作業員待機中

01時21分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

引っ越し時の家電処分方法!冷蔵庫や洗濯機は不用品回収業者へ!

引っ越し時に古くなったり、壊れたりした家電を処分しようと考えておられる方に、家電の処分方法を解説します。

普段の家電処分とは異なり、引っ越しに伴う家電処分では、引っ越しまでというタイムリミットがあります。

処分しようと考えている家電を新居まで持って行くのは無駄です。

引っ越し料金も高くなります。

そして、家電処分にはいろいろなルールがあります。

ルールを守りつつ、期限内にスムーズに処分する方法を紹介します。

top transition banner

引っ越し時に出る家電の処分方法

引っ越し時に出る家電の処分方法

引っ越し時の家電処分では引っ越し準備で忙しい中、手間がかからない、便利さなども考慮して処分方法を考えましょう。

 

不用品回収業者に依頼する

引っ越し前の家電処分では、不用品回収業者に依頼する方法がベストです。

不用品回収業者は、家電リサイクル法対象品目やパソコン、小型家電リサイクル法対象品目のいずれであっても回収します。

また、大きくて重い家電も、運び出しOKです。

エアコンの取外しをお願いできる業者もいます。

さらに、電話一本で即日回収も可能です。

あわただしい引っ越し前に、このサービスはとても助かります。

引っ越しの家電の処分なら不用品回収業者がおすすめの理由を確認する方はこちら!

引っ越し時におすすめの片付け不用品回収業者ランキングはこちら!

関連記事

 

引っ越し業者の回収サービスを利用する

引っ越しを依頼する引っ越し業者に家電の回収を依頼する方法もあります。

ただし、べての引っ越し業者が回収サービスに対応しているわけではありません。

依頼しようとする業者に、事前に確認するといいでしょう。

また家電製品では、回収不可の品目もありますから要確認です。

さらに、引っ越し業者の家電回収は、不用品回収業者などに比べると、多少割高になります。

というのは、引っ越し業者は、独自の処分ルートを持たず、他の業者に依頼するためです。

 

家電量販店や指定引取場所に引き取ってもらう

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の4品目は、家電リサイクル法対象品目です。

家電リサイクル法に則って、処分しなければなりません。

その一つの方法が、家電量販店に引き取ってもらう方法です。

処分したい家電リサイクル法対象4品目の商品を店舗に持ち込みます。

「リサイクル料金+収集運搬費」が必要です。

また、お近くに指定引取場所があれば、持って行くことも可能です。

貯金窓口にて、家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)を受け取り、必要事項を記入した物を家電と一緒に持ち込む方法です。

家電を載せることができる車、持って行ける時間的余裕があれば、利用できます。

近くの指定引取場所は、ネットで検索できます。

 

小型家電リサイクルボックスに入れる

小型家電には、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルと言われる有用な金属などが含まれます。

日本で1年間に使用済みとなる小型家電は65万トン、そのうち有用な金属は28万トン(金額にして年間約844億円分)といわれています。

小型家電リサイクル法は、小型家電に含まれる有用な資源をリサイクルするための法律ですから、協力できるところは協力したいです。

市役所・区役所、図書館、駅、ショッピングモールなどに小型家電リサイクルボックスが設置されています。

ボックスに投入できる大きさの家電であれば、無料で処分できます。

ただし、投入口の大きさ(縦20cm×横35cm)に制限があるため、入れられる家電には限度があります。

入らない家電をボックスの周辺に放置することは厳禁です。

入らない小型家電については、お住いの自治体のルールに従ってください。

 

リサイクルショップで買い取ってもらう

状態が良くて、まだまだ使えそうな家電、小型家電、パソコンなどは、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうと、処分費用がかからないばかりか、売上金も手に入ります。

ただし、状態がいいものに限ります。

パソコンなどは、中古パソコンに特化したリサイクルショップに持ち込む方が、値段がつきやすいかもしれません。

リサイクルショップに持って行く前には、きれいに清掃し、部品・取扱説明書などを取りそろえておきましょう。

 

フリマアプリやネットオークションで売る

今や、利用者がどんどん増えているフリマアプリやネットオークションに出品する方法もあります。

リサイクルショップ同様、状態が良くて、新しいもの、人気メーカーや人気ブランドのものが売れ筋です。

ただ、家電の場合は、送料がネックになりますから、どんなものがどんな値段で取引されているかを事前にリサーチされるといいでしょう。

ただ、フリマアプリやネットオークションに出品しても、必ずしもすべて売れるわけではありません。

また出品・発送にはものすごく手間がかかります。

引っ越し前にはあまりおすすめできる方法とは言えません。

 

自治体の粗大ゴミに出す

自治体の粗大ゴミとして出すのが、費用としては一番お手頃です。

ただ、家電リサイクル法対象品目は回収不可です。

さらに、申込みから回収まで数日~1週間程度かかります。

引っ越しシーズンや年度末などの繁忙期はさらに時間がかかります。

引っ越しに合わせて粗大ゴミ回収で処分したい場合は、引っ越しがわかった時点で、できるだけ早く申込みを済ませることをおすすめします。

 

電化製品の正しい処分方法について、さらにお知りになりたい方はこちらの記事もどうぞ!

関連記事
  • NEWS

    電化製品は粗大ゴミ回収?リサイクル回収?正しい処分方法を解説

      使用済みの電化製品&…

    2022.09.15

    2022.09.15

    続きを読む

 

引っ越し時の家電処分の費用相場

引っ越し時の家電処分の費用相場

引っ越し時の家電処分にかかる費用相場を、処分方法別に表にまとめましたので、処分方法選びの参考になさってください。

引っ越し時という事情を考えると、料金の安さだけでなく、スピードや手間なども考慮して、処分方法を選択されることをおすすめします。

処分方法 費用相場
不用品回収業者 単品回収:500~4,000円
引っ越し業者 単品回収:1,000~9,000円
家電量販店や指定引取場所 家電量販店:1,500~3,000円(リサイクル回収料金)+収集運搬料(2,500円)
指定引取場所:上記のリサイクル回収料金のみ
小型家電リサイクルボックス 無料
リサイクルショップ 無料
フリマアプリやネットオークション 販売手数料:売上金の5~10%
自治体の粗大ゴミ 500~2,500円

 

 

引っ越し時の家電処分の注意点

引っ越し時の家電処分の注意点

引っ越し時の家電処分では、引っ越し時特有の注意点と、家電処分特有の注意点があります。

どちらにも注意を払って、スムーズに、ノートラブルで処分しましょう。

 

引っ越し業者では家電品目によって回収不可の業者あり

引っ越し時の家電処分では、引っ越し業者に処分を依頼すると、ワンストップで便利なように思います。

ただ、引っ越し業者は、家電処分、不用品処分のプロではないので、いろいろと制約があります。

そのひとつが、回収不可の品目があるという点です。

引っ越し業者に依頼しようと考えているのなら、事前に回収可の品目を確認することをおすすめします。

 

家電リサイクル法・小型家電リサイクル法・パソコンリサイクル法のルールに従う

「限りある資源」「地球環境を守ろう!」「SDGsの推進」等、社会的にも、個人的にもエコ意識が高まっています。

制定された家電リサイクル法、小型家電リサイクル法、パソコンリサイクル法は、地球市民として守らなければならない法律、ルールです。

といっても特にむずかしいことはありません。

家電量販店などに持って行って、処分費用を払うだけですから簡単です。

ただ、引っ越し前という時間的制約がある場合は、法律ごとに対応することは大変です。

不用品回収業者なら、家電リサイクル法、小型家電リサイクル法、パソコンリサイクル法対象品目のすべてを分別なしで回収してもらえますから、忙しい方には救世主です。

 

タイムリミットのある引っ越しの家電処分は時間的余裕を持って!

何度も何度も書いて恐縮ですが、引っ越しにはタイムリミットがあります。

いくら正しい処分方法でもタイムオーバーになっては意味がありません。

例えば、自治体の粗大ゴミなら申込みから回収まで最低でも5日~1週間程度待たなければなりません。

引っ越しが決まった時点で、逆算して、この時点までには申込みを済ませなければならないという日を設定しましょう。

会社からの突然の転勤命令などの場合は、電話一本で即日回収も可能な不用品回収業者がおすすめです。

 

冷蔵庫・洗濯機の処分時の注意点

冷蔵庫や洗濯機は、引っ越し時の処分、運搬で水が漏れるおそれがあるため、いずれの場合も事前に水抜きをしておくのがエチケットです。

処分や引っ越しで運搬する直前に電源を抜くと、周りが水浸しになってしまいます。

冷蔵庫は、運び出す24時間前には電源を切っておきましょう。

新居で使わず、処分するだけの場合も、24時間前に電源を切って水抜きをしておくと、業者の方に迷惑をかけません。

洗濯機も同様に、運搬の前日には電源を抜いておきましょう。

お互いの思いやりが、スムーズに事が運ぶ大前提です。

 

引っ越し時の家電処分は不用品回収業者がおすすめの理由

引っ越し時の家電処分は不用品回収業者がおすすめの理由

引っ越し時に家電処分する方法はいろいろありましたが、不用品回収業者に依頼する方法がベストです。

その理由を解説します。納得のいく理由ばかりです。

スムーズで適正な処分には、不用品回収業者がおすすめです。

 

すべての家電回収・処分OK

引っ越し業者でも、自治体の粗大ゴミ回収でも、回収できない家電品目が意外に多くありました。

回収可なものと不可のものを別々に依頼するのは二重手間で、引っ越し前のあわただしい時には避けたいです。

その点、不用品回収業者なら、すべての家電の回収・処分が可能です。

面倒な分別も不要で、運び出しもしてもらえます

 

個数制限なしで処分できる

自治体の粗大ゴミ回収では、1回に回収できる個数、あるいは1か月に回収できる個数に上限がある自治体が多いです。

引っ越し時は、一度に大量の不用品が出ます。

不用品回収業者なら、回収に個数制限はありません。

大量の不用品、家電の回収なら、諸経費込みのお得なパックが利用できます。

 

即日回収も可能

自治体の粗大ゴミ回収では、申込みから回収まで5日~1週間程度かかります。

引越しシーズンだとそれ以上かかることも多いです。

不用品回収業者なら、電話一本で即日回収も可能です。

あなたの都合に合わせた回収日時の予約もできます。

タイムリミットがある引っ越しの家電処分には最適なサービスです。

 

エアコンの取外しなども依頼できる

不用品回収業者なら、不用品の回収時、エアコンなどの取外しもしてもらえます。

賃貸などでは、退出時にエアコンを取り外さなければならないケースが多いです。

自力では取り外せないうえに、取り外したものをどう処分するかも悩みどころです。

不用品回収業者なら、ワンストップで解決です。

 

引っ越し費用を抑えるための、引っ越し時の断捨離について、さらにお知りになりたい方はこちらの記事もどうぞ!

関連記事

 

引っ越し時の家電・不用品処分なら粗大ゴミ回収本舗におまかせ!

引っ越し時の家電回収では、粗大ゴミ回収業者に依頼するのが一番便利であると力説してきました。

なかでもおすすめなのが、「粗大ゴミ回収本舗」です。

粗大ゴミ回収本舗は、東京・神奈川・埼玉・千葉全域を対応エリアとする格安不用品・粗大ゴミ回収業者です。

粗大ゴミ回収本舗のおすすめポイントはその料金の安さです。業界最安値をお約束しています。

諸経費込みのパックプランがとてもお得です。他の追随を許さないSパック(1.5㎥目安)が、驚きの9,800円です。

引っ越しに伴う粗大ゴミ回収やハウスクリーニング、片付け・整理のお手伝いなどを行います。

粗大ゴミ回収本舗のサービスは、各種メディアにも取り上げられています。

今なら、公式サイト限定割引2,000円OFF、2回目以降のご利用でリピーター割引15%OFFなどお得なキャンペーンをやっています。

この機会をお見逃しなく!

粗大ゴミ回収本舗では、電話相談などご相談・お見積りは完全無料です。

お気軽にお問い合わせください。

>>粗大ゴミ回収本舗への無料見積もり依頼はこちら!

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER