部屋をキレイに片付けられる人もいれば、片付けられない人もいます。自分で片付けられないほど部屋が散らかってしまった場合は、片付け業者への依頼を検討してみましょう。

この記事では、部屋の片付けを業者に依頼するメリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

なぜ、部屋の片付けができないのか

部屋の片付けができない

部屋をキレイな状態に維持できる人もいれば、部屋の片付けができない人もいます。この違いはどこにあるのでしょうか?ここでは、部屋の片付けができない人の特徴を紹介します。

もったいない精神がある

部屋が片付けられない人は、物を溜め込むクセがあります。使用していない不用品でも「いつか使用する機会があるかもしれない」と捨てることができないのです。

その結果、部屋に不要なものが溢れ返ってしまいます。

浪費グセがある

ストレスで衝動買いをしてしまう人も、部屋に物が溢れ返ってしまいます。

浪費グセがある人は、使用するか使用しないかに関係なく、買い物自体を楽しんでいる傾向があり、買い物でストレスを発散しているのです。その結果、不用品が部屋に溢れ返ってしまいます。

部屋が汚いと感じていない

周囲の人は部屋が汚いと感じても、部屋の住人自身が汚いと感じていないことも良くある話です。汚部屋で生活をしていると、それが常態化してしまうことがあり、客観的に問題に気づけなくなってしまうのです。

寂しがり屋

若い女性に多く見られますが、寂しさを物で埋め合わせようとする人もいます。このような方は、部屋を片付けられないだけではなく、物に囲まれていることに心が満たされている可能性もあります。

ストレスを溜め込んでいる

日頃から節約を心がけることは大切ですが、節約をし過ぎるとストレスが蓄積されていき、その反動から大量に物を買い込む人もいます。真面目な人ほどストレスを抱え込みやすい傾向があり、買い物でストレス発散をしがちです。

仕事ができない

部屋が汚い人は、部屋がキレイな人と比較すると収入が低くなる傾向があります。整理整頓を苦手としているため、仕事の段取りも上手に考えることができないのです。

スケジュール通りに仕事を進めていくことができないため、仕事で評価が得られにくいでしょう。

部屋の片付けを業者に依頼する5つのメリット

部屋の片付け業者のメリット

部屋の片付けができない人は、身体的・精神的に悪循環である状態であることは理解頂けたと思います。そのため、部屋の片付けを業者に依頼しましょう。ここでは、部屋の片付けを業者に依頼するメリットをご紹介します。

必要な物と不要な物の仕分けを行ってもらえる

自分で部屋を片付ける場合、部屋の中の物を必要な物と不要な物に仕分けなければいけません。物が多いほど、仕分けは大変な作業になります。

しかし、片付けを業者に依頼をすれば、スタッフに指示を出せば良いだけなので、労力を最小限に抑えられます。

重たい不用品をスタッフに運んでもらえる

不用品や粗大ゴミを自治体に依頼して処分する場合は、指定のシールを購入して貼り付けた後に、指定場所に不用品を出して置かなければいけません。

マンションに2階以上の場合は、不用品を出すだけでも大変な作業でしょう。しかし、片付けを業者に依頼すれば、これらの業務をお任せできます。

最短即日で片付けをしてもらえる

自治体に依頼して不用品を処分する場合は、指定日を待たなければいけません。仕事などで忙しくしている方は、自治体との日程が合わずに悩む方もいます。

しかし、片付け業者に依頼をすれば、見積書に金額に合意すれば、最短即日で片付けをしてもらえます。思い立った時に作業をしてもらえるので、精神的な負担がかかりません。

周囲の人にバレないように対応してもらえる

部屋の掃除をしていることを周囲の人にバレてしまうと恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。しかし、片付け業者に依頼をすればスピーディーに対応してもらえ、周りに人にバレにくいというメリットが得られます。

家電や家具を買い取ってもらえる

片付け業者のサービス内容によって異なりますが、まだ使用できる家電や家具の買取りサービスを実施している業者もあります。冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンなどの家電は、種類によっては高価買取してもらえ、処分費用と相殺してもらえます。

このような買取りサービスを利用すれば、結果的に、依頼費用が安く抑えられるという効果が期待できます。

部屋の片付けを業者に依頼する2つのデメリット

部屋の片付け業者のデメリット

部屋の片付けを業者に依頼する場合のメリットをご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。ここでは、部屋の片付けを業者に依頼する際のデメリットをご紹介します。

依頼費用が発生する

自治体で不用品を処分する場合は、自分で指定場所まで不用品を動かさなければいけませんが、その分、費用を安く抑えることができます。

片付けを業者に依頼すれば、プロのスタッフの方にお任せするため、自治体の処分費用よりも若干費用が高くなってしまうことも多いですが、作業を比較すると大した金額にはならないでしょう。しかし、依頼費用が発生することはデメリットです。

悪質業者が存在する

部屋の片付け業者の中には、悪質な業者も存在します。悪質業者は、お客様から回収した不用品や粗大ゴミを不法投棄したり、高額な作業費用を請求したりします。

悪質業者は少ないですが、このような業者に騙されてしまう可能性もゼロではありません。

部屋の片付けを業者に依頼する流れ

部屋の片付け業者の依頼方法

実際に、片付けを業者に依頼したい場合は、次のような流れで依頼します。

1.電話やメールで片付けを依頼する

最初にホームページを閲覧して、信頼ができそうな会社に電話やメールで片づけを依頼します。
業者によって異なりますが、メールフォームに部屋の状況を写真で送れば、大体の見積金額を教えてもらえるでしょう。そのため、複数社で料金を比較検討してみてください。

2.現地訪問・見積りをしてもらう

実際の見積金額は、現地訪問をしなければ出すことはできません。そのため、現地訪問をして見積書を提示します。優良な片付け業者であれば、このときに提示される見積金額から、追加費用が発生することはあり得ません。

3.契約をする

見積書を確認して納得をすれば契約します。このとき、見積金額だけではなく、本当に信頼ができるスタッフかどうかも確認しましょう。

4.部屋の片付けをしてもらう

見積書の金額に合意して契約後、部屋の片付けが始まります。

5.料金のお支払

最後に、希望通りに片付けが終わっているかを最終確認して作業終了に同意します。同意後に料金の支払いを済ませます。

部屋の片付けなら「粗大ゴミ回収本舗」へ

粗大ゴミ回収本舗

片付け業者に依頼をしたほうが、さまざまなメリットがあることは理解頂けたと思います。粗大ゴミ回収本舗では、部屋の片付けで満足してもらえるようなサービスを提供しています。

追加料金が発生しない「のせ放題プラン」

部屋の片付けをする際に、複数の不用品が出てくることもあるでしょう。これらを、それぞれ処分した場合は処分費用が高くなってしまいます。しかし、粗大ゴミの「のせ放題プラン」を利用すれば、トラックに乗る分であれば、サービス価格で処分できるのです。

そのため、複数の不用品がある場合は、お得に処分できます。

軽トラックのせ放題1.5tトラックのせ放題2tトラックのせ放題4tトラック乗せ放題
価格14,800円34,800円54,800円要お問い合わせ
間取り1K1DK2DK3K~

人気の家電・家具の高価買取サービス

粗大ゴミ回収本舗では、家電・家具の高価買取サービスを実施しています。部屋を片付ける際に出た不用品は買い取らせていただき、部屋の片付け費用と相殺させていただきます。費用を相殺することで、提示した見積金額よりも安く片付けることができます。

クリーニングなどにも対応する柔軟な対応力

部屋の片付け後に部屋のクリーニングを依頼したいという方もいるでしょう。粗大ゴミ回収本舗は、不用品の回収だけではなく、部屋の清掃業務にも対応しています。まとめて依頼をすれば、さらにお得に部屋の片付けの依頼ができます。

まとめ

この記事では、部屋の片付けを業者に依頼するメリット・デメリットについて解説しました。不用品を処分する方法は自治体で処分する方法もありますが、指定日にしか回収に来てもらえず、なかなか都合が合わないことがほとんどです。また、指定場所に自力で不用品を出すのも大きな労力です。

それと比較すると、多少の料金はかかりますが、片付け業者に依頼すれば全てを丸投げすることができて便利です。粗大ゴミ回収本舗でも、部屋の片付けの相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA