作業員待機中

03時44分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

自転車を処分する方法!廃棄時の抹消登録のやり方や注意点

2021.11.16

2023.10.30

この記事では自転車の処分方法と廃棄にかかる費用についてご紹介します。

自転車の処分の際の注意点として必ず行わなければならない「防犯登録抹消」についても手続きの方法も解説しています。

自転車の処分をお考えの方はぜひ参考にしてください。

 

top transition banner

自転車の廃棄・処分にかかる費用

まずは自転車の廃棄・処分にかかる費用を紹介します。

それぞれの処分方法をクリックすれば、詳細がすぐに確認できます。

 

自転車の5つの処分方法

自転車の5つの処分方法

ここからは、自転車の処分方法を5つ紹介します。

メリットやデメリットも比較して、あなたに合った処分方法を選んでください。

 

粗大ゴミ回収業者に回収を依頼する

粗大ゴミ回収業者に依頼して、自転車の回収を依頼する方法です。

一般的な粗大ゴミ回収業者では、電話・メール・ホームページ・LINEなど申し込み方法も多彩。

好きな方法で申込み、早朝深夜土日祝日問わず、都合の良い日時に回収に来てもらえます。

自転車一台からでも処分できますが、他の粗大ゴミや不用品とあわせて依頼する方が経済的です。

多くの粗大ゴミ回収業者には「トラックのせ放題プラン」という料金プランがあります。

トラックのせ放題プランを利用すると、定額料金で大量の粗大ゴミや不用品をまとめて処分できます。

自転車の買取も行っている粗大ゴミ回収業者も多く、結果的に費用がかからない可能性もある処分方法です。

すぐにでも処分したい方や、他にも処分したい粗大ゴミや不用品をお持ちの方におすすめです。

メリット ・即日処分できる
・希望日時に処分できる
・他の不用品処分も一度に安くできる
・処分までの手続きが簡単
デメリット ・単品処分だと割高

>>>自転車処分におすすめの粗大ゴミ回収業者はこちら!

 

自転車屋に引き取りを依頼する

自転車を買い替える際に、自転車販売店で有料で引き取ってもらえます。

処分費用は1,000円ほどで、新品の自転車購入時に効率を重視して処分したい方にはおすすめの方法です。

大手スーパーなどにテナントとして入っている自転車販売店であれば、手軽に引き取ってもらえることがほとんど。

ただし、自転車を買い替えるときに限るので、自転車を処分したいだけという場合には使えない方法です。

メリット ・購入と処分ができ効率が良い
デメリット ・自転車買い替え時のみに限る

 

ネットで売却・譲渡する

メルカリやヤフーオークション、ラクマなどネットで自転車を売却する方法もあります。

自転車が無料で処分できるだけでなく、場合によっては、高額で売却できるメリットも。

ただし、需要のない自転車や壊れた自転車は、売れない可能性もあるため、確実に処分したい方にはおすすめできません。

譲渡する方法としては、ジモティの無料出品をする手段もあります。

無料で出品することで多少需要が見込める自転車なら、譲渡先も見つかりやすいでしょう。

ただし、ジモティでの譲渡についても、譲渡先がいつ見つかるかはわかりません。

処分までに期限があるなら、別の処分方法を選択する方が良いです。

メリット ・無料で処分できる
・収入になる可能性もある
デメリット ・すぐに処分は難しい
・出品手続きが面倒
・壊れた自転車は処分できない

 

リサイクルショップに買取を依頼する

リサイクルショップに自転車を持ち込み、買取を依頼する方法です。

確かにリサイクルショップでは、自転車も販売されていることが一般的であり、持ち込まれる自転車も多そうです。

ただし自転車は屋外で使うものなので、どうしても使用感が出てしまいます。

買取に当たっては、サビや傷の有無や、年式が新しいかどうか、人気のブランドかどうかなどがチェックされます。

商品による差が大きいことを念頭に置きましょう

また、無料で処分できるのはメリットですが、ネットでの売却と比べると買取金額が下がる傾向にあります。

メリット ・無料で処分できる
・収入になる可能性がある
デメリット ・買値がつかず処分できないことがある
・持ち込む手段が必要
・壊れた自転車は処分できない

 

自治体の粗大ゴミ回収に出す

自治体の粗大ゴミ回収サービスを依頼する方法です。

指定の日時に指定の場所に搬出しておくと、自治体の指定業者が回収してくれます。

回収の費用は自治体ごとに異なりますが、500円~1,000円ほどです。

すぐに回収してもらえるわけではなく、どうしても急いで持って行ってもらいたい時は不便ですが、都合を調整できるならよい方法です。

自治体で自転車を回収してもらうには、以下のような手順を行ってください。

  1. 電話やインターネットで回収申し込みをする
  2. 粗大ゴミ回収券を購入する
  3. 自転車に粗大ゴミ回収券を貼りつける
  4. 指定日時に回収場所に出す
メリット ・安く処分できる
・壊れていても処分できる
デメリット ・処分完了までに時間がかかる
・手続きが面倒

 

自転車の処分の際は防犯登録抹消が必須

自転車の処分の際は防犯登録抹消が必須

防犯登録とは「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」に基づき、自転車を使い始める前に必須の手続きです。

反対に、自転車を手放す・処分する際は「防犯登録抹消」の手続きを行います。

「防犯登録抹消」は、どの処分方法を選んでも必要です。

 

防犯登録抹消のやり方

まず、防犯登録抹消には以下のものが必要なので準備してください。

  • 防犯登録カード(もしくは控え)
  • 防犯登録抹消の対象となる自転車
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・保険証など)

 

防犯登録抹消の手続きは最寄りの交番か駐在所、もしくは警察署内にある防犯協会などで行います

場合によっては、自転車を購入した店舗でも防犯登録抹消手続きができることもあります。

案内に従って必要な書類などに記入し、提出すればOKです。

防犯登録抹消手続きには特に費用はかかりません

 

 防犯登録抹消せずにそのまま処分するリスク

防犯登録は、自転車の所有者、所有者の住所などの個人情報を登録しています。

そのため、防犯登録抹消せずに自転車をそのまま処分すると、その自転車が犯罪に使われたときに自分に疑いがかかる可能性があります。

また、売却や譲渡で処分し、他の人が盗難したと疑いがかかることもあります。

処分する前には、必ず防犯登録抹消の手続きを行うようにしてください。

 

自転車の放置は不法投棄にあたることも

自治体では、駅前や歩道などに「放置禁止区域」が設置されています。

放置禁止区域に止めた自転車は一定期間過ぎると撤去の対象です。

壊れた自転車を駅前や歩道などに放置し、撤去されることで処分するのは厳禁です。

防犯登録の情報からすぐに所有者に連絡され、不法投棄とみなされます。

不法投棄とみなされると最大で1,000万円の罰金もしくは、5年以下の懲役となります。

自転車は正しく処分するようにしてください。

 

自転車保険の解約も必要

自転車保険に入っている場合には、処分する前に解約手続きも忘れずに行ってください。

処分したあと、今後自転車に乗らないということなら、解約手続きを行います

新しく自転車を購入し、古い自転車を処分するなら、自転車保険の車両の入替え手続きができます。

詳細な手続きは保険会社ごとに異なりますので、加入している保険会社に相談してみてください。

 

自転車の種類ごとのおすすめ処分方法

自転車はさまざまな方法で処分できますが、種類によっておすすめの処分方法などもあります。

 

シティサイクル(ママチャリ)

シティサイクル(ママチャリ)

多くのかたが利用するシティサイクルは、中古品買取としての需要があまり高くないアイテムです。

そのためリサイクルショップなどでも買取や引き取りに応じてもらえないことも珍しくはありません。

このようなシティサイクルはむずかしく考えず、シンプルに自治体の粗大ゴミとして処分するのがベストです。

申し込みや手数料支払いの手間はありますが、自治体であれば数百円程度で処分できます。

もしも自転車以外の不用品処分の予定がある場合には、不用品回収業者にまとめて処分依頼するとより便利で手軽に処分できます。

 

折りたたみ自転車

折りたたみ自転車

折りたたみ自転車は宅配便などでの発送が比較的容易なアイテムです。

まだまだ使える状態なのであれば、オークションやフリマアプリなどで売却を検討してみましょう。

状態のよいものであれば高値が付く場合もあります。

発送時の送料などが負担となる場合は、着払いでの発送も可能です。

人気のモデルなどは多少不具合がある状態でも、特記しておくことで購入に至る場合もあります。

まずはフリマアプリなどで高値がついていないかなど、チェックしてみることをおすすめします。

 

電動自転車

電動自転車

電動アシスト自転車を自治体の粗大ゴミとして処分する際は、バッテリーと自転車本体を分離したうえで処分する必要があります。

ですがバッテリーは自治体で回収できないケースが多いため、結局処分に悩んでしまうということも多いでしょう。

まだまだ走行可能な状態なのであれば、電動自転車に対応している買取業者に相談することも可能です。

近隣に店舗があれば直接来てもらうこともできますし、店舗がなければオンライン査定などで見てもらうこともできます。

壊れて動かず値が付かないときや、手間や時間をかけすに処分したいという場合は、不用品回収業者に相談するのがおすすめです。

電動自転車は自走でいない状態ではかなりの重量があり移動も大変です。無理せず手軽に処分できる方法を検討しましょう。

 

ロードバイク・クロスバイク

ロードバイク・クロスバイク

ロードバイク・クロスバイクは、下記のような方法での処分がおすすめです。

  • 自転車屋(中古取扱店)
  • インターネットでの売却(オークションやフリマサービス)

ロードバイクやクロスバイクなどの一部には、オークションで高値が付くような商品もあります。

ロードバイク自体値が付きにくいものであっても「パーツのみほしい」という人も多い傾向にあるのです。

お手持ちのロードバイクなどをオークションで検索すると、大体の相場がわかります。

まずは捨てずに売却できる方向で検討しましょう。

ただしインターネットで売却する際は送料なども考慮する必要があります。

送料込みで発送できるサービスを利用するか、近隣の方に引き取りに来てもらえる方法を検討するとよいでしょう。

 

子ども用自転車

子ども用自転車

子ども用自転車は子供の成長に応じて、買い替えが必要となるアイテムです。

サドルの高さを調整することができますが、「数年前に買ったのにもう乗れなくなった」というケースも多いでしょう。

子ども用の自転車やサイズの小さな自転車などは、譲渡による処分がおすすめです。

 

まずはご近所の知り合いなどに欲しいと思っている人がいないか、購入予定のある年齢の子はいないか確認します。

身近に譲り受けてくれる人がいない場合は、ジモティなどの譲渡サービスを活用するのがおすすめです。

ご近所や近隣エリアで子ども用自転車を欲しがっている人に、無償で譲ることなどができます。

 

私有地の放置自転車を処分する方法

家の玄関前や管理地などに、自転車を不法投棄されてしまうことがあります。

実はこのような自転車をはじめとする不用品は、土地の持ち主の判断で勝手に処分できません

その大きな理由として、「その自転車の所有者が誰であるか判断がむずかしい」ことがあげられます。

他人の物を勝手に処分できないということは、なんとなく理解できるという方もいるでしょう。

そこでこのような私有地に放置された自転車を、適切に処分する方法について解説しましょう。

 

誰に所有権があるのか

私有地の放置自転車の処分で最も重要なのが、「その自転車の所有権が誰にあるのか」という点です。

  • 所有者が一時的に駐車している自転車
  • 所有者がその私有地に乗り捨てた自転車
  • 所有者意外の第三者に盗難されて放置された自転車

 

所有者があえてそこに駐車しており、すぐに取りに来る意思がある場合は、一定期間放置されていたとしてもその所有者のものです。

またその自転車が誰かに盗まれた末にそこへ放置されてしまった場合も、所有権は自転車の持ち主となります。

このような場合、所有者外の人物が勝手に処分することはできません

一方、所有者が意図的にそこへ自転車を捨てていった場合は、持ち主のない自転車(無主物)となるため、次に拾った人が所有者となります。

この場合、新たに所有権を得た人(拾った人)が、その自転車をどうするか決めることができます。

 

放置自転車を処分するまでの流れ

放置自転車を処分するまでの流れ

とはいえ自転車がそこに放置されているだけでは、それが持ち主の意思でそこに放置してあるのか、はたまた盗まれてきたものなのか判断することはできません。

勝手に処分してしまえば、後から所有者が現れて損害賠償を請求されるなどのトラブルに見舞われる可能性もあります。

このように自転車が放置されてしまった場合、まずは警察に届け出て確認や落とし物の広告を行ってもらうのがよいでしょう。

 

盗難自転車かを警察に確認する

まずは警察に放置自転車に対する盗難届が出されていないか調べてもらいましょう。

所有者が盗難届を出しており該当自転車であることが照合できれば、放置自転車は速やかに回収してもらえます。

 

遺失物として警察に届け出る

盗難自転車であっても必ずしも所有者が届け出を出しているとは限りません。

このような場合は警察に遺失物(落とし物)として届け出て、落とし物として広告してもらいましょう。

遺失物として届け出た自転車は、警察が引き取ってくれます

公告後、原則3か月経過しても持ち主が現れなければ、放置自転車の所有権は拾得者となります。

所有権取得後は、所有者の判断で自転車の処分が可能です。

そのまま引き取らず、取得の権利を放棄することも可能です。

 

警察に確認してもらったものの所有者が所在不明だった場合、その自転車は無主物となります。

この場合、放置自転車の所有権は放棄されたものとみなされ、土地所有者などが所有権を取得し、自由に処分や廃棄ができるようになるのです。

 

貼り紙などで警告する

自転車に貼り紙をして、処分の意思表示を行う方法もあります。

貼り紙には一定期間(2~3週間程度)保管後、申し出がなければ自転車の撤去・廃棄処分を行うことを明記します。

念のため掲示内容や掲示方法、その様子を記録として残すため、写真などで撮影しておくと安心です。

 

一定期間引き取りがなければ処分する

期限までに申し出がなければ、警告通り処分できるようになります。

もしも法的に不安な点がある場合には、自治体の法テラスなどを利用し、弁護士に相談することをおすすめします。

お住まいの自治体によって放置自転車に対する条例が異なる場合もあります。

適切なアドバイスが受けられる場合もありますので、相談しておくとよいでしょう。

 

自転車処分におすすめの粗大ゴミ回収業者3選

ここからは、自転車処分を安心してお得な料金で依頼できる業者を3社ご紹介します。

選定のポイントは次の3点です。

  • 公式サイトの記載や口コミなどから、信頼のおける業者と判断できること
  • 自転車の引き取り実績が確認できること
  • 回収料金が明記されていること

 

粗大ゴミ回収本舗

粗大ゴミ回収本舗

https://sodaigomi-kaishu.com/

 

粗大ゴミ回収本舗は、メディアでも取り上げられる回収業者で、利用者の満足度が高いことで知られています。

ご依頼内容に応じて、業界最安値レベルの最適なプランを見積もってくれますし、回収してほしい時間帯などについても相談してみるとよいでしょう。

お得なパックプランのほか、単品からでも回収可能。

自転車なら状態やブランドによっては高価買取または無料での引き取りが可能な場合も。

自転車単品での回収料金は掲載されていませんが、もちろん回収可能ですので直接お問い合わせください。

店舗名 粗大ゴミ回収本舗
おすすめポイント 単品でも安心して依頼できる回収業者
サービス内容 不用品回収 ゴミ屋敷の片付け 引っ越し前後の粗大ゴミ回収 遺品整理 ハウスクリーニング
料金目安 Sパック(1K/軽トラック程度)  9,800円
Mパック(1DK/1.5tトラック程度)  34,800円
Lパック(2DK/2tトラック程度) 54,800円
LLパック(3DK~/4tトラック程度)  見積もり無料
受付時間 8:00~24:00
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
支払い方法 現金・クレジットカード・銀行振込
キャンペーン 公式サイト限定割引・・・2,000円オフ
2回目以降のお客様・・・15%オフ
公式サイト https://sodaigomi-kaishu.com/
産業廃棄物収集運搬業許可番号 第13-00-224307号

 

かたづけコンビニ

かたづけコンビニ

https://katazuke-conveni.com/

かたづけコンビニは、安さと丁寧な対応で高い顧客満足度が自慢の回収業者です。

不用品回収作業後10分に限り、片付けや掃除といったお手伝いをおこなってくれる「10分無料手伝い」サービスが利用者に好評です。

スタッフへの教育も行き届いており、サービスの品質には自信があります。

もちろん自転車の回収や買取にも対応していますので、気になる方はぜひ問い合わせてみてください。

ロードバイクなどであれば、過去に高額での買取実績もあります。

店舗名 かたづけコンビニ
おすすめポイント 作業後の10分無料お手伝いが大好評
サービス内容 不用品回収、ゴミ屋敷清掃、引っ越し、軽作業、買取、ハウスクリーニングなど
料金目安 自転車単品での回収料金:500円~1,000円
このほか基本回収料金2,600円が必要。
受付時間 9:00~20:00(年中無休・深夜早朝も回収)
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
キャンペーン情報 回収作業後10分無料でお手伝い
各種割引クーポンが利用可能

 

東京片付け110番

東京片付け110番

https://tokyo-kataduke110ban.com/

東京片付け110番は、東京都内を中心に地域密着型の不用品回収サービスを提供しています。

紹介業者として、利用者様の住所地域において最もお得で品質の高い回収業者(加盟店)を案内してくれます。

つまり自分自身で探す手間やストレスを減らし、あなたに代わって最適な回収業者をマッチングしてくれるのが特徴です。

加盟店の質の確保には特に注意しており、自転車回収をはじめ利用者の評価も高いので、安心して相談できる業者の一つです。

ただし現地見積もりを原則としているため、離島など遠く離れた場所の場合、出張費用が発生することもあります。

店舗名 東京片付け110番
おすすめポイント 最適な回収業者(加盟店)を紹介
サービス内容 不用品回収・買取 引っ越し前後の整理・処分 自転車の処分・回収 残置物撤去など
料金目安 自転車の単品での回収料金については、別途お問い合わせください。
ほかにも大量の不用品がある場合は、トラック積み放題プランがお得
受付時間 年中無休・365日営業
対応エリア 東京都全域(島しょ部含む)
キャンペーン情報 特に記載なし

 

自転車の処分なら粗大ゴミ回収本舗がベスト

自転車を処分する前には必ず防犯登録抹消を行ってください。

その後の自転車処分なら粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

粗大ゴミ回収本舗では、人気のパックプランが9,800円から!

引越しそのほか、急ぎで処分したい場合にも即日対応可能です。

不用品買取も行っていますので、きれいな自転車の処分なら買取査定もご相談ください。

自転車処分のことならぜひ「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

>>>粗大ゴミ回収本舗への無料お見積りはこちら!

粗大ゴミ回収本舗
Average rating:  
 0 reviews

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER