作業員待機中

06時53分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

孤独死現場のゴミ屋敷片付け相談先!特殊清掃が必要なケースも視野に

  • ゴミ屋敷の片付け

2024.05.30

2024.06.04

本記事では、ゴミ屋敷で孤独死が発生した際の適切な対処法や、片付け依頼先について解説しています。

孤独死が発生したゴミ屋敷では、特殊清掃など通常のゴミ屋敷片付けと異なる作業や処理を必要とする場合もあります。

どのような準備や対処が必要なのか、どのような業者に相談すれば安心なのかについても解説していますので参考にしてください。

top transition banner

ゴミ屋敷は孤独死が発生するリスクが高い

ゴミ屋敷は孤独死が発生するリスクが高い

ゴミ屋敷は、単に生活環境が劣悪であるだけでなく、孤独死のリスクも高くなります。

以下の点から、ゴミ屋敷での孤独死が起こりやすい理由がわかります。

  • 転倒や火災のリスクが高い
  • 生活習慣病のリスクが高い
  • 社会的孤立が進行する
  • 支援を求められない・求めにくい
  • 異臭や害虫の発生で発見が遅れる

たとえばゴミ屋敷ではゴミが散乱しているため、つまずいて転倒したり、出火の危険性が高くなります。

特に高齢者の場合、転倒による骨折などで動けなくなり、救助を求められずに孤独死に至る可能性があります。

またゴミ屋敷では適切な食生活が送れず不衛生な環境下にもあるため、生活習慣病を発症しやすくなります。

病気が重症化しても、周りに助けを求められずに孤独死してしまう恐れもあるのです。

 

ゴミ屋敷の住人は、経済的な理由や精神的な問題から、自ら支援を求めることができません。

そのため、適切な介護サービスを受けられずに孤独死に至るケースがあります。

ゴミ屋敷で孤独死が発生した場合の問題点

ゴミ屋敷で孤独死が発生した場合の問題点

ゴミ屋敷で孤独死が発生した場合、遺体の腐敗による衛生問題や、ゴミの中から遺体を発見する難しさなど、さまざまな問題が生じます。

亡くなったことに気づいてもらいにくい

ゴミ屋敷で暮らしている人は日ごろから周囲から孤立しがちなため、孤独死に気づかれないままとなってしまうケースはとても多いです。

またゴミ屋敷であること自体、異臭や害虫が発生しやすい環境にあるため、死臭とゴミ由来の臭いの区別がつきにくいといった問題もあります。

このような背景から、孤独死が起きても周囲から気づかれにくく、さらに発見が遅れてしまうこともあるのです。

日時が経過することで二次的な汚染が広がる

ゴミの山の中に遺体が放置されることで腐敗が進行し、悪臭や害虫の発生などの衛生上の問題が深刻化します。

遺体から出る体液がゴミに浸透し、二次的な汚染が広がる可能性もあります。

また、ゴミ屋敷では部屋の中が見えにくく、遺体の発見が遅れがちです。

発見が遅れれば遅れるほど、特殊な清掃が必要となります。

特殊清掃が必要な場合は費用がかさむ

ゴミ屋敷で孤独死が発生した場合、遺体の腐乱や排泄物の放置などにより、特殊な清掃が必要となることがあります。

遺体の腐乱に伴う死臭や汚物の除去には、専門的な知識と設備が必要です。

このような特殊清掃を行う業者に依頼すると、通常の清掃に比べて高額な費用がかかる可能性があります。

またゴミの量が多ければ多いほど、作業時間が長くなり人でも必要とすることから、費用も高くなる傾向にあります。

 

単なる清掃では原状回復がむずかしく、解体作業が必要になる場合には、さらに費用が嵩むことになります。

したがって、孤独死が発生したゴミ屋敷の片付けでは、通常の不用品回収よりも高額な費用がかかってしまうのです。

孤独死が起きたゴミ屋敷の片付けは特殊清掃業者に相談

孤独死が起きたゴミ屋敷の片付けは特殊清掃業者に相談

孤独死が発生したゴミ屋敷の片付けは一般の不用品回収業者や片付け業者ではなく、特殊清掃が行える業者に依頼するのがおすすめです。

専門的な対応が必要となるケースがあり、一般の不用品回収や片付け業者では対応が難しい場合があるためです。

 

一般の片付け業者ではなく、特殊清掃業者に依頼すべき理由を解説します。

孤独死現場では一般業者では対応できない作業内容が発生する

たとえば孤独死現場では、一般的なゴミ屋敷片付けでは起こりえない特殊な状況が発生するケースが多々あります。

その最たるものが、ご遺体から出た体液や血液の除去作業です。

 

孤独死現場においては、亡くなった後、日数が経過したことで床や壁に体液などが染み込んでしまっていることが多いです。

特殊清掃業者では防護服などを着用し、感染症リスクなどに配慮しながら、専用の薬剤などを使用して汚れの除去作業を行います。

こうした作業には、経験や機材などを必要とするため、一般の業者よりも専門の特殊清掃業者に依頼した方が確実なのです。

専門性の高い知識や技術・機材を必要とする

孤独死が発生したゴミ屋敷の片付けは一般的な掃除とは異なり、専門的な知識と技術、そして特殊な機材を必要とします。

遺体の痕跡や体液の処理、消毒作業など、素人や一般の清掃員では適切に対処できない場合があります。

また、片付けや清掃の際は感染症のリスクもあるため、防護服や手袋、マスクなどの着用も欠かせません。

脱臭や消臭には、専門性の高い薬剤やオゾン脱臭機などの機器を必要とする場合もあるのです。

 

このような状況に対応するには、経験豊富な特殊清掃業者に依頼することが最善の選択肢と言えるでしょう。

プロの手によって、故人の尊厳を守りつつ、安全かつ迅速に片付けが行われます。

一般のゴミ屋敷片付け業者でも対応できる作業もありますが、必要な機材や経験がないなどの理由から断られてしまうこともあります。

どのようなケースでも対応してもらえるよう、最初から特殊清掃業者に相談する方がスムーズで安心なのです。

関連記事

孤独死現場におけるゴミ屋敷片付けの具体的な作業内容

孤独死現場におけるゴミ屋敷片付けの具体的な作業内容

孤独死現場で原状回復のために必要とする作業は、多岐にわたります。

孤独死されてから一定の期間を経た場合の片付けや作業では、以下のような作業を必要とするケースが一般的です。

  • 遺体から出た体液や血液の除去
  • 汚染された家具や床、壁の清掃
  • 強い死臭や腐敗臭の消臭作業
  • 害虫駆除
  • ゴミの分別と不用品の処分
  • 遺品整理と遺品供養
  • 部屋の除菌・消毒
  • 汚れの強い箇所のハウスクリーニング
  • 床やクロス、畳の張り替えなどのリフォーム作業(手配等)
  • 最終的な清掃と原状回復

 

業者に依頼する際はこうした作業に対応できる業者に相談・依頼する必要があります。

ご遺体の痕跡を取り除くための清掃作業は、孤独死現場のゴミ屋敷では必須となる作業です。

またゴミ屋敷特有の害虫以外にも、ウジやハエなど特有の害虫を駆除する作業なども伴います。

一般的なゴミ屋敷と同様、不用品の仕分けや残置物の撤去、遺品整理作業なども必要です。

ただし感染症リスクなども考慮しなければならないケースもあるため、より慎重な対応や作業が求められます。

 

孤独死現場で大きく異なるのは、室内に残る匂いです。

ゴミ屋敷のそれとは大きく異なり、換気だけでは対処ができません。

そのため、専用の薬剤で徹底して洗浄を行ったり、脱臭機などを用いて時間をかけて消臭や脱臭を行う作業なども必要となるのです。

 

なお、ご遺体の搬出や現場検証などは警察が行うため、特殊清掃業者がその場に立ち会うことや関わることはありません。

清掃業者はご遺体搬出後の片付けや清掃を行い、お部屋の原状回復を行うのがその役割となります。

孤独死現場でのゴミ屋敷片付けにかかる費用相場

孤独死現場でのゴミ屋敷片付けにかかる費用相場

孤独死が発生したゴミ屋敷の片付けにかかる費用は、物件の状態や作業の内容によって大きく異なります。

 

2020年に一般社団法人日本少額短期保険協会孤独死対策委員会がまとめたレポートでは、以下のような報告がされています。

  • 残置物処理費用:220,661円(平均額)
  • 原状回復費用:381,122円(平均額)

引用元資料:一般社団法人日本少額短期保険協会 孤独死対策委員会 「第5回孤独死 現状レポート」

残置物処理費用とは、孤独死現場に残された家財やゴミなどを片付けて処分する費用です。

原状回復費用とは、汚れてしまった部屋をきれいに清掃・消臭などし、再び住める状態にするための作業にかかる費用をさします。

 

一般的な目安としては、50万円から200万円程度が相場といわれています。

費用に大きく差があるのは、ゴミの量や特殊な消毒・清掃が必要となるケースなど、状況が大きく異なる場合があるためです。

また、大掛かりな解体工事が必要な場合は、別途費用が発生します。

当然すべての作業を業者に任せれば費用は大きくなります。

自分たちで対応できる範囲の作業があるのであれば、対応できない作業のみを依頼するといった選択肢も考えられるでしょう。

まずは専門家に相談し、どれくらいの費用がかかるのか相談の上、適切な方法を探ることが大切です。

孤独死現場の特殊清掃に適した業者の選び方

孤独死現場の特殊清掃に適した業者の選び方

孤独死が発生した現場では、どのような業者に依頼すれば安心なのでしょうか。

業者選びのポイントについて解説します。

必要なサービスの提供が可能な業者であること

孤独死現場の片付けや清掃には、さまざまな状況や作業に対応できる「特殊清掃業者」に依頼するのがベストです。

とくに依頼者自身がどのような作業をお願いして良いか判断できないようなケースでは、特殊清掃のプロに任せるのが一番でしょう。

ただしご遺体による汚れや匂い等があまり強くない場合には、一般のゴミ屋敷清掃業者に任せても十分対応できる場合もあります。

費用面や作業内容などで相談・比較したい場合は、特殊清掃業者とゴミ屋敷片付け業者の両方に見積もり依頼をするとよいでしょう。

信頼できる実績を持つ業者

依頼する際は、過去に同様の事例に対応したことがある業者に相談することが大切です。

特殊清掃の経験が浅い業者や不慣れな業者に任せてしまうと、不適切な対応や不十分な対応をとられてしまうケースがあります。

なかにはご遺体のあった場所のカーペットの一部を切り抜き、作業が完了したと高額な請求を行うような業者もいます。

清掃や消臭がしっかりと行わなければ原状回復とはいえませんし、賃貸の場合にはトラブルにも発展しかねません。

相談や依頼を行う際は、同様の事例または特殊清掃の経験や実勢が豊富な業者に相談しましょう。

料金体系が明確で追加費用がない業者

孤独死による特殊清掃やゴミ屋敷片付けでは、さまざまな作業が伴います。

それに伴い費用も大きくなりがちです。

トータルの金額のみ提示されてしまうと、どのような作業にいくらの費用がかかっているのか比較のしようがありません。

見積もり依頼する際は、しっかりと明細単位で明確に料金を示してくれる業者を選びましょう。

また作業後に了承のない追加費用を請求するような業者も、避けることが大切です。

対応がよくアフターフォローも充実している業者

孤独死現場の特殊清掃後も、ご遺族の心のケアが大切です。

故人の思い出の品の整理や、必要な手続きのサポートなど、清掃後の様々な場面で寄り添ってくれる業者を選びましょう。

特に遺品整理は、専門的な知識と配慮が求められます。

ご遺族の心情に配慮しつつ、思い出の品を丁寧に取り扱い、適切に処分・保管してくれる業者が望ましいでしょう。

アフターフォローの内容を事前に確認し、信頼できる業者を見つけることが大切です。

関連記事

孤独死現場のゴミ屋敷片付けは「粗大ゴミ回収本舗」にお任せ!

庭木や植木の処分は「粗大ゴミ回収本舗」にお任せ!

https://sodaigomi-kaishu.com/

粗大ゴミ回収本舗では、各種ゴミ屋敷の片付けや清掃を行う専門業者です。

特殊清掃に関する技術や経験も豊富なため、孤独死された方のお部屋やゴミ屋敷の片付けなども得意としています。

必要な装備や機材も備えてますので、しっかりと原状回復に努めることが可能です。

また特定遺品整理士なども在籍しているため、個人の大切な品の仕分けや処分なども適切に行えます。

孤独死のゴミ屋敷の片付けや清掃なら、粗大ゴミ回収本舗にご相談ください。

>>粗大ゴミ回収本舗への無料見積もり依頼はこちら!

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 座間市 G様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      4tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県座間市

  • 川崎市 O様|不用品回収

    • 間取り

      3LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      10分

    • 作業場所

      神奈川県川崎市

  • 厚木市 O様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      4tトラック

    • 作業時間

      30分

    • 作業場所

      神奈川県厚木市

  • 横浜市 W様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      20分

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 台東区 A様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都台東区

  • 江戸川区 W様|不用品回収

    • 間取り

      3LDK一軒家

    • 回収量

      2tトラック箱

    • 作業時間

      25分

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 綾瀬市 M様|不用品回収

    • 間取り

      5LDK一軒家

    • 回収量

      2tトラック箱

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都綾瀬市

  • 世田谷区 E様|不用品回収

    • 間取り

      2Kマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      30分

    • 作業場所

      東京都世田谷区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER
  • 産業廃棄物収集運搬業許可証

  • 特定遺品整理士認定登録証

  • 事件現場特殊清掃士認定証

  • 古物商許可証

保有許可証一覧

先週は 749件 のお申し込みがありました。