絨毯やカーペットは基本的に粗大ゴミとして処分することができます。

しかし大きさや素材によって可燃ゴミ(または不燃ゴミ)に分別されるなど、ルールは自治体によって千差万別です。

この他にも家具店の引取サービス不用品回収業者など、自治体で処分する以外に複数の方法が存在します。

本記事ではカーペットの買取可能性などにも触れつつ、各方法を詳しく解説しています。

 

 

カーペット・絨毯の処分方法と料金一覧

以下の表は、本記事で紹介する処分方法と料金の目安になります。

処分方法 料金の目安
粗大ゴミ 100円~1,000円前後
可燃ゴミ・不燃ゴミ 無料
または
指定ごみ袋の購入代金(約50円/枚)
一般廃棄物 収集運搬業許可業者 要問合せ
不用品回収業者 2,000円~
家具店の引取サービス 1,000円~4,000円
ショップ買取 運搬費 ※出張買取の場合
例:東京23区内で1,500円
フリマサイト 手数料(売上の10%)+送料(1,000円~)
※メルカリの場合

 

 

粗大ゴミとして処分する

  • 通常のカーペット(じゅうたん等織物製)
  • 電気カーペット(ホットカーペット)
  • ウッドカーペット
  • タイルカーペット

これらは多くの自治体で粗大ゴミに該当し、おおむね1,000円以下で処分することができます。

 

カーペットの種類 料金の目安
織物製 100円~500円
電気カーペット 100円~1,000円
ウッドカーペット 300円~1,200円
タイルカーペット 500円前後

 

ただし、自治体によっては可燃ゴミや不燃ゴミに分別される場合があります。

カーペットの種類
織物製 畳んで1辺50cm未満のものは可燃ゴミ(横浜市)

畳んで1辺1.2m未満のものは不燃ゴミ(千葉県柏市)

畳んで指定袋に入るものでも粗大ゴミ(新潟市)
電気カーペット 畳んで50cm未満のものは可燃ゴミ(横浜市)
。。
畳んで1辺1.2m未満のものは不燃ゴミ(千葉県柏市)

畳んで指定袋に入るものでも粗大ゴミ(新潟市)

布部分は可燃ゴミ
コードや電源部分は不燃ゴミ(鳥取県米子市)
ウッドカーペット 指定袋に入れば可燃ゴミ
入らなければ粗大ゴミ(大阪府貝塚市)
タイルカーペット 50cm四方以内に裁断すれば可燃ゴミ(千葉県船橋市)

 

このように、ルールは自治体ごとにまちまちです。

カーペットや絨毯を処分する際は、「どのゴミに分別されるのか」を必ず確認しましょう。

 

粗大ゴミとして処分する場合、若干の手順が必要になります。

  1. 自治体に電話やネットで予約する
  2. 自治体のホームページで、カーペットの粗大ゴミ手数料を調べる
  3. 料金分の粗大ゴミ処理券を取扱所(コンビニ等)で購入する
  4. 処理券をカーペットに貼る
  5. 予約を入れた日になったら、屋外に搬出する

あとは収集車が来てカーペットを回収してくれます。

 

 

粗大ごみ回収の注意点

  • カーペットは屋外に分で運ぶ必要がある(屋内から運んでくれない)
  • 処理券の料金を間違えると、回収してくれない
  • 引っ越しシーズンや年末年始は、回収まで1ヶ月以上掛かることも

 

 

可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する

一部の自治体ではカーペットを裁断するか畳んで袋に入れることで、可燃(不燃)ゴミ扱いとなります。

これなら粗大ゴミとして捨てるよりも、費用を抑えることが可能です。

全国の4割以上の自治体が未だに指定ごみ袋を導入しておらず、指定ごみ袋を導入している自治体にしても、1枚あたり50円程度(45Lの大袋)で購入できます。

 

大きめのカーペットを裁断してごみ袋に入れる場合は、

  • 布バサミ
  • カッター
  • 軍手

などを用意して、自治体が指定する大きさにカットしましょう。

 

ただし、布バサミでも切れない厚手の絨毯は、素直に粗大ゴミに出したほうが無難です。

「万能ハサミ」や「厚物ハサミ」などを使用することで裁断できますが、販売価格は2,000円ほど。

200円で粗大ゴミに出せる絨毯を、2,000円のハサミを使って可燃ゴミに出すのは本末転倒と言えます。

 

 

「一般廃棄物 収集運搬業許可業者」に回収してもらう

そもそも一般廃棄物 収集運搬業許可業者とは?

市区町村が認可する「一般廃棄物・収集運搬業許可」を取得し、粗大ゴミ・家電・パソコンなどの収集を法的に認められた業者を指します。

許可証は地域の清掃・運送・廃棄物処理会社などが保持していることが多く、粗大ゴミの搬出が困難な際に、自治体は許可業者の利用を推奨しています。

 

カーペットを粗大ゴミに出す場合、指定場所(玄関前やマンションの集積所)まで自分で運ぶ必要があります。

普通のカーペットならば問題ありませんが、1辺3メートル超のカーペットをマンションの高層階から運ぶのは一苦労です。

また、自治体によっては粗大ゴミの戸別収集を行っておらず、施設への直接搬入がルールとなっている地域もあります。

 

こうした場合、自治体が指定する業者にカーペットを運んでもらうという方法があります。

訪問回収を依頼する場合、処分費用の他に収集運搬料金が発生します。

料金はお住まいの地域や業者によって異なるため、詳しくは各業者にお問い合わせください。

 

 

手順は以下になります。

  1. 自治体のホームページから指定業者を検索する
    ※「一般廃棄物収集運搬業許可業者」などで検索
  2. 業者に直接連絡して、料金と支払い方法を確認する
  3. 業者が回収に来るのを待つ

 

この他に、高齢者・妊婦・障害者向けに粗大ゴミの運搬支援を行っている自治体もあります。

詳しくは各自治体へお問い合わせください。

 

不用品回収業者に引き取ってもらう

そもそも不用品回収業者とは?

https://sodaigomi-kaishu.com/

不用品回収業者とは、一般家庭や法人企業から出るゴミ全般を引き取る業者のことです。

粗大ゴミはもちろんのこと、自治体が回収しない家電やパソコン、事業ゴミなどにも対応することが可能です。

 

カーペットが粗大・可燃・不燃ゴミのいずれであっても、不用品回収業者ならば建物の中から運んでくれます。

料金は業者によりますが、回収費+出張費で2,000円~が相場となっています。

 

料金だけを見ると、自治体指定の業者との違いはそれほどありません。

不用品回収業者のメリットは何と言っても、不用品をまとめて安く処分できるパックプランです。

例えば粗大ゴミ回収本舗が提供する「トラックのせ放題」ならば、料金は定額。カーペット以外の不用品も荷台のスペースが許す限り、好きなだけ積み込めます。

 

以下は、「トラックのせ放題」プランの料金一覧です。

見積もり後に追加料金は発生しません。作業費や出張費はもちろんのこと、スタッフ追加費や階段費用などもパック料金に含まれます。

トラックの種類 プラン料金 間取り・用途 作業時間
軽トラック 14,800円~ 1K
押入の整理
2時間
1.5tトラック 34,800円~ 1DK
部屋の大掃除
2時間
2tトラック 54,800円~ 2DK
大量の家具や家電
3時間
4tトラック 要見積り 3DK以上・一軒家 5時間

 

この他にも粗大ゴミ回収本舗では、

  • ゴミ屋敷の片付け
  • 引っ越しのお手伝い
  • ハウスクリーニング

なども行っており、幅広い「お片付け」に対応可能です。

 

 

不用品回収業者の注意点

  • 中には高額な追加料金を請求してくる業者も
  • 階段費用やスタッフ追加費用など、細かい料金も忘れず確認
  • 最低3社から見積もりを取って、十分な比較検討を行おう

 

 

家具店の引取サービスを利用する

ikeaやニトリといった大手家具メーカーでは、商品購入時のオプションとして古い家具の引取サービスを行っています。

ですが、対象商品はベッドやタンスなどの大型家具に限定していることが多く、必ずしも全ての店舗で利用できるわけではありません。

 

 

店舗名 引取可能かどうか 料金
ニトリ
無印良品
イケア
東京インテリア家具 カーペット(8畳以下): 2,000円

ウッドカーペット(4.5畳以上): 4,000円
大塚家具 短辺が200cmまで: 1,000円

短辺が200cm超: 1,500円

 

地域密着型の家具店でも、引取サービスを行っている店舗はあります。

こちらの料金も、おおむね1,000円~2,000円ほどが目安となります。

 

 

中古のカーペット・絨毯を買い取ってもらうのは可能?

マットレスやベッドなどと同じく、カーペットは衛生上の観点から買い手がつきにくい商品です。

実際に、カーペットを買取品目に入れているリサイクルショップは一部に留まっています。

 

ショップ名 買取可能かどうか 対象商品
オフハウス
セカンドストリート
トレジャーファクトリー 状態が良ければ可
買取不可な店舗もある
(数万円以上の)カーペット

電気カーペット

 

 

カーペットや絨毯にも買取需要はありますが、

  • ペルシャ絨毯
  • 中国緞通(だんつう:中国語で絨毯)
  • トルコ絨毯

といったブランド価値の高い海外品が大半です。

 

例えば、無印良品で購入した 1万円のカーペットを2千円で引き取ってくれる買取店、というのは控えめに言っても多くはありません。

 

なおショップ買取を利用する際は、出張買取でカーペットを運ぶための運送料等が発生します。

 

 

フリマサイトに出品する

大量生産のカーペットをショップ買取に出すのは容易ではなく、中でもニトリやイケア、無印良品のカーペットは引取サービスも利用できません。

しかし「どうせ売れない」と諦めて粗大ゴミに出す前に、ヤフオクやメルカリ、ジモティーといったフリマサイトに出品するという方法があります。

 

例えばメルカリでは、

  • イケアのリビングルーム用カーペットが3千円(送料込み・定価1万円)
  • 無印良品の電気カーペットが3千円(送料込み・定価7千円)

といった販売実績があります。

 

フリマサイトの利用に掛かる料金は、主に販売手数料と送料です。

サービス名 料金
メルカリ 送料+手数料(売上の10%)
ヤフオク 送料+手数料(落札額の10%)
※Yahoo!プレミアム会員なら8.8%
ジモティー 送料+手数料(売上の5%)
※手数料は「あんしん決済」利用時に発生

 

送料を考慮すると、おすすめなのは全国一律の料金で配達できるメルカリの「らくらくメルカリ便」です。

サイズ 料金
100サイズ(〜10kg) 1,000円
120サイズ(〜15kg) 1,100円
140サイズ(〜20kg) 1,300円
160サイズ(〜25kg) 1,600円

サイズ・・・ダンボールの三辺合計の長さ
100サイズ・・・小さくて薄手のカーペットに適している
160サイズ・・・大きくて厚手のカーペットに適している

 

メルカリでこれ以上大きなサイズのカーペットを出品する場合、大型家具向けの「梱包・発送たのメル便」を利用することになります。

ただし、こちらは250サイズ(4.5畳・6畳のカーペットを梱包可能)で8,600円と、やや割高に。

高級絨毯など、利益が送料を吸収できるような商品を売る際におすすめです。

 

 

  • 送料を節約して利益を大きくしたい
  • 送料を省いて買い手を早く見つけたい

といった方には、商品の直接手渡しという方法があります。

ジモティーでは大型家具の直接手渡しが活発に行われていますし、メルカリにおいても、手渡しは一部ユーザーが送料を節約するために用いている手法です。

ただし、ヤフオクとメルカリでは商品の手渡しは大丈夫でも、代金の手渡しは規約違反になります。必ず運営が定めた決済手段を使うようにしましょう。

 

 

メルカリにおける手渡しの注意点

  • 購入希望者への手渡しの強要は禁止されている
  • トラブルを避けるため、相手の取引歴と本人確認の有無は要確認
  • 住所に関するコメントは後で必ず削除する

 

 

カーペット・絨毯は自分に合った処分方法で賢く処分しよう

以上がカーペット・絨毯の処分方法と費用の解説になります。

 

自治体に処分してもらえば安く済むが、分別ルールがやや複雑。

不用品回収業者は、複数の不用品をまとめて処分したい時におすすめ。

買取店で換金できれば理想的だが、買取条件はやや厳しめ。

フリマサイトなら大量生産品でも売れる可能性はあるが、送料が負担になりやすい。

 

このように、どれも一長一短です。

それぞれの特徴をよく考慮して、自分に合った処分方法を選ぶようにしましょう。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA