この記事は「引っ越しの日程が決まったらやるべきこと」を順序だてて解説し、初めての引っ越しでもスムーズに部屋の片付けができる内容になっています。

引っ越しが決まったらお部屋の片付けが必要です。

必要なものをリストアップしたり、段ボールに梱包したりとやるべきことがたくさんあります。

ぜひ最適な引っ越し計画を立てて、スムーズに作業を進める参考にしてみてください。

 

引っ越し前の部屋の片付けスケジュール

引っ越し前の部屋の片付けスケジュール

引っ越しが決まったら部屋の片付けをしていく必要があります。

スムーズに部屋の片付けを終わらせるには、引っ越し日から逆算したスケジュールを立てていくことです。

この項目では、流れや注意点を解説していきます。

1|引っ越しの片付けに必要な道具を準備する

引っ越しで部屋の片付けをする際に準備しておくといい道具は複数あります。

最初に、片付けに使う必要な道具を準備していきましょう。

<片付けに必須なグッズ>

  • 段ボール
  • 軍手
  • ガムテープや養生テープ

段ボールやガムテープは、引っ越し先に持っていく荷物を入れるために必要なアイテムです。

ただし、引っ越し業者に依頼をすれば必要な分をもらえる可能性は高いため、自分で用意をする前に確認をしておくとよいでしょう。

<あると便利なグッズ>

  • 新聞紙(割れ物を包む)
  • 梱包紐(まとめてしまう)
  • ハサミやカッター(紐を切ったりダンボールを開ける)
  • 工具セット(家具の解体や組み立て時に使用)
  • サインペン(メモ書き用)
  • ビニール袋(小物類をまとめたり、液体がこぼれないように包む)
  • バスタオルやシーツ(家具に巻いて傷が付くのを防ぐ)

引っ越し先に食器類のなど割れやすい物を持っていくときは、段ボールに直接入れることは避け、必ず包んでからにしてください。

このとき、新聞紙がない場合はキッチンペーパーやタオルで代用するのも良いです。

食器を包むための緩衝材も販売されていますが、わざわざ買うよりご自宅にあるもので十分に代用できます。

その他には、何が入っているか分かるように段ボールにメモ書きをすることで、引っ越し先での荷解きも効率よく進められます

このとき、遠目からでも何が書いてあるか分かるようにするため、ボールペンでは見えづらいためサインペンが好ましいです。

2|どこから片付けるのか順番を決める

片付けを始める際に、どこから片付けるのかを決めておきましょう。

効率的な順番は、引っ越し先でしか使わないものから始めていき、引っ越し当日に使うものは最後に梱包する流れです。

また、部屋毎で片付ける際は、梱包済みの段ボールは部屋の奥に保管するようにしましょう。

出入口付近に置いてしまうと、出入りがしづらくなり作業効率が悪くなるだけでなく、日常生活にも支障をきたしてしまう恐れがあります。

順番を決めておくことで、作業の手を止めずに片付けられるというメリットにもなります。

3|引っ越し先に持っていくものと持っていかないものを分ける

片付ける順番を決めたら、次は必要なものと不要なものに分けていきます。

この段階では、部屋ごとで要る要らないをリストアップしてください。

このときに、家電や家具など大型のものが不要で、自治体の粗大ゴミとして捨てる場合は注意が必要です。

粗大ゴミの回収日が決まっているため、日にちを把握しておく必要があります。

4|荷物を梱包する

引っ越し先に持っていくものを決めたら、次は梱包をしていく作業です。

梱包は、使う見込みのないものから進めていきましょう

使うかもしれないものは、段ボールに一旦入れておき梱包せずに置いておけば大丈夫です。

段ボールに入ってても梱包しなければ、使うとき取り出すだけで済みます。

ただし、荷物はできるだけ段ボールに詰めておくようにしましょう。

その他、下記に注意してください。

  • 段ボールの重さは1人で持てる範囲にする
  • 割れ物が入っている段ボールには「割れ物注意」と書き記す
  • 段ボールの中身が隙間だらけの場合は、タオルなどを詰めてできるだけ隙間がない状態にしておく

割れ物は、詰め込むとき・開梱するとき・移動のときと常に注意が必要なものです。

そのため、段ボールに必ず割れ物注意と明記することや、移動中の擦れを最小限にするために隙間は出来る限り埋めていきましょう。

また、明記は赤色が好ましいです。赤色は警告を表す意味なので、より注意して運ぶことに繋がります。

5|いらないものを処分する

片付けをしていくうちに不要なものは出てきます。要らないものは該当するゴミの日に出して処分していきましょう。

家電家具などの大型のものは、自治体に連絡をし粗大ゴミの回収を依頼しておく必要があります。

予約で埋まってしまわないように早めの行動が必要です。

また、粗大ゴミで出す料金よりは高くなる可能性がありますが、引っ越し業者や不用品回収業者に依頼をして処分してもらうこともできます

万が一、自治体で予約出来なかったときは、回収業者への依頼も検討してみましょう。

6|引っ越し当日に最後の荷物を梱包する

最後は、引っ越し日当日まで使っているものを段ボールに入れて梱包してください。

片付けを始めるのは、荷物の量やご家族の人数によって異なってきますが、引っ越し日を含めずに約1週間前から行うのが平均的な日数です。

無理のない範囲で進めていけば問題はありませんが、引っ越し業者が来る前に全ての作業を終わらせておくようにしましょう。

引っ越しで部屋の片付けがめんどくさいときの対処法

引っ越しで部屋の片付けがめんどくさいときの対処法

部屋の片付けの順番を決めても、どうしても片付けが面倒に感じてしまうこともあります。

そのようなときは、以下のことに目を向けてください。

  • 持っていくか捨てるかを迷ったら、持っていくようにすればいい
  • ほんの少しでもいいので行動してみる
  • 休むと決めたら荷造りのことは忘れて休む

人は案外怠け者な生き物です。そのため、いつもと違うことをしていると疲れを感じやすくなったり面倒に感じてしまうことがあります。

そのため、面倒なときは段ボールの箱造りだけでも問題ありません。一気に行おうとするのは避けてほんの少しだけでもいいので行動してみましょう。

また、要る要らないが決めきれず悩み疲れたことが原因で進まないのなら、持っていけばいいです。

引っ越し先で、やっぱり不要だと感じたときに捨てれば問題ありません。

疲れたときは、すっぱりと今日は休む日と決めて、次の日から片付けていけば大丈夫です。

しかし、当日までに荷物が片付かないのは引っ越し業者にも迷惑をかけてしまいます。

どうしても作業が進まないのなら、不用品回収業者に依頼をすることも検討していきましょう。

不用品回収業者は、片付けを行ってくれるだけでなく買取も行ってくれます。

そのため、断捨離をしながら臨時収入が得られることにも繋がります。

引っ越し日までに部屋の片付けを終わらせる確実な方法

引っ越し日までに部屋の片付けを終わらせる確実な方法

引越し日までに部屋の片付けが終わっていないと、引越し業者に荷造りを手伝ってもらい追加料金を支払う必要が出てくるかもしれません。

そうならないためにも、早めに判断をして対処していく必要があります。

基本的に引越し業者には、梱包もお願いできる引越しプランが存在します。

料金は少し割高にはなりますが、衣類や食器類などほとんどの荷物を梱包してくれるので荷造り作業が大幅に短縮可能です。

また、不用品回収業者は梱包サービスも行っています。

不用品の処分や買取りなどと同時に依頼できるので、引っ越しの片付けが一気に進む魅力的なサービスです。

忙しくて作業時間がない人や、片付けが苦手で思うように進まない方は、ぜひ検討してみてください。

引っ越し準備は計画的に行い新生活を快適にしよう

引っ越し準備は計画的に行い新生活を快適にしよう

引っ越しが決まったら、部屋の片付けをする必要があります。

荷造りをしながら断捨離も行えるチャンスでもありますが、スムーズに進まない場合や引っ越し日までに終わらせれない場合は、荷造りを業者に依頼をする選択肢もあります。

中でも、粗大ゴミ回収本舗は粗大ゴミの回収や部屋の片付けの他に、家電家具の買取りも行っています。

料金プランも業界最安値を目指しており、のせ放題プランでお得に片付けを依頼することができます

見積もりは無料で行えますので、一度ご検討ください。

「引っ越しをラクに済ませたい」「大量の家具を一気に処分したい」という方は、粗大ゴミ回収本舗にご相談ください。

お客様の状況に合ったプランをご提案いたします。

粗大ゴミ回収本舗で無料見積もりをするCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA