、ゴミ屋敷になってしまったケースではこの方法は適切といえます。

ただし、ゴミ屋敷かどうかの確認がとれている場合のみおこなってよい方法だということは把握しておかなければなりません。

その理由は、もし確認がとれていない段階で張り紙などで注意してしまうと名誉棄損などで訴えられてしまうこともあるからです。

内容証明郵便を送る

内容証明郵便を送るのも対応としては適切です。

近隣住民からの苦情がある場合、ゴミ屋敷になっていることが疑わしい場合に効果的な対応といえます。

なぜならば、内容証明郵便は前述であげている張り紙に比べて他人の目に触れられることがないため、名誉棄損にあたりにくいからです。

内容証明郵便の具体的な記載法としては以下の内容などを書くとよいです。

  • ゴミを撤去してほしい期限
  • 守られない場合の賃貸契約解除などの罰則内容

賃貸物件がゴミ屋敷になるリスク

賃貸物件がゴミ屋敷になるリスク

賃貸物件がゴミ屋敷になると大家にとっては様々な問題が出てきます。

放置しておけば、これを生業にしている大家にとっては重大な脅威となりかねません。

当項目では、入居者に貸している物件がゴミ屋敷になることで発生するリスクについて列挙し、具体的に紹介します。

アパートやマンションの場合は隣が空き家になる

ひとつ目のリスクはアパートやマンションの場合は隣が空き家になってしまうことです。

ゴミ屋敷だということが周囲からも目に見えて明らかだった場合は空き家になってしまうのはいうまでもありません。

悪臭や害虫の発生が嫌だという環境的な理由ももちろんありますが、人間の心理的に部屋をゴミ屋敷にしてしまうような住人の隣の部屋に住みたくないという心理的な理由もあります。

隣が空き家になってしまうということは、大家にとってはその分の家賃収入が減ってしまうことにつながりますので、重大な問題といえるでしょう。

一軒家の場合は近隣住民からクレーム

ふたつ目のリスクは一軒家の場合に近隣住民からクレームが入るということです。

賃貸物件とは何もアパートやマンションだけではなく、一軒家を貸しているという大家もいます。

一見すると集合住宅よりも周囲との距離が多少は離れている分問題がないようにみえるかもしれません。

しかしながら、大家がすべてを管理している集合住宅と比べ、一軒家の場合は近隣住民は大家とは赤の他人です。

仮にゴミ屋敷になっているのが居住者の問題だったとしても責任は大家にもあるということを自覚しなければなりません。

クレーム対応はもちろんのこと、悪評が広まればリスクだといえるでしょう。

火事などの原因になる

3つ目のリスクは火事などの原因になるということです。

物が多いことやホコリなどが多いことからゴミ屋敷は火事などの原因になりやすいというのは周知の事実です。

  • タバコの不始末
  • トラッキング火災
  • ストーブなどからの発火

住宅火災には様々な原因がありますが、燃えるものが多いということは大きな火災になる可能性も十分に高いといえます。

現に全国的にみればゴミ屋敷が大きな火災になった例はいくつかあるので、大変危険だといえます。

また、ゴミ屋敷であることが明らかな場合は放火の対象になりやすいというのも理解しておかなければなりません。

放火犯の心理としては、放火直後の緊張に快感を覚えるという犯人が少なくはありません。

より燃えやすいゴミ屋敷を放火の対象に選ぶというのは十分にあり得るのです。

害虫がわきやすくなる

4つ目のリスクは害虫がわきやすくなるということです。

害虫は環境的に以下の場所を好むとされます。

  • 隠れる場所が多い
  • 食べ物が多い
  • 不衛生
  • 繁殖がしやすい

ゴミ屋敷は害虫が過ごすのに適切な場所といえるため、害虫のパラダイスと化してしまう可能性は否定できません。

ゴキブリはもちろんのこと、ゴキブリを餌にするクモや汚いところが好きなハエなどあげるとキリがないほど発生してしまいます。

また、汚いというだけでなく建物そのものを崩壊させてしまう恐れのあるシロアリの発生も脅威です。

悪臭がしてしまう

5つ目のリスクは悪臭がしてしまうことです。

ゴミ屋敷には生ゴミや腐敗ゴミ、カビやネズミの糞尿など汚いものが入り混じった悪臭が発生します。

悪臭は周囲の人間の生活の質を下げるだけでなく、病気やストレスを引き起こしたりもします。

もちろん近隣住民からのクレームや誰も寄り付かないという事態になりかねませんので、大家にとっては大問題といえるでしょう。

賃貸物件のゴミ屋敷清掃は業者がおすすめ

賃貸物件のゴミ屋敷清掃は業者がおすすめ

賃貸物件がゴミ屋敷になってしまった場合、大家が独自で清掃するには既に手遅れというほどの状態になっていることも少なくはありません。

そんなときに頼りになるのがゴミ屋敷清掃業者の存在です。

当項目では、ゴミ屋敷の清掃に慣れている頼りになる業者を厳選して3社紹介します。

粗大ゴミ回収本舗

粗大ゴミ回収本舗
https://sodaigomi-kaishu.com/

ゴミ屋敷の片付けをしたい際に頼りになるのが粗大ゴミ回収本舗です。

粗大ゴミ回収本舗にはゴミ屋敷の片付けを専門とするプロが在籍しており、他社に比べ安価且つスピーディーな片付けが可能です。

また、片付けの際に出た不用品などを廃棄する際に個人情報などをきちんと保護してもらえますし、事前に分別をしておかなくても顧客にとって大切なものと不用品を分別してもらえます。

さらに立ち合い不要かつ、ハウスクリーニングもしてもらえますので完全お任せでゴミ屋敷の片付けができるのが最大のメリットといえるでしょう。

店舗名 粗大ゴミ回収本舗
おすすめポイント ゴミ屋敷片付けのプロが在籍!顧客至上主義の優良業者
サービス内容
  • 粗大ゴミ・不用品処分
  • 引越しに伴う粗大ゴミ回収
  • ハウスクリーニング
  • ゴミ屋敷の片付け
  • 片付け・掃除の手伝い
  • 遺品整理
料金目安 <のせ放題プラン>

  • 軽トラックのせ放題(1K程度):14,800円
  • 1.5tトラックのせ放題(1DK程度):34,800円
  • 2tトラックのせ放題(2DK程度):54,800円
  • 4tトラックのせ放題(2DK以上):応相談
受付時間 8:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川
キャンペーン情報
  • WEBからの申し込みで2,000円値引き
  • 2回目以降の利用で15%値引き
  • 2022年6月までゴミ屋敷作業料金50,000円以上の方10000円引き

ゴミ屋敷バスター七福神

ゴミ屋敷バスター七福神
https://777fukujin.com/

ゴミ屋敷バスター七福神はその名のとおり、ゴミ屋敷の片付けに特化した専門業者です。

そのため、片付けや掃除のプロが多数在籍しており、もくもくと作業してくれます。

また、深夜料金や特急料金などを一切取りませんので、急ぎの場合やどうしても深夜に片付けてもらいたい場合などにも頼りになります。

最大のメリットといえるでしょう。

店舗名 ゴミ屋敷バスター七福神
おすすめポイント 清掃や片付け専門!深夜帯の片付けもお任せ
サービス内容
  • 粗大ゴミ・不用品処分
  • ハウスクリーニング
  • ゴミ屋敷の片付け
  • 片付け・掃除の手伝い
  • 遺品整理
  • お墓の清掃
料金目安 <のせ放題プラン>

  • 軽トラプラン 19,800円~
  • ハイエース1tトラックプラン 79,800円~
受付時間 9:00~20:00(年中無休)
対応エリア 関東全域、関西全域、東海地方
キャンペーン情報 ウェブ割引で10パーセントオフ

遺品整理プログレス

遺品整理プログレス
https://www.ihinseiri-progress.com/

遺品整理のプログレスは遺品整理専門業者というわけではなく、ゴミ屋敷の片付けを得意としている業者のひとつです。

もともと遺品整理を主にしていることから特殊清掃をはじめとし、リフォームなどの工事もお任せできるため、大家にとっては次の居住者に綺麗な部屋を提供する手助けになることは間違えありません。

また、24時間365日対応が可能ということでゴミ屋敷の片付けを思い立ったらすぐに対処できるというのも大きな魅力のひとつといえるでしょう。

料金プランに関しては先に紹介した2社とは異なり、部屋の大きさと作業時間単位で発生します。

店舗名 遺品整理プログレス
おすすめポイント 清掃とリフォームのプロだから大家にとっても強い味方
サービス内容
  • 粗大ゴミ・不用品処分
  • ハウスクリーニング
  • ゴミ屋敷の片付け
  • 片付け・掃除の手伝い
  • 遺品整理
料金目安
  • 1k 1~2時間 30,000円
  • 1ldk 2~3時間 63,000円
  • 2ldk 3~5時間 96,000円
  • 3ldk 4~6時間 15Ⅰ,000円~
  • 4ldk 5~7時間 195,000円~
受付時間 24時間365日
対応エリア 東京をはじめとする36都道府県
キャンペーン情報 特になし

まとめ

まとめ

賃貸物件を貸し出している大家さんには居住者によってゴミ屋敷にされてしまうなどトラブルはつきません。

ゴミ屋敷は、入居者はもちろんのこと近隣住人とのトラブルになりかねませんので即刻対処しなければならないでしょう。

ゴミ屋敷でお困りの場合は粗大ゴミ回収本舗にご一報いただければ、即時片付けさせていただきます。

些細なことでも、見積もりの際にご相談いただければ対応させていただきますので、ぜひ粗大ゴミ回収本舗にお任せください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA