今回の記事では、引っ越しするときにいらない家具があった際、どのように処分したらいいのかを紹介します。

処分方法には大きく分けて、捨てる方法と売る方法の2パターンがあります。

どちらの方法にしても気を付けるべきポイントがあり、本文でまとめていますので、ご覧ください。

記事を読むことで、いらない家具を処分する最適な方法が見つかります。

引っ越しのときいらない家具を処分する方法

引っ越しをするときにいらない家具が出てきたとき、どのように処分をするのか対処法をまとめていきます。

まず、処分方法には処分する方法と買い取ってもらう方法の2種類があります。

その中で細かく分けていくと、以下の6つの方法になります。

  • 粗大ゴミに出す
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 引っ越し業者に引き取ってもらう
  • オークションやフリマアプリで出品する
  • リサイクルショップに持っていく
  • 家具専門店に引き取ってもらう

それぞれの処分方法について、詳しく説明していきます。

自治体の粗大ゴミに出す

一つ目は、いらない家具を粗大ゴミとして出す方法です。

この方法は、6つの方法の中で一番一般的な処分方法になります。

粗大ゴミで出す場合は、自治体に粗大ゴミの回収を依頼し専用のシールを貼って収集日に指定の場所に出せば大丈夫です。

この時にかかる料金は、家具の大きさや種類によって違いはあるものの1,000円程を目安にしておけば大丈夫です。

収集の仕方や料金に関しては、自治体によって変化してしまいます。

そのため、お住まいの地域の公式ホームページまたは自治体に直接お問い合わせをお願いします。

粗大ゴミとして処分する場合は、料金を安く済ませることができます。

ただし、収集日が決まっておりその日が来るまで保管しておかなければなりません。もし急いで回収してもらいたい場合は、他の方法で処分を検討してください。

不用品回収業者に引き取ってもらう

粗大ゴミ以外の他の方法の一つとして、不用品回収業者に引き取ってもらう方法があります。

先ほど紹介した粗大ゴミに出す場合は、回収までに日にちが空いてしまう場合があります。

それに比べると、不用品回収業者は即日対応してくれる業者が多いので、すぐに処分したい場合はおすすめです。

ただし、粗大ゴミに出すよりは費用はかかりますので、事前に見積もりを取ってから検討するようにしましょう。

引っ越し引越し業者に引き取ってもらう

引っ越しをすることで不要な家具が出てきた場合におすすめなのが、引っ越し業者に同時に引き取ってもらう方法です。

粗大ゴミに出すよりは費用はかかりますが、引っ越しの作業をすると同時に不用品も回収してもらえるので、作業が短縮化できるというメリットがあります。

もちろん、家具によっては引き取りが不可能な場合や回収費用がプラスされることになりますので、引っ越し費用に余裕がある場合に利用するといいでしょう。

オークションやフリマアプリで出品する

オークションやフリマアプリを利用すれば、価格設定は自分で決められるのがメリットです。

ただし、必ず売れるということが保証されているわけではありません。

また、自分で梱包して発送するという作業もプラスされますので、引っ越しまでに日にちに余裕があるまたはオークションを体験してみたいという方におすすめの方法です。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップに持っていく必要はありますが、状態が良ければ買い取ってもらえる可能性は高いです。

粗大ゴミで出す場合はお金を払う必要がありますが、リサイクルショップに持って行けば少しでもお金に変えることができるでしょう。

ただし、買取ができない家具も店舗によってはあります。

そのため、持ち込みをする店舗には事前に連絡し引き取り可能なのかを確認しておくと二度手間にならずに安全です。

家具専門店に引き取ってもらう

新しい家具を買うことでいらない家具が出てくるのなら、新しい家具納入時に不要になる家具を引き取ってもらいましょう。

この場合、回収費用はかかってきますので料金の打ち合わせは忘れずに行いましょう

また、必ずしも引き取りしてもらえるわけではありませんので、事前に引き取り可能な家具なのかも確認しておく必要があります。

引っ越しでいらない家具を処分するときのポイント

引越しすることになり、不要な家具が出来てきたときに気を付けておくことがいくつかあります。

上記で挙げてきたどの方法でも、押さえておくべきポイントを解説していきます。

家具の状態をしっかりと確認して処分方法を選択する

処分方法として6つ紹介してきました。

  • 粗大ゴミに出す
  • 不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 引っ越し業者に引き取ってもらう
  • オークションやフリマアプリで出品する
  • リサイクルショップに持っていく
  • 家具専門店に引き取ってもらう

この中で、オークションやフリマアプリで出品したりリサイクルショップに持っていく場合は売る側の立場になるため、状態がいいものであることが前提の行動となります。

常識の範囲ではありますが、壊れていて使うのに支障が出る場合は、売るのではなく捨てる方法にしましょう。

また、不用品回収業者に引き取ってもらう場合でも、少しでも状態が良ければ買い取ってくれる場合もあります。

ふき取ったら取れる汚れや、少しの手直しで直るのなら手直しし、見た目を良くしておくといいでしょう。

処分は早めに行う

粗大ゴミは収集の日が決まっていますし、出品した場合は買ってもらえるタイミングがいつになるのかわかりません。

処分しようかどうか迷い続け、最終的にいらないと判断してしまうと収拾が付かなくなります。

そのため、いらなくなった家具は、とにかく早めに処分するようにしましょう

また、いらない家具を早く処分することで部屋が広くなったりして引っ越しに持っていくものの片付けもスムーズに行えるというメリットにも繋がります

万が一、引っ越し当日まで家具の処分が完了しなかった場合は、新しい引っ越し先まで持っていき、その後に処分を行うこととなります。

慣れない地域への引っ越しの場合は、処分方法を一から調べる必要も出てきて手間となりますので気を付けましょう。

いらない家具が運べないときの対処法

粗大ゴミで出す場合やリサイクルショップへ持っていく場合は、自分で不要になる家具を運ぶ必要があります

この場合、大きくて運べずに家から出せない場合は別の処分方法に切り替えるしかありません。

例えば、そのままの形だと大きいので粗大ゴミ扱いですが分解すれば小さくなります。

小さくなれば一般ゴミとして捨てられますので、費用がかからなくなります。

その他にも、不用品回収業者は家の中から運び出しをしてくれます。中には、解体も請け負ってくれる業者も存在します。

家具が運べない場合は、このように処分方法の変更も検討していきましょう。

粗大ゴミ回収本舗で引っ越し時のいらない家具をまとめて処分

不用品回収業者の中で、業界最安値でリピーターが多いのが粗大ゴミ回収本舗です。

熟練のスタッフが在籍しておりますし、万が一家具などに傷を付けてしまった場合でも三井住友海上保険の補償が最高400万円まで受けられるため、安心して依頼出来ます。

大きな特徴は、

  • つみ放題プランで家具をまとめて処分が可能
  • 即日対応が可能
  • 買取もでき処分費用が抑えられる可能性がある

このように、メリットが多いです。

引っ越しが決まると、やるべきことはいらない家具の処分だけではありません。

時間がない中でも粗大ごみ回収本舗に依頼をすれば、即日対応をしてくれる上に不用品をまとめて処分できるためおすすめの業者です。

引っ越しでいらない家具が出たら早めに処分しよう

ここまで、引っ越しでいらない家具が出た場合での処分方法や気を付けるべきポイントを解説してきました。

不要になったものを手放すにしても、捨てて処分するのと売るという2つの方法があります。

また、売る場合に気を付けることは、家具の状態を良くすることです。

汚れはふき取り、修復可能な傷は治しておきましょう。そうすることで、買取価格が高くなる可能性もあります。

6つ紹介してきた処分方法の中で、スムーズに行えるのは不用品回収業者です

不用品回収業者であれば、依頼をすれば即日対応を行ってくれる業者が多いため家の中も片付けやすくなります。

どの方法で手放すにしても、引っ越し日までには片付くように計画的に行動していきましょう。

また「引っ越しをラクに済ませたい」「大量の家具を一気に処分したい」という方は、粗大ゴミ回収本舗にご相談ください。

お客様の状況に合ったプランをご提案いたします。

粗大ゴミ回収本舗で無料見積もりをするCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA