この記事では、カラーボックスの捨て方をまとめています。

カラーボックスは、解体の有無でゴミの種類が異なるので、適切な捨て方を把握することが重要です。これから、カラーボックスを捨てたい方は必見の内容です。

また、お得な捨て方も解説しますので、ぜひ本文を参考にしてみてください。

カラーボックスの5つの捨て方

カラーボックスは、以下のような捨て方があげられます。

  • 自治体に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップで買取ってもらう
  • 欲しい人に寄付する
  • フリマやオークションに出品する

順番に見ていきましょう。

自治体に依頼する

ご自身の住んでいる自治体に回収を依頼する方法です。解体できるのであれば可燃ゴミで、できなければ粗大ゴミとして出せます。

可燃ゴミは、自治体ごとに決められた集荷日時・場所・ルールを守って捨てましょう。粗大ゴミは、そのままで捨てられないので、自治体に集荷を依頼します。

比較的安く捨てられますが、指定場所までの運搬はご自身で行う必要があるので、手間がかかります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にカラーボックスの回収を依頼する方法です。分別の仕方がわからなかったり、重くてご自身で運搬できなかったりする際におすすめです。仕分けや運搬を任せられるので、ご自身で行う作業はほとんどありません。

また、業者によって状態が良いカラーボックスを買取ってもらえる可能性があります。買取りできると、回収費用を安く抑えられます。無料で見積りを発行できる業者が多いので、気になる方は相談してみてください。

ただし、自治体に依頼するより料金が高くなるので、注意しましょう。

粗大ゴミ回収の料金については、以下の関連記事を参考にしてみてください。

リサイクルショップで買取ってもらう

リサイクルショップでは、カラーボックスの買取りができる能性があります。状態が良ければお金をもらいながら捨てられので、非常にお得です。自治体や不用品回収業者と違って、回収費用はかかりません。

しかし、壊れていたり、汚れがついていたりすると買取ってもらえないです。店舗で売れる見込みがないと、無料ですら回収してもらえません。

また、回収サービスはないので、リサイクルショップまでご自身で運搬する必要があります。

欲しい人に寄付する

欲しい人に寄付するのも、カラーボックスを捨てる方法の1つです。買取りできず、できる限り安く捨てたい場合におすすめです。知人の中に欲しい人がいるかもしれないので、確認してみましょう。さらにSNSを使用すると、知人でなくてもカラーボックスがほしい人を見つけられる可能性があります。

また、福祉施設や慈善団体などで、カラーボックスの寄付を受けていることも。その場合、遠方に寄付すると、送料が必要になります。

フリマやオークションに出品する

できる限り高く売りたい方は、フリマサイトやオークションに出品しましょう。購入者に対して直接交渉できるので、不用品回収業者やリサイクルショップより、高く売れる可能性があります。

ただし、カラーボックスの写真撮影や紹介文、発送など全てご自身で行わなければなりません。さらに状態が悪いと売れる可能性は低いです。汚れをとってきれいな状態のものを出品してみてください。

カラーボックスを捨てる際のゴミの種類

カラーボックスは、解体の有無や用途によってゴミの種類が異なります。

主なゴミの種類は、以下があげられます。

  • 可燃ゴミ
  • 粗大ゴミ
  • 産業廃棄物

ぜひ参考にしてみてください。

解体すれば可燃ゴミになる

自治体で定められている規定のサイズ以下に解体すると、可燃物としてカラーボックスを捨てられます。可燃ゴミで処分できる場合、処分費用は無料です。解体したものを縛る紐や指定のゴミ袋を用意するだけで、処分可能です。

カラーボックスを解体する際は、ネジを外して1枚の板に分けます。それだけで規定のサイズ以下にならなければ、ノコギリで板を切れば問題ありません。ただし、金属部品がついていると処分できないので外しましょう。

集荷日時・場所・ルールを事前に確認して、可燃ゴミとして出してみてください。

解体しなければ粗大ゴミになる

カラーボックスはサイズが大きいので、解体しなければ、粗大ゴミ扱いになります。自治体に回収を依頼することになるので、粗大ごみ処理手数料券の購入が必要です。手数料券はご自身で用意するので、市内のコンビニや郵便局などで購入して準備します。

また、粗大ゴミは事前に電話かインターネットで収集依頼をしなければなりません。さらに、指定場所まで運搬するため、非常に手間がかかります。

業務用であれば産業廃棄物になる

カラーボックスをオフィスや店舗など業務用で使用している場合は、産業廃棄物になります。産業廃棄物は自治体で回収できないので、不用品回収業者への依頼が必要です。さらに、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に、依頼しなければなりません。もし家庭用ゴミとして出すと、廃棄物処理法違反になる可能性があります。しっかり確認して間違えないようにしてみてください。

カラーボックスのお得な捨て方

カラーボックスをお得に捨てるには、以下のような方法があります。

  • 自分で解体する
  • 汚れをきれいにする
  • 他の家具とまとめて依頼する

それぞさ参考にしてみてください。

自分で解体する

カラーボックスは解体することで、可燃ゴミの扱いになります。可燃ゴミの処分費は無料なので、費用を抑えられます。さらに、自分で解体することで、カラーボックスをお得に処分可能です。

解体する際はノコギリを使用すると、スムーズにできます。自分で解体して、カラーボックスをお得に捨ててみてください。

汚れをきれいにする

状態が良いカラーボックスは、買取ってもらえるケースがあります。さらに、きれいにしていると査定額が上がる可能性があります。そのため、何も行わず捨てるより、お得に捨てられるでしょう。

落とせる汚れは、きれいにしてみてください。

また、シールがついているカラーボックスの需要は少ないので、買取りできない可能性があります。買取りに出す際は、シールを剥がしましょう。

他の家具とまとめて不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者でカラーボックスを処分する際、単品より他の家具とまとめて依頼するほうが、お得になるケースがあります。不用品回収業者に家具の回収をまとめて依頼することで、車両費や出張費などを1回にまとめられます。複数の家具を単品で何回も回収するより、家具1つあたりの回収費用を安くできる可能性が考えられます。

不用品回収業者では大量の不用品や粗大ゴミなど、お得にまとめて回収できる「定額積み放題プラン」を提供しているところが多いです。定額積み放題プランは定額サービスなので、見積り後の追加料金はありません。さらに、トラックのサイズごとにプランが決まっており、回収品目の数量に制限はないため、大量の粗大ゴミをお得に捨てられます。

また、不用品回収業者では、買取りサービスを提供しているケースが多いです。家具をまとめて依頼することで、高く買取ってもらえる可能性があります。回収費用を安くできるので、カラーボックスと他の家具をまとめて依頼すると、お得に回収できるでしょう。

カラーボックスを楽に捨てるなら不用品回収業者がおすすめ

カラーボックスは解体できなければ、粗大ゴミとして処分します。サイズが大きいほど、指定場所までの運搬が大変です。楽に捨てるなら、不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

部屋の中からトラックまでの運搬を任せられるので、ご自身で対応する必要はありません。また、自治体で処分できない事業ゴミにも、対応している会社があります。業務用に使っているカラーボックスの処分が可能です。

楽にカラーボックスを捨てたい方は、不用品回収業者に相談してみてください。

カラーボックスを捨てるなら粗大ゴミ回収本舗にお任せ

カラーボックスを捨てるなら、業界最安値で「定額パックプラン」を提供している粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。

単品はもちろんのこと、定額パックプランを利用すると、トラックにのせ放題で不用品を回収できます。何個ゴミをのせても定額なので、トータルでお得に捨てられます。

また、営業時間外での作業に対応。事前予約になりますが、早朝や深夜などお客様のご要望に合わせて作業を行います。

カラーボックスを捨てたい方は、お気軽に粗大ゴミ回収本舗にご相談ください。CTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA