作業員待機中

03時35分現在、近くの作業員が最短30分〜でお伺いできます。

マットレス処分方法6つと費用!回収・捨て方・引き取り時の注意点

2022.02.02

2024.04.11

マットレスの処分を考えておられる方に、6つのおすすめの処分方法をご紹介します。

あなたの事情に合わせた方法をお選びください。

さらに、処分費用相場と回収や引き取り時、捨てる時の注意点もあわせてご説明します。

特に、大きくて中にスプリングが入っているマットレスを処分する時には、処分のルールに従わなければなりません。

快適な睡眠を提供してくれたマットレスですから、最後まで責任をもって、正しく処分しましょう。

top transition banner

マットレスの処分費用相場

マットレスの処分費用相場

まずはマットレスの処分費用相場を紹介します。

マットレスだけの処分費用を比べると自治体の粗大ゴミ回収に出すのが安い方法です。

しかし、スプリング入りは回収してもらえないこともあるため、処分したいマットレスの種類も考慮して選びましょう。

処分方法をクリックすると、詳細が確認できます。

処分方法 料金の目安
不用品回収業者に依頼する 5,000円~10,000円
自治体に粗大ゴミとして出す
※スプリング入りは不可能な場合あり
500円~2,000円
買替時に引取サービスを利用 1,000円~6,000円
ショップに買取りに出す 出張費・運搬費など
フリマサイトに出品する 売上の10%+送料1万~3万円
引越し会社に回収してもらう 要見積り

※料金は材質、スプリングの有無、サイズなどで変動

マットレスの6つの処分方法

マットレスの6つの処分方法

マットレスの処分方法は主に6つあります。

処分方法ごとに注意点も解説していますので、処分方法を選ぶ際の参考にしてください。

不用品回収業者に回収してもらう

一般的な不用品回収業者であれば、スプリングのある無しに関わらず、マットレスを建物内から搬送可能です。

ただし、料金相場は5,000円~10,000円ほど。

単品回収の料金は「基本料金+品目毎の回収料金+オプション料金」で計算する業者が多く、自治体よりも料金相場が高めになるというデメリットがあります。

不用品回収業者の賢い使い時は、複数の不用品をまとめて処分したい時です。

料金プラン 料金相場 備考
Sパック 25,000円~40,000円 軽トラック
Mパック 45,000円~60,000円 1.5tトラック
Lパック 60,000円~80,000円 2tトラック
LLパック 80,000円~ 4tトラック
シングルベッド単品 3,980円~ 諸経費が別途加算

〇不用品回収業者を利用する時の注意点

  • 慎重に業者選びをする必要がある
  • 複数の業者から見積もりを取る

マットレスの処分には、さまざまなシーンで不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者がおすすめの理由を確認する方はこちら!

関連記事

自治体に粗大ゴミとして出す

多くの自治体においてマットレスは粗大ゴミに分類され、おおむね500円~2,000円程度で処分できます。

ただし、冒頭で紹介したようにスプリング入りのマットレスには注意が必要です。

スプリングが入っていることで料金が違ったり(例:横浜市)、処分が不可能な自治体(例:さいたま市・宇都宮市)があるからです。

以下は新宿区の粗大ゴミ手数料になります。

マットの種類 料金
通常のベッドマット
(スプリング入り含む)
1,200円
ベビーベッドマット 400円
ウォーターベッドマット
エアーベッドマット
400円
※水・空気を抜く
折りたたみマットレス
(磁気入り含む)
400円

なお、ベッドフレームは別料金を支払うことで処分可能です。

フレームの種類 料金
ベビーベッド 800円
シングルベッド 1,200円
ダブルベッド 2,000円
パイプベッド 1,200円

上の表はいずれも新宿区の料金ですが、これが横浜市なら

  • スプリング無しは1,000円
  • スプリング入りは2,200円

と料金が変わります。

マットレスの種類については必ず自治体のホームページなどで確かめるようにしましょう。

料金を間違えると(粗大ゴミ処理券を貼り間違えると)、収集車に回収してもらえません。

マットレスを粗大ゴミに出すまでの流れは以下です。

  1. 自治体に電話やネットで予約を入れる
  2. ホームページ等で処分料金を調べる
  3. 料金分の粗大ゴミ処理券を取扱所(コンビニ等)で購入する
  4. 処理券をマットレスに貼る
  5. 収集日の当日に、自宅前などに搬出する

〇自治体に頼む時に注意すべきポイント

  • マットレスは屋外に自分で運ぶ必要がある
  • 搬出支援を受けられるのは、高齢者や障害者などごく一部
  • 混雑時は収集まで1ヶ月以上掛かることも

買い替え時に購入店舗に引き取ってもらう

家具店で商品を新規購入する際に、古い家具の引取サービスを利用することができます。

この方法なら自治体とは異なり、ベッドやマットレスを自分で運ぶ必要がありません

業者が家の中から回収してくれます。(※別途料金が発生する場合あり)

現在では多くの家具店が引取サービスを実施しています。

店舗名 料金/個(税込) 備考
ニトリ 4,400円
※マットレス単品料金
購入商品と同数・同サイズ(※)
無印良品 3,000円
※マットレス単品料金
購入商品と同種・同数
吊り下げ作業費:4,000円
イケア 5,500円
※マットレス単品料金
購入商品と同種・同数・同サイズ
マットレスのみ引取可
フレームは引取不可
東京インテリア家具 5,000円
※ベッド一式料金
購入商品と同種・同数
マットレス単品も同額
大塚家具 2,000円~4,000円
※ベッド一式料金
購入商品と同種・同数
マットレス単品は半額

※同サイズ:シングルベッドを購入してダブルベッドを引き取ってもらうのは不可能という意味

〇引取サービスを頼む時に注意すべきポイント

  • 自治体よりも料金が高額
  • 買い替えがサービス利用の条件。引取のみの店舗は少数

ショップに買い取ってもらう

衛生上の観点から、中古のマットレスというのは買取需要が少ない傾向にあります。

特に大手リサイクルショップは、ベッドやマットレスを軒並み買取不可に分類しています。

ショップ名 買取可能かどうか
オフハウス
セカンドストリート
トレジャーファクトリー ベッド一式 ◯ マットレス単体 ✕
リサイクルジャパン

しかし、新品同様のマットレスや人気ブランドの商品ならば、一部店舗で買取価格がつく可能性があります。

ブランド名 買取相場
フランスベッド 10,000円前後
エアウィーヴ 5,000円〜20,000円
シモンズ 5,000円〜20,000円
シーリー 5,000円〜10,000円
テンピュール 5,000円〜10,000円

※価格帯はあくまで目安という点にご注意下さい。状態やサイズ、商品の種類で価格は大きく上下します。

〇買取り時に注意すべきポイント

  • 家具の買取専門店に依頼する
  • ベッドフレームとマットレスのセットが望ましい
    ※マットレス単品は美品・新品のみ買取が一般的
  • 高級ブランドの場合、付属品(説明書・保証書)があると買取価格がアップ

フリマサイトに出品する

ショップで買取を断られたマットレスでも、メルカリやヤフオクといったフリマサイトなら買い手がつくかもしれません

主な費用は、送料と販売手数料になります。

サービス名 料金
メルカリ 送料+手数料(売上の10%)
ヤフオク 送料+手数料(売上の10%)
※Yahoo!プレミアム会員は8.8%
ジモティー 送料+手数料(売上の5%)
※手数料は「あんしん決済」利用時に発生

なお、ジモティーでは大型家具を現金払いで直接相手に手渡す利用者が多く、その場合、送料と手数料は発生しません。

以下の表は、メルカリの「梱包・発送たのメル便」の送料一覧です。

同種の配送サービスにクロネコヤマトの「らくらく家財便」というのがありますが、価格帯はそれほど変わりません。

サイズ 料金
300サイズ 12,000円
350サイズ 18,500円
400サイズ 25,400円
450サイズ 33,000円

※350サイズ:高さ+幅+奥行の3辺合計が301cm~350cmの商品

重要なのは、「たのメル便」も「らくらく家財便」も、重さではなく3辺合計の長さで送料が決まるという点です。

組み立て式の家具なら解体することでサイズを圧縮できますが、マットレスではそれも難しく(折りたたみ式を除く)、1万円~3万円の送料を支払わなければなりません。

フリマサイトに出品する際は、購入者に商品を直接受け渡すなどして、送料を節約するといいでしょう。

ただし、メルカリとヤフオクにおいて現金のやり取りは禁止されています。必ず運営が指定する決済手段を使いましょう。

〇フリマサイトで注意すべきポイント

  • 競合と相場を調べて値段を設定する
  • 写真は明るめに、複数枚撮影する
  • トラブルを避けるため、商品の不備は必ず記載

引越し会社に回収してもらう

引越し会社の中には、不用品回収を行っているところがあります。

ただし引越し時のみ利用可能で、回収できる品目も自治体等と比べると限定的です。

不用品の処分料金は各社ともに公開しておらず、要見積りとなっています。

会社名 マットレス処分 備考
サカイ引越センター 委任状(※)が必要
利用不可な地域あり
日本通運 「引越しオプショナルサービス」で処分可能
クロネコヤマト 不用品回収を行っていない
アーク引越センター 家電等の買取のみ

※委任状:引越し会社が転居廃棄物を収集するのに必要な書類

〇引越し会社で注意すべきポイント

  • 不用品回収業者に処分を再委託する引越し会社も存在
  • 料金が割高になることが多い

マットレスの処分・廃棄時の注意点

マットレスの処分・廃棄時の注意点

 

マットレスを処分・廃棄するときの注意点をまとめましたので、ご確認ください。

処分前にスプリングの有無を確認する

マットレスを処分する際にまず確認しておきたいのは、スプリング(バネ)の有無です。

マットレスにスプリングが入っていると処分費用が高くなったり、粗大ゴミとして出すことができず、自治体での処分が不可能な場合があるからです。

スプリングの種類 特徴
ボンネルコイル 複数のバネを一つにまとめて連結
ポケットコイル 一つ一つのバネが小さな袋に入っている

解体後も自治体では粗大ゴミ扱いのことが多い

スプリング入りマットレスは、スプリングの種類によっては、「適正処理困難物」に指定され、粗大ゴミとして捨てられない自治体も多いです。

一方、自治体によって粗大ゴミとして処分できる地域もありますが、他の大きなゴミとは違う扱いにされている場合がほとんどです。

マットレスを解体し、可燃部分とスプリング部分に分けても、粗大ゴミ扱いになる自治体が多いです。

解体する前に、お住いの自治体に確認されることをおすすめします。

というのは、マットレスの可燃部分(布地部分、クッション部分)は、比較的解体は容易ですが、問題はスプリング部分です。

一体型のボンネルコイルを小さくするのは、至難の業です。

スプリングは、人間の重さを支えるため、とても太い金属でできています。

一般ゴミ(不燃ゴミ)の大きさに切断するためには、ルトカッターなどの専用の工具が必要です。

たとえ、ボルトカッターがあったとしても、ベッドサイズのボンネルコイルを切断するのは過酷な作業ですし、危険です。

ポケットコイルも同様の作業をくり返さなければなりません。

さらに、いずれのスプリングもフレームは、太い金属でできているので、ボルトカッターで切れない場合もあります。

可燃部分を切り離せたとしても、スプリング部分を30㎝以下にできないなら、結局は粗大ゴミにして出さなければなりません

マットレス処分は不用品回収業者がおすすめ!

マットレス処分は不用品回収業者がおすすめ!

マットレスを処分するのは、簡単ではないことがわかっていただけたと思います。

そんなマットレスですが、不用品回収業者に依頼するなら、本当に簡単に処分できます。

一考に値する処分方法です。

自治体で処分不可でも回収可能!

多くの自治体では、マットレスを回収さえしてくれません。

たとえ努力して解体しても、粗大ゴミ扱いになることの方が多いです。

まさに、「労多くして益少なし」です。ケガのリスクもあります。

一方、不用品回収業者は、自治体で回収不可のマットレスも回収可能です。

不用品回収業者なら、マットレスだけでなく、ベッドやベッド周りの不用品も一緒に処分できます

一度に片付けてすっきりしたい方にはピッタリです。

運び出しもお任せできる

自治体の粗大ゴミ回収の場合、戸建てでは1階の玄関の近くに、集合住宅の場合は、指定の集積場まで運び出さなければなりません

マットレスは、重いうえに、大きいです。

また、戸建ての場合も2階などにある場合もあり、1階、玄関わきまで運び出すだけでも大変です。

さらに、集合住宅なら集積場まで運ぶ必要があります。

慣れない人が、大きくて重いマットレスを運ぶのは、腰を痛めたりするリスクもあっておすすめできません。

不用品回収業者なら、マットレスがある場所まで来てくれて、運び出しもお任せできます。

即日回収もOK!希望日時に処分できる

マットレスを自治体の粗大ゴミ回収に出す場合、粗大ゴミ回収センター(自治体によって名称は異なる)に電話をして、回収日の予約をします。

即日回収はできません。

早くて2~3日先、混んでいる場合は、1週間以上先になることもあります。

不用品回収業者なら、電話一本で即日回収も可能です。

自分の希望の日時に予約することもできますから、こちらの都合に合わせられます。

引越しなどで、時間が限られている場合などでも、即回収してもらえるのでとても便利です。

「粗大ゴミ回収本舗」ならマットレス処分に最適

「粗大ゴミ回収本舗」ならマットレス処分に最適

https://sodaigomi-kaishu.com/

マットレスの処分は、自治体の粗大ゴミ回収に比べて、不用品回収業者に依頼する方がたくさんメリットがあり、使い勝手もよかったです。

不用品回収業者のなかでも、「粗大ゴミ回収本舗」が一押しです。

粗大ゴミ回収本舗は、「プロに任せてすっきり快適!」をモットーに、諸経費込みのお得なプランがおすすめで、業界最安値をお約束しています。

マットレスの処分の場合、ベッドなども一緒に処分することが多いですが、いろいろな不用品を一緒に処分する場合も、パック料金内で対応できる範囲なら追加料金なしで積みこめてお得です。

粗大ゴミ回収本舗なら、電話相談、見積り、基本料金、車両費用、スタッフ追加がすべて無料です。

まずは、お気軽にご相談ください。

お得な公式サイト限定割引で2,000円OFF、さらに2回目以降のご利用で、リピーター割引15%OFFです。

この機会にぜひ!

>>「粗大ゴミ回収本舗」への無料見積もり依頼はこちら!

粗大ゴミ回収本舗
Average rating:  
 0 reviews

マットレスの処分に関するよくある質問

  • Q不要になったマットレスはどうすればいいですか?

    Aマットレスを自治体の粗大ゴミ回収に出す場合、お住いの自治体によって扱いが異なります。回収不可の自治体もありますから、事前に要確認です。

    新しい物を買う時に引き取ってもらう方法もありますが、お店によって対応が異なります。

    一番便利な方法は、不用品回収業者に依頼する方法です。
    運び出しもお任せでき、即日回収も可能です。

  • Q不要になったマットレスを自分で解体することはできますか?

    Aマットレスを自分で解体することはおすすめできません。
    理由は二つあります。

    解体には、ものすごく手間がかかります。
    スプリングを切断するための専用の道具も必要なうえ、慣れない人がするのは危険です。
    さらに、解体ができたとしても、多くの自治体では、粗大ゴミとしての扱いになります。

    マットレスを解体して、布地やクッション部分は可燃ゴミとして出せますが、フレームやスプリングは一般ゴミとしては出せません。
    コスパ、タイパを考えるとおすすめできません。

  • Qマットレスの寿命は何年ぐらいですか?

    A使用状況、使用環境によって異なりますが、マットレスの寿命はだいたい5~10年と考えられています。

    布地などは、寿命が来なくても、擦り切れたり、カビが生えたりします。
    また、マットレス内部のスプリングも、時間の経過とともに弱ってきたり、変形したりして、寝ている間の姿勢に悪影響が出る場合もあります。

    寿命はひとつの目安になりますが、寝ていて違和感があるようなら、交換時期かもしれません。

  • 1Kのお部屋の片付けなら

    Sパック(1.5㎡目安)

    税込
    9,800

    家電・家電の買い替え、邪魔な粗大ゴミの処分など少量のご依頼に最適なプラン

    CAR

  • 1DKの家具の片付けなら

    Mパック(4㎡目安)

    税込
    34,800

    1DKの大掃除や引越し時の粗大ゴミを丸ごと回収可能。2人分の大量のゴミがある際に最適なプラン

    CAR

  • 2DKのお宅の片付けなら

    Lパック(7㎡目安)

    税込
    54,800

    ご家族での引越しや事務所・オフィス移転などに伴う大量の不用品の処分に最適なプラン

    CAR

  • 3DK以上のお宅など

    LLパック

    お気軽に
    お問合せください

    3DK以上のお部屋やゴミ屋敷の片付けなど、ご予算にあったプランを提案いたします

    CAR

  • トラック画像はあくまでイメージとなります。

  • 当日キャンセルの場合キャンセル料金が発生する場合があります。

  • リサイクル家電・PC関連・危険物(ガス缶、ライター等)は除く

  • 家具や家電など一部パックに含まれないものもあります。

  • 通常の作業を逸脱する場合には追加料金が発生することがございます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

関東エリア
No.1の実績!
年間100,000件以上!

出張お見積り・相談・キャンセル料、
完全無料!

不用品・粗大ゴミ回収/ゴミ屋敷清掃/遺品・生前整理/片付け代行/事業ゴミの回収など、すべて対応可能です!

年中無休 早朝・深夜対応可能(要予約) 
対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉

現場回収レポート

  • 横浜市 O様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 荒川区 I様|不用品回収

    • 間取り

      1DKアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      東京都荒川区

  • 横浜市 S様|不用品回収

    • 間取り

      2LDK一軒家

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県横浜市

  • 江戸川区 S様|引っ越し時の不用品回収

    • 間取り

      1LDKアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都江戸川区

  • 港区 I様|汚部屋の片付け

    • 間取り

      2LDKマンション

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      2時間

    • 作業場所

      東京都港区

  • 相模原市 H様|不用品回収

    • 間取り

      1Rアパート

    • 回収量

      軽トラック

    • 作業時間

      1時間

    • 作業場所

      神奈川県相模原市

  • 千代田区 法人様|移転時の不用品回収

    • 間取り

      2DKその他

    • 回収量

      2tトラック平

    • 作業時間

      2.5時間

    • 作業場所

      東京都千代田区

  • 中央区 S様|引っ越し時の粗大ゴミ回収

    • 間取り

      1Kアパート

    • 回収量

      1.5tトラック

    • 作業時間

      1.5時間

    • 作業場所

      東京都中央区

作業事例をもっと見る

PHONE PHONE

  • ご相談・お問い合わせ
    メールでのご相談やお見積り依頼はこちら

    LETTER

  • LINEでのお問い合わせ・お見積り
    LINE:「粗大ゴミ回収本舗」

    LETTER

  • LETTER

先週は 668件 のお申し込みがありました。