サンドバッグを自宅やオフィス用に購入し、ストレス発散などに使っている方もいると思います。

しかし問題は、使わなくなった時の処分です。

サンドバッグは大きい上に布や砂などが詰められており、かなり重いもの。

そこで当記事では、料金相場と主な処分方法について解説。自分に合った処分方法を効率よく見つけられる内容です。

さらに処分の相談先としておすすめの不用品回収業者をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

サンドバッグ処分の料金相場

サンドバッグ処分の料金相場

次に、サンドバッグ処分の料金相場についてご紹介します。

最初に、自治体による処分と民間の粗大ゴミ回収サービスの違いを比較していきます。

【自治体による処分と、民間の粗大ゴミ回収サービスの違い】

主な処分方法 料金相場 備考
家庭ゴミとして処分 ゴミ袋の数×袋の単価(袋が有料の場合) 分解すれば外側は家庭ゴミに出せる場合がある

中身が砂や土の場合は家庭ゴミには出せない

自治体の粗大ゴミ回収を利用 自治体や大きさによって異なる

600~1,200円程度

中身が砂や土の場合、粗大ゴミとしても回収対象外
不用品回収業者へ依頼する 単品回収:1,000円〜5,000円程度(+諸経費)

 

積み放題プラン:20,000円~80,000円(複数の不用品を処分できる)

不用品・粗大ゴミ回収業者によって異なる

他の不用品と一緒に回収してもらうのがよい

中身やサイズに関わらず回収可能

不用品回収業者の料金と、自治体の粗大ゴミ回収料金を単純に比較すると、不用品回収業者が高い印象を受けますが、もう少し詳しく整理してみます。

【不用品回収業者を利用するメリット】

  • 即日回収可能な場合が多い
  • 早朝深夜でも回収してもらえる場合が多い
  • 分別や搬出もお任せできるので楽
  • リユースリサイクル可能であれば、回収料金から差し引いてもらえることもある

【自治体の粗大ゴミ回収を利用するデメリット】

  • 即日回収には対応していない
  • 指定の時間に、指定の場所へ搬出する必要がある
  • 分別や搬出は自力でおこなう必要がある
  • まだ使えるものであっても、買い取ってもらえない

 

【その他無料の処分方法】

その他、手間をかけることで、無料で処分できる可能性のある方法を以下に整理します。

ただしサンドバッグの種類や状態によって異なるので、無料で処分できるとは限りません。

詳細については、次項の「サンドバッグの主な処分方法」でご説明します。

主な処分方法 留意点
専門業者の買取サービスを利用 買取価格次第

取扱いのある業者は一部

車で行ける場合の選択肢

フリマアプリを利用 売却価格と配送料次第

配送料次第ではあまり手元に残らない可能性も

知人に譲る 直接引き取りに来てもらえれば費用かからない

引き取ってくれる人が知り合いにいれば、お金もかからず楽に処分できる

 

サンドバッグの主な処分方法を6つご紹介

サンドバッグの主な処分方法

サンドバッグの主な処分方法について、6つに絞ってご紹介します。

 

1. 家庭ゴミとして処分する方法

サンドバッグの中身が布の場合は、家庭ゴミで処分することも可能です。

サンドバッグ本体上部にあるチャックを開けると、簡単に中身を取り出せます。

量が多いのでかなり手間がかかりますが、すべてを折り畳みゴミ袋に入れることで、家庭ゴミとしての搬出も可能です。

ただし中身が砂や土といった素材の場合は、自治体によるゴミ回収は利用できません

 

2. 専門業者の買取サービスを利用する方法

一般のリサイクルショップでは、サンドバッグはなかなか買取対象になりません。

新品同様であれば可能性はありますが、たいていの場合は使用によるダメージが蓄積されているからです。

ホームジム用品を専門に買い取る業者も中にはあるので、状態がよいものであれば相談してみるのも一つの方法です。

 

3. フリマアプリなどを利用する方法

フリマサイトなどで売却する方法もありますが、サンドバッグを自力で配送するのは手間がかなりかかると考えておきましょう。

大きさや重さを考えると配送料が高額になる可能性が高いですし、養生や梱包の手間は相当なものだからです。

 

4. 知人に譲る方法

一番手軽なのは、知り合いなどに譲る方法です。

ただし、サンドバッグはどうしてもスペースを取ってしまいます。

室内や階下に響く衝撃や騒音のことを考えると、実際に欲しい方はなかなかいないかもしれません。

自宅まで自分で取りに来てくれるなど、条件がそろう場合に限った方法と考えましょう。

 

5. 自治体の粗大ゴミ回収を利用する方法

サンドバッグを自治体の粗大ゴミ回収にだすことも可能です。

一般的には、次のような手順を踏みます。

  • 自治体に問い合わせて回収を申し込み
  • 粗大ゴミ回収費用分のシールなどを買い
  • それをサンドバッグにはりつけ
  • 所定の日時に指定された場所(自宅の玄関先など道路から入りやすいところ等)に自分で搬出

料金自体は安いのですが、様々な手間がかかるデメリットがあります。

自力で所定の場所にだす必要があるため、お住いの環境(マンションの高層階など)によっては対応が難しい場合も。

天井から吊るすタイプのサンドバッグの場合、基礎部分を含めた解体作業が必要なので自力では難しいでしょう。

 

6. 不用品回収業者に回収を依頼する方法

不用品回収業者に依頼する方法もあります。

依頼主の都合に合わせたスケジュールを組めるのが魅力です。

例えば即日回収や、早朝深夜の回収にも対応してもらえます。

さらに搬出作業も業者の作業員にお任せできるため、けがの心配もありません。

申し込み方法も多様で、電話、メール、LINEといった様々な方法で相談・依頼可能です。

これなら忙しい方にとっては、一定の費用を払っても、メリットを感じていただけるといえます。

 

サンドバッグの処分を依頼できる業者3選

サンドバッグの処分を依頼できる業者3選

サンドバッグの処分を依頼できる不用品回収業者のなかから、おすすめ順に3社ご紹介します。

  • 他にもたくさんの不用品がある!
  • 忙しいので土日祝日や早朝深夜に回収してほしい!
  • 大きくて重いので自分では手に負えない・・・

といった悩みをお持ちの方には、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

ご紹介した業者の情報を参考に、不用品回収業者への見積依頼をご検討ください。

 

1.粗大ゴミ回収本舗

https://sodaigomi-kaishu.com/

粗大ゴミ回収本舗は、顧客からの評判が高いことで知られる不用品回収業者です。

サンドバッグの処分に困ったら、まず電話かメール、LINEで相談するとよいでしょう。

単品でも、基本料金・車両費・階段料金(2階まで)・スタッフ追加(2名まで)はかかりません。

出張見積も無料で可能で、当日の申し込みでの回収作業もOKです。

店舗名 粗大ゴミ回収本舗
おすすめポイント 電話見積OK、最短30分で駆け付け可能
サービス概要 粗大ゴミ処分、ゴミ屋敷片付け、倉庫片付け、遺品整理、ハウスクリーニング
料金目安 軽トラック載せ放題14,800円

1.5tトラック載せ放題34,800円

2tトラック載せ放題54,800円

4tトラック載せ放題(別途お見積り)

営業時間 8時~24時
対応エリア 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
キャンペーン Webサイト限定割引2000円OFF!
公式サイト https://sodaigomi-kaishu.com/

 

2.不用品回収KENT

不用品回収KENT
https://kent-tokyo.com/

不用品回収KENTは、東京中心の一都二県を対象に不用品回収サービスを提供する業者です。

料金プランはシンプルで、軽トラックパックから2t高積パックまで、3つのみとなっています。

サンドバッグの処分については、大きさによっても料金が異なる可能性があるため、詳細な見積もりを相談してください。

店舗名 不用品回収KENT
おすすめポイント 見積後の追加料金なし、当日予約での回収可能
サービス概要 粗大ゴミ、ゴミ屋敷片付け
料金目安 軽トラックパック25,000円

2t平積みパック45,000円

2t高積みパック60,000円

営業時間 9時~21時
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県

 

3.片付けマスターズ

片付けマスターズ
https://kataduke-masters.com/

片付けマスターズは、関東一円全体を対象に不用品回収サービスを提供する業者です。

料金プランはシンプルで、「軽トラック積み放題」から「2tボックストラック」まで3つから選べます。

サンドバッグについては同社の公式サイト上明記されていませんが、どんなものでも相談OKなので、気軽に問い合わせてみてください。

店舗名 片付けマスターズ
おすすめポイント 解体・取り外しも依頼OKなので安心して相談可能
サービス概要 粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理、オフィス整理、買取
料金目安 軽トラパック19,800円

2t平トラック49,800円

2tボックストラック69,800円

営業時間 9時~23時45分
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県、静岡県

 

お得な積み放題プランで有名な業者ランキング!

 

サンドバッグの処分なら粗大ゴミ回収本舗!

粗大ゴミ回収本舗
https://sodaigomi-kaishu.com/

サンドバッグは大きく重いので、粗大ゴミとして出すのが難しいものです。

据え付けるものや天井からつるすタイプもあり、自力での処分はとても危険。

自信の無い方は不用品回収業者で安全に処分しましょう。

なお粗大ゴミ回収本舗は、サンドバッグをはじめ様々な不用品回収の実績があり、現地での解体撤去が必須であっても対応可能です。

サンドバッグの処分をお考えの方は、まずは粗大ゴミ回収本舗へご相談ください。ご要望を踏まえ、最適なプランをご提示申し上げます。

粗大ゴミ回収本舗で無料見積CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA