今回の記事では、食器棚を処分するときの相場や正しい処分方法と1人で運べないときの対処法を紹介します。

また、処分方法によって、メリットデメリットが有りますのでそれぞれまとめました。

食器棚の処分にかかる料金は?

食器棚を捨てようとしたときに気になるのが、処分にかかる料金です。

処分と言っても、幾つかの処分方法が有りますのでそれぞれで説明していきます。

自治体のゴミに出す場合

お住いの地域で回収している粗大ごみに出す方法が有ります。

その場合は、専用のシール代金の費用がかかります。

シール代は、200円~500円程で地域によって様々では有りますが、比較的少額で処分することが出来ます。

不用品回収業者に引き渡す場合

自治体のゴミに出す場合の他に、不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう方法が有ります。

その場合の料金の目安として5,000円程となりますが、回収業者や食器棚の大きさによって変化しますので見積もりをお願いしてから検討する方が安全です。

このようにかかる金額は様々になっていますし処分方法にも種類がありますので、詳しく紹介していきます。

食器棚の正しい処分方法は?

食器棚を処分するときの手段や方法を紹介します。食器棚を処分する手段は、4つ有ります。

  1. 地域の粗大ゴミに出す
  2. 不用品回収業者に引き取ってもらう
  3. リサイクルショップに売りに行く
  4. フリマサイトで売る

ゴミとして出す場合は費用がかかりますが、逆に売る場合はいくらか利益が出ます。

ただし、どの方法にするにしても正しい方法で処分するのはマナーですので抑えておいてください。

地域の粗大ゴミに出す場合

地域の粗大ゴミに出す場合は、その地域のルールを守ることが最低限のマナーです。

出し方は、住んでいる地域管轄の市役所が管理していますので問い合わせてみてください。丁寧に教えてくれるはずですので、安心してください。

 

問い合わせ時に、何時までに出すべきなのか・何日(何曜日)に出すのか・出し方や方法と場所はしっかりと確認してください。

近所の人との付き合いも有るので迷惑にならない出し方を徹底して、住みやすい環境にしておく必要が有ります。

不用品回収業者に引き取ってもらう

地域のゴミに出す場合は、どんなものを出すのか近所の人に知られてしまう可能性は高いので嫌だと感じる人も居るかと思います。

そんな場合は、不用品回収業者に引き取ってもらうことで解決出来ます。

 

不用品回収業者をどこに頼むかは、インターネットで調べてもいいですし無料配布されるチラシに入ってくることも有るので、その会社に頼むのもいいかもしれません。

ただし、食器棚のサイズやガラスなどの割れ物が付いているかどうか等でかかる料金は変わってきます。

そのため、引き取ってもらう契約をする前に必ず見積もりを出してもらうほうが安全です。

見積もりは、最低でも3社は依頼すると比較しやすくなります。

リサイクルショップに売りに行く

食器棚を処分する際に、お金を出すことを避けたい場合はリサイクルショップに売りに行く方法が良いです。

持っていけば、状態が悪いものでなければ少額でも買い取ってくれると思います。ただし、店舗まで持ち込む必要が有ります。

 

そのときの車の手配が出来るかどうかや、店舗までの距離も考えた上で検討してください。

距離が遠いと、移動中の揺れによって傷がつくことも考えられますので、出来るだけ近い場所にリサイクルショップが有るといいです。

フリマサイトで売る

食器棚となると大きいものになるので、比較的送料も高くなります。

そうなると、フリマサイトで販売しても、送料が案外高くなり販売価格よりも多くかかってしまったということも有り得ます。

 

そのため、食器棚のサイズをしっかりと調べ、配送業者に送料や送り方の確認はしておくことで改善出来ます。

配送業者によっては、送料はもちろん送り方も変わってきますので何社か問い合わせをして比較してください。

食器棚の処分方法別のメリットデメリット

食器棚を処分することについて書いてきましたが、ここまでのことを踏まえて、粗大ごみや不用品回収業者に出す場合と売る場合のメリットデメリットをそれぞれまとめました。

処分の仕方 メリット デメリット
粗大ごみに出す 不用品回収業者に依頼するよりはかかる費用が安く済む 指定の場所にまで運ぶ必要が有り、労力がかかる
不用品回収業者に頼む 自宅まで取りに来てくれることで労力は少ない 費用がかかる
フリマサイト等で販売する 売れれば売上金が出る フリマサイトでは送料が高くなってしまう

フリマサイトやリサイクルショップに売ろうとした場合について補足しておくと、必ず売れるわけではないと言うことは認識しておくべきです。

食器棚の状態が良いものだったりデザインが魅力的なもので有ればリサイクルショップやフリマサイトで買い手が付きますが、確実に売れるわけではありません。

売るにも労力は使いますので、費用対効果を考えて見るのも必要かと感じます。

処分する食器棚が運べないときの対処法は?

食器棚は比較的大きなものなので、自分では運べないということも有ります。

そんなときは、不用品回収業者に頼んで取りに来てもらいましょう

不用品回収業者は、自宅まで取りに来てくれますしその後の処分もお任せできます。

 

ただし、先程も書きましたが業者によって金額は様々になりますので、事前に見積もりをすることは必須です。

3社程で見積もりを取ることで、大体の相場も把握できますし、どの業者が一番安全なのかも分かります。

食器棚を処分するとき解体をするべき?

食器棚を処分するとき、解体すればコンパクトにもなるので、運びやすくなります。

しかし、解体し分解することで可燃ごみや不燃ごみに出すことが出来る大きさとなり、粗大ごみの扱いではなくなります。

 

業者に粗大ごみ回収をお願いした場合は、むやみに解体することは避けてください。

逆に、解体すれば処分費用は不要となりますし、運びやすくもなるので可燃ごみや不燃ごみで出すことにした場合は有効手段と考えても大丈夫です。

 

ただ、食器棚にはガラスやネジ・釘が使われている場合が有るので、解体中に怪我をしないように気をつけて作業を行いましょう。

解体には、工具が必要になりますし、作業場所や時間、そして体力を使うことにもなります。

そのことを踏まえた上で、解体するべきかどうかも検討してください。

もちろん、粗大ごみとして出す場合は、解体はせずに出しましょう

食器棚を処分するときの相場や正しい処分方法を理解しよう

食器棚を処分するときの相場はどのくらい?正しい処分方法や運べないときの対処法も!

今回の記事では、食器棚を処分するときの相場(費用)や処分方法をまとめました。

食器棚を処分する方法は、粗大ごみに出したり不用品回収業者に引き取ってもらうゴミとして出す方法と、リサイクルショップやフリマサイトで売りに出す方法があります。

 

地域の市役所で処分方法の問い合わせをすれば、正しいやり方を教えてもらえるのでマナーを守って処分することが可能です。

よく知った上で粗大ごみとして出せば、トラブル無くスムーズに片付けれるので安心です。

 

このように選ぶ処分方法によってかかる費用や対応は変わってきますし、メリットデメリットもそれぞれあります。

自分に合った方法で、ルールに沿ったやり方で食器棚の処分を行ってください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA