作業員待機中

01時01分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

遺品整理の進め方6ステップ!効率よく作業するポイント注意点を紹介

2023.07.03

2024.01.31

本記事では、遺品整理の進め方を紹介します。

さらに、遺品整理を効率よく作業するポイントや注意点なども紹介します。

これから遺品整理を行う方は、本記事を参考にしてみてください。

top transition banner

遺品整理の進め方6ステップ

遺品整理の進め方6ステップ

遺品整理の進め方は以下のとおりです。

  1. 遺言書やエンディングノートを確認する
  2. 必要なものを準備する
  3. 遺品を仕分けする
  4. 遺品を分配する
  5. 遺品を処分する
  6. 部屋を清掃する

それぞれ解説していきます。

1.遺言書やエンディングノートを確認する

まず遺品整理を行う際は、遺言書やエンディングノートを確認しましょう。遺言書やエンディングノート書かれた内容に沿って行うことが一般的です。

  • 自筆証書遺言:故人が自分で本文を作成した遺言書
  • 公正証書遺言:公証人に作成してもらった遺言
  • 秘密証書遺言:内容を秘密にしたまま存在を公証役場で証明してもらう遺言書
  • エンディングノート:自分の人生の終末を記したノートのこと

遺言書には、財産の処分や相続に関する内容が書かれており法的効力があります。自筆証書遺言と秘密証書遺言は、偽造の防止や要件を満たしているか確認するために、家庭裁判所の検認が必要です。

封がされていなかったとしても勝手に開封すると、法律違反になりペナルティを受ける可能性があります。遺言書を見つけたら、家庭裁判所に持参して検認してもらいましょう。

エンディングノートには法的効力はありませんが、故人の考えが綴られています。実行するかは遺族や相続人に委ねられますが、内容を確認してみましょう。

2.必要なものを準備する

遺品整理は部屋中の片付けをすることになります。片付けに必要なものを準備しておくと、スムーズに作業を進めることが可能です。

遺品整理に必要なものは以下のとおりです。

  • 軍手
  • ゴミ袋
  • マスク
  • ダンボール
  • ガムテープ
  • 靴下
  • スリッパ
  • ハサミ・カッター
  • ビニール紐
  • マジックペン
  • メモ用紙

上記以外にも必要なものがあれば準備してみてください。

3.遺品を仕分けする

遺品整理の準備が整ったら、遺品を仕分けしていきます。

家の中にある物品を以下のように仕分けしましょう。

  • 貴重品
  • 相続
  • 形見
  • 譲渡・寄贈
  • 売却
  • 処分

必要なものと不要なものを明確にしておくと、分配や処分をする際にスムーズに作業を進められます。遺品整理に関わる人が誤って処分するリスクを軽減できます。

4.遺品を分配する

遺品を仕分けした後は、貴重品、相続品、形見などを親族や故人の友人に分配していきます。遺言書やエンディングノートがある場合は、内容に沿って分配を行いましょう。

遺言書とエンディングノートがない場合は、遺族で話し合いをして決めます。お互いが納得する形で分配を行いましょう。

5.遺品を処分する

遺品の中には利用価値のない不用品があります。いつまでも残しておくと、部屋のスペースを無駄に消費するだけです。

遺品整理の中で出た不要はものは処分しておきましょう。

処分するものの量が少なければ自治体、大量に処分するなら不用品回収業者を活用してみてください。

遺品の処分では、重要なものを捨てないように気をつけながら行いましょう。

6.部屋を清掃する

遺品の整理ができたら、部屋を清掃して綺麗にします。もし悪臭が染み付いている場合は、自分で綺麗にすることは困難です。その場合は、特殊清掃に対応している業者に依頼してみてください。

関連記事

遺品整理を進める際のポイント

遺品整理を進める際のポイント

遺品整理は大量の物品を片付けることになります。

以下のポイントを意識して作業を進めましょう。

  • 気持ちを整理する
  • スケジュールを立てる
  • 仕分けのルールを決めておく
  • 自分で対応できないならプロに依頼する

それぞれ参考にしてみてください。

気持ちを整理する

遺品整理は故人への気持ちが落ち着いたタイミングで実施しましょう。遺族の傷が癒えるには時間がかかるため、亡くなってからしばらくは自分の気持ちを整理できないケースがあります。

その状態で遺品整理をすると、故人に対する思いが溢れて作業が進まない可能性があります。さらに、悲しい気持ちのまま遺品整理を進めるのは故人に対してもよくありません。

スケジュールを立てる

遺品整理は自宅内にある全ての遺品を整理することになります。1日や2日で終わることは少ないので、スケジュールを立てて行いましょう。

事前にスケジュールを立てておくと、やるべきことが明確になり、効率的に遺品整理を進められます。

いつまでに完了させるのかを決めておくと、具体的なスケジュールを立てられるので活用してみてください。

仕分けのルールを決めておく

遺品の仕分けをスムーズに行うなら、ルールを決めておく必要があります。ルールが決まっていると、仕分け時に悩み時間が少なくなり、瞬時に判断できるようになります。

遺族間で話し合いをして、仕分けルールを決めてから遺品整理を進めてみてください。

自分で対応ができないならプロに依頼する

遺品整理はかなりの量の物品を片付けるため、自分たちだけで行うには労力が必要です。自分の仕事をしながら遺品整理をする場合、使える時間が限られるため、想像以上に時間がかかるケースもあります。

遺品整理のプロに依頼できれば、遺品の仕分け、貴重品の捜索、処分などあらゆる作業を任せることが可能です。遺族が対応する負担を軽減し、スピーディに遺品整理を完了できます。

遺品整理を進める際の注意点

遺品整理を進める際の注意点

遺品整理を進める際は以下に注意しましょう。

  • 親族で話し合う
  • 遺品の処分は自治体のルールに従う
  • 重要なものを捨てないように気をつける
  • 相続手続きは専門家に相談する

それぞれ解説していきます。

親族で話し合う

遺品整理は必ず親族間で話し合いを行いましょう。個人の判断で勝手に行うと「形見を勝手に捨てられた」というにトラブルに発展する可能性があります。

今後の親族関係にも影響が出てしまうため注意しましょう。

遺品の処分は自治体のルールに従う

遺品の処分で自治体の回収サービスを使うなら、ルールに従わなければなりません。自治体の回収サービスは、可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミなど細かく分別されています。

適切な処分をしないと回収してもらえない可能性があります。

遺品の分別を行って、適切な処分方法を行ってみてください。

重要なものを捨てないように気をつける

遺品の中には重要なものも紛れ込んでいます。

勝手に捨てないように、慎重に遺品整理を行うようにしましょう。遺品の処分を行う際は、親族に確認してからにしてください。

関連記事
  • NEWS

    遺品整理で捨ててはいけないものとは?遺品整理のコツや適切な時期も解説

    本記事では遺言書など…

    2023.04.27

    2023.04.27

    続きを読む

相続手続きは専門家に相談する

遺品整理をする中で遺産相続をするなら、法律の専門家に相談するのがおすすめです。相続に関する問題が発生した際に、依頼者の希望に沿うように他の相続人と交渉してくれます。さらに、依頼人の代理として、各種手続きも行ってくれます。

的確なアドバイスをもらえるため、スムーズに相続を行えるでしょう。

遺品整理を業者に依頼するのがおすすめのケース

"</p

自分でも遺品整理を行えますが、以下のケースは業者に依頼するのがおすすめです。

  • 遺品整理の負担を軽減したい
  • 遠方で片付けに行けない
  • 遺品整理の量が多い

遺品整理業者は、遺品の仕分け、分別、処分、清掃など様々な作業に対応しています。活用すれば、依頼人が自分で遺品整理をする必要がなくなります。

また、遠方で片付けに行けなくても、近くの業者が対応してくれます。遺品整理をしにいく回数を削減しながら作業を進めることが可能です。

遺品性営業者は、基本的にどの量でも作業をしてくれます。大量の遺品があって自分では対応できなくても、気軽に依頼できます。

遺品整理を依頼するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

遺品整理を依頼するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

https://sodaigomi-kaishu.com/

遺品整理をするなら粗大ゴミ回収本舗にお任せください。

不用品回収を中心に遺品整理にも対応しています。多数在籍する遺品整理士が年中無休で24時間対応します。

お客様の希望に沿う日程で遺品整理を進めることが可能です。

また、粗大ゴミ回収本舗が提供する定額パックプランは業界最安値クラスです。トラックに載る範囲なら追加費用がかからないため、大量の不用品をまとめて処分できます。

遺品整理を検討しているなら、ぜひ粗大ゴミ回収本舗」で「無料の出張見積もり」を利用してみてください。

>>>粗大ゴミ回収本舗の無料お見積りはこちら

まずはご相談ください 無料

  • 粗大ごみ回収
  • 遺品整理
  • デジタル遺品整理

資格を持った遺品整理士が年中無休 24 時間対応します。

資格を持った遺品整理士が年中無休
24 時間
対応します。

電話で相談する フリーダイヤル(通話無料)

粗大ゴミ回収本舗
Average rating:  
 0 reviews

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER