本記事では、部屋を片付けられない理由と、部屋をキレイにするための方法7つ紹介します。

散らかっている部屋を片付けようと思っても、部屋は簡単には片付かないものです。

実は部屋を片付けられないのは、普段の生活習慣に問題があるというケースがほとんどなんです。

これを読めば片付けが苦手な人でも、すぐに部屋を片付けられるようになります。

片付けられない理由を把握して、整理整頓された部屋作りをしていきましょう。

部屋を片付けられない7つの理由

部屋を片付けられない7つの理由

片付けなければいけないとは思っているものの、片付けられない理由を自覚することは難しいものです。

部屋を片付けられない理由を7つ紹介するので、自分に当てはまっているものがあるかどうかチェックしてみてください。

理由1.ものを捨てるのがもったいないと感じてしまう

「またいつか使うかもしれないから捨てないでおこう…」「せっかく買ったのに捨てるのはもったいない…」という心理があると、なかなか部屋を片付けられません。

もったいないという気持ちがあると、使わなくなったものでさえもどんどん貯め込んでしまい、お部屋がもので溢れる一方です。

理由2.部屋にものがないと落ち着かない

片付けられない人は、部屋にものがないと落ち着かない傾向にあります。

落ち着かないと感じる理由の一つとして、寂しさを紛らわせたいということがあげられます。部屋にたくさんものを用意しておけば、自分の中の孤独感を解消できると深層心理で感じているため、部屋を片付けることが一向にできないのです。

また、部屋にものがないと落ち着かない人は「いざというときのためにものを貯めておきたい」とも考えています。「使う場面がいつか来るかもしれないから」「必要なときに買い直すのは面倒だから」という気持ちがあるため、ものを貯め込んで安心感を得ているのです。

理由3.使ったものを元に戻さない

使ったものを元に戻さないことが当たり前になっていると、部屋は一向に片付きません。

本を読んだ後に本棚へ戻さない、テレビのリモコンを床に置きっぱなしにするなど、使ったものをそのまま放置していると、部屋がもので溢れてしまいます。

理由4.ゴミの日を把握していない

ゴミの日を把握しておらず、家の中にゴミが多くなってしまうのも部屋が片付かない原因です。

「ゴミを出そうと思っていたけど、ゴミ収集の日を忘れていて出し忘れてしまった…」ということを繰り返していると、部屋にゴミが貯まり、片付けることも難しくなります。

特にワンルームマンションに住んでいる方の場合、スペースが限られているため、すぐに部屋がゴミでいっぱいになるリスクが高いものです。

理由5.浪費してしまう

浪費するくせがある人も要注意です。

必要のないものでも興味本位ですぐに買ってしまうと、部屋にものが増える一方です。

浪費ぐせがある人は「期間限定」や「大特価」というワードに弱い傾向にあります。期間限定の商品やセール中の商品を見つけると「ここで買わないともったいない!」という心理が働いてしまい、つい買ってしまうものです。

「これは本当に必要なものなのかな?」という考え方ができないと、甘いワードに釣られてどんどん買い物をしてしまいます。

理由6.一気に片付けようとする

意外に思われますが一気に部屋を片付けようと考えている人は、かえって部屋を散らかしやすいのです。

部屋全体を片付けようとすると、どうしても片付けにかかる手間が多くなってしまうもの。手間の多さを想像してしまい、片付けのやる気を無くしてほったらかしにしてしまうことは、よくあることです。

「時間がかかりそうだから別の日に片付けよう」「すごく疲れているから今日はやめておこう」と考えていると、一向に部屋は片付きません。

理由7.片付け=収納だと思っている

「取りあえず散らかったものを収納スペースに詰め込んでおこう」という考えをしている方は要注意。収納さえしていれば部屋が片付く、というわけではありません。

片付けをするには「捨てる」ことも必要です。不要なものを定期的に捨てないとものがどんどん貯まってしまい、ものを収納しきれなくなってしまいます。

収納しきれなくなる結果、収納できなかった分のものが部屋中に溢れたり、収納スペースからものを取り出しづらくなったりするなどの事態が発生します。

部屋をキレイにする方法

部屋をキレイにする方法

たとえ片付けが苦手でも、正しいやり方を実践すれば部屋をキレイにできます。

部屋をキレイにする方法を7つ紹介していきますので、ぜひすぐに試してみてください。

方法1.長く使っていないものはすぐ捨てる

まだ使えるかどうかに関係なく、長く使っていないものはすぐ捨てるようにしましょう。使えるからといってものを捨てないでいると、どんどんものが増えていく一方です。

捨てる目安は「一年以上使っていないもの」です。一年以上使っていないものは今後も使う可能性が低いので、思い切って捨てましょう。

ただし友達からのプレゼントなど、思い入れの強いものは無理して捨てなくても大丈夫です。一年以上使っていないものや普段から気にかけていないものについては、どんどん捨てていきましょう。

方法2.使ったものはすぐに戻す

「本を本棚に戻す」「リモコンをテレビのそばに戻す」など、使ったものはすぐに戻すくせをつけましょう。

最初は面倒くさく感じるかもしれませんが、毎日続けることで自然と習慣になっていきます。

もし定位置が決まっていないものがある場合は、あらかじめ定位置を決めておきましょう。

「服はタンスにしまう」「寝具類は押し入れにしまう」というふうに定位置を決めておけば、出しっぱなしにすることがなくなります。

一般的に「21日間続ければ習慣になる」と言われているので、まずは21日間頑張ってみましょう。

方法3.ゴミの日を把握する

ゴミの出し忘れを繰り返してしまう方は、あらかじめゴミの日を把握しておきましょう。

「どうしてもうっかり忘れてしまう…」という方は、カレンダーにチェックをつけておくことがおすすめです。

また、スマホのアラーム機能でリマインドしてもらうこともおすすめです。

ゴミ出しの曜日にアラームがなるように設定すれば、ついゴミ出しの日を忘れてしまっていても、スマホが思い出させてくれます。

というわけで、まずはゴミ出しの曜日をチェックし、ゴミ出しの曜日にアラームが鳴るようにスマホを設定しましょう。

方法4.つい買ってしまうものをリストアップする

浪費ぐせのせいで部屋が散らかっているのであれば、まずは浪費ぐせを直すことが必要です。

浪費ぐせを直すために効果的な方法は、つい買ってしまうものをリストアップすること。

自分がよく買うものを書き出してみれば、どのようなものを無駄に買ってしまうかを客観的に把握できます。

自分が買ってしまうものをリストアップした後は、買うのを我慢してみましょう。我慢すれば部屋に余計なものが増えることを防げますし、節約にもなるので一石二鳥です。

方法5.1日5分でもいいから片付ける時間を作る

片付けのポイントは、たまに一気に片付けることではなく、少しでもいいから毎日続けることです。

逆に一気に片付けようとするとやる気がなくなり、片付けが進まなくなります。毎日コツコツ続ければ、部屋は全体的にキレイになっていきます。

1日5分であれば、片付けのやる気もアップするはずです。まずは1日5分からチャレンジしてみてください。

方法6.業者に依頼する

「あまりにもゴミの量が多すぎる…」「自力でやるのはとても大変…」という場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

粗大ゴミ回収本舗では、お部屋の片付けも承っています。

トラックにゴミをたくさん載せられるプランも用意してあり、料金も14,800円〜とリーズナブルです。

お見積もりは無料で実施していますので「一人で片付けるのは無理そう…」という方はぜひご相談ください。

まとめ

まとめ

お部屋を片付けられないのは、片付けるくせが身についていないだけでなく、浪費ぐせやもったいない精神が原因となっていることもあります。

今回は部屋が片付けられない理由を7つ紹介しましたので、自分に当てはまっているものがないかチェックしてみてください。

そして、部屋を片付けられない理由を把握したら、その理由に基づいて対策をしていきましょう。

例えばもったいない精神が原因で片付けられない場合、使っていないものを思い切って捨てるようにしていきます。

キレイなお部屋にするためにも、日頃から自分の習慣や考え方を見直していきましょう。

 

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA