汚部屋であると、家族や恋人、友人を招くことができません。また、悪臭や害虫が発生うる原因となってしまい、近所の人からも噂されてしまうかもしれません。

大量の物が散らかっている汚部屋を片付ける場合は、近所の人の目が気になるものです。これらを気にせずに片付ける方法はないのでしょうか?この記事では、近所にバレずに汚部屋を片付ける方法をご紹介します。

そもそも「汚部屋」とは

汚部屋

そもそも、汚部屋とはどのような状態を指すのでしょうか?実は、多くの方が間違っていますが、「汚部屋」と「ゴミ屋敷」は全く別物です。

ゴミ屋敷とは、明らかに不要だと思われるような不用品が山のように溢れ返っている状態のことをいいます。建物の外までゴミは溢れ返っているような状態です。

その一方で、汚部屋とは、とても散らかっている部屋ではあるけれど、普通の暮らしはできる状態をいいます。このことから分かるように、汚部屋とは、ゴミ屋敷になる手前の状態のことを指すのです。

近所にバレないからと汚部屋を放置すると起こる問題

近隣トラブル

「汚部屋であることが近所にバレなければ良い」と汚部屋にも関わらず、放置してしまう人もいます。しかし、汚部屋を放置すると健康被害が発生するなどのリスクがあるため危険です。ここでは、汚部屋を放置すると起こる問題をご紹介します。

健康面への影響

部屋のホコリは、ただのゴミの塊のように見えるかもしれませんが、ダニや死骸、カビの胞子、フケなどが含まれています。このカビやホコリを吸い込んでしまうと、アレルギーの原因にもなってしまい、免疫力が低下してしまうのです。そのため、汚部屋を放置し続けてしまうと健康を害してしまう危険性も潜んでいます。

悪臭や害虫

汚部屋の悪影響として、ゴキブリやハエなどの害虫が発生することが挙げられます。これらの害虫は、食べ物のカスやほこり、髪の毛をエサにしています。また、害虫は繁殖するため一匹出ると大変です。自分だけの部屋だけに発生するだけではなく、隣近所の方の部屋にも出現するようになるでしょう。

経済的な負担の増加

汚部屋では、どこに何を置いたかなど分からなくなってしまうため、使用する物を汚部屋から探し出すより、新しく購入した方が早いと考える方もいます。その結果、同じ物が何個も部屋にあるような事態に。同じ物を何度も購入しなければいけなくなるため、必然的に経済的な負担が増加します。

探し物が見つからない

部屋の中に何があるのか把握できない汚部屋では、探し物が見つからなくなるため、イライラする機会が増えます。良く使用する財布や鍵なども失くしてしまう回数が増えて、出勤前に探し続けるというような生活を送るはめになってしまいます。

火災発生

大量のゴミが散らかっている部屋をそのまま放置してしまうと、何かの拍子に自然発火して、火事が発生してしまう危険性も潜んでいます。物が多いと、それだけ勢い良く燃えてしまい、消化活動も大変になるため注意をしましょう。

近所にバレない?汚部屋の住人の特徴

汚部屋の住人

実は部屋が片付けられずに、汚部屋に住んでいる方には共通の特徴があります。ここでは、汚部屋に住んでいる方の共通の特徴をご紹介します。

多忙な生活をしている

仕事と家事の両立は、想像以上に難しいものです。仕事で責任がある立場の方であれば、仕事を優先せざるを得ないでしょう。仕事では多くの人に会うため、身なりに気を遣う人もいますが、実はこのような人の部屋が汚部屋だったりします。

ストレスを抱えている

部屋の状態は心の状態と比例すると言われていて、部屋が片付けられていない場合は、それだけ精神的に疲れてしまっている状態であるといえます。精神的疲労が溜まると、全ての行動においてやる気がなくなってしまいます。そのため、部屋の片付けまで手が回らずに汚部屋になっていってしまうのです。

発達障害を患っている

「片付けたいと思っても、片付けられない…」と悩んでいる方も多いです。これは、発達障害によるもので、脳の機能が正常に動かないことによって起こる生まれつきの疾患です。

発達障害にも種類がありますが、ときにADHD(注意欠損・多動性障害)は、注意力が散漫になりやすいという特徴を持っており、持続的に片付けや掃除ができません。

寂しい生活を送っている

寂しさを衝動買いで紛らわしている人もいます。また、人からの承認欲求が強い人は、ブランドの洋服などを買い漁る傾向があり、部屋の中が物で溢れ返ってしまいます。また、必要な物と不要な物を仕分けることができず、捨てることができないため、汚部屋になってしまうのです。

汚部屋を近所にバレないように片付ける方法

汚部屋の片付け業者

汚部屋であることは、近所の人に隠しておきたいでしょう。片付けをする際に、近所にバレてしまうと恥ずかしい想いをしてしまうため注意しましょう。ここでは、汚部屋を近所にバレないように片付ける方法をご紹介します。

短時間で作業を終わらせる

汚部屋であることを近所の人に隠しておきながら、片付けをしたい場合は、業者に依頼をしましょう。その中でも、汚部屋の片付け作業の実績を豊富に持っており、短時間で作業を終わらせることができる業者に依頼することがポイントとなります。

短時間で作業を終わらせることができれば、近所にも気づかれないまま、片付けを終わらせられるでしょう。

不用品は梱包して運んでもらう

ビニール袋に入れて大量の家庭ゴミを捨てる場合、恥ずかしく感じる方もいるでしょう。何を処分しているのか隠したいという方もいると思います。

このような点が気になる方は、不用品を梱包してから運んでくれるような配慮のある業者に依頼をしましょう。

業者名が記載されてないトラックに不用品を積む

片付け業者の名前が記載されているトラックが自宅前に停車していると、片付けしていることが近所にバレてしまいます。しかし、依頼者の気持ちに配慮のある業者の場合は、業者名が記載されていないトラックで現地に来てくれます。

個人情報保護に徹底している業者を選ぶ

業者の中には、個人情報保護に徹底しているところもあります。このような業者は、周囲の人から「何をしているのですか?」「どこの片づけを手伝っているのですか?」と聞かれても「手伝ってと言われただけで詳細は分からないんです」と個人情報の保護をキチンと守ってくれます。汚部屋を掃除する際は、このような細心の配慮ができる業者を選ぶことが大切です。

汚部屋の片付けなら「粗大ゴミ回収本舗」へ

粗大ゴミ回収本舗

近所にバレないように汚部屋の片付けを検討している場合は、粗大ゴミ回収本舗へご相談ください。

粗大ゴミ回収本舗は、スタッフの研修・教育に重点を置いているため、片付けのプロでありながら、依頼者様や近隣の方に対して細心の注意を払いながら、汚部屋を片付けることができます。料金もリーズナブルでありながら、品質の高いサービスが自慢です。

汚部屋の片付け実績が豊富

ハウスクリーニング

粗大ゴミ回収本舗は、汚部屋の片付け実績を豊富に持っています。部屋から悪臭や害虫が発生している場合も、クリーニングで元の原因となるものを排除します。

まとめ

ここでは、近所にバレないように気を付けながら、汚部屋を片付ける方法をご紹介しました。汚部屋の片付けは、自分で行うと費用はかかりませんが、莫大な時間がかかり、長時間作業をしていると近隣の方からの注目を集めてしまうかもしれません。

そのため、汚部屋の片付け業者に依頼をしましょう。短時間で作業をしてくれて、近隣の人も気づかないまま作業を終わらせることができます。粗大ゴミ回収本舗も、汚部屋の片付けを得意としているため、検討されている方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA