こちらの記事では、電子レンジの処分にかかる料金相場をまとめています。

電子レンジを買い替えたり故障したりしたときの、処分方法にも困ってしまうと思います。

電子レンジを処分するといっても、処分方法は1つだでけはありません。

ここでは、6つの処分方法を紹介するとともにそれぞれの特徴やメリットデメリットも合わせてわかりやすく解説しています。

電子レンジの処分方法に困っているならぜひ本文を参考にして、自分に合った電子レンジの処分方法を見つけてください。

電子レンジの処分にかかる料金相場を解説

電子レンジの処分の方法には、大きく分けて「破棄する」「売却する」の2通りあります。

その中にも、さらにどういった手段で行うのかにもよって料金の相場は変わってきます。

破棄する場合と、売却する場合それぞれの処分方法別で料金相場をまとめました。

金額は目安になりますが、参考にしてください。

破棄する場合

処分方法料金相場
自治体のゴミとして出す0円・粗大ゴミの場合は約500円前後
家電量販店で処分してもらう約2,000円〜
不用品回収業者に処分してもらう約3,000円〜

上記の方法は、お金を支払って手放す方法です。

売却する場合

電子レンジの状態が良ければ、破棄するよりも売却する方法を選択する方がお得に感じます。

処分方法料金相場
フリマやオークションサイトを利用(出品相場)約3,000円〜
リサイクルショップへ持っていく約1,000円〜
買取業者に買い取ってもらう約1,000円〜

このように、電子レンジを処分するといっても様々な方法があり、処分方法によって料金の相場は変化することは理解しておきましょう。

電子レンジの処分方法6選

料金相場でお伝えしたように電子レンジを処分する方法は、以下の6つあります。

  1. 自治体でゴミとして出す
  2. 家電量販店で処分してもらう
  3. 不用品回収業者に処分してもらう
  4. フリマやオークションサイトを利用する
  5. リサイクルショップへ持っていく
  6. 買取業者に買い取ってもらう

それぞれの特徴やメリットデメリットを、一つずつ解説していきます。

方法①自治体でゴミとして出す

自治体のゴミとして出す方法は、一番手軽に出来る方法です。

ただし、電子レンジは、自治体によってゴミの区分が変わってきます

不燃ごみ粗大ゴミのどちらかになりますが、ゴミの出し方を間違えないようにするためにお住いの地域ではどちらに該当するのかは事前に確認しておきましょう。

市役所に問い合わせれば、快く回答してくれます。

メリット

  • 費用が安くすむ
  • 日頃からゴミを出していて慣れている分、安心して出せれる

デメリット

  • 指定場所まで運ぶ必要があり運搬が大変
  • ゴミ処理券を買ったり、貼ったりする手間が掛かる
  • 処分までに1か月待ちの場合がある

方法②家電量販店で処分してもらう

家電量販店では、電子レンジを処分もしくは売却や下取りで対応してくれるところがあります。

もし、新しい電子レンジを家電量販店で購入することを考えているのであれば、店舗へ持ち込むといいでしょう。

古いものを手放して、新しいものを迎えるとということが一度で出来ます。

ただし、持っていって対応不可だった!とならないように、いつも利用している店舗へ対応方法を確認してみるのが安全です。

メリット

  • 下取りもしくは買取りをしてもらえる可能性がある
  • 買い替え時に楽

デメリット

  • 持ち込む必要がある
  • 型番が古い、もしくは状態が悪すぎる場合は引き取ってもらえない場合がある

方法③不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者は、電話一本で即日対応してくれる業者がほとんどです。

また、自分では運び出すことが難しい場合でも大丈夫です。不用品回収業者にお願いすれば、自宅から運び出してもくれます。

特別料金は必要としないため、無理に運び出さずに業者にお願いしましょう。

このように、すぐに処分したいけど運び出すのが大変という方には、不用品回収業者に依頼をして処分してもらうのがおすすめです。

メリット

  • 電話一本で即日対応してもらえる
  • 他の不用品もまとめて回収してもらえる
  • 家の中に入って回収してくれるので自分で運び出さなくてもいい

デメリット

  • 電子レンジだけの回収は割高になる確率が高い
  • 業者によっては1品では取りに来てくれないケースもある

まとめて処分がおトク!トラック積み放題でおすすめの業者ランキングをチェック!

 

方法④フリマやオークションサイトを利用する

電子レンジは、調理に必要な家電であり需要が高いので、フリマアプリやオークションサイトを利用してもいいでしょう。

需要が高い分、新品でなくてもいいので欲しいと言う人も多くいます。

そういった人の目に止まれば、購入してもらえる可能性は高くなります。

電子レンジを撮影し状態や年式を書くことで出品は出来ますので、気になる方はチャレンジしてみましょう。

メリット

  • 価格を自分で決めることができる
  • 新しい型番は高額で売れることがある

デメリット

  • 利用するサイトに会員登録をしたり、出品用の写真を撮ったりするのに手間がかかる
  • 必ずしも売れるわけではない
  • 売れたら梱包や発送にお金や手間がかかる

方法⑤リサイクルショップへ持っていく

リサイクルショップへ、故障していなければ基本的には買い取ってもらえます。

査定する際には、使用年数・見た目の状態・メーカーや型番が主なチェックポイントとなります。

そのため、本体が綺麗な状態でまだしばらく使えるものであるなら持っていくといいでしょう。

リサイクルショップへ持って行くのは手間にはなりますが、その場で現金化してもらえるのは魅力の1つと言えます。

買取価格は低いこともありますが、処分にかかる費用に比べればお得です。

メリット

  • すぐに現金化できる
  • 梱包する必要がない

デメリット

  • 持ち込む必要がある
  • 買取価格が低い可能性がある
  • 状態が悪いと買い取りしてもらえない

方法⑥買取業者に買い取ってもらう

リサイクルショップのように、梱包する必要はなくすぐに現金化になります。

出張買取を行っている業者にお願いすれば、自宅まで来てくれてその場で査定と買取りを行ってくれるので、持ち運びの手間が省けます。

持っていくのが手間と感じている方は、リサイクルショップへの持ち込みよりは買取業者にお願いする方がおすすめです。

メリット

  • すぐに現金化できる
  • 梱包する必要がない

デメリット

  • 状態が悪いと買い取りしてもらえない
  • 1品だけだと割高になる場合がある

どんな方法にも、メリットデメリットは存在します。

よく理解した上で、自分に見合った処分方法を選んでください。

電子レンジを処分する際の注意点

電子レンジは自治体によって、粗大ゴミもしくは不燃ゴミのどちらかになります。必ず住んでいる地域ではどちらに対応しているのかを確認してください。

なお、電子レンジ本体は粗大ゴミとして取り扱っている場合でも、ターンテーブルなどの付属しているものは、粗大ゴミとして取り扱っていないことがありますので注意してください。

また、電子レンジは、小型家電リサイクル法の対象となっている家電製品で、家電に使われている金属や有用部品などを出来る限りリサイクルするように推奨する法律が定められています。

このように電子レンジを処分するといっても間違った処理方法をしてしまうと、不法投棄になってしまう恐れもあります。

自分勝手な判断での処理は絶対に行わないようにし、自治体やメーカー等のホームページをチェックしたり直接問い合わせて対応しましょう。

電子レンジを高く買ってもらうコツ

電子レンジをリサイクルショップや買取業者にお願いするときに、少しでも高く買ってもらうために行うことを紹介します。

  • 電子レンジはきれいに掃除する
  • 説明書や付属品もセットにする

電子レンジは、毎年新しい機種が販売されているため、年式が古いものは使用年数が長いだけで査定額は低くなってしまいます。

ただし、電子レンジの状態が良ければ評価ポイントは上がりますので、ぜひ売却の前に本体を綺麗にして見た目を良くしておきましょう。

また、すこしでも査定額をあげるためにも、説明書や付属品も忘れずに揃えておくといいです。

電子レンジの処分は粗大ゴミ回収本舗がおすすめ

この記事では、電子レンジの処分にかかる料金の相場や処分方法をまとめてきました。

処分するには6つの方法がありますが、破棄してしまうよりは売却を選択するほうがお得です。

そんなとき、買取をしている不用品回収業者に依頼をすることをおすすめします。

中でも、粗大ゴミ回収本舗は、顧客満足度や女性におすすめできる業者等で第1位になるほどに評判の良い業者です。

丁寧でスピーディな対応をもとに作業にあたっていて、リピーターが多いのも人気の業者であることが分かります。

粗大ゴミ回収本舗は、電話一本で即日対応していますし見積もりももちろん無料で行っています。

見積もりをしてもらって料金が見合っていないと感じた場合は、キャンセルすることも可能です。

そのときの料金はかかりません。まずは一度お気軽にお問合せをしてみてください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA