ブラウン管テレビは家電リサイクル法の対象品目であるため自治体に粗大ゴミとして出せませんが、家電量販店などに引き取ってもらうことで簡単に処分可能です。

「ブラウン管だから」と手続きが複雑化することもありません。

液晶・プラズマテレビとやり方は全く同じで、処分費用はむしろブラウン管のほうが安いくらいです。

ブラウン管テレビの難点を強いて挙げれば「買取需要の低さ」ですが、本記事ではその点もフォローしているので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

 

ブラウン管テレビの処分に必要な料金一覧

家電リサイクル法に従い、家電を処分する排出者は次の二点を支払う義務があります。

  • リサイクル料金
  • 収集運搬料金(送料)

 

リサイクル料金は、家電メーカーごとに予め決められています。
※詳しくはこちら(https://www.rkc.aeha.or.jp/recycle_price_compact.html)

収集運搬料金は送料という性格上、お住まいの地域によって決まります。以下のいずれを選んでも大きく変わりません。

家電の持ち込み先 料金 こんな人におすすめ
家電量販店 リサイクル料金
1,320円~3,700円
.
収集運搬料金
550円~5,000円
簡単な手続きで処分したい
自治体指定の業者 リサイクル料金
1,320円~3,700円
.
収集運搬料金
要問合せ
.
振込手数料
200円前後
家まで取りに来てほしい
不用品回収業者 3,980円~
※粗大ゴミ回収本舗の場合
不用品をまとめて処分したい
指定引取場所 リサイクル料金
1,320円~3,700円
.
振込手数料
200円前後
費用を節約したい
ECサイト リサイクル料金
1,320円~3,700円
.
収集運搬料金
1,650円または2,750
※Amazonの場合
テレビを買い替える
.
家まで取りに来てほしい

※収集運搬料金は地域によって異なる場合がある
※訪問回収を頼む場合、出張料金が追加される(例:ヤマダ電機2,750円)
※代引き手数料が発生する場合がある(例:ビックカメラ550円)

 

 

そもそも廃家電の処分方法は一つだけ

リサイクル家電に指定されているテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機ですが、処分の流れは1つしかありません。

  1. 排出者が小売店や収集業者に家電を引き渡す
  2. 家電が指定引取場所(※)に集められる
    ※家電メーカーが全国に設置した中継地点
  3. リサイクルプラントに運ばれ、リサイクル処理が行われる

 

消費者の立場からすると「家電をどこに持ち込むか」の違いでしかありません。どこに持ち込もうと、廃家電が行き着く先はメーカーごとに振り分けられたリサイクルプラントです。

ただし持ち込み先によっては料金や手続きが微妙に変わるので、本記事ではそこを重点的に解説していきます。

 

 

ブラウン管テレビの持ち込み先一覧

家電量販店に引き取ってもらう

家電リサイクル法において、小売業者は「家電を売った消費者」に対して引取義務があります。

これだけを見ると「家電を売った販売者」以外に引取義務はない印象を受けますが、実際には多くの小売店が、誰でも利用できる家電のリサイクル回収を行っています。

 

家電量販店の引取サービスの特徴

  • 店舗で支払いを行える
    ※他の方法だと支払いは郵便局
  • 他店で購入したテレビでも引き取ってくれる
    例:ヤマダ電機で購入したテレビをビッグカメラで処分
  • 引き取りのみだと料金は割高に
  • 買い替えだと料金は割安に

 

 

以下は、大手家電量販店5社のリサイクル回収の料金一覧です。
これらは店舗に持ち込んだ場合の料金であり、訪問回収を頼む場合は出張料金が別途発生します。

ショップ名 リサイクル料金 収集運搬料金
ヤマダ電機 15型以下:1,320円~3,100円

16型以上:2,420円~3,700円
1,650 円
ビックカメラ 15型以下:1,320円~3,100円

16型以上:2,420円~3,700円
買い替え:1,650円

引取のみ:5,000円
ケーズデンキ 15型以下:1,320円~

16型以上:2,420円~
買い替え:1,650円

引取のみ:3,300円
エディオン 15型以下:1,320円~

16型以上:2,420円~
買い替え:1,100円

引取のみ:1,100円~
ヨドバシカメラ 15型以下:1,320円~

16型以上:2,420円~
買い替え:550円~

引取のみ:550円

 

 

手順は以下の通りです。

  1. 付近の家電量販店がリサイクル回収を行っているか確認する
  2. ブラウン管テレビをお店に持ち込む
  3. 家電リサイクル券に必要事項を記入する(券は店頭で受取可)
  4. 料金を支払い、家電リサイクル券の控えをもらう

 

 

 

自治体指定の業者に回収を依頼する

  • 近くの家電量販店が回収サービスを行っていない
  • 身体上などの理由で、店舗に自分で持ち込めない

 

以上のような場合に、市区町村が指定する収集運搬業者に依頼する方法があります。

これら業者は自治体から家電の収集運搬許可が交付されており、連絡すると家までテレビを取りに来てくれます。

 

料金の目安はこちらです。

リサイクル料金 収集運搬料金 振込手数料
1,320円~3,700円 地域による 窓口振込:203円

ATM振込:152円

訪問回収には出張料金が加算される場合があります。詳しくはお近くの収集運搬業者にお問い合わせください。

指定業者は、各自治体のホームページから検索可能です。
(「一般廃棄物収集運搬業許可業者」などで検索)

 

 

手順は以下の通りです。

  1. メーカーと画面サイズを確認して、リサイクル料金を調べる
    ※料金一覧:https://www.rkc.aeha.or.jp/recycle_price_compact.html
  2. 郵便局に行き、備え付けの家電リサイクル券(料金郵便局振込方式)に必要事項を記入する
  3. 郵便局の窓口、またはATMでリサイクル料金を支払う
  4. 各自治体のホームページから収集業者を探す
  5. 業者に直接連絡して、予約を入れる

 

若干複雑ですが、東京都23区のように「家電リサイクル受付センター」を設けている地域もあります。

23区の場合、ネットから簡単に予約可能です。郵便局に行く必要もなく、収集日にまとめて現金で支払うことができます。

詳しい手順については、お住まいの自治体ホームページ等でご確認ください。

 

 

不用品回収業者に引き取ってもらう

そもそも不用品回収業者とは?

https://sodaigomi-kaishu.com/

不用品回収業者とは、ご家庭や事業所から出る不用品を引き取る業者のことです。
回収品目は多岐にわたり、自治体では処分できない家電やパソコン、事業ゴミなども処分できます。

 

一般的な不用品回収業者であれば、テレビの種類に関わらず自宅までの訪問回収が可能です。

これだけならば自治体が指定する業者と同じに見えますが、不用品回収業者の強みは何と言っても、様々な不用品をまとめて処分できるパックプランにあります。

 

以下の表は、粗大ゴミ回収本舗のパックプラン「トラック乗せ放題」の料金です。

トラックに積載可能な範囲内ならば料金は一定で、見積り後の追加料金はありません。

トラックの種類 プラン料金 間取り・用途 作業時間
軽トラック 14,800円~ 1K
押入の整理
2時間
1.5tトラック 34,800円~ 1DK
部屋の大掃除
2時間
2tトラック 54,800円~ 2DK
大量の家具や家電
3時間
4tトラック 要見積り 3DK以上・一軒家 5時間
参考:テレビ単品 3,980円~

 

 

指定引取場所に自分で運ぶ

これは、とにかく安く済ませたい、という方におすすめの方法です。

 

冒頭で紹介した通り、廃家電は消費者→家電販売店等→指定引取場所→リサイクル工場の順番で運ばれます。

消費者はリサイクル料金と、送料として収集運搬料金を負担しなければなりません。

ですが、指定引取場所に家電を自分で持ち込むことで、収集運搬料金をカットすることが可能となります。

 

この場合必要な料金は2つだけです。

リサイクル料金 振込手数料
15型以下:1,320円~3,100円

16型以上:2,420円~3,700円
窓口振込:203円

ATM振込:152円

※リサイクル料金はこちらでご確認ください
(https://www.rkc.aeha.or.jp/recycle_price_compact.html)

 

 

手順はこちらをご参照ください。

郵便局で料金を支払うところまでは同じですが、その後で

  1. 付近にある指定引取場所を探す
    ※場所一覧(https://www.e-map.ne.jp/p/rkcsymap/)
  2. 指定引取場所に、テレビと支払い済みの家電リサイクル券の綴り一式を持ち込む

という手順が必要となります。

 

 

ECサイトからリサイクル回収を申し込む

Amazonや楽天市場、家電量販店のオンラインストアなどからもリサイクル回収を申込可能です。

ただし、商品購入時のオプションサービスとして利用できる場合が大半となっています。

 

以下は、Amazonのリサイクル回収の利用条件です。

  1. 「販売元:Amazon.co.jp」で過去に購入した家電である
    または
  2. 「販売元:Amazon.co.jp」で家電を新しく購入する

※販売元については各商品ページで確認可能です。
※マーケットプレイス商品の場合、各出店者にお問い合わせください。

 

1番は現実的ではありません。2022年現在、「Amazon.co.jp」はブラウン管テレビを販売していないからです。

よって、実質的にテレビ回収を頼めるのは2番の新商品購入時のみとなります。

 

料金は以下になります。

Amazon 楽天市場(コジマの場合)
リサイクル料金:1,320円~3,700円
収集運搬料金:1,650円または2,750円
リサイクル料金:1,320円~3,700円
収集運搬料金:1,650円

 

家電量販店の料金はこちらをご覧ください。

 

 

ブラウン管テレビを買取ってもらうのは可能?

ブラウン管テレビは地上デジタル放送が開始されて以降、買取需要に乏しいのが現状です。

特に大手リサイクルショップでは、ブラウン管テレビの買取を行っていません。

ショップ名 買取可能かどうか
ハードオフ
セカンドストリート
トレジャーファクトリー

※ハードオフのテレビ買取の基準は「製造後7年以内」ですが、ブラウン管テレビが生産終了したのが2015年であるため、買取不可能に分類しています。

 

しかし、一部では10円~100円で買取を行っているショップもあります。

たかが10円と無視することはできません。リサイクルに出す場合、約5千円を支払う必要があるからです。

実質的には5千円のプラスという見方もできます。ブラウン管テレビが買取可能かどうかは、お近くのリサイクルショップ等へお問い合わせください。

 

 

中には高値が付くブラウン管テレビも

リサイクルショップでは買取を断られることの多いブラウン管テレビですが、ヤフオクやメルカリでは数百円~数千円の価格帯で取引が行われています。

 

主な理由としては、

  • コントラスト比が高く、発色も良い→目の疲れが軽減される
  • 昔のテレビゲームや、古い映画ビデオ・DVDの再生用

などが挙げられます。

美品で故障もなければそこそこの値段で売れる可能性がありますが、フリマサイトでは商品紹介から梱包作業まで全て自分で行う必要があり、そのぶん時間も掛かります。

 

この他に、希少価値が高いブラウン管テレビにはさらなる高値が付くことがあります。

このランクともなれば、積極的に買取を行っているショップも少なくありません。

テレビの種類 買取・落札額の一例
昭和のレトロ家電 1,000円~50,000円
最大500,000円
スーパーファミコン内蔵型 数千円~80,000円
キャラクター商品・限定品 10,000円~30,000円
※ハローキティ・ブラウン管テレビの場合

 

フリマサイトに出品する場合は、過去の落札額などを参考にして値段を設定してみましょう。

 

 

ブラウン管テレビ処分のまとめ

以上がブラウン管テレビの処分方法になります。

どれを選んでも処分費用が大きく変わるわけではありません。

ですが、

  • 家電量販店への持ち込みは手続きが簡単
  • 指定引取場所への直接持ち込みは費用を節約できる
  • 不用品回収業者は不用品をまとめて処分したい時におすすめ
  • 買取が最も理想的だが、ブラウン管テレビの買取は難しい

と使い方は異なります。

それぞれの特徴をよく理解して、自分に合った処分方法を選ぶようにしましょう。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA