使わなくなった車や事故車を放置していても、さまざまな費用がかかります。

そのため、できる限り早めに廃車処分する必要があります。

車の処分方法も廃車だけでなく、買取や解体などさまざまな方法があります。

本記事では、使わなくなった車を廃車処分する方法を紹介していきます。

また、車の状態によってどのような処分方法をすればいいのかも解説していくので、最後まで読んでください。

廃車処分するときの料金相場

廃車処分するときの料金相場

使わなくなった車を処分するには、処分費用がかかります。

自分で廃車手続きを行う場合は、以下の料金がかかります。

  •  リサイクル料金
  • レッカー料金
  • 解体料金

それぞれの料金相場は以下の表にまとめています。

リサイクル料金(平成17年以前に新車登録された車のみに発生) 約10,000~20,000円(普通車の場合)
レッカー料金 約15,000~20,000円
解体料金 20,000円前後

ディーラーに依頼した場合はレッカー料金や解体料金、廃車手続き料金を合計して約50,000~60,000円ほどかかります。

ディーラーは廃車買取を専門業者に依頼して廃車手続きや解体作業を行うので、自分で手続きを行うよりも手数料が割高になります。

なるべく費用をかけないで廃車処分を行いたいという方は廃車専門の買取業者に依頼するのがおすすめです。

まだ走る車を廃車処分する方法

まだ走る車を廃車処分する方法

ここまでは廃車処分の料金相場を紹介していきました。

ここからはまだ走る車を廃車処分する方法を紹介します。

まだ走る車の場合、廃車処分する方法は以下の3つがあります。

  • 中古車として売却する
  • ディーラーに下取りを出す
  • 知り合いに譲る

それぞれの廃車処分方法を詳しく解説していくので、まだ走る車を処分したい方は、ぜひ参考にしてください。

中古車として売却する

中古車買取専門業者に依頼することで、いらなくなった車を処分できるだけでなく、お金に変えることもできます。

さらには、めんどうな廃車手続きも一緒に行ってもらえるので、手間を省くこともできます。

ただし、専門業者によっては買取金額に大きな差が出ることもるので、同じ車であっても10万円以上の差が出る場合もあります。

そのため、1社だけに見積もりを出すのではなく、複数業者に査定を出して、査定金額が最も高い買取業者に買い取ってもらいましょう。

ディーラーに下取りを出す

使わなくなった車を処分した後に新規購入を検討している方は、ディーラーに下取りに出すことをおすすめします。

下取りで売却できれば、買取金額分を新車の購入費用に充てることができるので、お得に新車に乗り換えられます。

注意点として、「下取りする車と同じメーカーの車を購入しなければならない」などの条件が付いてくる場合もあります。

また、下取り金額は新車購入費用の割引扱いになるので、明確な査定金額がわかりにくいというデメリットもあります。

中古車の買取業者と比較してしまうと、買取金額が安くなる傾向にあるので、古い車の処分から新規購入までの手間が減るので、自分の都合に合わせてディーラー下取りも検討しましょう。

知り合いに譲る

友人や知り合いが車を欲しがっている場合、使わなくなった自分の車を譲るのも処分方法の一つです。

自分の車を譲る時は、譲渡証明書や車検証などの書類を揃えて、持ち主の名義や任意保険の変更手続きなども行いましょう。

この手続きをしないで友人などに自分の車を譲渡すると、事故を起こしたときなどに大きなトラブルに発展するリスクがあります。

さらには無料で譲るか、有料で譲るかなどのルールもしっかり決めておくことで、よりスムーズに譲ることができます。

事前に大きなトラブルを防ぐためにも、車は信頼できる人に譲ることをおすすめします。

走らなくなった車を廃車処分する方法

走らなくなった車を廃車処分する方法

ここまでは走る車を廃車処分する方法を紹介しました。

逆に、事故車や何年も乗らないで放置していた動かなくなった車の場合は、処分方法が少々異なります。

ここからは走らなくなった車を処分する方法を紹介していきます。

動かなくなった車の処分方法は以下の4つがあります。

  • 廃車専門の不用品回収業者に依頼する
  • ネットオークションへ出品する
  • 廃車買取の専門業者に依頼する
  • 廃車手続きを済ませて解体する

それぞれの処分方法を詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

廃車専門の不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者の中には、廃車専門で回収を行っている業者がいくつか存在します。

回収業者によっては有料か無料か分かれますが、車の種類や車両状態が良い場合は買取も行ってくれます。

車両の引取だけでなく、解体や廃車手続き、手続き完了の証明書発行まで対応してくれるので、時間をかけずに早く車を処分したいという方におすすめの処分方法と言えるでしょう。

不用品回収業者に依頼する際はネットなどで業者の実績や口コミなどをチェックして、評判の良い業者を選びましょう。

悪徳業者に依頼してしまうと、回収金額が高額になる場合があうので注意しましょう。

ネットオークションへ出品する

走らない車でもネットオークションへ出品することができます。

車自体が壊れている場合でも使えるパーツがあるので、車の修理業者もネットオークションを利用しています。

人気の車種の場合、買取業者よりも高く売れることもあるので、希望していた価格以上の値段で売却できる可能性もあります。

ただし、出品する時のシステム手数料がかかってきます。

また、売却後に購入者と廃車手続きなどの確認を行うことで、その後のトラブルを防ぐこともできます。

廃車買取の専門業者に依頼する

車の買取専門業者と聞くと、中古車などの買取を想像する方も多いのではないでしょうか。

しかし、廃車を専門にしている買取業者も多く存在しています。

事故車や経年劣化で走らなくなった車は中古車としての価値はほぼゼロです。

しかし、使えるパーツやリサイクルになる部分も多いので、利用価値は非常に高いと言えます。

そのため、お金に変わる可能性が高いので、無料の引取サービスや廃車処分を行う前に、廃車専門の買取業者に依頼してみましょう。

買取業者の中には廃車の手続きを無料代行している業者も多いので、費用だけでなく処分作業を任せることもできます。

廃車手続きを済ませて解体する

「廃車手続きは専門業者じゃないとできない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は書類を揃えるだけで自分でも手続きを行うことができます。

廃車手続きには、一時抹消登録永久抹消登録の2種類があり、それぞれの書類の意味は以下の通りです。

一時抹消登録 一時的に公道を走行できなくするための手続き
永久抹消登録 永久的に公道を走行できなくするための手続き

長期間、車を利用しない場合や盗難被害にあった場合は、一時抹消登録で廃車にします。

永久抹消登録の場合は、以下の書類を運輸支局に持っていって手続きをしなければいけません。

  • 自動車検査証
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 所有者の印鑑証明

手続きだけでなく本体を解体したい場合は、解体業者も自分で手配しなければいけません。

走らない車の場合はレッカーを手配する必要もあるので、他の方法と比べると、少しだけ手間がかかります。

知って得する!廃車処分する前に確認すべきこと

廃車処分する前に確認すべきこと

ここまでは走らなくなった車の処分方法を紹介していきました。

ここからは廃車処分をおこなう前に確認するべきことを紹介します。

こちらを行うことで、よりお得に廃車処分できるので、ぜひ実践してみてください。

自動車税の還付を調べる

車は廃車処分を行うと、今まで支払い続けていた税金が戻ってくる場合があります。

普通車の場合は、廃車登録が完了した翌月~3月までの自動車税が還付される仕組みとなっています。

特別な申請は特に必要なく、廃車手続き後に自動車税の事務所から通知が届くので安心して手続きができます。

自賠責保険料は更新から1ヶ月以上の期間が残っていた場合、残っている月分の保険料が戻ってきます。

保険料は廃車手続き後に登録している保険会社に自分から申し込まなければいけないので、忘れないように注意しましょう。

軽自動車に乗っていたという方の場合は、保険料や重量税の還付はありますが、自動車税の還付はありません。

買取に出す前に車の掃除をしておく

使わなくなった車を買取に出す場合は、車をきれいにしておくことで査定金額がアップします。

査定金額が大幅に上がるわけではありませんが、事前に洗車を行っておくだけで査定業者に好印象を与えることができるでしょう。

車内の汚れや匂いが査定金額が下がることになるので、可能な限りきれいに掃除しましょう。

査定金額も重要ですが、いままでお世話になった愛車に感謝の気持ちを込めて、掃除をしてお別れすると考えてもいいでしょう。

まとめ

まとめ

今回は使わなくなった車を処分する方法を紹介していきました。

車を処分する方法として、以下の方法があります。

  • 買取に出す
  • 友人や知人に譲る
  • 廃車

しっかりと手続きを行わないと、のちのち大きなトラブルに巻き込まれる可能性があるので、本記事をチェックしながら、使わなくなった車の処分を進めていきましょう。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA