「仏壇を処分する方法を知りたい」「仏壇の処分の相場を知りたい」などと考えている方は必見です。

仏壇は大きいものですので、どのように処分するか知っている方は少なくないです。さらに処分するにあたって、注意しておくべきことがあります。

この記事では、仏壇の処分方法や相場を解説していきます。ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてみてください。

仏壇の6つの処分方法と相場

仏壇の処分に困っている方はいるでしょう。サイズが大きいため、どのように処分するか迷います。

こちらでは、仏壇を処分する方法と相場を紹介していきます。

  • 菩提寺に依頼
  • 仏壇店に依頼
  • 業者に引き取ってもらう
  • 自治体の粗大ゴミで処理
  • リサイクルショップで買い取ってもらう
  • オークションサイトに出品する

ぜひ参考にしてみてください

菩提寺に依頼

仏壇を処分する方法で一般的なのが、菩提寺(ぼだいじ)に依頼する方法です。菩提寺とは、自分の先祖のお墓があるお寺のことです。仏壇の処分に関する相談に乗ってくれます。

菩提寺に依頼すると、仏壇に宿っている魂を抜く「閉眼供養」を行ってくれます。引き取ってもらった後は、焚き上げ処分を行うことが多いです。

お寺によっては、檀家以外の処分は対応していないことがあるので、事前に確認が必要です。

菩提寺での処分にかかる費用は明確に決まっていませんが、約1〜10万円が相場になります。運搬は自分で対応しなければならないので、注意が必要です。

仏壇店に依頼

仏壇店に依頼する方法も、菩提寺に依頼することと同様に一般的です。仏壇店は、新しい仏壇の販売だけでなく、古いものを引き取ることも行っています。

さらに供養や処分も合わせて行ってくれます。提携しているお寺で処分を行うため、安心して依頼可能です。

仏壇店は、菩提寺とは違い、費用が明確に決まっています。どのくらいの費用がかかるか心配になることはありません。相場は約1〜8万円程度です。

菩提寺までの距離が遠い方は、仏壇店での処分がおすすめです。

業者に引き取ってもらう

不用品回収業者や遺品整理業者でも、仏壇の引取りを行っています。

不用品回収業者・遺品整理業者は、依頼すれば基本的にどのようなものでも回収が可能です。業者によっては、オプションで供養を行ってくれます。

しかし、基本は仏壇の引取りのみの対応になるため、供養は行いません。事前に自分で、閉眼供養を行う必要があります。

業者は運搬も対応するので、自分で運べない方や高齢の方におすすめです。

相場は約2〜10万円です。仏具店に依頼するより、若干費用が高くなります。

自治体の粗大ゴミで処理

仏壇は、自治体の粗大ゴミとして処分可能です。自治体によっては、処分できないので事前に確認が必要です。

また粗大ゴミとして処分する場合、閉眼供養は自分で行う必要があります。パーツごとに分けると、通常の燃えるゴミとして捨てられるので、費用を節約できます。

この方法の相場は、約50〜2,000円です。ただし、仏壇に思い入れがあり、粗大ゴミとしての処分に抵抗がある方には、おすすめできません。

リサイクルショップで買い取ってもらう

仏壇を処分する方法には、リサイクルショップで買い取ってもらうことがあります。

高級な素材を使用しているものや新品に近い状態のものは、買取り価格がついて処分可能です。しかし、傷があるものは、価格がつかないこともあります。

リサイクルショップで買い取ってもらう場合の相場は、高くて数千円程度です。閉眼供養を依頼するよりも価格が上がることは、少ないです。

オークションサイトに出品する

オークションサイトに出品する方法もあり、買い手がいれば費用をもらって処分可能です。仏壇に美術的な価値がある場合は、高値がつきます。オークションサイトでは、元々の仏壇としてではなく、美術品として購入されることが多いです。

また日本よりも海外の方が、仏壇の評価が高くつくことがあります。処分方法にこだわりがない方は、オークションサイトに出品してみるのも選択肢になります。

仏壇を処分する際の流れとは

仏壇を処分する際の主な流れは以下の通りです。

  1. 処分方法を決定する
  2. 決めた処分先に連絡する
  3. 閉眼供養を行う
  4. 仏壇を処分する

まず、どのように仏壇を処分するか決めます。方法は菩提寺や業者に依頼するなど、6種類から選びます。

次に決定した処分先に連絡をしましょう。処分をする日程が決まったら、閉眼供養を行います。

最後に仏壇を処分です。菩提寺に依頼する場合は、自分で運搬する必要があります。仏具店や業者に依頼する場合は、運搬も行ってくれるので自分で運ぶ必要はありません。

仏壇の処分で知っておきたい4つの注意点

こちらでは、仏壇の処分で知っておきたい4つの注意点を解説していきます。

  • 閉眼供養を行う
  • 遺影の処分を行う
  • 引き出しの中の忘れ物を確認する
  • 宗教ごとに処分方法を確認する

ぜひ参考にしてみてください。

閉眼供養を行う

閉眼供養は、仏壇を処分する上で非常に重要です。仏壇は開眼供養を行い、先祖の魂を宿します。他の家具と違う点は、魂が宿っているということです。そのため、閉眼供養を行わないと、先祖の魂も一緒に処分することになります。必ず閉眼供養を行う必要があります。

閉眼供養は、菩提寺や仏壇店などで対応しているので、依頼する処分先に依頼しましょう。

遺影の処分を行う

仏壇に遺影を飾っている方もいます。処分する際に、遺影をどうするか迷うこともあり得ます。

遺影は仏教の教えとは、関わりがありません。しかし、仏壇に飾って拝んでいると、先祖の魂が宿っていると感じることがあります。そのまま何もせずに処分してしまうのは、気が引けます。

そこで、仏壇と一緒に閉眼供養して魂を抜けば安心です。魂を抜いた後は、ただの写真に戻るので、焚き上げで処分することが一般的になります。処分したくない方は、遺影を取っておくと良いです。

引き出しの中の忘れ物を確認する

仏壇には、収納できる引き出しが多くあります。開け閉めする機会がそこまで多くないと思うので、小物を取り忘れていることがあり得ます。

残す必要がないものであれば良いですが、思い出があるものであれば処分するのは勿体無いです。そのため、処分する前に引き出しの中に、忘れ物がないか確認する必要があります。

宗教によって処分方法が異なる

宗教によって仏壇の処分方法が異なるので、事前に確認します。

浄土真宗では個人の魂は亡くなったら、すぐにこの世から離れて成仏するという考えです。仏壇は他の宗派と同様の処分方法ですが、位牌は供養しません。

宗教ごとに処分方法が異なることがあるので、事前に確認する必要があります。

仏壇の処分と遺品整理をするなら業者がおすすめ

仏壇の処分と一緒に行いたいのが遺品整理です。遺品整理とは、故人が残した品物を整理することです。

仏壇の処分は、菩提寺や仏具店で対応できますが、遺品整理は行えません。そこで、不用品回収業者がおすすめです。遺品整理にも対応していることが多く、仏壇と一緒に回収します。

また業者によっては、買取りを行っている場合もあり、費用を節約できます。仏壇の処分と遺品整理を同時に行いたい方は、業者に依頼しましょう。

仏壇の処分を依頼するなら粗大ゴミ回収本舗にお任せください

仏壇の処分を依頼するなら、遺品整理も対応している粗大ゴミ回収本舗がおすすめです。遺品整理に関する法律に則り対応するので、安心して依頼できます。

粗大ゴミ回収本舗の主なメリットは以下になります。

  • 定額プラン
  • 即日対応が可能

粗大ゴミ回収本舗は、定額プランを用意しています。トラックのサイズごとに料金が決まっており、のせ放題なので安心です。さらに、見積もり後に追加費用がかかる心配はありません。

年中無休で営業しており、即日対応も可能です。急なご依頼でも、すぐに駆けつけて作業を行います。

仏壇の処分や遺品整理の依頼を考えている方は、お気軽にお問い合わせください。

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA