家庭やオフィスにある金庫を、引っ越しや、オフィス移転・閉鎖などの理由で処分したいとき、一体どのような方法で処分するのか、どこに依頼すればよいのか、あまり知られてないのが実情です。

実は金庫は一部を除いて、不燃ごみや粗大ゴミとして出せないため、適切な処分方法を理解する必要があります。

そこで当記事では、気になる金庫の処分について取り上げます。

具体的な処分方法や処分費用の相場などをご紹介したうえで、依頼できる粗大ゴミ回収業者を3社厳選してご案内しますので、ぜひ最後までご覧ください。

金庫は不燃ごみや、粗大ゴミとして処分できない

最初に理解しておかなければならないのは、金庫は通常の燃えないゴミや粗大ゴミのように処分することは認められていない、ということです。

なぜなら、金庫は大切な資産を守る目的で特殊な素材(耐火材)を利用して作られているからなのです。

この点について少し詳しく見ていきます。

金庫にはふたつの種類があります。

1.耐火金庫

耐火金庫は大切な貴重品を火事から守るための金庫であり、「気泡コンクリート」「スチール」「鋼材」等が金庫の素材として使われています。

「気泡コンクリート」とは、コンクリートの中に気泡が入るよう作られているコンクリートで、一般の住宅だけではなく、マンションや高層ビルでも広く利用されています。

優れた断熱性と耐火性を持っているため、耐火金庫の素材として利用されます。

なお、「日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会」(金庫などの製造販売を行う事業者の業界団体)では、

  • JIS規格に基づき、30分~4時間にわたる耐火試験に合格
  • 9.1mmの衝撃落下試験に合格

以上のふたつをクリアした金庫のことを「耐火金庫」と呼んでいます。

さらに、金庫の耐火性能によって、「30分耐火」から「4時間耐火・急加熱・耐衝撃」まで15段階に分類しています。

引用:金庫の業界団体 日セフ連 https://www.nihon-safe.jp/

2.防盗金庫

防盗金庫は大切な貴重品を盗難から守るための金庫であり、耐火性能だけではなく、ドリルや、ハンマーなどの工具による破壊行為や、バーナーによるガス溶断に耐えられるかどうか、つまり耐久性によって7つに分類されています。

中身を取られないようにするため、耐火金庫の素材に加えて、特殊合金など独自の素材が使われていますが、メーカーのノウハウが詰まっており、どのような特殊合金が使われているかは企業秘密とされています。

引用:金庫の業界団体 日セフ連 https://www.nihon-safe.jp/

以上のように、金庫は、特殊な素材を使い耐久性・耐火性が高いことから、自治体による粗大ゴミ回収では金庫を受け付けることはできないのです。

金庫の具体的な処分方法は?

ではここから、金庫の具体的な処分方法を三つご紹介します。

購入店で引き取ってもらう方法

金庫を購入した店舗に持ち込むと、多くの場合は無料で引き取ってもらえます。

店舗によって、あるいは金庫の種類によって、費用が発生する場合もあるので、詳細は購入店にお問い合わせください。

金庫が大きい場合は出張回収も可能ですが、出張料が発生する可能性があります。

金庫を買ってから時間が経過し、購入したお店が既に閉店している場合や、引越しで遠くの街にあるような場合は、メーカーに直接問い合わせてみましょう。引き取ってもらえるお店について何か情報が得られる場合もあります。

状態の良いものを買い取ってもらう方法

金庫を処分する際は、購入からだいぶ時間が経過していることが多いのですが、一般に金庫の耐用年数は20年といわれており、製造からあまり時間が経過していない金庫であれば、ネットオークションやフリマアプリなどで売却するのも良い方法です。

なお、ネットオークションやフリマアプリなどで売却するのならば、小さめのモノや手提げタイプの金庫がよいでしょう。

大型の金庫は重量も重いため送料が高くつくので、リサイクルショップに持ち込む方がよいでしょう。

どのような形であっても、金庫を売却するのであれば、以下の3点をチェックしておけば、スムーズに売却することができます。

  • 金庫の内部・外部を掃除しておく
  • 取扱説明書や保証書をなるべく用意しておく
  • 傷やへこみ・使用年数・メーカー名・型番などを確認しておく

粗大ゴミ回収業者に回収してもらう方法

粗大ゴミ回収業者に依頼するのも良い方法です。

多くの粗大ゴミ回収業者では、金庫の処分も手がけています。

業者の公式サイト上に記載がない場合でも、問い合わせてみると金庫の回収OKな場合が多いです。

回収には処分費用や出張料などが必要ですが、他の不用品や粗大ゴミと一緒に回収を依頼することで費用を抑えられます。

「カギがなくて中身を確認できない」「解錠もお願いしたい」といった場合も、粗大ゴミ回収業者に対応可能か問い合わせてみましょう。

鍵開けの専門業者を別途手配する必要があるかも知れませんが、その点についても回収業者に依頼する前にしっかり確認しておけば、思わぬトラブルを回避できます。

金庫の処分を依頼する前の注意点

不用品回収業者などに金庫の処分を依頼する前に、必ずチェックしておきたいポイントがあります。

  • 金庫のサイズ(縦×横×高さ)と重さ
  • 製造メーカーと型番

このふたつは必ず確認しておきましょう。

なぜなら多くの回収業者は、これらの情報をもとに処分費用を決めるからです。

中身が入ったままで解錠できないので正確な重さが分からない!というような場合は、その旨を回収業者に伝えましょう。

金庫の製造メーカーや型番は金庫本体に記載されていることがほとんどなので、本体を確認しておくと見つかるかと思います。

金庫の処分費用の相場は?

では金庫の処分を業者に依頼するには、どのくらいの料金が発生するのでしょうか?

ここでは気になる相場について、目安になる情報を整理したいと思います。

【金庫の回収費用の一般的な目安】

  • 1kg当たり100円~250円
  • 作業員の人数によって追加料金が発生する場合あり
  • 回収場所が2階以上かどうか、階段か、エレベーター利用可能かによって追加料金が発生する場合あり
  • 積み放題プランがある不用品回収業者では、プランの中で回収OKな場合あり

【回収費用の参考例】

30kg 50㎏ 100㎏
5,000円前後 6,000円~12,500円 12,000円~25,000円

積み放題プランに金庫が含まれない場合は、上記の料金に出張費や作業品の人件費などが上乗せされる場合があります。

金庫の処分を依頼できる粗大ゴミ回収業者3選!

では、ここからは金庫の処分を依頼できる業者を厳選して、おすすめ順に3社ご紹介します。

金庫回収を相談したい歳に、問い合わせ先を絞り込む際の参考にしてください。

1位「粗大ゴミ回収本舗」

https://sodaigomi-kaishu.com

粗大ゴミ回収本舗は、利用者の満足度が非常に高い粗大ゴミ回収業者です。

業界最安値を目指し、お得な積み放題プランを複数用意されています。

金庫を含めほぼすべての粗大ゴミ回収に対応しており、単品からの回収も可能です。

WEBサイト上は回収品目の一例に金庫の記載がありませんが、対象外ではありません。

金庫の大きさや型番を確認し、金庫の写真を添付してLINEで問い合わせると、確認次第、正確な見積もりが提示されます。

お急ぎの方はお電話でのご連絡をお勧めいたします。

店舗名 粗大ゴミ回収本舗
おすすめポイント ほぼ全ての粗大ゴミを格安で回収可能
サービス内容 不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、ハウスクリーニング、遺品整理 など
料金目安 ・軽トラックのせ放題 14,800円

・1.5tトラックのせ放題 34,800円

・2tトラックのせ放題 59,800円

受付時間 8:00~24:00(年中無休)
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
キャンペーン情報 ・WEBサイト申込は2,000円OFF

・2回目の回収依頼は15%OFF

粗大ごみ回収本舗の口コミ】

長年住んだ家を引っ越すことになり、大量の粗大ゴミと不用品の回収をお願いしました。ちょっと大きめの20年以上使った古い金庫も処分してもらえたので、とても助かりました。自治体では回収してもらえないので、ちょうど悩んでいたところでした。

手提げ用の金庫をふたつ処分したいのですが、専門の業者に依頼するかどうか迷っていました。ネットで探したところ、粗大ゴミ回収本舗さんなら相談できそうだと思って連絡したところ、快く回収してもらえました。またお願いしたいと思います!

2位:「東京スマイル回収」

https://tokyo-smile.com/service

東京スマイル回収は、不用品回収のほか、ゴミ屋敷片付けの実績も豊富な業者で、多くの物品の回収に対応しています。

金庫については、重さによってはトラック回収プランの対象外となり、別途料金が必要になることがあるようです。

作業の予約実績はホームページに公開されており、繁忙期の状況を予めチェックしたうえで相談できます。

また、スマホでとった写真をLINEで送る簡単見積も、お客様の都合を考えたよいサービスです。

店舗名 東京スマイル回収
おすすめポイント
サービス内容 不用品回収、粗大ゴミ処分、ゴミ屋敷掃除、遺品整理
料金目安 軽トラ¥11,000

2トン車¥31,000

オプション料金:

●2階以上でエレベーターが無い場合、階ごと1,200円
●ベッドやその他解体希望の場合、解体費3,980円
●エアコンの取り外し1台5,980円~

受付時間 24時間電話受付 年中無休
対応エリア 東京都23区内及び一部の市、神奈川県
キャンペーン情報 インターネット予約で1,000円OFF

東京スマイル回収の口コミ】

急な都合で相談したところ、翌日回収依頼にも応じていただきました。古くて使わなくなった金庫は回収対象かどうか不安でしたが、小さいものだったので、積み放題に含めてもらえました。トータルで安く済んだので満足です。

3位:片づけ屋さん.com

http://www.katazuke.tokyo/

片づけ屋さん.comでは、不用品、お店の閉店による処分品など、納得の価格で不用品回収や買取が可能です。

見積もりは無料で、24時間365日スタッフが対応しています。スマホで撮った不用品の写真をQRコードを読み込んで送信すると、簡単に見積もりが可能です。

金庫については回収プランの対象外ですが、大きさが30cm×30cm×30cmであれば、10,000円から回収できます。それよりも大きい場合は別途ご相談ください。

店舗名 片づけ屋さん.com
おすすめポイント 一定の大きさの金庫の回収に対応可能
サービス内容 不用品回収、買取、遺品整理
料金目安 個別回収料金:金庫 30cm×30cm×30cm程度 10,000円~

(地域によって、基本回収料金1,000円~3,000円別途)

以下、運び出し・仕分け・出張料・人件費・車両費込

ミニパックプラン28,000円~

ミドルパックプラン65,000円~ 

ビックパックプラン85,000円~

受付時間 24時間365日対応
対応エリア 東京都:東京都23区 世田谷区 杉並区 港区 渋谷区 新宿区 練馬区 豊島区 中野区 品川区 板橋区 北区 江戸川区 文京区 葛飾区 荒川区 台東区 墨田区 千代田区 中央区 足立区 目黒区 江東区 大田区
埼玉県:さいたま市全域 草加市 川口市 三郷市 八潮市 蕨市 戸田市 越谷市 春日部市
キャンペーン情報 特に記載なし

片づけ屋さん.comの口コミ】

実家を片付けていたら、たくさんの粗大ゴミが出てきたので、処分に困っていたところ、片付け屋さん.comを知人に紹介してもらいました。手提げタイプの金庫が三つ出てきたのですが、自治体では回収できないといわれてしまったので、ほかの回収プランとは別料金とのこと。少し悩みましたが一緒に処分しないと後で困るのでお願いしました。

金庫の処分は粗大ゴミ回収本舗へお任せください!

金庫の処分は一般の粗大ゴミとは異なり、その性能や素材の特殊性から、一部を除いて自治体では処分ができません。

そのため、処分する際は粗大ゴミ回収業者などに依頼する必要が出てきます。

粗大ゴミ回収本舗でも、お客様から金庫の回収・処分を依頼されることがあります。

回収した実績も豊富ですので、安心してご依頼いただければと思います。

金庫の種類や大きさによって、お客様に最適なプランをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA