今回の記事では、粗大ゴミシールが買える場所や書き方・貼り方を紹介します。

粗大ゴミを出す時は、必ず粗大ゴミシールを貼る必要があります。

これは、回収だけに限らず、自治体の回収場所に自分で直接持っていく場合にも当てはまります。

粗大ゴミを出そうとしているけど、

  • シールがどこに売っているのかわからない
  • どのように記入したらいいのか分からない
  • どのように貼ればいいのか迷っている

といった方に向けて解説していきます。

粗大ゴミシールはコンビニで買える?販売店一覧

粗大ゴミシールは、コンビニで購入できます

その他にも、

  • スーパーのサービスカウンター
  • ドラックストア
  • 個人商店
  • 市役所

などで、購入出来ます。

上記の店舗のように粗大ゴミシールの取り扱いを行っているところは、粗大ゴミ処理券取扱い店のステッカーが貼っています。

自治体によっては、銀行や郵便局で購入可能です。

粗大ゴミシールの支払い方法に注意

粗大ゴミシールは、現金のみの支払い対応となります。

そのため、クレジットカードやICカードはもちろんのことPayPayや楽天ペイ・Edyといった電子マネーも取り扱っていません。

ただし、セブンイレブンとファミリーマートは例外です。

セブンイレブンはnanaco、ファミリーマートではFamiPayの利用を可能としています。

現金の利用を避けたい場合は、上記2店舗で購入されるのがよいでしょう。

粗大ゴミシールの種類や料金相場は?

粗大ゴミを出すとき、出す品物によって料金が異なってきます。

そのため、出そうとしている粗大ゴミそのものに必要な料金分の粗大ゴミシールを購入する必要があります。

粗大ゴミシールの種類

粗大ゴミシールには種類があります。

処理券A券・処理券B券といったように2種類で販売している地域と、「200円・400円・700円・1,000円」といったように200円から2,000円程でシールを販売している2パターンです。

例えば、東京23区は「A券・B券」の2種類に当てはまり、大阪府は「200円・400円・700円・1,000円」の4種類です。

粗大ゴミのシールは不足がないようにする

粗大ゴミシールを貼るときは、上記でお伝えした数種類の中から組み合わせて必要な金額にしていきます。

もしも、シールを購入しに行ったのに在庫切れで必要な金額のシールが買えなかった場合は、不足にならないように購入しましょう。

例えば、「250円・500円・1000円・1500円」の4種類のシールを販売している自治体で、1,250円の料金がかかる粗大ゴミを出すとします。

そのため、1,000円と250円のシールを購入すればいいのですが、250円のシールが売り切れてしまっていた場合は1,500円の組み合わせで購入するか、在庫のある販売店で購入しましょう。

粗大ゴミシールの料金が不足していると回収してもらえないため、注意が必要です

品目別料金表

以下は、粗大ゴミにかかる料金の目安です。

200円~400円

  • 照明器具
  • 除湿機
  • 炊飯器
  • じゅうたん
  • 毛布
  • テレビ台
    など

比較的、品物そのものが小さめの1人で持ち運びできるものがこの金額に当てはまります。

500円~900円

  • 食器洗い乾燥機
  • 鏡台
  • ゴルフ用具
  • 自転車
    など

比較的、品物は少し大きくなりますが1人でなんとか持てる範囲のものがこの金額に当てはまります。

1,000円~

  • 電子レンジ
  • ファンヒーター
  • いす型のマッサージ器
  • 健康器具
  • タンス
  • 食器棚
  • マットレス
    など

品物が大きく、2人以上で運んだ方がいいものがこの金額に当てはまります。

上記の金額は目安です。

実際に必要な金額は、自治体のホームページを確認するか直接問い合わせをしてみましょう。

粗大ゴミシールはまとめて購入出来る?

粗大ゴミを出すとき、出す品物の料金が高い場合は複数枚購入する必要があります。

ただし、販売店舗で大量に在庫を持っていません。

このことから、粗大ゴミシールをまとめて購入したい場合は、購入しようと検討している店舗へ、事前に粗大ゴミシールがあるかを確認しておくといいでしょう。

もし無い場合でも、取り寄せしてくれます。

また、販売店舗へ行ってから「無い」と慌てるよりも、事前に確認しておくほうが安全です。

粗大ゴミシールの書き方を解説

粗大ゴミのシールを購入したら、次はシールに必要事項を書いていきましょう。

書き方は、名前や収集日を記入するだけと非常に簡単です。

受付番号がある場合は、必ず受付番号を漏れなく記入してください。

記入漏れがあると、回収してもらえない恐れがあるため、漏れは無いように気を付けましょう。

ただし、名前に関しては個人情報の観点から書かなくてもいい場合があります。

これは、自治体によって対応が変わってくるため、どうしても名前を書いて出したくない場合は、お住いの自治体に確認をしてください。

粗大ゴミシールの貼り方を紹介

粗大ゴミシールに必要事項を記入したら、次は貼りつけ作業です。

シールを貼る前に注意してほしいことや、実際の貼り方を解説していきます。

粗大ゴミシールを貼る前の注意点

粗大ゴミシールを貼る前にチェックしてほしいことは、粗大ゴミシールに領収書が付いていないかどうかを確認することです。

自治体によって様々ですが、一部地域では粗大ゴミシールに領収書を付けていますので、チェックしてから貼るようにしましょう。

領収書は切り離し処理券の部分のみを貼り、切り離した領収書は、回収が完了するまで大切に保管をしてください。

理由は控えを兼ねているからです。つまり、粗大ゴミを出した後に万が一シールが剥がれて回収してもらえなかった場合でも、受付番号や収集日を控えから提示できるため再度依頼をして回収してもらえます。

粗大ゴミシールの貼り方を種類別で紹介

実際に粗大ゴミにシールを貼るときは、回収時に分かりやすくするために粗大ゴミシールを目立つ場所に貼ってください。

面が広い粗大ゴミ

面が広い粗大ゴミとは、テーブルや椅子などになります。

テーブルなら天板・椅子なら座る箇所といった感じで広い面に貼っておきましょう。

すると回収時に見やすくなります。

棒状の粗大ゴミ

棒状のものは、先程のテーブルや椅子とは違い、面がありません。

そのため、くるっと巻きつけるように貼って大丈夫です。

ただし、くるくる巻きつけて貼ると粗大ゴミシールが貼ってあるかの判断がしづらくなります。

貼ってないと思われ回収してもらえなくなるので注意してください。

もし巻きつけて見づらくなってしまう場合は、テープなどでタグを作って貼るといいでしょう。

剥がれやすい粗大ゴミ

続いて、布団やじゅうたん・カーペットのように、剥がれる恐れのあるものです。

粗大ゴミシールは、一度貼ると剥がれにくいようにはなっていますが、絨毯やカーペットでは素材によって剥がれやすいものがあります。

この場合、粗大ゴミを指定の場所に出して回収されるまでの間にシールが剥がれてしまうという恐れもあります。

このような恐れを防ぐために、剥がれやすい素材のものはシールを補強しておきましょう。

粗大ゴミシールを貼った上からビニールテープなど粘着力が強いものを上から貼ったり、ビニールの袋をかぶせて剥がれないようにします。

補強しておけば、万が一雨に濡れても安心です。

粗大ゴミシールを正しく取り扱って処分しよう

今回の記事では、粗大ゴミシールの買い方や貼り方などを紹介してきました

粗大ゴミは、コンビニ以外でもスーパーやドラッグストアなどで購入できます。

ただし、支払方法が現金のみになることに注意しておきましょう。

また、貼り方に関してテーブルや椅子のように貼る面がしっかりとある場合は良いですが、棒状のものや剥がれやすい素材のものには、補強などの工夫が必要です。

「シールが剥がれて回収してもらえなかった」とならないように気をつけましょう。

同時に、シールには受付番号・名前といった必要事項の記入を忘れずに行ってください。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA