当記事では瓦の処分方法と処分費用の相場について徹底解説。

ご家庭でいらなくなった瓦の正しい処分方法、処分にかかる費用を知ることのできる内容です。

参考にすると、瓦を正しく処分できるので、ぜひ参考にしてください。

瓦を処分するときの料金相場

瓦を処分するときの料金相場

瓦を処分する際は的確な料金相場を事前に知っておかなければなりません。

当項目では、瓦を処分するときの料金相場を「撤去した瓦を処分する場合」「撤去を含め依頼する場合」の2点から紹介しますので、ぜひ依頼の参考にしてください。

撤去した瓦を処分する場合

業者に依頼する前に瓦の撤去を既に済ませている場合や、そもそも撤去が済んでいる瓦を処分する場合は、処分と搬出の費用のみしかかかりません。

以下に具体的な表でまとめます。

産業廃棄物処理業者 20,000円〜/㎥
不用品回収業者 20,000円〜/㎥

業者によりますが、産業廃棄物処理業者と不用品回収業者にそれほど差はありません。

しかし不用品回収業者は、トラックにのせ放題の定額プランや即日対応サービスなど、高い対応力が魅力です。

そのため、利便性が高いのは不用品回収業者といえるでしょう。

撤去を含め依頼する場合

撤去も依頼する場合は専門業者に依頼しましょう。

瓦の処分には撤去・処分・搬出の3つの費用がそれぞれかかります。

撤去を含めまとめて依頼する場合は、撤去費用が別途かかります。

料金相場は以下のとおりです。

料金相場
撤去費用 3,000円~4,000円/㎡
足場代 100,000〜300,000円
30坪あたりの合計金額 260,000〜580,000円

※上記の合計金額は飽くまでも1平方メートルあたりの相場を示しており、住宅の規模により合計金額の見積もりは異なります。正しい金額をお求めの場合は必ず見積もりをするようお願いします。

瓦の処分方法

瓦の処分方法

瓦を処分する際はいくつかの選択肢があります。

どの処分法を選ぶのか考えるためには、それぞれの処分法を把握しておかなければなりません。

当項目では、瓦の正しい処分法について列挙して紹介します。

自治体の粗大ゴミ回収に出す

瓦は原則粗大ゴミとして処分できない可能性が高いです。

自治体によって回収の可否は異なりますので、この選択肢をとりたい方は自治体のホームページなどで事前に情報を得ておくとよいでしょう。

自治体の産業廃棄物処理場等に持ち込む

自治体の産業廃棄物処理場等に自身で持ち込むのも手です。

この場合は回収費用と搬出費用がかかりませんので、かかる料金は処分費用のみです。

また、重量等への制限がないことが大きなメリットといえるでしょう。

ただし、地域によっては持ち込みが可能な地域とダメな地域があるので、お住まいの地域が対応しているかを事前チェックしておきましょう。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者依頼するのもひとつの手です。

積み放題などのパック料金で処分すれば思いの外安く処分できます。

自治体が処分にも回収にも対応していない場合があるのに対し、断られることはまずありません。

屋根の上の瓦は専門業者に依頼

既に撤去が済んでいる瓦を処分する場合は、自治体や不用品回収業者に依頼できますが、屋根の上の瓦は専門業者に依頼するほかありません。

高所作業となるため、慣れていないスタッフが対応すると大きな事故につながりかねません。

また、業者によって1㎡あたりの費用や、足場代、その他諸経費の価格が大きく異ることがあるため、入念なリサーチが必要です。

瓦を処分するときの注意点

瓦を処分するときの注意点

瓦を処分する際は、最低限気を付けなければならないことがいくつかあります。

具体的には以下の3つです。

  • 自治体で処分できるかホームページで確認
  • 再利用できる可能性も探る
  • 自分で作業するのは危険

当項目では、それぞれ解説していきますのでご一読ください。

自治体で処分できるかホームページで確認

自治体で処分できるのか、事前にホームページで確認しておきましょう。

瓦の場合は自治体での回収や処分にそもそも対応していない場合も多いです。

対応していれば費用を安く済ませられる可能性があるので、必ずチェックしてください。

再利用できる可能性も探る

処分することだけを前提にせずに再利用できる可能性も探りましょう。

瓦の再利用案には、たとえば以下のようなものがあります。

  • チップに変えて庭の景観に使う
  • リサイクルで新たな材料に変える
  • ガーデニングなどの外溝に古い瓦を利用する

処分するよりも再利用できれば古い瓦も役立ちますので、検討しましょう。

自分で作業をするのは危険

瓦の撤去や処分にはまとまったお金がかかるので、できるだけ安く済ませたいという方も多いはずです。

しかし、自分で作業をするのは危険なので絶対にやめてください。

特に瓦の撤去は高所作業となり、慣れているスタッフでも事故が絶対に起きないという保証はありません。

作業中に事故で怪我や命を落としかねない状況になるかもしれないので、業者に任せましょう。

悩んだら粗大ゴミ回収本舗へ依頼

悩んだら粗大ゴミ回収本舗へ依頼

瓦の回収を承っている業者は複数あり、どの業者を選べばよいか分からないかもしれません。

業者は同じようにみえてそれぞれ特色があり、失敗しない業者を選ぶには自身の要望とマッチするかどうかが大切です。

業者選びに迷った際は「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

当項目では、粗大ゴミ回収本舗の優れた点をいくつか紹介します。

即日対応可能

粗大ゴミ回収本舗は即日対応可能です。

業者によっては、顧客の予約状況や営業時間や時期の関係で作業を即日できない場合があります。

業者の都合で何日も先延ばしにされたり、顧客も多忙でなかなか業者と作業日時の都合があわないということもあるでしょう。

粗大ゴミ回収本舗はお電話を相談いただければ、最速で即日対応可能なので即座に瓦を処分できます。

お得なパック料金

粗大ゴミ回収本舗では複数の不用品が出た場合、お得なパック料金を利用するとよいでしょう。

瓦が複数ある場合や、瓦以外にも不要なものがある場合にまとめて同時にお得に処分できます。

最安値の軽トラパックプランでは、無駄な経費を削減することにより14,800円での利用を実現しています。

ぜひ、利用を検討しましょう。

早朝深夜でもご依頼可能

粗大ゴミ回収本舗ならば、早朝や深夜でもご依頼可能です。

仕事や近所の事情などの手前、早朝や深夜に作業を依頼したいという要望がある方もいるはずです。

しかし、業者の受付時間や作業時間には限りがあることも珍しくはありません。

この点は粗大ゴミ回収本舗ならば問題ありませんので、ぜひお任せください。

見積もり完全無料

粗大ゴミ回収本舗は、見積もり完全無料です。

業者によっては見積もりが有料な場合や、見積もり後にキャンセル料が発生することもあります。

粗大ゴミ回収本舗では、もちろんキャンセル料など発生しませんので、まずはご相談ください。

瓦の処分にお困りなら粗大ゴミ回収本舗へ

瓦の処分にお困りなら粗大ゴミ回収本舗へ

瓦の処分は、自治体で処分できるかどうかで処分の選択肢が変わるため、処分できない場合は困ってしまいます。

そんなときは私たち「粗大ゴミ回収本舗」にお任せください。

瓦の処分はもちろんのこと、ほかにも不用品があればまとめて適切な処分をさせていただきます。

即日対応、激安価格、丁寧な作業を心がけておりますので、ぜひ「粗大ゴミ回収本舗」で無料の出張見積もりを利用してみてください。

粗大ゴミ回収本舗へのお問い合わせはこちらからCTA

評価: 0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA