本記事では、便利なおすすめ掃除道具を場所別にピックアップして紹介します。

もっとキレイにおうちを掃除したい時に大切なのは、便利な掃除道具を使うことです。

便利な掃除道具を使えば、掃除をとてもスムーズに進められますし、より簡単に家を掃除できるようになります。

新しく掃除道具を買いたい方、もっと使いやすい掃除道具を使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

【どこでも使える】便利な掃除道具

まずはキッチンやお風呂場など、様々な場所で使える掃除道具を紹介します。

サッサ

サッサ

(出典:Amazon)

サッサは床や家具、革製品など様々なものに使えるシートで、袋から取り出してそのまますぐに使えます。

シートは三層構造になっており、汚れやホコリをしっかりと拭き取ることができます。使い捨てのシートではあるものの、シートの内側に「寒冷紗」という目の粗いシートが挟まれているため、破れる心配がありません。

基本的にあらゆるものに使用できるシートですが、以下のものには使用できないので注意してください。

  • 食器類
  • テレビ・パソコンなどの液晶画面
  • 表面処理をしていない桐のタンス
  • 車のボディ・ガラス・ドアミラー・フェンダーミラー
  • 油ジミがつく素材のもの

激落ちポイポイ

激落ちポイポイ

(出典:Amazon)

激落ちポイポイは水に濡らすだけで汚れを落とせるスポンジです。

洗剤がなくても汚れを落とせるのは、表面が無数の網目でできているためです。細かな網目が小さな汚れももれなく取ってくれます。

使い切りのサイズにカットされているため、すぐに掃除で使えます。掃除が終わったらゴミ箱に捨てるだけなので、後始末も楽にできます。

重曹ちゃん

重曹ちゃん

(出典:Amazon)

掃除用の重曹の重曹ちゃん。実は重曹は、掃除のあらゆる場面で使える優れものです。

まず重曹ちゃんは、洗剤・研磨剤として使用できます。重曹は柔らかい結晶でできているため、ものの表面を傷つけることなく汚れを落とせます。

また、消臭剤としても重曹ちゃんは利用できるのです。重曹ちゃんはアルカリ性なので、汗や生ゴミなどの酸性の臭いを打ち消せます。

ただし以下のものには使用できないので、注意してください。

  • 水拭きできないもの
  • 白木など水がしみ込みやすいもの、うるしやニス塗りの家具・壁・床・柱等
  • 銅や真鍮
  • たたみ
  • 革製品
  • 貴金属製品
  • クリスタルガラス
  • アルミ製品

ウタマロクリーナー

ウタマロクリーナー

(出典:Amazon)

ウタマロクリーナーは油汚れや水アカなど、あらゆる汚れに対応できる中性洗剤です。従来の中性洗剤は油汚れに弱いというデメリットがありましたが、ウタマロクリーナーは油汚れまでも落とすことができます。

アミノ酸系洗浄成分が含まれているため手肌にやさしく、安心して使える洗剤となっています。したがって、小さなお子様やペットがいらっしゃる家庭におすすめな洗剤です。

暮らしのクエン酸

暮らしのクエン酸

(出典:Amazon)

暮らしのクエン酸はクエン酸が成分の洗剤です。汚れを拭き取るのにも使えますが、クエン酸には抗菌作用が含まれているため、掃除後の雑菌の繁殖や臭いの発生を抑えることもできます。

クエン酸の洗剤は臭いがきつい傾向にありますが、暮らしのクエン酸は臭いのきつさがなく、快適に使用できます。

ただし塩素系の洗剤と混ぜると有毒なガスが発生するので、塩素系の洗剤とは混ぜないで使用してください。

無水エタノール

無水エタノール

(出典:Amazon)

無水エタノールは水汚れと油汚れの両方に対応している洗剤です。殺菌効果が低いというデメリットがありますが、代わりに洗浄力は洗剤の中でも高く、汚れを落とすことに特化しています。

無水エタノールは揮発性が高くすぐに蒸発するため、パソコンのキーボードなどの電子機器を掃除するときに使えます。電子機器は水拭きすると故障するリスクがありますが、すぐに乾く無水エタノールであれば安心して電子機器の掃除が可能です。

【キッチン】便利な掃除道具

キッチン周りで使える掃除道具を紹介します。

キッチンハイター

キッチンハイター

(出典:Amazon)

キッチンハイターは除菌・漂白・消臭の3つの効果がある台所用漂白剤です。ふきんや食器を水で希釈したキッチンハイターにつけおきすることで、簡単に除菌ができます。

特にコーヒーや紅茶の茶渋を除去する際に、キッチンハイターはおすすめです。ただし塩素系漂白剤のため、金属製の食器に使うと溶けてしまいます。金属製の食器には使用しないようにしましょう。

オキシウォッシュ

オキシウォッシュ

(出典:Amazon)

オキシウォッシュは油汚れに強い酸素系漂白剤です。油汚れ以外には、茶渋や醤油のシミなどにも対応しています。

水洗いできるものならどんなものにも使えるため、キッチン周りの掃除で使用できます。しかも酸素の力を使って汚れを落とす漂白剤であるため、小さいお子様がいる家庭でも安心して使用できるのもメリットです。

 

スコッチブライト

スコッチブライト

(出典:Amazon)

スコッチブライトは研磨粒子を使ったキッチン用スポンジです。研磨粒子を使用しているため、フライパンについた頑固なコゲも落としやすいスポンジとなっています。

汚れを落としやすいスポンジは食器を傷つけやすいというデメリットがありますが、スコッチブライトは食器を傷つけにくいスポンジに仕上がっているため、食器を傷つけることなく汚れを落とせます。

【リビング】便利な掃除道具

リビングの掃除で使える掃除道具を紹介します。

Daisybee ほこり取り マイクロファイバー ハンディモップ

Daisybee ほこり取り マイクロファイバー ハンディモップ

(出典:Amazon)

家具の隙間や高いところなど、あらゆる場所を簡単に掃除できるハンディモップです。静電気吸着のヘッドを使用しているため、ほこりを簡単に絡めとってくれます。

エアコンやタンスの隙間、冷蔵庫の裏、天井など、掃除しづらい場所はDaisybeeのハンディモップを使って掃除しましょう。

クイックルワイパー ウェットシート

クイックルワイパー ウェットシート

(出典:Amazon)

クイックルワイパーはフローリングの掃除をするときに使えます。洗浄成分が含まれているため、床に落ちている食べこぼしや皮脂汚れを掃除することに向いています。

拭いた後はさらっと仕上がりますし、除菌もできます。

ファブリーズ 除菌消臭スプレー あらいたてのお洗濯の香り

ファブリーズ 除菌消臭スプレー あらいたてのお洗濯の香り

(出典:Amazon)

ファブリーズの除菌消臭スプレーは、吹きかけるだけで除菌ができるスプレーです。ソファやマットに吹きかければ、簡単に除菌と消臭ができます。

除菌消臭スプレーは臭いがきついというデメリットがありますが、ファブリーズの除菌消臭スプレーは、余計な臭いを残すことなく除菌できます。

【窓】便利な掃除道具

窓の掃除で使える掃除道具を紹介します。

レック 激落ちシート 窓用

レック 激落ちシート 窓用

(出典:Amazon)

激落ちシートは洗剤がなくても使えるウェットシートです。超極細繊維でできているシートのため、水アカや手アカ、タバコのヤニ汚れ、くもりなどの細かな汚れをしっかり拭き取ってくれます。

また二度拭きをしなくてもすぐに乾くため、効率よく窓の掃除を進められます。

Seiei 取替え式あみ戸びっクリーン ハンディタイプ

Seiei 取替え式あみ戸びっクリーン ハンディタイプ

(出典:Amazon)

網戸を掃除するときは「Seiei 取替え式あみ戸びっクリーン ハンディタイプ」がおすすめです。水に濡らすだけで汚れが簡単に取れるのがメリットです。

サッシの溝も掃除できるため、窓の掃除はこれ一本でほとんどできます。

【トイレ】便利な掃除道具

トイレ掃除で使える掃除道具を紹介します。

サンポール トイレ洗剤

サンポール トイレ洗剤

(出典:Amazon)

サンポールは酸性のトイレ洗剤で、トイレの黄ばみ汚れや雑菌汚れを簡単に落とすことができます。トイレに付着している汚れに直接かけ、水に流せば簡単に汚れが落ちます。

ただし酸性のため塩素系の洗剤とは混ぜないで使用するようにしましょう。

スクラビングバブル 流せるトイレブラシ

スクラビングバブル 流せるトイレブラシ

(出典:Amazon)

スクラビングバブルの流せるトイレブラシは、使い捨てのトイレブラシです。トイレのブラシを使い回ししていると、細菌やカビが繁殖して衛生的によくありませんが、スクラビングバブルの流せるトイレブラシであれば衛生的にトイレ掃除ができます。

トイレ掃除が終わったら、ブラシの部分をトイレに流すだけなので、後始末も簡単にできます。

【風呂場】便利な掃除道具

風呂場で使える掃除道具を紹介します。

OXO 風呂掃除 グラウト ブラシ

OXO 風呂掃除 グラウト ブラシ

(出典:Amazon)

OXOのブラシは灰色の毛の部分が硬くできており、強固なタイルのカビや石鹸カスを取り除いてくれます。握る部分は滑りにくい形状、素材でできているため、力を入れて掃除しやすくなっています。

浴槽の隙間などの掃除もしやすいため、風呂用のブラシはこちら一本で完結します。

Satto 水切りワイパー ホワイト

Satto 水切りワイパー ホワイト

(出典:Amazon)

Sattoの水切りワイパーはコンパクトなサイズのため、小回りが効きやすくなっています。お風呂掃除の仕上げに水切りをすることで、カビの発生を防げます。

そして真ん中に穴が空いているため、壁のフックに引っかけられることもメリット。お風呂掃除の最後には水切りワイパーでしっかりと水を取り除きましょう。

カビキラー

カビキラー

(出典:Amazon)

カビキラーは風呂場で使える洗剤です。カビの奥に浸透して、カビの根元までしっかりと破壊してくれます。

カビ以外にも臭いの原因となる菌やバクテリアにも効果があるため、臭い対策をしたいときにもおすすめです。ただし酸性タイプの洗剤と混ぜると有毒なガスが発生するため、混ぜないで使用しましょう。

まとめ

まとめ

場所別におすすめな掃除道具を紹介しました。

掃除をしていると、落ちにくい汚れや掃除しにくい箇所が出てきますが、掃除道具を変えればそのような悩みは解消できます。

今回紹介した道具を使ってみることで、掃除の手間やストレスが一気に減る可能性があります。快適に掃除するには道具選びが重要ですので、ぜひ今回紹介したアイテムを使ってみてください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA