人生はいつか終わるもの。

そんなことはわかっていたとしても、終活をしていない方というのは意外と多いです。

特にお年寄りの中には、生涯の伴侶に先立たれた結果、荒れた生活を送ってしまっていたという方もなかにはいます。

普段から荒れた生活を送っていると気付いたときには家中がゴミで溢れていたなどというケースもあります。

「いつかは片付けなければいけない」

「誰かがやってくれるわけではない」

そのように思っていても、なかなかその一歩が踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

当記事では

  • 現在既にゴミ屋敷になってしまっている方
  • 親や親戚が亡くなって後始末に追われている方

などに役立つ情報をお届けしようと思います。

最後まで読んでいただければ、きっとあなたの悩みが解決しますので、ぜひご一読ください!

なぜゴミ屋敷になってしまうのか

「気づいたときにはゴミ屋敷」といいますが、なぜゴミ屋敷になってしまうのでしょうか。

ここでは、その理由をよくあるケースを例にあげて紹介します。

片付ける気が起きない

ひとつめの理由としてあげられるのが、片づける気が起きないということです。

片付ける気が起きないなどというのは甘えのようにも思えますが、実際片づけをするには、労力がかかりますし、心身に大きな負担がかかるということも珍しくはありません。

もともと、掃除をするのが苦手という人もいます。

習慣化していれば、そもそも散らかることもありませんが、こうした気力がないというのは元来その人がもっえちる性格にもよるかもしれませんね。

掃除をしていた家族に先立たれた

ふたつめの理由は、掃除をしていた家族に先立たれたです。

その家の掃除をする人間というのは、特定の人に限られる場合が多いです。

独身ならば自分でするのが普通ですが、既婚者の場合は奥さんなどがする場合が多いのではないでしょうか。

掃除を含む家事を特定の家族に任せていたという家は、その方が亡くなると散らかりやすい傾向にあります。

掃除を人任せにした結果、掃除の仕方がわからなくなったり、家族が亡くなったショックで掃除が手につかないといったケースもあるかもしれませんね。

散らかっているのが気にならない性格

3つ目の理由は、散らかっているのが気にならない性格だということです。

散らかっていることが気にならない性格という方もいます。

世の中には、むしろゴミに囲まれている方が幸せという方もいるそうです。

しかし、自分自身は良くても、周囲の住民からすれば迷惑なことはいうまでもありません。

なんでもとっておくもったいない気質

4つめの理由は、なんでもとっておくもったいない気質ということです。

確かに、多くのものにはそれなりの価値があります。

たとえ使わないとわかっていても、なかなか捨てられないという方もいます。

しかし、ペットボトルの空き容器などをとっておくというのは少々行き過ぎているかもしれません。

それに、ものはとっておけばとっておくほど溜まり続けます。

家のスペースが無限にあるのなら、それでも構いませんが、許容量を超えればゴミは家の外にまで溢れ出すでしょう。

実は、ゴミ屋敷になりがちの人にはこのような気質があるのです。

 

遺品整理も実は社会問題

少子高齢化社会の現代では、遺品整理というのもひとつの問題になっています。

同居する親族がおらず、一人暮らしをしているお年寄りというのも多くいるのです。

そんなお年寄りが亡くなった際は、残された片付けは遠い親族になるケースも珍しくはありません。

もしかしたら、その片付けがあなたに回ってくることもあるでしょう。

では、遺品整理はどのように行ったらよいのでしょうか?

以下に具体例をあげて紹介します。

売れるものは買い取ってもらう

最初にすべきことは、売れるものとそうでないものを分別することです。

ゴミ屋敷といえども、まだまだ使えるものや、そもそも価値のあるものが埋もれている場合もあります。

こうしたものを気にせず一括で処分するのは、もったいないかもしれません。

買取は以下の方法で行いましょう。

  • 自分で分別してリサイクルショップなどに持ち込む
  • リサイクルショップなどに電話をしてきてもらう
  • ネットオークションやフリマアプリを活用
  • ゴミ回収業者のなかでも、買取に対応しているサービスに依頼する

形見分けも重要

形見分けも重要です。

形見分けは一般的には、四十九日を目安に行うのがよいとされています。

親族や友人などを集めて行うようにしましょう。

この際のポイントは、資産価値のないものを分けるということです。

形見分けをすることで、少しは片付くかもしれません。

貴重品以外は3つに分類

貴重品以外は以下の3つに分類することが大切です。

  1. 残すもの
  2. 捨てるもの
  3. 保留するもの

これらを事前にわけておくことで、スムーズにゴミ屋敷の遺品整理をすることができます。

ゴミ屋敷を片付ける極意

遺品整理も含め、ゴミ屋敷の片付けには相当な労力を要します。

無計画のうちにはじめてしまうと、何をどうしたら良いのかわからなくなり、途方に暮れる結果になることもあるかもしれません。

そこでこの項目では、あなたがゴミ屋敷をする際に迷わないためにその手順やとっておきの極意を紹介したいと思います。

極意その① 残すものに順位をつける

ゴミの片づけをしていると、あれも捨てたくない、これも捨てたくないとなってしまうこともあります。

そこで、残すものに順位をつけておくという方法をとるのも良いかもしれません。

例えば、土地の権利書や預金通帳、印鑑、銀行のカードなどといったものは、もっとも大切です。

また、今後も使う予定のある家電製品なども、生活必需品となりますのでチェックしておきましょう。

この際に、壊れてしまったものや、汚れてしまったものなど今後は使わないものは積極的に低い順位をつけましょう。

直せば使えるかもしれませんし、洗えば使えるかもしれません。

しかし、すぐに直すわけではないですし、洗うわけでもありませんよね。

ならば、いっそ捨ててしまうことにするのが無難です。

極意② ゴミ袋や段ボール箱を用意する

ゴミを分別して片付けるには、複数のゴミ袋や段ボール箱が必要です。

事前に用意するようにしましょう。

しかし、使わない量をあらかじめ用意しても、かえってゴミになってしまう場合もあるので注意してください。

ゴミは以下のように分類します。

  • 燃えるゴミ
  • 燃えないゴミ
  • 粗大ゴミ
  • ペットボトルやビン
  • 古着

これらをきちんと分けておくことで、あとで処分しやすくなるので、段ボール箱にゴミの種類をマジックなどで記しておくと良いかもしれませんね。

極意③ どこから片付けるか決めておく

どこから片付けるか決めておくことは大切です。

家の中には、さまざまな部屋がありますが、いっぺんに片付けることはできません。

片付ける部屋に優先順位をつけて、計画性のある片づけを目指しましょう。

どこから片付けてよいかわからない人は以下の順番で片付けることがおすすめです。

  1. 玄関
  2. リビング
  3. 各部屋
  4. トイレ
  5. 台所
  6. 洗面所

家を片付ける際、ほとんどの方は自分が普段生活している部屋から片付けようとする人が多いです。

しかし、実をいうと生活環境から遠いところから片付けるほうがうまくいきます。

1番にあげている玄関ですが、これにはきちんとした理由があります。

玄関をあらかじめ片付けておけば、玄関から外にものを出すことができます。

ゴミがたまってしまったゴミ屋敷では、片付けができないほどゴミの量が多くなってしまっていることも珍しくはありません。

同じ理由で、外にゴミを出すことのできる窓回りなども、事前に片付けておくのがコツです。

極意④ 捨て方は事前に調べておく

ゴミの捨て方は事前に調べておくことが大切です。

ゴミを捨てる曜日などを調べておくことは当然のことですが、ゴミの中には当然捨て方が特殊なものもあります。

たとえば、粗大ゴミがいい例です。

粗大ごみのなかには、粗大ゴミとして捨てて良いものと、処分費を払わなければならないものもあります。

細かくすれば捨てられるものもありますが、細かくしても捨てられないものもあるので注意しましょう。

極意⑤ 足場は確保

片付ける際には足場の確保は大切です。

そもそも足場がなければ、片付けはできません。

ゴミにつまづいてケガをしてしまっては、元も子もありませんよね。

とりあえず、今自分が立っている場所の周囲から片付けるとよいでしょう。

極意⑥ 大きいものを優先に

大きいものを優先的に片付けるのは良い作戦です。

その理由は、大きいものは部屋のスペースを狭くしている要因になっているからです。

たとえば大型のテレビやベッド、布団やソファーなどがこれに該当します。

また、大きいものは捨てるか捨てないかの判断がしやすいという傾向があります。

何を先に片付けたらよいか迷ったら、大きいものから考えてみましょう。

まとめ

ゴミ屋敷の片づけは個人でやるととても大変です。

大量の不用品を処分する場合は、自治体に依頼するよりも回収業者に依頼するのがおすすめです。

粗大ごみ回収本舗では、用途に合わせた積み放題プランがあります。

軽トラック積み放題プランの他にも、1.5tトラックや2tトラックの積み放題プランもあります。

プランの種類 利用料金 参考間取り
軽トラック乗せ放題プラン 14,800円 1k
1.5tトラック乗せ放題プラン 34,800円 1DK
2tトラック乗せ放題プラン 54,000円 2DK
4tトラック乗せ放題プラン 相談により決定 3DK以上

 

粗大ゴミ回収本舗の料金ページ

粗大ゴミ回収本舗では、基本料金や車両費、作業員追加料金は無料です。

webサイト限定の2000円割引や、2回目以降のお客様は15%OFFなどお得なクーポンもあります。

また、料金の割引相談にも気軽にお応えするので、ぜひ一度ご相談ください!

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA