つい片付けをさぼって放置していたら足の踏み場がなくなってしまった、ものを捨てることができずゴミ屋敷と化してしまったという事例は、実際によくある問題です。気がついたときには部屋がゴミだらけになってしまうという悩みを抱えている人は、まずゴミ屋敷になってしまう原因を調べてみましょう。その上で、効率よく片付けられる方法を見つけ、実践することで部屋がきれいに片付いていくでしょう。

なぜゴミ屋敷になってしまう?考えられる原因4つ

ゴミ屋敷になってしまってなかなか家の中を片付けることができないと悩んでいる場合、その原因には以下のような点が挙げられます。

1 物が捨てられない
ゴミ屋敷になってしまうということは、いらないものもそのまま溜め込んでしまっているという状態です。もう必要のないものなのになかなか捨てられない、まだ使うかもしれないなどと思い、そのまま置いておくことでどんどん物が溜まっていってしまいます。
もったいないという思いがあることから、他の人にとっては必要のないものに見えてもなかなか捨てられないという悪循環に陥ってしまいます。その結果、ゴミがどんどん溜まっていき、どこから手をつけたら良いかわからなくなってしまうのです。

2 買い物依存性
ゴミ屋敷になってしまう原因の2つ目として、買い物依存性が挙げられます。買い物は日々のストレス発散にもなり、新しいものに買い換えることで気持ちが豊かになるでしょう。しかし、買ったものをそのまま使わずに放置していたり、必要のない物までを買ってしまうという買い物依存性になってしまうと、ゴミ屋敷への道を辿ることとなります。
物を買うばかりで捨てずにいると、当然物が溜まっていきます。だんだんと一人で片付けるのが困難になり、ゴミ屋敷へとなってしまいます。

3 収集癖がある
気がついたらゴミが溜まってしまうという場合、収集癖があることも原因として考えられます。何か特定のものを集めてコレクションにするという状態から、物を集めすぎて片付けられないという事態を招く恐れがあります。コレクションのつもりが、だんだんとエスカレートして収集癖がひどくなってしまうことがあるのです。
特定のものを本気で集めようとしている中で、気がついたら必要のないものまで集めてしまっていることがあるため、ゴミ屋敷へとなってしまう恐れが出てくるのです。

4 孤独を紛らわすため
ゴミ屋敷となってしまう主な原因は、ゴミを捨てずに溜め込んでいることにあります。しかし、原因の1つに孤独を紛らわすためという点も挙げられます。特に、実家から離れて暮らす一人暮らしの女性に多いと言われています。
物に囲まれていることで安心感を得ることができ、孤独を紛らわすために物が増えていくという流れになっているのです。

ゴミ屋敷をそのままにしておくことで生じるトラブル

ゴミ屋敷をそのまま放置していると、自分だけでなく周りにも迷惑をかけてしまいます。そこで、ゴミ屋敷から生じるトラブルについても知っておく必要があります。

1 悪臭を発生させる要因に
ゴミ屋敷になると、家具などの粗大ゴミだけでなく、食べ物などのゴミも溜まっていく恐れがあります。食べ物のゴミや容器などがそのままゴミの底に隠れてしまい放置されることで、悪臭の原因になります。
家の中に悪臭が広がるだけでなく、家の外にも悪臭が漏れていってしまいます。その結果、近隣住民に不快感を与えることになります。生ゴミのような、腐敗臭のような、何とも言えない臭いが充満し、近隣住民も困ってしまいます。悪臭は住民とのトラブルに発展する可能性が非常に高いため、ゴミ屋敷を放置するのは危険なのです。

2 景観を損なう
家の中にあるゴミが家の外にまで溢れてくるようになると、見るからにゴミだらけの家ということで景観を損なうというトラブルが生じます。住宅街の中にゴミが溢れている家があると、歩いている人たちも嫌な気分になるでしょう。特にゴミ屋敷の隣や向かいの家にとっては、窓を開けるとゴミが見えるという状態になるため、ストレスが溜まってしまいます。

3 害虫が発生する確率が高まる
ゴミ屋敷のまま放置していると、悪臭だけでなく害虫が発生する確率も高まります。特に、生ゴミなどの腐敗物に発生するハエの問題が深刻です。さらに、ゴミ屋敷のような環境を好むゴキブリも住み着く恐れがあります。生命力が非常に強いハエやゴキブリは、いつの間にか増えてしまうので注意が必要です。
害虫が発生すると、ゴミ屋敷となっている場所だけでなく、近隣の住宅にも害虫が移って住み着く可能性が出てくるため、早めの対策が肝心です。

4 火災が起きる可能性も
ゴミ屋敷のトラブルといえば、害虫や悪臭といった点が特徴的のように思われますが、火災が起きる可能性も出てきます。いろんな物が積まれて溢れている状態では、電化製品がショートしたり、ライターが中に埋もれていることで火災が発生してしまう恐れがあります。
火災が起きると、現場となっている家だけでなく周りの家にも火が燃え移る可能性が出てくるため、大きな被害をもたらします。ゴミ屋敷をそのままにしておくと、火災が起きる可能性も高まるということを理解しておく必要があります。

ゴミ屋敷を効率よく片付けるポイント

ゴミ屋敷はひどい状況になる前に片付けておきたいところですが、何から手をつけたら良いかわからないと悩んでいる人も多いでしょう。そこで、ゴミ屋敷を効率よく片付けるポイントについて紹介しましょう。

1 必要なものと不要なものを区別しよう
ゴミ屋敷をきれいに片付けていくためにまず大事なことは、必要なものと不要なものをしっかり区別することです。部屋に溢れているものを見ると、全てが必要なものに見えてきたり、その反対に全部ゴミのように思えてくることがあります。
これらの区別をしっかり行なうことで、ゴミ屋敷をすっきりきれいに片付けることができます。必ず必要なものから分けていくことで、徐々に不要なものが見えてきます。たとえば、印鑑や通帳、カードなどはすべて必要なものになりますし、テレビや電子レンジ、洗濯機や冷蔵庫といった家電も生活において欠かせません。このように順位をつけて必要なものから分けてみましょう。部屋を見渡して絶対に必要なものから分けていくことで、もう必要のなくなったものも出てきます。

2 ゴミ袋やダンボールを用意しておくと処分に便利
必要なものと不要なものが見えてきたところで、不要と判断できるものはどんどん処分していきましょう。その際に、ゴミの分別を行いながら処分をしていくと、後が楽です。ゴミ袋やダンボールを用意しておいて、分別しながら分けていってみましょう。燃えるゴミは指定のゴミ袋に、粗大ゴミや燃えないゴミはダンボールに入れると決めて仕分けをしていくと、片付けがはかどります。

3 どの部屋から片付けるかを決めておくのも大事
ゴミ屋敷になっている場合、家中のどの部屋もゴミで溢れているというケースが多いです。そこで、どの部屋から片付けるのかという順位をしっかり決めておきましょう。ポイントは、生活の場となる部分からきれいにしていくことです。
リビングや寝室、お風呂、トイレといった場所から片付けることで、徐々に元の生活に近づいていきます。きれいに片付いてくると掃除にもやる気が出てくるでしょうし、生活しやすくなることから快適さも感じられるでしょう。ひとまず、生活に必要な部屋から片付けると決めて、掃除に取り掛かりましょう。

4 売れそうなものはリサイクルショップやオークションを利用しよう
ゴミ屋敷の片付けをしていると、ブランドものや一度も使っていない未開封のものなど、まだまだきれいな品が出てくることもあります。捨てるのはもったいない、でも自分が使うことはないだろうというときは、近くのリサイクルショップやオークションを利用して売ってみましょう。
捨てるだけかなと思っていたものが高く売れたり、次の人に使ってもらえるということで、片付けをしてよかったと思えるでしょう。

5 大きなものから片付けていくと部屋がすっきりする
ゴミ屋敷を見ると、一体どこから手をつければ良いかわからないと困り果ててしまうでしょう。そこで、必要なものと不要なものを区別しながら、大きなものから仕分けをしてみましょう。
たとえば、家電や家具、布団などで不要なものはないかを調べます。もう使わないというものがあれば、順に外に出していくことができます。そうして大きなものから整理することで、足元が歩きやすくなり、片付けがしやすくなります。
一方で、手紙や書類などの小物は片付けがしにくい部類に入るので、大きなものが片付いた後にゆっくり見ていくと良いでしょう。さらに、大きな家電などから処分していくと気分もすっきりするので、より気合いをいれてゴミ屋敷を片付けることができます。

6 床に散らかっているものを片付けると掃除がしやすくなる
大きなもののチェックを行ないながら、床に散らかっているものも同時に見ていくことで、ゴミ屋敷の片付けが効率よくできるようになります。床を歩けるようにしていくだけでも、奥にある物にたどり着けるので片付けが進みます。押入れやクローゼットに入っているものは後回しにして、まずは床に散らばっているものからきれいに片付けていきましょう。
床に置いてあるものの中には、すぐに不要と判断できるものもあります。そういったものからどんどん処分していくことで、床が見えて歩きやすくなり、今まで放置していた奥の部分にある物の片付けにも取り掛かることができます。

ゴミ屋敷の片付けは状況を見ながら優先順位をつけて行なおう

ゴミ屋敷の片付けは、優先順位をつけながらより効率よく行なうのがポイントになります。まずは、どの部屋から片付けるべきかということについて、生活に必要な場所から片付けてみましょう。次に、大きなものから片付ける、床が歩けるようになる状態にするといった点に取り掛かると、効率よく片付けることができます。
そして、あらかじめゴミ袋やダンボールなどを用意しておくと、不用品が出てきたときにも手軽に捨てることができます。ゴミ屋敷の現状を知った上で、順位を決めながら片付けを行なうとすっきりした部屋に戻すことができるでしょう。

粗大ゴミ回収本舗へお任せください。

 

粗大ゴミ回収本舗ではお客様のご要望に合わせた最適なプランでご利用が可能です。

お電話での簡単見積りも可能ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA