当記事ではビールサーバーや炭酸ガスボンベの処分方法と処分費用について徹底解説。

不要になったビールサーバー・炭酸ガスボンベの正しい処分方法、処分にかかる費用を知ることのできる内容です。

参考にすると、即座にビールサーバーを正しく処分できるので、ぜひ参考にしてください。

ビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分方法

ビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分方法

ビールサーバーや炭酸ガスボンベは美味しいビールを自宅でも楽しみたいという人の要望に沿ったものですので、重宝しているという人もいます。

しかし、設置場所をそれなりにとるので普段からあまり使わないという人は邪魔に感じて処分したいと考えるかもしれません。

当項目では、ビールサーバーを処分する際に考えられる具体的な方法をいくつか挙げて解説します。

自治体の粗大ゴミとして出す

1つ目の方法は自治体の粗大ゴミとして出すです。

ただし、自治体によっては家庭ゴミとされない場合も多く、地域によっては処分を拒否されてしまう場合もあるので注意しましょう。

粗大ゴミとして処分する場合は各自治体で用意されている粗大ゴミ券を平均300円ほどで購入し、通常の粗大ゴミと同様にゴミ捨て場に捨てに行きます。

また、炭酸ガスボンベは使用済でない場合は自治体の粗大ゴミとしては処分できませんので別の方法を考えねばなりません。

欲しい人に譲る

2つ目の方法は欲しい人に譲るです。

ビールサーバーや炭酸ガスボンベは個人や業者を問わず欲しい人がいるので譲るのも手といえるでしょう。

身近に欲しい人がいれば譲渡はスムーズにいきますが、見つからない場合はジモティーなどの物を譲る相手を見つけるサービスなどを活用し、譲る相手を見つけましょう。

フリマアプリやオークションで売る

3つ目の方法はフリマやオークションなどで売るです。

ビールサーバーはそれなりに需要はあるので、メルカリやヤフオクなどに出品しても数千円から数万円程度で取引されています。

フリマアプリで処分すれば処分費がかからないというメリットがありますが、メルカリなどでは送料を負担しなければならないといったデメリットもあり、梱包や発送の手間がかかるというのも悩みどころです。

出品の際は飲食に関わる品ですので、できるだけライトアップされている場所を商品画像の撮影場所に選び、可能な限りは清潔感をアピールするのが売れるコツです。

リサイクルショップに売る

4つ目の方法はリサイクルショップに売るです。

小さな飲食店や個人への需要がそれなりにあるので、もちろん買取可能なショップは多くあります。

よほどのことがない限り買取不可ということはありませんが、可能な限りはビールサーバーの買取や販売を積極的に行っている業者を選択するのが高く売るコツです。

粗大ゴミ回収業者に依頼

5つ目の方法は粗大ゴミ回収業者に売るです。

この方法は処分法としては一番手っ取り早く、適切といえるでしょう。

その理由はビールサーバー一式を同時にすぐに処分でき、売るにしてもリサイクルショップなどと連動し買取をしている場合もあるので面倒なことをすべて任せることができるからです。

また、ビールサーバー処分時にはグラスやビール瓶など別途不用品が出る場合もありますが、まとめて処分を任せられるのは大きいといえるでしょう。

不用品回収業者のビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分費用比較

不用品回収業者のビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分費用比較

以下は東京都で営業している粗大ゴミ回収業者のビールサーバー処分時の料金比較表です。

業者名 ビールサーバーの処分費用
粗大ゴミ回収本舗 単品回収アリ要お問い合わせ
パワーセラー 6,000円~25,000円(大きさにより異なる)
不用品回収アース東京 単品回収アリ要お問い合わせ
不用品買取センター 買取可能要お問い合わせ
粗大ゴミ回収隊 単品回収アリ要お問い合わせ

上記のように各業者具体的な処分費用の相場は明示していません。

しかし、単品回収の費用相場の目安は13,000円前後です。

ほかに処分するものがある場合は上記で紹介している業者にはそれぞれパック料金があります。

粗大ゴミ回収本舗では最安のパック料金が14,800円ですが、ウェブ割引をお得に活用すれば2000円引きが適用され、12,800円で軽トラック一台分の不用品を処分できます。

ビールサーバー・炭酸ガスボンベ処分のポイント

ビールサーバー・炭酸ガスボンベ処分のポイント

ビールサーバーや炭酸ガスボンベを処分する際は抑えておきたいポイントがいくつかあります。

当項目では具体的に抑えておきたいポイントを3つほど挙げ、それぞれ解説します。

処分は回収業者に依頼が簡単で手間いらず

ビールサーバーの処分は回収業者に依頼するのが簡単で手間いらずです。

自治体で処分する場合は棄てられるかどうかを確認したり、処分品目がどのようになるかなどを調べたり、自身でゴミを運んだりと面倒なことがつきまといです。

売るにしても出品や発送などとにかく手間をとられるのは間違いありません。

回収業者に依頼すれば全面的に処分を任せられるので手間いらず且つ処分がスムーズにいくでしょう。

買取に出すときは綺麗に洗っておく

ビールサーバーを買取に出す場合は綺麗に洗っておきましょう。

飲食に関わる機器などはリサイクルする場合、清潔感が大切です。

回収業者に買取を依頼するほか、リサイクルショップやオークション等での処分であっても共通事項ですので、しっかりと把握しておきましょう。

大量処分なら回収業者のパック料金がお得

ビールサーバー以外にも処分したいものが複数あるときは回収業者のパック料金が大変お得です。

例えばトラック一台分に載せ放題で1万円など定額料金で処分できます。

パック料金を利用することで、ビールサーバーと同時に部屋の片付けもできるので大量処分を検討している方は要チェックです。

ビールサーバー・炭酸ガスボンベ処分の注意点

ビールサーバー・炭酸ガスボンベ処分の注意点

ビールサーバー・炭酸ガスボンベを処分する際は気を付けなければならないポイントがいくつかあります。

当項目では最低限把握しておいた方がよいポイントを注意点として3つほど紹介しています。

業務用のレンタル品は勝手に処分しない

業務用のレンタル品は勝手に処分してはいけません。

無断で処分しても良いのは自身で購入したビールサーバーのみです。

レンタルしているものを誤って処分してしまうと違約金が発生してしまう可能性があるので注意しましょう。

尚、突然取りやめるという場合でも解約金が発生するので要注意です。

炭酸ガスボンベはキリンビール・アサヒビールなどに依頼

炭酸ガスボンベの処分はメーカーに依頼するとよいでしょう。

各メーカーのホームページにはそれぞれどのように炭酸ガスボンベを処分すればよいかなどの指示が掲載されています。

基本的に使用済の炭酸ガスボンベに関しては自治体などのゴミに鉄として処分が可能なものの、未使用のものに関してはメーカーに問い合わせる必要があります。

キリンビール、アサヒビールに限らず他メーカーのものを使用している場合もまずはメーカーに相談しましょう。

炭酸ガスボンベは気温が熱い場所に保管しない

炭酸ガスボンベは気温が高い場所に保管してはなりません。

高温になると安全装置が作動しガスが噴出したり、破裂する恐れがあります。

炭酸ガスボンベの中の炭酸ガスの圧力は温度によって変化し、内部温度が47℃を超えた場合は破裂板式安全弁が破裂し、二酸化炭素を噴出してしまいとても危険です。

普段から直射日光を避け、風通しの良い場所に設置するようにしましょう。

粗大ゴミ回収本舗ではビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分も簡単

粗大ゴミ回収本舗ではビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分も簡単

ビールサーバー・炭酸ガスボンベの処分は自治体で処分できるのか、炭酸ガスボンベの処分はどうすればよいのかなど多くの疑問がつきものです。

そんなときは私たち「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

ビールサーバー等の不用品の回収や処分はもちろんのこと、価値のあるものは査定しお客様に損失が無いよう適切な処分をさせていただきます。

即日対応、激安価格、丁寧な作業を心がけておりますので、ぜひ「粗大ゴミ回収本舗」で無料の出張見積もりを利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗へのお問い合わせはこちらからCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA